FC2ブログ

パークゴルフの原点は「公園」、そしてこれからのコースはユニバーサル化?

パークゴルフ 特集
08 /10 2019
近頃、パークゴルフ界隈で噂していることがある。
実際しゅんY12も耳にする。

それは、パークゴルフ場の低難易度/ユニバーサル化だ。
まずは下の写真を見てみよう。

パークゴルフ・旅・ゲーム好きの雑記
↑北海道十勝管内幕別町、パークゴルフつつじコースのA-1番ホール

今から36年前、パークゴルフはこのつつじコースで産声を上げた。
つつじコースはパークゴルフの原点である。(普通のゴルフに例えれば英国のセントアンドリュース)

幕別町運動公園を利用したパークゴルフつつじコースは殆どのホールが平坦で、B-5番のような山からの打ち下ろしもある。

パークゴルフは元々その名の通り公園から始まったスポーツであり、三世代スポーツとはいうものの、現状は50、60代以降の人物が主となっている。
(もちろんしゅんY12のような新たな世代もいるが、これらは残念ながらほんの一握りにすぎない…)

ここ最近、難易度至上主義のコース(スキー場の斜面などのコースなど)が苦しんでいるという話を聞いている。
やはり老年にはコースの環境に足腰が付いていけないというのだ。

実際、みんパゴ関係者からこんな話を聞いたこともある。
それは、昨年秋のオホーツクパークゴルフ遠征の時のことだ。
オホーツクの湧別町にある五鹿山公園パークゴルフ場はしらかばコースと桜コースが36Hずつ(計72H。現在は白樺が36H、桜が18Hで営業)あったのだが、桜C・Dコースは急峻なスキー場斜面を利用していたコースであり、利用者たちがあまりにも苦戦してしまったという。

距離が短くなった例もある。
恵庭市の、メイプルパークゴルフコースも45ホールから36ホールになり、また、Aコースが距離が短くなっている。

そのため、緩やかな傾斜のある、あまり長くないコースのほうが、適度に運動感を得られると最近のパークゴルフ界のトレンドになっているのだ。

ちなみに、私は運動神経はあまりない方である。
私はスポーツは好きではあるが、精々…パークゴルフに特化しただけの人間、と思ってほしい。

これからのパークゴルフコースの設計理念は、高難易度よりもほど良い難易度の方がいい、ということなのだろうか。

…以上、ここ最近のしゅんY12のパークゴルフのトレンドについて、でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。