FC2ブログ

【パークゴルフ】北広島市輪厚の高速グリーン、攻め落とせ!

パークゴルフ(2015-2016)
04 /12 2015
選挙とマスターズ2015があるこの日・・・
久々にゴルフ中継見たんで、オーガスタナショナルGCが普通に恋しいです(笑)

s-クラウンバック4
↑みんなのゴルフシリーズにも、オーガスタナショナルに似たコンセプトのコースがたびたび登場している。「5」のトリを締めくくるコース、クラウンフィールド(前半のみだが)もその一つだ。
この写真は4番ホール。210~220Yの距離があり、グリーンが特に難しく、奥に下っており池に吸い込まれやすいのだ



ゴルフと同じく、そんな高速グリーンが存在するパークゴルフ場に、今日、足を運んだ。

s-ロンスケ4月12日(5)
それが札幌の隣、北広島の『ローンスケープ輪厚』だ。(国道36号となり)
コース名の意味はローン(Lawn)が芝生、スケープ(Scape)が景観、という意味である。

(ローンスケープ輪厚 詳細紹介記事はこちら)

またしても緑の匂いがしゅんY12の頬と鼻を撫でていく・・・・・・

このコースの顔ともいえるベントグリーンのコース。
ピン手前の大きな起伏や奥に傾いたグリーンに散々手を焼かされ、Aコースを32打という自分としてはやや不本意なスコアーでホールアウト。

次に待っているのはBコース。
相変わらず、高速グリーンや起伏との対話が続く。

s-ロンスケ4月12日(2)
↑そして現われたB-5(100m par5)。
右ドッグレッグの100mホール。とにかくハイスケールだ。
コースに行っている人はご存知であろう、鬼畜とも言えそうなこの深いグラスバンカー。
春先のラフは浅いのでまだいい方ではあるが、それでも厄介である。
このホールであえなく5を叩いたのであった。

B-6もグリーン前に深い窪地が仕掛けられ、そこにハマっていった。
しかしこれをナイスアプローチし、Parセーブ。

その他のホールも総合して起伏が激しいので、どのようなラインで打てばいいか、考えさせられる。
Bコースも、32でのホールアウトであった。

距離の短いCコースはほぼ的確にアプローチを決め、26でホールアウト。

最後のDコースだ。
ここには一部白樺林間コースが存在する。
D-2,3,4と、三連続で2打で上がっていく。終盤の猛チャージだ。

s-ロンスケ4月12日(3)
↑D-5。88mだ。
1打目を右のシラカバの付け根に当たりそうになったが、ボールが跳ねてくれたので何とか回避。
しかし3打目のパットをわずかに外し、奥に下るグリーンの傾斜に乗せられ、グリーンエッジまで送り込まれてしまう。返しパットも外して痛恨の5となる。

しかしD-7,8もまた2打ラッシュを決める。

s-ロンスケ4月12日(4)
↑最終D-9ホール。このホールは大きなマウンドが連続し、
事実上、尾根を走らせなくてはならないホールである。
コントロールに失敗してグリーンをこぼした僕は、4を叩いたのであった。

ロンスケ4月12日
↑最終スコア詳細。前半で厳しい目を見たが、
後半はあまり4以上を叩かず、Dコースでは2が5個。トータル17アンダー、
115打で今日のプレーを終えた。

ローンスケープはこのようにグリーンが手ごわいので、やさしく的確なタッチで
攻めて行くのがポイント。傾斜も甘くないので、どこから攻めて行くかが
鍵だろう。夏はラフが厳しいので、より球威のあるショットが求められる場面も。

最後までご覧いただきありがとうございました。
なるほど、いいねなどと思われましたら、下の拍手を押してもらえるとうれしいですm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12@パークゴルフ&架空ゴルフコース設計者

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw