FC2ブログ

「網走パークゴルフ遠征2013」5月31日~6月1日前半までの動き

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
06 /18 2013
北海道道東のオホーツク管内、網走・北見・紋別のパークゴルフ場をバス・JR・タクシーで旅しつつ、おいしいグルメにめぐり合うことも目的としている。
そんな旅が始まるのである。

-----------------------------------------------------


s-DSC05426.jpg
5月31日深夜、「ドリーミントオホーツク号」が
札幌から網走へと向けて動き出しました。約6時間強のバス旅となります。


s-比布大雪
深夜1時40分ごろ。

比布大雪インター付近のトイレ(休憩所)。


そして夜が明けるころ峠を越え、北見へ。

s-DSC05432.jpg
4時30分ごろ北見。

s-DSC05435.jpg
5時2分ごろ。美幌。
なだらかな丘が印象的。


s-DSC05449.jpg
5時30分ごろ。網走湖畔。


s-DSC05457.jpg
5時45分。網走駅に着く。
札幌から6時間強のバス旅であった。


s-DSC05460.jpg
そして朝6時。時計の針が直立しました!

s-DSC05463.jpg
朝飯食べ、タクシーでオホーツク公園へ。

網走遠征最初のコースは「オホーツク公園天都の杜パークゴルフ場」。
距離が短めで傾斜のきつい山岳コースで、晴れた日なら知床の山々も見渡せる。

ただ、6時オープンだったと聞いていたが、実際は7時オープンだった。
営業時間の所には張り替えられた跡が・・・今年から7時オープンになったとか。

s-天都の杜 (4)
コースには、林の中を進むホールもある。

→道立オホーツク公園天都の杜パークゴルフ場 コース詳細はこちら



その後タクシーで網走駅へ。

不覚にもタクシーの中に何故かパークゴルフのクラブを忘れてしまい、タクシーの運転手が駅員と話している間にそれに気づいた。

次の列車まであと4分というところだった。ふう危ない危ない・・・

そうして、タクシー運転手からパークゴルフのクラブをしっかりもらいました。

s-DSC05497.jpg
そうしてJR普通列車に乗り、北見へ。

s-DSC05498.jpg
網走駅内で買った「流氷パタラ 塩キャラメル」
能取みさきちゃんがデザインされている


s-DSC05509.jpg
そして9時37分、北見駅に着いた。

よし、今度こそ忘れ物は無いな、とw


またまたタクシーでパークゴルフ場へ。

川東河川敷ABコース
北見市常呂川沿岸「川東河川敷パークゴルフ場」。

網走のとは一転、距離が長く、OBも多く結構難しいコースだった。

→川東河川敷パークゴルフ場 コース詳細はこちら

今日の北見は26℃。結構暑い。

ラウンド後は、熱中症対策にコース近辺のコンビニに寄ってもらった。
レモンウォーターだったかな、それを買った。


s-DSC05543.jpg
北見の街中。網走管内で最大、道東で第3位の人口だが、どうも北見は多いと感じなかった。

さて、北見に来たからにはこれを食べましょう。
「オホーツク北見塩焼きそば」

ホテル黒部までタクシーで移動した。

s-黒部ホテル 北見塩焼きそば (卵なし、ご飯は小盛)

焼きそばに帆立が乗っている。塩だれもかかるため、独特な味でまた美味しかった。

ちなみに、ご飯はなしにもできるし、小盛、普通盛にもできる。(写真は小盛り)



s-DSC05551.jpg
そしてその後北見から遠軽まで再度JRで移動。
結構離れており、1時間半くらいの移動となる。

夜行バスでの移動だったため、眠い眠い。実際寝た。

しかも北見市留辺蘂町や生田原辺りは似たような景色が続き、良く言えば田舎の景色・・・だったがやっぱり眠かった。


s-DSC05553.jpg
遠軽が近づいてきた。橋を渡ってもうちょっと


s-DSC05556.jpg
14時53分。遠軽着。
スイッチバック駅なので突き当たりになっている。


網走パークゴルフ遠征2013は前半はここまでです。

>>後半はこちらの記事に続きます




関連記事
スポンサーサイト



しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw