Newみんゴル 第59回 - 自作キャラ4人による、アルピナチャンピオンシップ【高原の決戦】

Newみんなのゴルフ
06 /21 2018
⇒みんゴルシリーズプレイ日記まとめページに戻る

Newみんゴルプレイ記、第59回目。
今回は自作キャラを使った一人4役ストロークでいきましょう。
キャラは高原コース、またはアルピナフォレストに
強いという設定の面子4人で参りましょう!



みんゴル ゲンゾウ 実況 アイコン 
ゲンゾウ「こちらは、Newみんゴルの2面のコース、
アルピナフォレストだ!
高原のコースを得意とする、華の如く美しい4人がエントリーした。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (1) 
左から、
1番:マシュヌ・アルナー、(いずれもしゅんY12による自作キャラ)
2番:藤吉 由貴子、
3番:川郷 深雪、
4番:リディアーヌ・オノウエ

ギアは全員がビッグエアースタンダード
以上の4人が、アルピナチャンピオンティーに挑む!」

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (2) 
1番ホール。ティーショット落下地点付近の木が、
有る場合と無い場合があるホール。川郷の2打目。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (3)
2番ホール。
オノウエの2打目は強い勢いでクルクルアプローチチップインに成功!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (4)
3番では藤吉らがイーグル!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (5)
4番、アルナーが2マス遅れのインパクトでフライヤーショット、ショットの勢いを削げず、ただ一人バーディならず!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (6)
みんゴルシリーズで史上2位の長さを誇る6番542yのパー4!
(1位はパインヒルズCT6番の546y)
さあ、挑戦者たちはどう立ち回るか?

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (7)
オノウエ、グリーンをオーバーランするも、チップインバーディで凌ぐ!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (8)
続く7番でもオノウエはチップインスパイラル!
非常に好調だ。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (9)
難関の9番はどこに落とすかが重要。セカンドで木が邪魔にならないようにしたい

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (10)
オノウエ、パーフェクトペース。
折り返し地点、ハーフターンを迎える!


Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (11) 
10番。
アルピナフォレスト選抜のマシュヌ・アルナーがチップインイーグル!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (12)
12番ティーショット。ティーショットの落下地点が狭く、意外と苦戦を強いられやすい。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (13)
14番では全員が池を恐れず攻めていく。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (14)
その14番は全員イーグルの快挙。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (15)
意外な落とし穴の16番、池の手前に刻む…

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (16)
しかしアルナーにはまたもや試練が…木が邪魔になった。
ただ、池には落ちず、パーで踏みとどまる。

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (17)
最終ホール、5mの横風に煽られ、苦戦を強いられるものも…

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (18)
オノウエもピンチに…

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (19)
しかしアプローチを強めに打ち、21アンダーで逃げ切りの優勝!

Newみんゴル第59回 アルピナチャンピオンシップ (20)
最終スコア表。
オノウエ、とりわけ頑張った!!

みんゴル ゲンゾウ 実況 アイコン 
ゲンゾウ「予想通りに6,7,18番あたりで苦戦が見られた。
しかし、しゅんY12の采配が光り、高原の少女達の華々しい
戦いを我々も垣間見れた!

しゅんY12のマイベストである23アンダーには届かなかったが、
あのときは、ロングチップインもあった!
…ラウンド後はしゅんYもかなり疲弊したもようだ…」



いかがでしたでしょうか?
楽しんで下されましたら、幸いです。
しかしながら、ブレには毎度泣きを見るよなぁ…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

収録お疲れ様です。 やはり6、7、18番で苦戦してたそうですね…。私も-22出すのにここで苦戦したもので…。私なりには2番も結構厄介ですかね。エプロンの傾斜が不安定で停止地点が予測不可能かつグリーンも急ではないものの多少の傾斜があるので、ロングパットにしてしまうと厄介…。 チャレンジ中で最初に躓いたホールは大抵ここになりました。多分、難易度はヴォルテCT以上ではないかと思いますね…(ゆっゆやん氏のツイートより)。

>しかしながら、ブレには毎度泣きを見るよなぁ…

私もその気持ち分かりますよ。 アルピナCTはともかく、パインヒルズなんかもアプローチでFW・LIを使うってのもよくある話だから、多少のブレが生じただけでも苦杯を喫するのはよくある話です…。
ひろうちさんのブログのみんゴル5の記録のコメント欄に「ユーロBTは1マス早いうさショットが発生しただけで苦杯を喫するのはありふれたこと」だと述べてたのですが、あれと同じような感覚ですかね…。
パワー率96-100%でJIしても98%は容赦なく出るもので、これもまたポータブル系列並みにタチが悪い…

Re: タイトルなし

Tag@O.RYOさん

いやぁ、本当にアルピナはどこかしら集中力抜けると、
Newみんゴルの仕様・環境も相まって厳しい思いさせられますね。

2番CTも270yという異例の長いパー3なだけに、どこでバウンドさせるかで
展開が変わるんですよね。ここも苦手なホールの一つです…(^^;

今作のブレには本当に悩まされます。
でもまあ、今回はキャラ整理の関係上、やってよかったです。トップは21アンダー出ましたし。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。
画像は問題があったら消します。