FC2ブログ

岩見沢市・ひょうたん沼パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
06 /08 2013
北海道空知管内の岩見沢市のはずれにあるこのパークゴルフ場は、A・B・Cコースの27ホールを用意している。
田園地帯に囲まれ、起伏は抑え気味だが、比較的長いホールが中心。

なかでも40m台のパー3が多く、中距離ショットの精密度が問われるコースでもある。

s-ひょうたん沼PG (1)
また、このコースはコースレイアウトが特殊。
AコースとBコースはクラブハウス近辺にスタートホールがあるが、Cコースは奥にスタート地点
がある。

Aコース5番グリーンの近くに、Cコースのスタートホールがある。

なので、おすすめプレイルートとしては、A-1~5番ホール、Cコース、A-6~9番ホール、Bコースの順となる。

本記事でも、この順にコースを紹介していく。



難易度:>>>>>>>>>>

2013/6/8調査



s-ひょうたん沼PG (2)
A-2 26m/par3
途中のマウンドはやや左に傾斜しており、ボールが左に流れやすい点に注意。


s-ひょうたん沼PG (3)
A-3 80m/par5
やや右曲がりのロング、右側にミスをするとOBに突っ込んでしまう恐れがある。


s-ひょうたん沼PG (4)
A-5 75m/par5
やや右に曲がっており、右からせり出すラフを越せれば先の展開が有利になる。



s-ひょうたん沼PG (5)
C-1 40m/par3
右のラフに溝があるので注意。



s-ひょうたん沼PG (6)
C-4 63m/par4
右に大きく曲がるホール。コーナー内側に、L字型のバンカーがある。



s-ひょうたん沼PG (7)
C-6 64m/par5
細かい傾斜があり、右側がOB。とはいえ、この短いパー5はワンオンアルバトロスだって不可能ではない。



s-ひょうたん沼PG (8)
C-8 24m/par3
とにかく短いホール。ここまで長めのホールが多かっただけに、距離感を誤らないように打ち、バーディを取りたい。


s-ひょうたん沼PG (9)
A-6 38m/par3
ダウンヒルの先にバンカーがある、バンカー越えのホール。



s-ひょうたん沼PG (10)
A-7 50m/par4
途中に山がある。右のラフとグリーン手前に小さなバンカーが点在。



s-ひょうたん沼PG (11)
A-8 42m/par3
グリーン手前で打ち上げなうえ、左に少し曲がっている。バーディを取るのは難しい。


s-ひょうたん沼PG (12)
A-9 70m/par4
クラブハウスに向かってまっすぐ打つホール。ただし細かい起伏によりボールの跳ね方が分からない場合があるため注意が必要。



s-ひょうたん沼PG (13)
B-3 60m/par4
やや右に曲がる。深めのラフが多いだけに、ラフに足を取られないようにアッパーショットが出来ればいいのだが・・・。



s-ひょうたん沼PG (14)
B-5 96m/par5
コース内で最も距離があるホール。
直進する単純なコースだが、グリーンの横幅が広く、グリーンの左と右に小さなマウンドがある。



s-ひょうたん沼PG (15)
B-8 67m/par4
やや右に曲がる。思いのほか左に飛ばすとOBが待っているので注意。ここもドッグレッグに対する適応力の高さが問われる。



関連記事
スポンサーサイト



しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw