FC2ブログ

小樽市・小樽市銭函パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道後志管内)
07 /31 2016

●距離は短い…だがOBとドッグレッグは多い

北海道後志管内小樽市、銭函3丁目165番地。国道337号線から少し入ったあたりにあるコース。9Hがふたつのエリアに分けられた18ホール。
コース料金は18ホール一回りだと200円、1日だと400円となる。

芝が所々に剥げている場所があったりしている。
それだけに惜しいが、起伏などが随所に置かれ、コースの設計はしっかりしている。
とくにドッグレッグとOBを結構盛り込んであり、難易度を上げている。
距離は767mなので短い部類。

難易度:>>>>>>>>>>



小樽市銭函PG場 (1) 
つつじ-1 57m/par4
やや左傾斜だが中央をしっかりとらえたい。左にバンカーもあるが、
今後頻発するドッグレッグホールに備えて、できれば3打以内であがりたい。

小樽市銭函PG場 (2)
つつじ-4 81m/par5
右ドッグレッグのホールである。
左サイドバンカー(約40m付近)のすぐ右隣りに1打目を置いて、2打目を正確さに物を言わせて寄せたい。

小樽市銭函PG場 (3)
つつじ-6 55m/par4
2回左にドッグレッグするホール。まずは最初の左コーナー内側のバンカーを越して残り距離を少しでも縮める。1打目がうまくいっても場合によっては2ndショットのライン上にラフが来ることもある。

小樽市銭函PG場 (4)
はまなす-1 49m/par4
コース内側のバンカーがアクセントの右ドッグレッグのホール。
この距離ならショートカットもしたいが、ところどころに深いラフを確認。油断は禁物。

小樽市銭函PG場 (5)
はまなす-3 27m/par3
左ドッグレッグ。距離は短くてもバンカーとOBで簡単に攻略できないようになっている。
バンカーの上を走らせていきたい。

小樽市銭函PG場 (6)
はまなす-4 93m/par5
やや右ドッグレッグ。右サイドバンカーは深いため、勢いを殺される。
そのバンカーの左側を正確に走らせられれば、イーグルチャンス。

小樽市銭函PG場 (7)
はまなす-6 41m/par4
右ドッグレッグ。グリーン手前のフェアウェイは狭くなっておりラフに嵌りやすい。

小樽市銭函PG場 (8)
はまなす-7 34m/par3
左ドッグレッグのパー3。バンカーを越えて最短ルートで攻めていきたい。

小樽市銭函PG場 (9)
はまなす-9 36m/par4
このホールも左にきつく曲がる。フェアウェイ通りに行くか、バンカー越えで距離を縮めてロングパットイーグルを目指すかの2択。



●初見プレーの記録
小樽市銭函PG場 (10)
結構、初見潰しが多い箇所があった。
(上の写真のスコア票の打数について、丸付き数字はOBしたホール)
序盤の芝とドッグレッグコースに慣れられず、オーバーランでのOBや
コントロールミス、中距離のミスパットがかなり目立ち、わずかのミスで小さな1打が積んでいった感じであった。ぎりぎりのアンダースコアだった。

最後までご覧いただきありがとうございました。
いいねなどと思われましたら、拍手を一回押してくださるとうれしいです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw