FC2ブログ

冬のパークゴルフ十勝遠征 2020厳寒編…すごい人にも出会えた

パークゴルフ(2020-)
02 /11 2020
冬のパークゴルフ遠征。
2020年、2月7日~9日は帯広を拠点とし、北海道十勝に行っておりました。

7日夜に帯広入りするため、バスを予約しました。



十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (1)
バスで移動開始、さっぽろテレビ塔。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (2)
19時過ぎ頃、占冠パーキングエリア。
トイレ休憩のため10分前後の休み。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (3)
21時前、帯広に到着。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (4)
帯広駅前のホテル「リッチモンドホテル帯広駅前」には2泊した。
ベッドが大きめ、枕が二種類。帯広駅が見える部屋。

明日は現地の仲間の方と雪上パークゴルフだ。



2月8日土曜日

朝6時。
アプリ「ソフィーのアトリエアラーム」を使い、
ソフィーCV.相坂優歌 さん)に起こしてもらった。
(筆者は最近Newみんなのゴルフのコラボで、アトリエシリーズを知ったばかりです)

ソフィーのアトリエ_アラーム
画像引用:ソフィーのアトリエアラーム (C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

「たーる♪」「おはよう。調子はどう?」など、色々とボイスがあって、
3つのボイスを組み合わせてオリジナルの目覚ましが造れるアプリ(730円、買い切り)である。



十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (5)
6時24分ごろの部屋から見た帯広駅近辺。

十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (6)
朝食はバイキング形式、なんと豚丼も!!
右下の飲み物は「カツゲン(北海道でよく飲まれている乳酸菌飲料)」だ。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (7)
9時に現地の方と合流。
私は生まれつきのとある障害により車の運転が無理なので、
こうしてドライブしてもらえるのは本当に幸せな限りである。

帯広の森雪中パークゴルフ場へ向かう…

十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (8)
帯広の森雪中パークゴルフ場。帯広の森野球場の隣にある。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (9)
曲がったホールが多く苦戦した。しかしBコース3番のように、直接ピンを狙えるホールもある。
プレー料金は無料だった。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (10)
続いて、幕別町札内地区へ向かう。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (11)
雪化粧のはらっぱ36パークゴルフコース。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (12)
幕別はパークゴルフの聖域…。
発祥の地なのだ。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (13)
札内ガーデン温泉雪上特設パークゴルフ場へと向かう。
その途中には丹頂鶴もいた。カメラを構えているお姉さんもいた。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (14)
札内ガーデン温泉雪上PG場はプレー料金300円だ。

また、クラブハウスに行くと、今回パークゴルフに一緒してもらっている
かたが、私のことを「この子札幌から来てんだよ」と紹介し、ハウスの奥へ…。

そこにはなんと、パークゴルフ最強タイトル「JALカップ」優勝者のひとり、
吉田哲二さんの姿が!。
JALカップで「アロハの哲ちゃん」と呼ばれている方である。
一緒に写真を撮るのも許可して下さったのである。
吉田さん…誠に…誠にありがとうございます!
これからもJALカップ頑張って下さい!!






プレーが終わり、帯広市内にもどり、昼は豚丼にした。

十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (15)
「とん田の豚丼」の、ばら肉豚丼(800円弱ぐらいだった)である。
20分くらい並んだ。一味ニンニク唐辛子が味を引き立てた。
美味しい!

その後、ホテルに戻り、現地の方とはここでお別れ。ゆっくりと休んだ。




2月9日日曜日

20200209_帯広朝6時
↑部屋から見た帯広駅前の夜明けだ

この日、大寒波が北海道に襲来。
道北の旭川などでマイナス30度台を記録し、

帯広もマイナス22度を記録したのだ。

十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (16)
この日の朝はパンや牛乳にした。

ホテルをチェックアウトした。



十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (17-1)
朝9時。駅前の気温計、マイナス22度を記録。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (18)
帰りのバス。札幌に戻る。十勝大橋。


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (19)
十勝川と日高山脈


十勝パークゴルフ遠征2020厳寒編 (20)
高速道路と日高山脈。

定刻よりも早くに札幌に戻れた。
しかしさすがに疲れたしゅんY12でもあった。





今回の遠征も、色んな人にお世話になりました。
ドライブを一緒にした現地の方にもお世話になりました。

そして、JAL杯覇者の吉田哲二さんにも会うことが出来て、素晴らしい遠征でした。

次の遠征は恐らく5月ごろにオホーツク方面に行きたいですね。
網走とかまだあまり調査できていないのです。

●関連記事



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

しゅんY12

筆者は、小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。

それ以外のゲームも好きではあるが、万年へっぽこゲーマーと化していますw