FC2ブログ

第31回SASUKE感想

未分類・日常など
07 /03 2015
ご存知の通り、7月1日にサスケがあった。
「今回は4年ぶりの完全制覇が出た」とうたっていた・・・

1st

新エリアは丸太登りと丸太下りが一体化したローリングヒル。
バランスエリアにオルゴール(回っている円柱に突起があるのでそれをつかんでいく。音楽も鳴っている)。
第5回の第2ステージにあったタックルマシンはタックルに名を変えて1stに移動した。
重さの違うものを3個押していくという形式のものになった。

31番。前回クレイジークリフまで行った電気店店長の日置さん、0.12秒を残してギリギリの1st突破。
クリアするかしないかが本当に興奮させられる。
(余談だが、亡くなった私の祖父も電気屋でした)

50番台からしばらくは女子の挑戦者。そり立つ壁までいった人が二人いた、レベルも上がってるんだなあと。

石丸さんはそり立つ壁で苦戦した。それでも60歳以上なのだからすごい。

72番、タヒチダンス講師のラギヴァルさん。ほとんど休まずにサスケのコースを攻めていくさまは、かつてのリーヴァイやキャンベルを連想させる。35秒残しで突破。

91番はサスケ君こと森本さん。危なげなく突破。

92番、93番はオールスターズ山本さん竹田さん。この二人は流石に古参者ということもあり、ローリングヒルの丸太下りを上から降りようとしたが・・・・


飛距離が足りず落下!

二人ともはじめて第1エリアで散る・・・ええっ??って思った。

94番、ドリューさんも危なっかしい場面があったが突破した。

95番から97番までは朝さん、菅野さん、前回ファイナル進出の川口さん。おなじみの面子。
彼らは問題なく通過していった。

98番長野さん。06秋・17回大会完全制覇、ファイナル5回、最優秀成績8回。
タックルまではいつものペース。しかし押す速度がやや遅い・・・
そして脚力を消費してそり立つ壁でリタイア。

軽快さが売りの99漆原さん、100番又地さんである。
彼らもタックルに苦戦してそり立つ壁を登りきれず。

身軽な人にとって不利なのかなあ・・・

というわけで17人通過。



2nd

前回失格者を多数出したスワップサーモンラダーが、"サーモンラダー上り、下り"(こちらはバーを下ろしていく)になった。
またスパイダードロップがエリア番号として数えられた。

初挑戦者勢が結構リタイアした。41歳のボクサー惜しい・・・!
クロス スライダーで落下する挑戦者も多かった。

そんな中でも常連者たちはここも問題なく通過していった。

8人が3rdに進出。


3rd

前回の第3エリアドラムホッパーがファーストエリアに下げられた。変わって追加されたのは、「サイドワインダーR」なるエリア。なんだこれ!?(日置さんも言ってましたが)

簡単に言えば突起の付いたサンドバッグのようなポールにジャンプしていくエリア。上には手を引っ掛ける溝がある。
さらにバーティカルリミットが第二形態に。少し空白が設けられた。

最初の挑戦者、日置さん。
サイドワインダーを難なく越し、クレイジークリフへ。
しかしあえなく3本目から4本目への飛び移りで落下!

タヒチアンダンス講師の方もクレイジーで落下。

サスケ君森本さんは、、クレイジー成功!
さらにバーティカルリミットのマイナーチェンジ版も2本目への移動をしっかり決め、残すは前々回陥れられたパイプスライダーへ。

慎重に体を振って的確なジャンプを決め、3rd最強の要塞攻略!!
理論派ですねこの人やっぱり・・・

4度目のクレイジークリフトライとなる朝さん・・・両手が引っかかったかに見えたが惜しくも落下。

菅野さんも4度目のクレイジー挑戦。しかし見事にしがみつき、涙を流す。
そしてバーティカルリミットへ。2本目への移動であえなく力尽きたが、本人は「すべての力を出し切ってでの落下」と語っていた。

川口さんは前回成功したクレイジークリフで、手がずれてつかみきれず落下。
それぞれの奮闘が見られ、涙もみられた3rdだった。
ということで、ファイナルに行ったのは森本さんだけだ。

FINAL

ファイナルではスパイダークライム12m、綱上り12mを30秒で駆け上がるというものである。
前回、又地さんが残り約2mのところで時間切れであった。

開始前、第2期ファイナル開始前のテーマが流れとても懐かしく鳥肌が立った。
そして開始の音、、、大歓声とともに駆け上がる森本。

綱上りになってもペースは衰えず、むしろかなり速いペースで駆け上がっていった!

そして、残り2秒59残しで完全制覇!!

もう僕もこころから喜んでしまった、本当にすごい。
綱登りってあんなに早くいけるんだなと。

子供の頃から抱いていた彼の夢は遂に現実になったのだ。

これにてSASUKE五度目の陥落!
最後は、家族及び仲間たちと抱き合い、今回のサスケは幕を閉じたのだった・・・。

果たして次期はどうなることやら・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです!道オフのcrazyです。


今回のSASUKEは1stステージの新エリアのタックルが、反り立つ壁と合わせて従来有利と言われていた小柄な人を潰しに掛かっているように思えました。漆原さんでさえ潰されましたからね…。かと言ってガタイが良い人は必ずと言っていいほど3rdステージで潰されますし難しい所ですね。

あとはかつての有力選手が反り立つ壁を超えられないのを見ると少し悲しいです。


サスケ君は昔の出場も薄っすらと記憶に有りましたが、段々と存在感を増していた所での完全制覇でしたね。僕も結構はしゃぎましたww

Re: No title

crazyさん お久しぶりであります!

確かにタックルが効いてた気がします。
特に軽量さと機敏さに長けてる人が壁でリタイヤしてった挑戦者が多かった気がします。

3rdはぶら下がり地獄(悶絶の空中庭園)ですから、体重のある挑戦者はクリフハンガーとかで
やられがちだと思っています。
日置さん、朝さん、菅野さん、そして制覇した森本さんには本気で興奮しました。
前回は入院先でサスケ見てたから、今回は親と感動を共有できてよかったです^^

あと道オフのポケモンに関してはフェアリー系とメガ進化が付いてからは
ちょっと追いつけなくなってる感がありますね・・・私も相性とか環境とか
理解しにくくなってますかね。

また機会あればよろしくです!

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw