FC2ブログ

【ザゴル2019】自作コース「室小牧岳(むろこまいだけ)カントリー俱楽部」を紹介(RT難易度5)(シュンゴル大帝國:コース6)

「ザゴル2019」「ゴルフPGAツアー2K21」の自作コース関連
06 /02 2020
ここはゴルフを主産業とする架空の地方
「シュンゴル大帝國」中に創られた、という設定のコース。
コース6は室小牧岳カントリー俱楽部である。
(元ネタ:北海道の胆振地方、室蘭と苫小牧)

【シュンゴル大帝國 全図】
シュンゴル大帝國_06-室小牧岳
↑シュンゴル大帝國東部、ドミナーン大陸(北海道南西部がモチーフ)の海に突き出た工業都市ムロコマイシティーのはずれにある、海も眺められる山岳コースだ


室小牧岳CC (1)
↑11番ホールからは海も見える(展望台付き)
画像引用・出典 The Golf Club 2019 (C)2018 H.B.Studios Multimedia Ltd.

室小牧岳CC (2)
↑距離表


室小牧岳カントリー俱楽部
SYGC Mt.Murokomai CC

レギュラーティー全長:6770Y Par72
難易度
レギュラーティー :★★★★★☆☆☆☆
バックティー   :★★★★★☆☆
チャンピオンティー★★★★★★★☆☆

「シュンゴル大帝國」東部のドミナーン大陸の工業都市「ムロコマイシティ」のはずれにある山岳コース。
ドミナーン大陸は北海道南西部をモチーフにしている。現実の北海道で言う室蘭がムロコマイシティである。

山岳コースだけあって起伏やアップダウンは大きく、距離の短いパー4もあるがきつい打ち上げにより長く感じるホールもある。

2番目の写真は11番ホールのグリーンから撮影。
海や山が見える、高台のパー5となっている。ただしグリーンは二段式になっている。

パー5は3、6番ホールは距離が長めになっている。ただし破格な打ち下ろしなので、風にもよるがビギナークラブでも届いてくれる。

パー4ではあるが、15番ホールも大きな打ち下ろし。
距離が500Yほどあり長いものの、1打目を思いきり飛ばすことで次でグリーンは狙える。

350Yほどしかなくても、打ち上げのパー4が多いので、高低差を読んだプレーが求められるホールも多い。さきに述べた通り、打ち下ろしのホールもまた多い。
山岳コースならではの厳しさを思い知らされるだろう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw