No.286 北斗市(大野)・八郎沼公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /18 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富み、砲台グリーンもある

hokuto_oono_hachironumaPG (1) 
北海道渡島管内北斗市(旧大野町)。18H。
1番のロングから始まり、5番の長距離ドッグレッグや18番の100mを除けば50m前後の距離が多いコースとなっている。

終盤のホールは起伏も激しく、テクニックが求められる箇所もある。

2018/6/17調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 

以下、コース紹介。

hokuto_oono_hachironumaPG (2) 
1 100m/par5
やや傾斜こそあるものの、真っすぐなパー5。3打で上がっていきたい。

hokuto_oono_hachironumaPG (3)
2 45m/par4
左ドッグレッグのパー4。2本ある松が少し厄介。左のラフをロブショットで越してしまう手もある。

hokuto_oono_hachironumaPG (4)
5 71m/par4
この距離のある左ドッグレッグのミドルは、次打で真っ直ぐフェアウェイを狙える位置に付けられるかどうかにかかっている。

hokuto_oono_hachironumaPG (5)
左コーナーから5番のピンを見る

hokuto_oono_hachironumaPG (6)
7 36m/par4
グリーン側から撮影。松の木をかわしてグリーンを目指そう。

hokuto_oono_hachironumaPG (7)
9 66m/par4
30m付近、左からラフがせり出すホール。傾斜に注意して攻めるべし。

hokuto_oono_hachironumaPG (8)
11 48m/par3
ドッグレッグの距離のあるショート。左の大きな木をかわせる上げ玉ショットが求められる。なお、飛びすぎるとOBなので注意。

hokuto_oono_hachironumaPG (9)
13 42m/par3
左ドッグレッグのパー3。大きな起伏や斜めになった砲台グリーンが待ち構える。

hokuto_oono_hachironumaPG (10)
15 55m/par4
うねりのきついフェアウェイとグリーンが待つ。

hokuto_oono_hachironumaPG (11)
16 32m/par3
うねったフェアウェイに盆地状の起伏がある左ドッグレッグのショートホール。

hokuto_oono_hachironumaPG (12)
17 43m/par4
うねった起伏を越え、奥に下る砲台グリーンを攻めるパー4。

hokuto_oono_hachironumaPG (13)
18 100m/par5
最後のホールはテクニックも求められるパー5。
まずは左ドッグレッグ、コーナー付近のラフの島に注意。

hokuto_oono_hachironumaPG (14)
コーナーを曲がったら、角度が良ければ2オンも狙えるが、OBもあってかなりハイリスク。
3オン1パットのバーディでも充分、いいところである。

1番ホールとはまた趣の違うロングホールだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。
画像は問題があったら消します。