FC2ブログ

【ザゴル2019】自作コース「ザ・シルヴァキング リンクス」を紹介(RT難易度8)(シュンゴル大帝國:コース8)

「ザゴル2019」「ゴルフPGAツアー2K21」の自作コース関連
06 /09 2020
ここはゴルフを主産業とする架空の地方
「シュンゴル大帝國」中に創られた、という設定のコース。
コース8はザ・シルヴァキング リンクスである。
(シルヴァキング島は、グリーンランドをモチーフにしています)

【シュンゴル大帝國 全図】
シュンゴル大帝國_ザ-シルヴァキングGL_地図
↑シュンゴル大帝國北部の「シルヴァキング島」の超難関コース。
シュンゴル本部直下の町「ナルコルトシティ」から、19道路を北上し、シュンゴル本部をさらに北上するとこのコースはある



しゅんY12「こちらは、シュンゴル大帝國の本部が置かれております、シルヴァキング島です!
その中でも最高峰の難易度を誇る、寒冷地のゴルフコース、それが ザ・シルヴァキング リンクスであります!

選ばれしものだけがこのコースに挑める!
シュンゴル大帝國を統べる最強のコースであることを高らかに宣言する!!」




シュンゴル大帝國_ザ-シルヴァキングGL_2
↑16番ホール。左側が高い3段式グリーン。アプローチもパットも難しい
画像引用・出典 The Golf Club 2019 (C)2018 H.B.Studios Multimedia Ltd.

シュンゴル大帝國_ザ-シルヴァキングGL
↑距離表



ザ・シルヴァキング リンクス
SYGC The SilverKing Links

レギュラーティー全長:7286Y Par72
難易度
レギュラーティー :★★★★★★★★
バックティー   :★★★★★★★★
チャンピオンティー★★★★★★★★★★

何を隠そう、シュンゴル大帝國の本編最終ステージ。(コース自体はこれからも作ります)
シュンゴル大帝國の本部、シルヴァキング島の北にあるチャンピオンコース。
雰囲気としては、みんなのゴルフ5のシルバーピークス、6のレガシーリンクス、Newの秋ヶ瀬渓谷を足して3で割った感じのコースである。

コースの起伏、距離の両方でこれまでの7コースとは比べ物にならないくらい手ごわくなっている。
アップダウンも激しく、グリーンの傾斜も例外なく厄介。

1番ホールのパー5から凄まじい打ち下ろし。着地地点のバンカーに要注意。

3番のパー3は海越え。グリーンの傾斜がドーム状で、海風をどう読むかに加え、アプローチとパットの精度も問われる。

5番パー4は、右ドッグレッグの打ち上げ。2打目は番手をかなり上げて打つことになる。

6番は池の中のグリーンを攻める大きな打ち下ろしの200Y越えのパー3。

7番は距離は短いが左ドッグレッグの強い打ち上げ。2打目もしっかり打てないとグリーンに乗らない。

9番のパー5はグリーンが小さく、しかも左サイドに海が待っている。

11番のパー5は、距離は短いが、強い打ち上げ。
しかしながら他が難しいのでここでスコアを稼いでおきたい。

13番はかなり距離のあるパー3。
打ち下ろしだが、ほぼウッドを使うシチュエーションとなる。

14番はパー4。右ドッグレッグの強い打ち上げ。
グリーン左はとても深いバンカーが待っている。グリーンも二段式の傾斜で、下手をするとボギーを叩きかねない。

15番はパー5、左ドッグレッグの打ち下ろし。左に大きな池を望み、チャンピオンティーだと700Yを超えるトンデモないホールになる。

16番ホールは打ち上げのパー4。勾配はきつくはないが、2打目で上の写真に挙げた通り左側が高い三段グリーンを攻めることになる。

17番は最後のパー3。急激な打ち下ろしで風の影響を受けやすい。小さいグリーンだが、グリーン手前は池。臆さない攻めを求められる。

どのホールもかなり粒ぞろいな難易度を誇るので、ザゴル2019のテクニックを全て駆使して挑もう。

シュンゴル大帝國は、この「ザ・シルヴァキングリンクス」で新たなる覇者を待ちわびる。


(注:これからもシュンゴル大帝國にはコースを造っていく予定です。)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw