FC2ブログ

長沼町・マオイの丘公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
06 /29 2013
北海道空知管内長沼町、道の駅「マオイの丘公園」隣のパークゴルフ場である。

s-DSC05913.jpg
↑道の駅の建物

s-DSC05914.jpg


道の駅のすぐ傍にあるだけに、プレーヤー層は、パークゴルフをやりこんでいる人よりは、ファミリーなどのプレイヤーが多い印象。

長沼町営コースだけに流石に芝のよさには定評がある。

難易度:>>>>>>>>>>

2013/6/29調査


s-マオイ西 2番ホール
西2H 85m/par5
65m付近で左に直角に曲がるホール。2オン狙いは、1打目の正確無比なロングショットが必要だ。


s-マオイ西 (2)
西3H 30m/par3
ダウンヒルになっているホール。


s-マオイ西 (3)
西6H 80m/par5
右に曲がっている。コーナー付近はバンクした傾斜を作っており、これを利用して残り距離を少しでも縮めることもできる。コーナー後は、なだらかな下りスロープ。
(コーナー後撮影。)


s-マオイ西 (4)
西8H 30m/par3
打ち上げのホール。飛ばしすぎると松のOBに入ってしまう


s-マオイ西 (5)
西9H 55m/par4
左に曲がる割には、右傾斜がスタート直後に待ついやらしいホール。
そのため、ティーショットがラフに入りやすい。


s-マオイ東 (1)
東3H 60m/par4
左ドッグレッグのホール。1打目は、コーナーの奥深いところにボールをつけたい。
そうしないと、コーナー後もさらに左にコースが曲がっているため、2打目がラフ越えアプローチになってしまうからだ。


s-マオイ東 (2)
東4H 30m/par3
グリーン側から撮影。
フェアウェイは右側がラフに向かって傾斜しているので、こころなしか左側を狙っていきたい。


s-マオイ東 (3)
東5H 70m/par5
蛇行しているパー5。3オンバーディ狙いなら、道なりに攻める。しかし2オン狙いだとラフ越えをしなければならない。コースを見る目も大切ではあるが、アッパーショットでラフを越せるようにしたいところだ。


s-マオイ東 (4)
東9H 80m/par5
最終ホールは、バンクした左コーナーから始まり、波打つ起伏があるマオイの丘の集大成のようなホール。
最初のコーナーは傾斜に乗せる感じでうまく転がし、残り距離を少しでも詰める。そして、ロングアプローチはアップダウンの多いフェアウェイを転がすので、距離感をうまくつかめるかがポイントである。


関連記事
スポンサーサイト



しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw