FC2ブログ

No.368 遠軽町(白滝)・白滝ゲートボール公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
08 /04 2019

●林間とアップダウンが連続する難関コース

北海道オホーツク管内遠軽町(旧 白滝村)。36H。
白滝ゲートボール公園の中にある林間コース。
距離は短めなものが多いが、90m台のホールも2つある。
つつじABコースとあじさいABコースがある。

※なお、本コースの紹介・解説は、コース攻略の順番の関係上、「つつじA」→「あじさいA・B」→「つつじBコース」とします。(理由はあじさいコースが途中にあるため)

2019.8.4調査
コース難易度:★★★★★★★★☆☆
難易度はしゅんY12独自で10段階に判定したものです。難しさの感じ方は人によって違いがありますのでご了承ください。


【つつじAコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (1)
スタート地点


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (2)
つつじ-1 91m/par5
グリーン側から撮影。
打ち下ろしのホール。このホールはコース右側に池があり、OBとなっている。見た目も美しいホールだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (3)
つつじ-5 41m/par5
何故かこの距離でパー5である。
しかし易々とアルバトロスは取らせてもらえない。右にそびえる4本の木と、グリーン左手前のOBエリアがいい仕事をしているのだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (4)
つつじ-7 33m/par4
下りの短いパー4。しかしグリーン奥にはOBがあるのだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (5)
つつじ-9 41m/par3
段を降りていくパー3。ここも、グリーン奥にはOBがある。


【あじさいAコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (1)
あじさい-1 55m/par5
左側にOBと木がある狭いホール。
あじさいコースは全ホールが60mに満たない設計だ。しかし、木と傾斜の多さで難易度が高い。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (2)
あじさい-2 44m/par4
左ドッグレッグのきつい打ち上げホール。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (3)
あじさい-3 32m/par3
パー3なのに急な傾斜のドッグレッグ。
さらに、セカンドショットが打ち上げ。パー確保でお見事といったレベル。
ちなみに、1打目が飛びすぎるとOBに入ってしまう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (4)
あじさい-8 35m/par3
下りの左ドッグレッグのパー3。木に臆せず攻めていくべし。





【あじさいBコース】
遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (1)

遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (2)
あじさい-10 44m/par4
打ち上げのホール。グリーン手前が急な上り。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (3)
あじさい-12 48m/par4
道中に急な盛り上がりがあり、これの影響を計算に入れてショットしよう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (4)
あじさい-14 57m/par5
うねる傾斜だが、フェアウェイは広い。奥にOBがあるものの、傾斜を読んでアルバトロスを決めたいところだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (5)
あじさい-17 45m/par4
細いフェアウェイ、打ち下ろし、左右がOBと、コントロールが良くないと苦汁を舐めつくすホールだ。


【つつじBコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (1)
つつじ-10 47m/par4
下って上るミドルホール。コース内には大量のしらかばが待っている。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (2)
つつじ-15 35m/par3
木や切り株があるが、ここまでの難ホールに比べればまだかわいい方だ。バーディでつなげよう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (3)
つつじ-18 92m/par5
最終ホールは左ドッグレッグのホール。
林を抜けつつ、左に曲がっていくテクニカルなコースレイアウトとなっている。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw