FC2ブログ

No.319 留寿都村・アカダモパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道後志管内)
08 /26 2018
→パークゴルフ場紹介記事 トップページへ(しゅんY12の部屋FC2部署に飛びます)

●バンカー多数、細長いフェアウェイのせいで距離が短くても難しい

北海道後志管内留寿都村。18H。
全長は756mと短いが、細く蛇行したフェアウェイに多数のバンカーがあり、穴場的な難しさを誇るコースである。

2018/8/26調査
難易度:★★★★★★★★☆☆


A-1 74m/par5
45m付近のフェアウェイがクランク状に蛇行している。
グリーンに続くストレートラインに打ち込めれば理想的。



A-3 31m/par3
右ドッグレッグのパー3。
フェアウェイがあまりにも狭いため、上げ打ちできないと攻略に難儀する。



A-4 45m/par4
蛇行したフェアウェイに多数のバンカーが絡んでいるホール。見た目通り難しいが、ここも上げ打ちできれば、多少なりとも苦戦は減るだろう。



B-1 29m/par3
右ドッグレッグのパー3。フェアウェイが細いので、コーナーに付けて攻めるのも手だ。



B-2 77m/par5
このコースで最も長いホール。相変わらずのフェアウェイの狭さだ。
ティーショットをライナーで打てない、あるいは、ラフ出しが的確でないと厳しい局面が待っている。



B-7 58m/par4
グリーン側から撮影。
ここも蛇行したフェアウェイにバンカーが絡んでおり、苦しいラウンドを強いられそうだ。



B-9 52m/par4
最終ホール。グリーン手前で左に曲がっている。フェアウェイを走らせるのが安全策か。グリーンは3個のガードバンカーがある。


スポンサーサイト

ゴルフクラブ2 第42回-自作のコース#62「マーヴェラスフォレストゴルフガーデン」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
08 /20 2018

PS4『THEGOLFCLUB2(TGC2、ザゴル2)』プレイ日記 第42回。
なんか「THEGOLFCLUB2019(次作)」が発売が迫っているとのことなので、ザゴル2でのコース設計は何もなければ今回で最後とさせていただきます。

ということで、今回は本気で難しいコースを設計してみましたw
その名も…



コース62「マーヴェラス フォレスト  ゴルフ ガーデン」

難易度:
レギュラーティ :★★★★★★☆☆☆☆
バックティ   :★★★★★★★★☆☆
チャンピオンティ:★★★★★★★★★

みんゴル5のクラウンフィールドやポータブル2のフォートレスヤード等を意識した林間コース。
バックティーやチャンピオンティーでは一気に距離が長くなるホールもあり、またグリーンは起伏に富み傾斜もきつめでボールは走りやすく設定されているため、パットテクニックがないとかなり苦労する。


コース入り口表示


距離表(クリックで大きく出来ます)


●コースカタログ


1H パー4 462y
距離のある右ドッグレッグのミドルホール。
フェアウェイは広めなので、この後の難関ホールに備えてバーディを奪っておきたい。


2H パー4 204y
奥に滝が流れる美しいホール。
その美しさとは裏腹に、水場の面積が大きく、しっかりキャリーでグリーンを捉えないと池に落ちる難関ホールとなっている。


3H パー4 427y
1番同様に右ドッグレッグのミドルホールである。
起伏に富んでおり、また木が行く手を阻む。グリーン手前にはバンカーもある。


4H パー5 513y
湖や川がコースに絡むロング。バックティーやチャンピョンティーになると大幅に距離が伸びる。


5H パー3 161y
グリーン奥に池のあるパー3。グリーンも起伏に富み、バーディはそう易々とは取れない。 


6H パー4 473y
距離の長いパー4。ティーショット着弾地点にはバンカーが3個。


グリーン左手前には木が待ち受け、護っている。


7H パー4 426y
1・3番同様右ドッグレッグのミドルホールだが、起伏が激しくなっており、


グリーン右手前は池になっているため格段に難易度が高くなっている。


8H パー5 546y
狭いフェアウェイにアタックするロングホール。


起伏の激しいグリーンだが、バーディはいただきたいところだ。


9H パー4 467y
ダウンヒルの長いミドルホール。2打目で木が邪魔にならないように打つところを考えたい。


10H パー4 412y
2打目が打ち上げとなり、グリーンは砲台式となっている。特にピンが左に切られると、池もあるため難易度は激増する。


11H パー4 377y
また右ドッグレッグのホール。今回はバンカーが多いのが特徴。右コーナー内側のラフは、引っ掛かるとフェアウェイに出にくい傾斜になっているため、キャリーで越すこと。


12H パー5 530y
狭いフェアウェイと起伏に富んだホール。


バンカーや池によってコースが狭くなっている。
景観は美しいが…


13H パー3 180y
グリーン手前に川が流れているパー3。
顎が高いので、キャリーで越さないと落ちる。


14H パー4 425y
左ドッグレッグのミドルホール。コーナー内側に木、グリーン右手前にも高い木が待っている。グリーンは中央がきつく盛り上がり、パットに難儀するとボギーを叩きやすい。


15H パー4 338y
距離が短いミドルホールだが、バンカーや池、コース後半にあるフェアウェイに堂々と立っている林が厄介なホール。
どう攻めるか考えどころだ。


16H パー4 419y
2打目で打ち上げとなるやや左曲がりのミドルホール。


グリーンは、奥から手前への傾斜がきつく、左手前にはグリッドの色が黄色い部分もあるため戻されやすい。


17H パー3 150y
およそ15y打ち上げとなるパー3。高い球でアプローチしなければならないが、グリーンも奥に少し傾いており、1オンはそう簡単にはできない。


18H パー5 561y
フェアウェイが蛇行する打ち下ろしの最終のロングホール。


忠実に攻められれば3オンは堅いが、グリーンの起伏が激しいためバーディはそう易々とはいかない。

これが、ザゴル2でのしゅんY12からの、最後の挑戦状だ。
腕自慢の、挑戦者…求む!

と言いましたが、訂正です。

日本ではまだ「THEGOLFCLUB2019」の発売がまだ先なので、もうしばらくザゴル2でコースを作ろうと思います。

帯広市・ポロシリ高原パークゴルフ場(2018.8.19 最終更新)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /19 2018

⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ


●帯広市内から外れた所にある芝の良い中級者向けコース


北海道十勝管内帯広市。36H。

パークゴルフのメッカである十勝のコースにしては、珍しく芝の刈高が違い、ラフもある。また他所のホールとフェアウェイが接している箇所もある。

高原コースABとポロシリコースABがある。

(本記事では便宜上、各コースを1~18番と連番で紹介します)


a_title.jpg 

スコアカードは1枚10円。


2010年秋調査 最終更新日2018/8/19

難易度:★★★★★☆☆☆☆☆




a0 (1) 

高原コース看板


a2_20180819172816966.jpg

高原2H 33m/par4

たくさんの木がコースを守っている。グリーンは起伏が激しく、奥はOB。


a6_201808191728174c2.jpg

高原6 100m/par5

中央に窪地がある。これを一打で越えてしまいたい。


a8_2018081917281979b.jpg

高原8 70m/par4

下りの左ドッグレッグホールだ。コースの左側ギリギリを狙えば、ロングヒッターはワンオンが可能。


a9.jpg

高原9 44m/par4

グリーン側より撮影したもの。グリーンの奥側はグラスバンカーである。


b2.jpg

高原11 35m/par3

白樺2本がコースにそそり立っている下りのショートH


b4.jpg

高原13 60m/par4

コース左側は左に傾斜し、グリーンは小さい上に前後をグラスバンカーが囲む。


b5.jpg

高原14 56m/par4

左傾斜を利用してグリーンを狙おう。グリーン周囲には窪地があるので嵌りやすい。


b7_201808191728260fc.jpg

高原16 60m/par4

グリーン手前の木3本と、奥から手前に強く傾くグリーンが曲者。


b9_20180819172828191.jpg

高原18 45m/par4

左ドッグレッグのホール。会館のOBに注意。1打目の狙える範囲は右のくぼ地によって狭い。




c0.jpg

ポロシリコース看板 


c2.jpg

ポロシリ2H 40m/par3

左からラフがせり出す。グリーン手前にグラスバンカー。


c5.jpg

ポロシリ5 70m/par4

右ドッグレッグの長めのミドルホール。グリーン右手前にやたら深いラフがあるので、これには絶対に入れないこと。


c6_20180819173005524.jpg

ポロシリ6 40m/par3

左に緩く傾斜し、左にドッグレッグしたホール。

傾斜の影響は少なく、バーディを獲りたいならコースの左側ギリギリを狙うことが求められる。


c7.jpg

ポロシリ7 77m/par4

打ち上げの上に80m近い距離となるホール。

左のラフ、右のOBに入れないように打ちたい。長いので1打目のミスが命取り。


d2.jpg

ポロシリ11 36m/par3

やや打ち上げ。グリーン奥にOB。


d5.jpg

ポロシリ14 40m/par3

3本の木を避けて攻めていく、やや左ドッグレッグのショート。


d6_20180819173011aa9.jpg

ポロシリ15 95m/par5

右ドッグレッグのロング。1打目は50m付近の右コーナーへ。


d8.jpg

ポロシリ17 30m/par3

グリーンが、左に傾斜する。グリーン手前にはグラスバンカーもある。


d9_20180819173014c77.jpg

ポロシリ18 84m/par4

やや左ドッグレッグだが、左傾斜もかかっている。全力で打って飛距離を稼ぎ、3打で上がりたい。



hissyano_kiroku.jpg

筆者のスコア、110打。(2018/8/19の記録)

ちなみに同時期に行われていた大会では男子優勝スコアが92打だった。

ポロシリ高原は真っすぐなホールが多いため、大概のホールを2打で上がってもおかしくない記録である。





【総評】

飛ばし屋にとっては簡単なコースに見えるが、ティーグラウンドの向きがコースと平行でなく、微妙にずらしてあるホールもあるので、ティーグラウンドの向きに合わせて打つと、あっという間にラフに行くこともある。

しかし、コースのスケールは大きく、とても開放感を感じる。奥のほうに山も見えて、雄大な景色を楽しむことができる

ゴルフクラブ2 第41回 - 自作のコース#61「バンプス・リンクス カントリークラブ」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
08 /13 2018

PS4『THEGOLFCLUB2(TGC2、ザゴル2)』プレイ日記 第41回。



今回は自作したコースその61「Bumps Links C.C.」を紹介する。
バンプ(Bump)とは、「コブ」の意味であり、
起伏に富んだコース設計となっている。また、ラフには至る所に
ブッシュがあり、英国リンクスコース特有のポットバンカーも
健在だ。


↑距離表(クリックで大きく出来ます。)

難易度:
レギュラーティ :★★★★★☆☆☆☆☆
バックティ   :★★★★★★☆☆☆☆
チャンピオンティ:★★★★★★★☆☆☆


1H パー4 458y
直線のホール。早速ラフにはコブも待ち受けており、リンクスコースの難易度の高さを島している。グリーンも起伏が激しい。


3H パー3 130y
小さなグリーンは丘の上。手前にバンカーがある。キャリーでしっかりグリーンを捉えたい。


4H パー4 395y
フェアウェイは狭く、左に曲げてしまうとラフかブッシュに突っ込んでしまう。


6H パー4 439y
グリーンのうねりが曲者なミドルホール。
上の写真をよく見ると、グリーンに大きな起伏があることがわかるだろう。


8H パー5 524y
ティーショット到達付近には多数のバンカーがある。コントロールが求められる左ドッグレッグのパー5となる。


9H パー4 439y
コブやバンカー、ダウンヒルに注意して攻める。グリーンも起伏が大きく、ここでのバーディは難しい。


10H パー4 435y
右手に砂丘を見るミドルホール。ポットバンカーにつかまらないようにしたい。


11H パー4 393y
砂丘を右手に突き進むホール。グリーンは非常に広いが、左ラフ・バンカーに落とすと次がきつい打ち上げになる。


12H パー4 463y
レギュラーティでも450yを越える長いパー4。左右にはバンカーもあるため、まっすぐに飛ばせるかどうかが問われる。グリーンのアンジュレーションも結構難しい。


14H パー5 540y
丘を越えていくロングホール。バンカーは深いとは言え、少なめなので、ここではしっかりバーディを取りたい。


15H パー5 508y
連続してのパー5。右ドッグレッグであり、起伏が激しいホールとなる。


さらに、砲台グリーンが待ち構える。

グリーン奥には池がある。途中にラフがあるとはいえ、2オン狙いでキャリーでグリーン奥を捉えてしまうと、池にこぼれてしまいやすい。


18H パー4 404y
2度にわたって小川を越えていくパー4。起伏も激しいが、2ndショットでもしっかりと川越えのアプローチを制して、クラブハウスに凱旋していきたいところだ。


筆者のスコア。
まあまあの8アンダー。
自分で作ったコースに一喜一憂するのがザゴルの楽しみだと思っている(笑)

全英オープンゴルフは今年も終わってしまいましたが、本格派な英国リンクス風コース(私しゅんY12は個人的だがリンクスコースが好き)なので、皆様もプレーして下さると嬉しいです。

No.318 新篠津村・ふれあい農園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
08 /13 2018
●ラフの深さとドッグレッグの多さが難易度を高める


北海道石狩管内新篠津村。27H。
コースとしてはほぼ平坦に近いが、ドックレッグが多かったり狭いフェアウェイが多く、上げ打ちができないと苦戦を強いられる。

そして最大の特徴と言っていいのが、ラフの深さ・転がりにくさ。
芝の密度の高いこのコースはラフはあっという間に球威を殺いでしまうのだ。

2018/8/12調査
難易度:★★★★★★★☆☆☆


A-2 90m/par5
最長のホール。75m付近でコースが蛇行しており、またその近くには植栽のOBもある。4打で上がれれば御の字だ。


A-5 29m/par3
蛇行したフェアウェイ。グリーン左にバンカー。


A-6 70m/par4
コースが狭い右ドッグレッグのホール。まずは落ち着いて、コーナーまで正確にショットしていきたいところだ。


A-7 30m/par3
盛り上がったグリーンの左右にバンカーがある。


B-2 50m/par4
蛇行したフェアウェイから最後は右に曲がるホール。ラフが深いので、基本に忠実に行くならば1打目はグリーン手前へ。そこからのパット勝負でイーグル狙い。


B-4 33m/par3
左に直角に曲がるショートホール。
左のネットとバンカーのレーキの間を抜けば、ワンオンも可能。ロブショットに自信のある人はトライしてみよう。


B-7 42m/par3
蛇行したフェアウェイのせいで、研ぎ澄まされたコントロールを求められる。


B-8 70m/par5
25m付近で右に曲がる距離のあるホール。フェアウェイも細く、ラフに行ってしまうとミスがずるずると重なりそうだ。またショートカットルートにもネットや木があり厄介な存在。


C-2 33m/par3
右ドッグレッグのホール。コーナー内側にバンカーがあるので、そこで失速しないようにしたい。


C-4 50m/par4
左ドッグレッグのホール。コーナーの奥にはOBゾーンがあり、1打目を強く打ち過ぎないようにしたい。


C-7 72m/par4
グリーン手前で左に曲がる、距離のあるパー4。


C-9 79m/par5
50m付近で右に直角に曲がるパー5。1打目はコーナーより先に飛び過ぎると植栽のOBに捕まる。

No.317 札幌市東区・パークゴルフ丘珠ゆたか緑地コース

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
08 /12 2018
●細長い敷地を活かした林間コース

北海道札幌市東区。18H。
丘珠ゆたか緑地の敷地内に造られた林間のコースである。
切り株など自然のままの障害物や、OBエリアが右サイドにある。

2018/8/12調査
難易度:★★★★★☆☆☆☆☆


A-1 69m/par5
真ん中の大木が厄介なスタートホール。左も右もOBだ。


A-4 50m/par4
マウンドにピンがあるホール。コース右側やグリーンオーバーランするとOB。


A-8 30m/par3
スタート直後にマウンドを越える。右とグリーン奥はOB。


B-1 37m/par3
グリーンに大木が待ち構える。ピン位置によって、どこから攻めるか自分の腕前と相談だ。


B-3 41m/par4
マウンドがグリーンにある。グリーンをオーバーするとOB。


B-4 29m/par3
白樺だらけのパー3。正確に打っていこう。


B-8 73m/par5
左は林、右がOB。実質的に距離のある、やや左に曲がったホールとなる。

PS1「パーフェクトゴルフ2」をプレイ第6回 - 表蔵王国際GCに挑戦

パーフェクトゴルフ2
08 /09 2018
今から20年前のソフト、実在のゴルフ場が400コース収録されている
ゴルフゲーム、PS1の「パーフェクトゴルフ2」をプレー、その6。



写真引用:パーフェクトゴルフ2
(C)1998 SETA CORPORATION
(C)1998 NASA CORPORATION,LTD.

東北:宮城県にある、表蔵王国際ゴルフクラブに挑んでみた。
東コースと南コース周りでラウンドした。

コースとしては、突然急なアップダウンを絡んでいるホールがあったり、グリーンの急な傾斜に悩まされたこともあった。

ちなみに今回は1W飛距離が270yのキャラを使用している。

このゲームも、PSPのみんゴルの外伝的シリーズである、「みんなのGOLF場」みたいにカップの入り判定が厳しいので、終盤にボギーラッシュを強いられた。

とりわけ厄介だったのが17(南8)番。
きつい傾斜にピンが切られまさかの4パット…(><)

最終結果は6ボギー1ダボ5バーディ
3オーバーパーだった。ゴルフシミュレーション、恐るべし…m(_ _)m

No.316 標茶町・弥栄農村公園MILKパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /09 2018
●フェアウェイ全面刈りのコース。パーは70


北海道釧路管内標茶町。18H。
フェアウェイは全面刈りで所々に起伏や木がある。

今では珍しく、パー数が66でないコースでもある。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


OUT-1 45m/par4
下りのホール。グリーンをオーバーすると下りになっており、大変だ。


OUT-3 55m/par5
2本の木をかわして一気に攻めていこう。


OUT-7 40m/par4
ピン側から撮影。グリーンが少しだけ盛り上がっている。


IN-2 26m/par3
2本の植栽の間にグリーンがあるショートホール。


IN-4 54m/par5
大きな山のラフに注意してショットしていこう。


IN-6 48m/par4
大きなマウンドを越えて、植栽をかわしつつグリーンの右側に攻めていこう。


IN-9 49m/par4
打ち上げで臨む最終ホール。強めに打ってイーグルを奪取したい。

No.315 中標津町・道立ゆめの森公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /09 2018
●なだらかな傾斜中心の標準的な難易度のコース

北海道根室管内中標津町。36H(+ファミリーコース9H)。
こもれび・そよかぜ・コスモス・まきばの4コース。
そよかぜコースは長めの編成であり、85mおよび100mのホールがある。



2018/8/5調査
難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆




こもれび1H 25m/par3
打ち上げで臨むパー3。右傾斜もあるので、こぼさないように。


こもれび4H 50m/par4
グリーン左と奥がOB。とはいえフェアウェイは広い。


こもれび6H 70m/par5
フェアウェイは馬の背状の傾斜、左側の木、どちらにこぼしてもOBゾーンがあるため、安定してフェアウェイを走らせるようにしたいところだ。


そよかぜ2H 55m/par4
シラカバ並木に入っていく感じの、林間のホール。中央が盛り上がっておりティーからはグリーンが見づらい。


そよかぜ3H 100m/par5
やや左に曲がるロング。最短コースを狙って引っかけて左のラフに入れてしまうと、気分が滅入ってしまうだろう。


そよかぜ8H 85m/par4
やや右ドッグレッグ、右傾斜もある距離のあるパー4。
後半になると林が差し迫って来るので、OB注意。


コスモス2H 50m/par4
左に曲がるやや打ち上げのホール。しかし、ここもワンオンの誘惑に負けて引っかけてしまうと、痛恨のOBが待っている。


コスモス4H 50m/par4
きつい右ドッグレッグのホール。ロブショットでワンオンを狙う手もあるが、右側の低木OBには要注意。


コスモス9H 30m/par3
きつい下りのホール。実はフェアウェイの右側には右に傾斜している部分があり、そこに乗せてグリーンの中央に運べるのだ。


まきば1H 60m/par4
きつい打ち上げのホールだ。パワーが求められる。


まきば2H 30m/par3
ティー直後にきつい登りがある。勢いを殺されないようにしたい。
かといってグリーン奥にはOB。タテのパワー調節が重要。


まきば5H 75m/par5
右の傾斜があるホールだ。ロングヒッターは、コースの中央からやや右にかけてアドレスし、強めにショットしてみよう。


まきば6H 60m/par4
波のようにうねるフェアウェイが特徴の打ち上げパー4。
グリーン奥にOBがあるが、コースは広い。

ゴルフクラブ2 第40回 - フレンドのコースをレビュー「Black Forest G.C.」(設計:ぷにさん)

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
08 /09 2018

PS4『THEGOLFCLUB2(TGC2、ザゴル2)』プレイ日記 第40回。

今回はフレ様のコース、ぷにさん設計の
「Black Forest G.C.」

暗闇の森のコース。
バックティーになると1000ヤード長くなるため、
一気に長くなるホールも多く、格段に手ごわくなる。
1打目の落としどころが大きく変わるため、高難易度。


1H パー4 402y
枯れ木並木と暗闇が特徴的なホール。グリーン左手前に池がある。


2H パー4 395y
左ドッグレッグのホール。ショートカットもできる。グリーンは奥に下っている為、止まりづらい。


3H パー3 142y
グリーン側から撮影。打ち下ろしでグリーン手前に池が待っている。
グリーン周りには、不気味さを増すかの如く、枯れた倒木がある。


4H パー5 522y
「し」の字のように曲がっていくホールで、コーナー内側には池がある。
サイドスピンを使う手もある。


5H パー4 362y
左側にフェアウェイもあるが、枯れ木と池に注意。


6H パー4 409y
謎の柱と盛り上がったフェアウェイ、途中に待ち受ける川に注意。


上から見たら、こんな感じ。


7H パー3 166y
柱の上から打ち下ろすホール。グリーン手前には川があり、強烈な打ち下ろしもあって非常に寄せづらい。


12H パー5 552y
深い森に囲まれたこのホールは左右にフェアウェイが分かれている。バックティーだと距離も大幅に長くなり、左右どちらから、どう攻めるかが攻略のカギ。


14H パー4 457y
左ドッグレッグのホール。下りになっており、グリーン奥に池あり。
2番ホール同様に短い番手でグリーンを狙いたい。


15H パー4 382y
グリーン側から撮影。
狭いフェアウェイだが、果敢に攻めてバーディを奪いたい。


17H パー3 192y
グリーン左に川がある。バックティーになると…(後述)


18H パー5 561y
林、川、岩場のあるロングホール。


林抜けコースでショートカット


終盤にバーディでエンジンをかけていき、なんとかイーブンで上がれた。



バックティーにも挑戦。ただしギアは245y。
(飛距離の伸びるギアだと、インパクトが難しくなるため。
私はそんなにザゴルは得意ではないので)


17番(バックティー)
距離はレギュラーティより短いが、ティー位置が左に大きくずらされたために、グリーン手前に池が来るようになっているのだ。

ティーの位置次第で、これだけ戦略が変わるのもゴルフの面白いところであるし、ゴルフコース設計者として見ていて面白い。


バックティーの結果。
1番ホールで池に入れてしまい、トリプルから始まったこのラウンド。
ただ、15、16番でバーディを取れたのは美味しい感じであった。

難易度、しゅんY12の感想としては
レギュラーティ:★×5
バックティ  :★×7.5 と感じた。
(星10個が最難関とする)

ゴルフクラブ2 第39回 - 自作のコース#60「ウィルダネス・デザート(荒野の砂漠)ゴルフコース」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
08 /08 2018

PS4『THEGOLFCLUB2(TGC2、ザゴル2)』プレイ日記 第39回。

今回は自作したコースその60「The wilderness desert G.C.」を紹介。


↑コース全景(クリックで大きく出来ます。)


↑距離表(クリックで大きく出来ます。)

荒野にあるゴルフコースで、バンカーも多め。またしゅんY12が過去に設計した砂漠コースの中では、木が多めに設置されている。
グリーンは起伏に富んでおり、パットの難易度は割と高い。中級者向けのコースとなる。

難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆(レギュラーティ時)



●コースカタログ


2H パー5 531y
ジグザグに曲がる距離のあるパー5。グリーン左手前に池がある。


3H パー4 372y
右ドッグレッグのホール。コースの中央が狭まっている。傾斜も結構強いので、油断しないこと。


4H パー3 165y
打ち下ろしで臨むホール。グリーン右奥は一段高くなっている。


6H パー4 443y
左ドッグレッグのホール。風向きなどによっては、他所のホールにショットして攻めたりして、残り距離を縮めるのも有効だ。


8H パー4 361y
コースの途中にオアシスを挟む距離のないミドルホール。
しかし、グリーン手前にはバンカーがあり、グリーンの起伏も激しいので要注意。


10H  パー4 410y
同コースでは珍しく、サボテンの多いホールだ。
とはいえ、これらのトラップをかわせさえすれば、難易度はそれほど高くはない。


11H パー3 167y
グリーンへは、打ち上げのホールとなる。
グリーン左手前と右側はくぼんでおり、左にはバンカーもある。


12H パー4 347y
レギュラーティからは大きな打ち下ろし、バックティ・チャンピオンティーだと距離が大きく長くなる。
グリーンの幅が広いのも特徴で、みんゴル6のアルアラビアン6Hよろしくグリーン内にバンカーがある。


14H パー5 489y
10y打ち上げのパー5。
加えてコース右側はバンカーに吸いこむ傾斜もあるため、ただの登りホールだと思ったら甘い。そして、グリーンは奥に若干傾いている為、2オン狙いのボールを退けようとする。


16H パー4 426y
ロングヒッターはティーショット到達地点付近に池があるので注意。


17H パー3 192y
グリーン左側に池のある、打ち下ろしホール。
グリーンの傾斜は中央が盛り上がっているので、ピン位置によってどう攻めるか相談だ。


18H パー5 511y
大きなバンカーを迂回するように攻める最終ホール。
グリーンは四角く、起伏に富んでおり、最後まで油断はできない。


筆者の記録。7アンダーでした。

パー5でのパーがやや痛い。
とはいえ、自分の設計したコースをプレーして、一喜一憂するのもまた面白いものである。

No.314 中標津町・森林公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /08 2018
●傾斜地を活かした長距離コース


北海道根室管内中標津町。36H。
なだらかな傾斜のある区域にA~Dコースの36ホールが展開される。

50m以上のホールも多い。パー5は無いが70~90m台のホールもちらほら。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


A-1 60m/par4
打ち上げのパー4。まっすぐなので強めに打ってワンオン。


A-9 80m/par4
下りの直線ホール。やや左傾斜もある。


B-1 32m/par3
左にややドッグレッグするやや打ち上げのホール。左ラフと左サイドバンカーを越して攻める。


B-6 41m/par4
下りで短いパー4。オーバーしたら寄せが厳しくなる。


B-9 80m/par4
A-9番同様に下りの、Bコース最後のホール。
左にこぼれて木を邪魔にならないようにしたい。


C-2 90m/par4
激しい打ち上げの左ドッグレッグのホール。スタミナが尽きたり、女子にとっては大概は厳しいホールとなる。


C-6 89m/par4
グリーン側から撮影。下りの右ドッグレッグのホール。


C-9 48m/par4
下りの右ドッグレッグのホール。ワンオンを狙いすぎるとOBに行きがち。


D-2 93m/par4
C-2番同様の打ち上げロング。
右ドッグレッグになっている。厳しい状況だが、ここでバーディを取れればおいしい。


D-5 70m/par4
グリーン側から撮影。左ドッグレッグのホール。
70mとはいえ下りのホールなので、2打目で傾斜を読んだショットをし、バーディを取りたい。


D-6 74m/par4
左ドッグレッグのホール。50m付近に左コーナーがある。


D-9 56m/par4
左ドッグレッグのホール。左にはネットやOBもあり、堅実に攻めてバーディを取るのが定石か。

No.313 中標津町・正美公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /08 2018
●細長く起伏に富んだコースレイアウト


北海道根室管内中標津町。18H
中標津町の計根別(けねべつ)地区にあるこのコースは、起伏に富み、距離もあり戦略的なパークゴルフを楽しめる。片側は林になっている。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


A-1 45m/par4
左ドッグレッグのホール。木や、コース内側の激しい起伏に注意。狙いすぎるとOBとなる。


A-3 52m/par4
林の中のホール。コース中央をしっかり走らせよう。


A-6 32m/par3
グリーン側から撮影。この写真ではわかりづらいが、グリーンは奥へと傾いており、止まりづらい。


A-7 52m/par3
距離のあるパー3。マウンド越えとなっている。


A-9 92m/par4
左ドッグレッグの、本コース最長ホールにしてパー4。
左側のOBとコース後半のマウンド群に注意。


B-4 68m/par4
コース内側にOBのあるパー4。
起伏は相変わらず激しい。


B-5 47m/par4
きつく盛り上がった砲台グリーンが特徴。オーバーランするとOBになりやすい。


B-6 45m/par4
グリーンは左奥に傾いているうえ、手前側には木やバンカーもある。


B-7 90m/par4
本コースもう一つの90m台のこのホール。
なだらかな打ち上げになっておりショットの勢いが殺がれやすい。フェアウェイは広いのが救い。


B-9 65m/par4
コース中央が盛り上がっている右ドッグレッグのミドルホール。

No.312 別海町・西春別パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /06 2018
●うねり込んだ起伏が多数。中には巨大バンカーも


北海道根室管内別海町。36H。
Bコース以外は距離も長く、またコース全体が起伏に富んでいるためタフな戦いを強いられるだろう。Cコースには大バンカーもある。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


A-1 50m/par3
右傾斜に起伏に富んだフェアウェイ。
距離の長いパー3から始まる。


A-2 90m/par5
打ち下ろしのホール。コース右側に窪地があるので注意しよう。


A-7 55m/par4
コースの右側を走らせて攻めていきたい。


A-9 60m/par4
やや打ち上げのホール。左傾斜も絡んでいる。


B-2 30m/par3
途中の木をかわしてしっかりと攻めていきたい。


B-6 50m/par5
短いパー5である。木をかわして砲台グリーンへとアタックする。


B-9 37m/par4
木がかなりコースを塞いでいるため、狙ったところにしっかり打てられるかがカギになる。


C-3 85m/par5
巨大バンカーと大マウンドを越えるパー5。起伏に富んでおり難しい。


C-5 44m/par3
左ドッグレッグのホール。バンカー越えのホールであり、曲がっていることもありパーで上がれれば御の字。


C-6 43m/par3
右傾斜のある右ドッグレッグのパー3。ここもコースの構造上、パーで上がれればかなりおいしい。


D-1 45m/par3
やや左ドッグレッグ。コースの左側を狙って、しっかりマウンドをあしらっていこう。


D-8 61m/par4
起伏が激しく、コースの右側に木やOBがある。


D-9 70m/par4
起伏が強烈で、左側にはバンカーもある。このコースの特徴を結集させたような、トリを飾るホールである。

No.311 標茶町・釧路川標茶緑地 ときわパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /05 2018
●河川敷コースだが、起伏に富んでいて距離もある



北海道釧路管内標茶町。
釧路川河川敷の36ホールコース。
A:きたきつねコース
B:はくちょうコース
C:にじますコース
D:えぞしかコース

で構成。河川敷のコースだからと言って、平坦だと甘く見ると難しく感じることも…


距離もありハードヒッター向け。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


A-1 62m/par4
やや右ドッグレッグ、細かい起伏がある。


A-7 68m/par4
グリーン側から撮影。やや左ドッグレッグ。グリーン左手前にバンカー。


A-8 49m/par3
左に下るホール。傾斜を計算に入れたショットを。


B-2 61m/par4
コースの左側にはバンカーのくぼ地がある。


B-4 70m/par4
コース中央にコブがあるのが特徴。これにバウンドしたくないところだ。


B-7 52m/par4
グリーン側から撮影。コース中央とグリーン左手前にバンカー。
グリーンも盛り上がっており、ピンポイントに狙えるかどうかがカギになる。


B-9 99m/par5
マウンド越えの左ドッグレッグのロングホール。


C-1 40m/par3
急な下り坂を挟んででのショートホール。


C-3 83m/par5
途中に斜めになった大マウンドを越えてグリーンに到達する。
グリーン左手前にバンカーあり。


C-9 33m/par3
グリーン側から撮影。
上りで攻めなければならないホールだ。ピンの前に付けたらパットが楽になるだろう。


D-1 59m/par4
大きなマウンドとその奥に隠れたバンカーを越して攻めるパー4。


D-3 69m/par4
打ち下ろしのパー4。グリーン右手前にバンカー。


D-7 73m/par4
グリーン側より撮影。下り傾斜の中アタックしていくパー4となる。


D-9 59m/par4
グリーン側から撮影。ワイドなフェアウェイを狙って豪快に攻めていく最終ホール。

No.310 鶴居村・幌呂農村公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /05 2018
●所々に起伏などの変化あり



北海道釧路管内鶴居村。27H。
A~Cコースまであり、Cコースは林間となっている。

2018/8/5調査 写真撮影のみ


A-1 60m/par5
右ドッグレッグの距離の短いパー5。ただし赤杭で近道は禁止されている。


A-5 40m/par4
グリーン側から撮影。下りホール。グリーンをオーバーランするとOB。


A-6 36m/par3
グリーン側から撮影。やや下りのホールとなっている。


B-3 32m/par3
下りのホール。


B-4 30m/par3
グリーン左手前に溝。これに食われないようにしたい。


B-9 34m/par4
左ドッグレッグのホール。最短ルートは左傾斜と木に注意。


C-1 50m/par4
こんもりとしたフェアウェイが印象的。グリーンもドーム状で、奥はOBだ。


C-3 32m/par3
C-1番ホール同様に、グリーンが盛り上がっており、その奥はOB。


C-8 48m/par4
グリーン側から撮影。
木が数本、障害物となり立ちはだかる。

ゴルフクラブ2 第38回-自作のコース59「ライジングアルプス ゴルフコース」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
08 /01 2018

PS4『THEGOLFCLUB2(TGC2、ザゴル2)』プレイ日記 第38回。
今回はアルプスのロケーションで制作したコースになります^^






↑距離表。クリックで大きく出来ます。
アップダウンの大きなホールが多く、高低差に苦しめられやすいコースだ。
特にバンカー越えを狙う場合、打ち上げのホールでは注意してほしい。
大きな打ち下ろしを活かした距離の長いパー4もあり、爽快。

コース難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆(レギュラーティの場合)


●コースカタログ


3H パー3 162y
打ち上げで挑むパー3。クラブの番手を上げるなどして対処したい。


4H パー4 408y
打ち下ろしの左ドッグレッグのホール。1打目は、ツアーギアでない限り思い切り打てる。


6H パー3 174y
OBの谷越えのホール。打ち下ろしとはいえ、ショート厳禁だ。


7H パー5 542y
大きな打ち下ろしのパー5。問題は2オンルートであり、コースが狭まったり、グリーン左の池に注意して攻めてほしい。


8H パー4 285y
距離は短いが急な打ち上げだったり、傾いたフェアウェイなど、決して油断はできない。またアプローチを右の崖にこぼすと、OBが待っている。


9H パー4 396y
大きな打ち下ろしのミドルホールだ。
グリーン左奥に池があるので、2ndショットはパワー調節が要となる。


10H パー4 368y
狭いフェアウェイがアップヒルになりながら右に少し曲がっていくホール。


11H パー5 436y
距離の短いパー5。しかし、尾根状になっているコースを外れるとOBとなってしまうし、打ち上げである。


13H パー5 498y
起伏の激しいパー5。グリーン手前には池やきつい登りのラフがあり、2オン狙いのショートしたボールを退ける。


14H パー3 163y
グリーンの奥行きがなく、手前にはラフもある。グリーン右奥に外れると池も待っている。


15H パー4 401y
大きな打ち上げのホール。ティーショット到達地点付近はバンカーがある。


16H パー4 411y
右ドッグレッグの打ち下ろしホール。
傾斜がきついので、右コーナーより先を狙うのはラフに入ってしまいやすい。
グリーン左奥には池もある。


17H パー3 120y
池に囲まれたアイランドグリーンを攻めるパー3。
池に臆さないアプローチが求められる。


18H パー4 377y
最終ホールも起伏が激しい。右コーナーより先は、特に傾斜が強いので、フェアウェイキープしにくい。


さあ、このパットは入るか…?





…ああっと、右に逸れた!


筆者の最終結果。INは結構頑張れました。
10バーディ、ノーボギー、13番でイーグル。-12でした。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。