FC2ブログ

No.291 帯広市・くりりんセンターパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
06 /27 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏の多いフェアウェイ全面刈りコース

北海道十勝管内帯広市。18H。
フェアウェイは全面刈りで、適度に起伏がついている。白樺と柏コースからなる。

2018/6/24調査 難易度4
みんごる 難易度アイコン (4) 
※難易度はしゅんY12独自の解釈です。目安としてお願いいたします。


obihiro kuririnPG (1) 
白樺1 81m/par5
やや左に曲がるパー5。途中には、バンカーもある。

obihiro kuririnPG (2)
白樺3 60m/par4
左ドッグレッグのパー4。コーナーから先が距離があるので、ロングアプローチを強いられる。

obihiro kuririnPG (3)
白樺5 33m/par3
マウンドが邪魔なパー3。ピン位置が今日のように右側が切られていると、OBの植栽が待ち受ける。

obihiro kuririnPG (4)
白樺6 36m/par3
やや上りのホールだ。グリーン手前に顎の高いバンカーがある。

obihiro kuririnPG (5)
白樺7 50m/par4
スタート直後に急な盛り上がりがふたつある。これに邪魔されないようにしたい。上げ球が打てるならば、これらをかわしてしまう手もある。

obihiro kuririnPG (6)
柏1 81m/par5
左に曲がるパー5。コーナー付近にバンカーが2つ。

obihiro kuririnPG (7)
柏5 39m/par3
起伏に富んだパー3。グリーン奥にOB。

obihiro kuririnPG (8)
柏6 54m/par4
グリーン側から撮影。適度に波打った起伏があるパー4。

スポンサーサイト

The Golf Club 2 第33回 - 自作のコース #55「七福沼カントリー倶楽部(英語名:Seven Happiness Lake CC)」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
06 /25 2018

PS4『ザ ゴルフクラブ2』プレイ日記 第33回となる。
ザゴル2での自作コース、通算第55作目。

今回はコース名に番号を入れなかった。
コース名は「Seven Happiness Lake CC」、
日本語で言うと「七福沼カントリー倶楽部」となる。


コース名の由来は、「7つの大きな池がある」事からである。
水場が多いため、ウォーターハザードに入る危険をはらんだホールが多い。


距離表。クリックで大きく出来ます。

コース難易度:★×3.5
(星10個が最高難易度。上記はレギュラーティの場合)



1H パー5 525y
バンカーが幾つかある直線のホール。


3H パー3 126y
池がグリーン後方にある。バックティー・チャンピオンティーだと大きく距離が延びる。


5H パー5 456y
写真上側に島があるが、これがグリーンである。
距離の短いパー5であるが、だからといって強引に攻めると沼地に落下してしまう。


7H パー4 401y
フェアウェイが二つに分かれたホール。左のほうが広い。しかしある程度飛ばせないと次打で、赤い木が邪魔になる。


10H パー4 418y
ティーショットの到達地点付近は川が流れている。
グリーンはほぼ平坦な為、しっかりバーディをいただきたい。


11H パー5 467y
距離の短いパー5だが、なだらかな打ち上げになっている。パワーはある程度必要だ。


13H パー3 142y
滝を越えて攻める打ち上げのホール。グリーンは縦に長いひょうたん型をしている。


17H パー4 431y
ティーショットで水場を越えるホール。
バンカーに注意して1打目を放とう。バックティー・チャンピオンティーだと角度が厳しくなる。


18H パー5 516y
ここも1打目の到達付近に、左右サイドにバンカーがある。
2打目でグリーンを狙うには、木をかわしながら池を越えて攻略しなければならない。
2打目で木をかわしつつ、池越えでグリーンを狙う、というコンセプトは、
兵庫県の加東に実在する、「ABCゴルフ倶楽部」の18番ホールに似ている。



今回の私の自作コースはいかがでしたでしょうか。
皆さんも、ザゴル2を持っている方、ぜひお手すきのときにでもプレーをしてくださると嬉しい所存です。
挑戦者求む!

No.290 帯広市・以平農村公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
06 /25 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●傾斜地に展開されるフェアウェイ全面刈りコース

北海道十勝管内帯広市。18H。
フェアウェイは全面刈りだが、OBエリアなどによってコースを無理やりドッグレッグさせているホールが多かった。

obihiro itaira PG (1) 

2018/6/24調査 写真撮影のみ
以下、コース紹介。

obihiro itaira PG (2) 
A-1 32m/par3
左に曲がるショートホール。バンカーにも注意。

obihiro itaira PG (3)
A-3 84m/par5
真っ直ぐに伸びるホール。全力で飛ばしていきたい。

obihiro itaira PG (4)
A-8 62m
グリーン側から撮影。
右ドッグレッグのホール。打ち上げで、グリーンは盛り上がっている。

obihiro itaira PG (6)
B-1 30m/par3
コース右側にマウンドの絡む、やや打ち上げのショートホール。 

obihiro itaira PG (7)
B-2 48m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。狙いすぎてスタート直後のOBに突っ込まないようにしたい。またコーナー付近にバンカーがある。

obihiro itaira PG (8)
B-4 53m/par4
グリーン側から撮影。
下りのホールとなっており、グリーンは盛り上がっている。

obihiro itaira PG (9)
B-7 32m/par3
OB杭が邪魔をする、右ドッグレッグのショートホール。
グリーンは例によって少し盛り上がっている。

obihiro itaira PG (10)
B-9 30m/par3
木や植栽OB、バンカーまでもが立ちはだかる最後のホール。
グリーンはOB地帯の奥にある。さらにグリーンの奥にもOBがある難所だ。

【パークゴルフ】300コース収録まで、本当にあとちょっとだ。とうとう見えてきた

パークゴルフ(2017-)
06 /24 2018
「しゅんY12の部屋」をいつも見て下さって感謝します。

パークゴルフがメインですが、ある時はみんゴルなどゴルフゲームも貪り食います。

今日現在で289コース(すでに閉鎖したコースもあるが)収録いたしました。

ゴルフゲームに嵌りすぎて、「THEGOLFCLUB2」では1年も足らないうちに、50以上ものゴルフコースを作ってしまいました。
これがゴルフという名の「緑の魔物」に捕らえられた、しゅんY12という人間の末路です(意味不

さて、今日は十勝方面にドライブをいたしました。

朝早く、トイレ休憩などで道の駅とかに寄るんですが、
朝のドライブってなんかいいなあ、って感じることがあります。

jyukai road hidaka(2018) 
上の写真は北海道日高管内日高町にある、
「樹海ロード日高」という道の駅の駐車場から山を撮ってみました。
オレンジ色のコンビニはセイコーマート(セコマ/セイコマ)というコンビニ。
撮影時刻は朝の5時56分です。

日勝峠も久々に超えました。
トンネルをくぐったら十勝管内の清水町、十勝平野が一望できる。
これはすごいパノラマな景色です!

今日は十勝管内の一部が晴れるという予報だったので、
そっち方面にドライブに行っています。親に感謝!

さて、300コースブログ収録まで、残り11コース!
北海道内もまんべんなく行きました。今後が楽しみ。

No.289 日高町・日高沙流川パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道胆振・日高管内)
06 /24 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●「ひだか高原荘」裏手の、穴場的山岳コース

hidaka_sarugawa PG (2) 
北海道日高管内日高町。18H。
ひだか高原荘の裏にある、傾斜のきついコース。
また、グリーンに盛土がなされているのが特徴。
その為パッティング面でも気が抜けないのだ。

hidaka_sarugawa PG (1) 

2018/6/24調査 難易度7
みんごる 難易度アイコン (7) 
※難易度はしゅんY12自身が感じたものですので、目安程度にどうぞ。

以下にコース紹介。

hidaka_sarugawa PG (3) 
A-1 30m/par3
右傾斜と盛り上がったグリーンが特徴。

hidaka_sarugawa PG (4)
A-2 60m/par4
起伏の激しい下りホール。

hidaka_sarugawa PG (5)
A-5 62m/par4
左右にOBがある打ち上げのホール。グリーン前にマウンドあり。

hidaka_sarugawa PG (6)
A-6 28m/par3
このショートホールは、うねりがきつく、グリーン左右奥が窪地となっているので注意が必要だ。

hidaka_sarugawa PG (7)
A-8 90m/par5
打ち上げ右ドッグレッグのホール。
女性にはタフなホールとなるだろう。

hidaka_sarugawa PG (8)
B-2 55m/par4
右傾斜に強い起伏が絡んだホール。グリーンも盛り上がっている。

hidaka_sarugawa PG (9)
B-3番ホールへは、この橋を渡る

hidaka_sarugawa PG (10)
B-4 70m/par4
左傾斜の長いミドルホール。右側のくぼ地を走らせて、ボールが左に行かないようにしたいところ。 

hidaka_sarugawa PG (11)
B-5 89m/par5
S字状のフェアウェイ。右に傾斜があるので、注意して攻めていきたい。ラフ入りするとつらい。

hidaka_sarugawa PG (12)
B-6 27m/par3
右傾斜のあるショートホール。他のホール同様、ラフに入らないように攻めていきたい。例によって、グリーンは起伏が激しい。

hidaka_sarugawa PG (13)
B-7 55m/par4
下りの起伏に富んだホール。グリーンはきつい盛り上がりとなっており、オーバーすると致命的なミスにつながってしまいやすい。

hidaka_sarugawa PG (14)
B-9 65m/par4
二つのマウンドを越えながら下っていくラストホール。

hidaka_sarugawa PG (15)
2個目のマウンドのさきはこうなっている。飛びすぎによるOB注意。

No.288 幕別町・パークゴルフ糠内やまびこコース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
06 /24 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富み、強烈なアップダウンもある

yamabiko A-0 
北海道十勝管内幕別町。(糠内地区)
起伏、バンカー、樹木、アップダウンなど変化に富んだ36ホール。

2018/6/24調査 写真撮影のみ
以下コース紹介を行う。

yamabiko A-1 
A-1 38m/par3
やや上りのスタートホール。

yamabiko A-6
A-6 45m/par3
距離のあるショートホール。木とOB植栽が邪魔をする。

yamabiko A-9
A-9
グリーン側から撮影。やや左ドッグレッグの下り。

yamabiko B (4)
B-1 79m/par5
右ドッグレッグしたやや上りのロングホール。

yamabiko B (5)
B-4
グリーン側から撮影。右傾斜やバンカーに注意。グリーンは若干砲台型。

yamabiko B (6)
B-5
グリーン側から撮影。このホールのグリーンは3個のバンカーにより守られている。

yamabiko B (10)
B-7 49m/par4
強烈な打ち上げ。

yamabiko B (11)
B-8
強烈な打ち下ろし、ジャンプ台とグリーン手前にバンカーありと、遊び心満載だ。

yamabiko CD (1)
C-1 85m/par5
真っ直ぐに打っていく。グリーン奥OBに注意。 

yamabiko CD (2)
C-2 23m/par3
OBと低木の間を抜かなければならない。

yamabiko CD (3)
C-4 39m/par3
バンカーやOBがグリーン周りにある。

yamabiko CD (4)
C-6 34m/par4
きつい打ち上げホール。

yamabiko CD (5)
C-7 55m/par4
きつい打ち下ろしのホール。OBに注意。

yamabiko CD (6)
D-4 57m/par4
馬の背フェアウェイと取り巻きのOBが厄介なホール。

yamabiko CD (7)
D-8 43m/par3
馬の背フェアウェイ、奥のOBにも注意。

yamabiko CD (8)
D-9 92m/par5
隊列を組んだ木に対しては、右に避けていく。
その後、60m付近にマウンドが二つ待ち受ける。グリーンは砲台型。

No.287 函館市・白石公園パークゴルフ場(函館オートキャンプ場内)

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /18 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●整備された芝、細長くテクニカルな18H。もともとはパー72のコースだった

hakodate_shiroishiPG (1) 
北海道渡島管内函館市。18H。
「はこだてオートキャンプ場」の中にあるコースであり、樹木内に整備された芝の18Hが展開されている。
起伏にも富み、テクニカルな攻めを展開できる。
当然難易度も高め。気を引き締めて臨みたい。

2018年6月17日調査 難易度7
みんごる 難易度アイコン (7) 

以下コース紹介。

hakodate_shiroishiPG (2) 
A-1 56m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。右の木に当てないよう、しっかりとアドレスを調整しよう。

hakodate_shiroishiPG (3)
A-3 84m/par5
大きな樹木がコース内にある、まるでオーガスタナショナルGC風なロングホール。コースは蛇行しており、65m付近の右コーナーにまでつければ、2オンが可能になる。

hakodate_shiroishiPG (4)
A-4 60m/par4
グリーン側から撮影。フェアウェイが細く、ラフに入ると窪地もあり面倒。

hakodate_shiroishiPG (5)
A-7 42m/par3
マウンドが連なる打ち上げのショートホール。

hakodate_shiroishiPG (6)
A-8 89m/par4
細いフェアウェイに、左傾斜の絡む距離のあるミドル。

hakodate_shiroishiPG (7)
コーナーを曲がった先も油断できない。木やラフがあるのだ。

hakodate_shiroishiPG (8)
A-9 39m/par4
グリーン右手前のグラスバンカーに注意。勢いを殺がれてしまいがち。

hakodate_shiroishiPG (9)
B-2 57m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。あんまりに左を狙いすぎるとOBの餌食。

hakodate_shiroishiPG (10)
B-4 51m/par3
距離のあるショート。高い林とコース内のマウンドがミニゴルフ場っぽく、美しく印象的。

hakodate_shiroishiPG (11)
B-6 86m/par5
本コース最大の目玉とも言っていい、池を巻くように右に曲がるロングホール。緩く曲がり続けるので、ただフェアウェイをキープするだけでは2オンは難しい。

hakodate_shiroishiPG (12)
グリーン側から捉えた様子。

hakodate_shiroishiPG (13)
B-9 77m/par4
蛇行して起伏に富んだ距離のあるホール。
コース左側はきつく盛り上がったマウンドがあり、60m付近にある高いマウンドがとりわけ厄介。
このマウンドの右に付けられれば、バーディが狙えるだろう。ただしグリーン手前には木もあるので、最後まで気を抜かないように攻めていきたい。

hakodate_shiroishiPG (14)
参考までに私のスコア。

No.286 北斗市(大野)・八郎沼公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /18 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富み、砲台グリーンもある

hokuto_oono_hachironumaPG (1) 
北海道渡島管内北斗市(旧大野町)。18H。
1番のロングから始まり、5番の長距離ドッグレッグや18番の100mを除けば50m前後の距離が多いコースとなっている。

終盤のホールは起伏も激しく、テクニックが求められる箇所もある。

2018/6/17調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 

以下、コース紹介。

hokuto_oono_hachironumaPG (2) 
1 100m/par5
やや傾斜こそあるものの、真っすぐなパー5。3打で上がっていきたい。

hokuto_oono_hachironumaPG (3)
2 45m/par4
左ドッグレッグのパー4。2本ある松が少し厄介。左のラフをロブショットで越してしまう手もある。

hokuto_oono_hachironumaPG (4)
5 71m/par4
この距離のある左ドッグレッグのミドルは、次打で真っ直ぐフェアウェイを狙える位置に付けられるかどうかにかかっている。

hokuto_oono_hachironumaPG (5)
左コーナーから5番のピンを見る

hokuto_oono_hachironumaPG (6)
7 36m/par4
グリーン側から撮影。松の木をかわしてグリーンを目指そう。

hokuto_oono_hachironumaPG (7)
9 66m/par4
30m付近、左からラフがせり出すホール。傾斜に注意して攻めるべし。

hokuto_oono_hachironumaPG (8)
11 48m/par3
ドッグレッグの距離のあるショート。左の大きな木をかわせる上げ玉ショットが求められる。なお、飛びすぎるとOBなので注意。

hokuto_oono_hachironumaPG (9)
13 42m/par3
左ドッグレッグのパー3。大きな起伏や斜めになった砲台グリーンが待ち構える。

hokuto_oono_hachironumaPG (10)
15 55m/par4
うねりのきついフェアウェイとグリーンが待つ。

hokuto_oono_hachironumaPG (11)
16 32m/par3
うねったフェアウェイに盆地状の起伏がある左ドッグレッグのショートホール。

hokuto_oono_hachironumaPG (12)
17 43m/par4
うねった起伏を越え、奥に下る砲台グリーンを攻めるパー4。

hokuto_oono_hachironumaPG (13)
18 100m/par5
最後のホールはテクニックも求められるパー5。
まずは左ドッグレッグ、コーナー付近のラフの島に注意。

hokuto_oono_hachironumaPG (14)
コーナーを曲がったら、角度が良ければ2オンも狙えるが、OBもあってかなりハイリスク。
3オン1パットのバーディでも充分、いいところである。

1番ホールとはまた趣の違うロングホールだ。

No.285 森町・森町パークゴルフ場尾白内コース

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /17 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富んでおりグリーン後方にOBあり

moriPG_oshironai (2) 
北海道渡島管内森町。18H。
森町の東部にある「尾白内地区」にあるパークゴルフ場。
野球のグラウンドからやや奥にコースはある。
無料コースで、芝はあまり良い状態ではなかった。

2018/6/17調査 写真撮影のみ

A コース

moriPG_oshironai (3) 
1番 53M パー4
やや下りのスタートホール。

moriPG_oshironai (4) 
5番 54M パー4
グリーン側から撮影。勢い余ってグリーン後方の OB に入らないように。

moriPG_oshironai (5) 
9番 43 m パー4
まっすぐなホール。グリーン後方のネットは OB なので注意


B コース

moriPG_oshironai (6) 
1番 40M パー4
グリーン側から撮影。右ドッグレッグのパー4。グリーン奥のネットに注意

moriPG_oshironai (7) 
B コース2番終了後の駒ヶ岳

moriPG_oshironai (8) 
3番 35 M パー3
左傾斜の絡んだホール、左には OB もある。

moriPG_oshironai (9) 
4番 55 M パー4
左と奥にOB がある少し打ち上げのホール

moriPG_oshironai (10) 
8番 45M パー4
グリーン側から撮影。やや右ドッグレッグとなっておりグリーン後方に OB。

moriPG_oshironai (11) 
9番 32M パー3
最後はやや左に曲がるパー3。やはり、グリーン奥に OB がある。

The Golf Club 2 第32回 - 自作のコース #54「クリアウイングス・ゴルフクラブ 東コース」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
06 /15 2018

PS4『ザ ゴルフクラブ2』プレイ日記 第32回となる。
自作コース、第54作目。

今回のコース紹介は
「SY54 Clear Wings GC East Course」


「クリアウイングス・ゴルフクラブ」の東コース。

難易度:★×5(レギュラーティの場合)


コース全景(クリックで大きく出来ます)


西コースに比べるとグリーンの起伏も激しく、距離も長くなっている。


ヤーデージ表。クリックで大きく出来ます。


1H パー5 505y
下っているホール。バンカーが多め。セカンドショットを引っかけないように。


3H パー4 392y
半島にグリーンがあるパー4。池に落ちないように、グリーンオン確保で攻めていきたいところ。


4H パー3 161y
ティー位置がかなりずらされている打ち下ろしのショートホール。
チャンピオンティー(左)だと、グリーンのガードバンカーが前後に待ち構える。


6H パー5 459y
グリーン側から撮影。
短いパー5だが、グリーン手前の川と、グリーンの奥行きのなさが非常にネックなホール。


7H パー4 378y
打ち上げのミドルホール。
ティーショットの到達地点付近は木やバンカーや池が待ち構える。1Wで一気に越してしまいたい。


9H パー4 413y
ティーショットの到達地点付近に多数のバンカーが待っている。上手くかわしたい。


12H パー5 520y
滝が流れている美しい打ち上げのロングホール。


13H パー4 437y
バンカーの配置や、幅が広くうねる起伏のグリーンが厄介なホール。


14H パー4 429y
右ドッグレッグのホール。ティーショットの到達地点付近は左に逃げる傾斜をし、バンカーも待っているので注意。
グリーンをオーバーランすると、池に転落してしまう。


15~18H
15番は左に直角に曲がるホール。
16番は200yを超す距離のあるパー3となる。
17、18番はフェアウェイの細いところに注意して攻めれば、スコアを崩すことは少ないホール。

ただし17番のグリーンは起伏に富んでいるので要注意。





クリアウイングスGC東コースは、西コースよりも難しい。

しかし、余計にきついトラップなどは入れていないので、普遍的なゴルフかつ戦略的なプレーができるのが、東コースの設計コンセプトである。

皆様のプレー、お待ちしております!

大人のDSゴルフをプレー 第20回 - フェニックスカントリー、高千穂・住吉回りを12アンダーに更新

ゴルフゲーム プレイ記
06 /14 2018

Nintendo・T&Eソフト『大人のDSゴルフ』プレー日記。
第20回目。
※諸事情により、画像は掲載できません。ご了承ください。

久々に大人の DS ゴルフをプレーした。
九州南部、宮崎県に実在する「フェニックスカントリー」
高千穂コース・住吉コース回りでプレーした。

スタートホールから3連続でバーディを奪取。
高千穂の4番。パー5、イーグルとする。
その後もパーやバーディーが続いて、高千穂コースは8アンダー。

インコースとなる住吉コース。
緩やかながら、時折きつい傾斜の混じっているのが、このフェニックスカントリー。
バッティングで手を焼かされ、10番ホールではまさかの3パット。
パーを叩いてしまった。
その後も傾いたグリーンで時折、苦汁をなめる結果となる。
11番ホールから17番ホールまで、パーが四つ、バーディーが三つ。

そして迎えた最終ホール。
なんとかピンそばにサードショットを寄せ、緩い傾斜の
パッティングを落ち着いて決めた。
結果的にフェニックスカントリー(高千穂住吉周り)は、
12アンダーという結果に終わった。

ちなみに、アルテミスカントリークラブにも挑んでいるが、
後半に失速して、10アンダー(マイベストタイ)で終わっている。



【ここまでの記録(ホワイトコートCCは除く)

全てフロントティー(フェニックスのみホワイトティー)での記録です。

ハミングバード  :-18
スプリングガーデン:-16
アルテミス    :-10

パームアイランド :-17
ボルケニックアイランド  :-15
レインボーベイ  :-14

ノーススター   :-16
スノーキャッスル :-14

ドライレイクショア:-13
キャニオンウェイ :-9
レッドロックバレー:-18

ディープフォレスト:-15
マスターガーデン :-12
グローリーナショナル :-10

フェニックス   :-12(高千穂→住吉 ホワイトティー)

今回の報告は以上。

The Golf Club 2 第31回 - 自作のコース #53「クリアウイングス・ゴルフクラブ 西コース」を紹介

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
06 /12 2018

PS4『ザ ゴルフクラブ2』プレイ日記 第31回となる。
自作コースも第53作目となる。

今回のコース紹介は
「SY53 Clear Wings GC West Course」


「クリアウイングス・ゴルフクラブ」の西コース。
※東コースは後日完成の予定です。

難易度:★×3.5(レギュラーティの場合)


コース全景(クリックで大きく出来ます)


コースのトップページ


ヤーデージ表(クリックで大きく出来ます)



では、幾つかコース紹介。


5H パー5 473y
右に曲がりながらやや下っていくホール。
バンカーや木には注意が必要だ。


10H パー3 132y
グリーン手前がきつい窪地になっており、しかも深いガードバンカーもある。


13H パー5 486y
2打目で川を越えて攻めることになるホール。滝つぼが美しい。グリーン手前の木にも注意!


16H パー5 501y
左ドッグレッグのパー5。ちょうど1打目が到達する付近にシラカバとバンカーがある。


17H パー3 154y
広いグリーンだが、ピン位置が難しいと池の近くやバンカーの奥にピンが切られる。


18H パー4 357y
グリーンに近づくとフェアウェイが狭くなるホール。
手前に刻んでもグリーンは狙えるので、落ち着いて攻略。


自分の記録…
グリーンの傾斜に意外に悩まされ、3アンダーでフィニッシュ。

難易度的には程よい感じですが、グリーンが意外と走ります。
皆さんもチャレンジして下さると嬉しい所存です!

東コースは後日完成させます。お楽しみに!

No.284 札幌市手稲区・山口緑地西パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
06 /10 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ


●ドッグレッグだらけの難関コース。常に一打先を読むショットが求められる

yamaguchiryokuti nishi (1) 
北海道札幌市手稲区。27H。
コオロギ・キリギリス・バッタコース。
3コースとも、殆どのホールが曲がっており、3打で上がるのがやっとというホールが多い。
またバッタコースは508mもあり、公認範囲(500m)をオーバーしている。

2018年6月10日調査 難易度9
みんごる 難易度アイコン (9) 
難易度はしゅんY12独自の裁定です。目安程度にお願いします。

yamaguchiryokuti nishi (2) 
コオロギ1番ホール 51 m パー4
なだらかな右ドッグレッグのホール。右側のラフには樹木がある。
そのため一打目は左のラフを狙って行くといい。

yamaguchiryokuti nishi (3) 
コオロギ3番ホール 32 m パー3
緩く右に曲がっているショートホール。

yamaguchiryokuti nishi (4) 
コオロギ6番ホール 22 m パー3
左ドッグレッグのショートホール。
フェアウェイには切り株あるため、ロブショットが得意な人はラフを越えて行ったほうがいいだろう。

yamaguchiryokuti nishi (5) 
コオロギ8番ホール 58 m パー5
距離のないロングホール。
とはいえ、45 m 付近に切り株があるのでしっかりと避ける。

yamaguchiryokuti nishi (6) 
キリギリス2番ホール 31 m パー3
パースリーとはいえども、右ドックレッグしているショートホール。
セカンドショットで寄せてパー確保。

yamaguchiryokuti nishi (7) 
キリギリス4番ホール 29 m パー3
二つのきつい起伏を越えていくショートホール。
グリーンはお皿を伏せたような、きつい傾斜をしている。

yamaguchiryokuti nishi (8) 
キリギリス5番ホール 59メートル パー4
斜めになった馬の背状のフェアウェイが攻略を難しくしている。

yamaguchiryokuti nishi (9) 
キリギリス6番ホール 60 m パー4
馬の背フェアウェイが難物の、左ドッグレッグのミドルホール。
なるべくなら、ロブショットを使って攻略していきたい。

yamaguchiryokuti nishi (10) 
キリギリス7番ホール 48 m パー4
大きく左に湾曲した左ドッグレッグのミドルホール
左側には、大きなくぼ地のラフが存在する。

yamaguchiryokuti nishi (11) 
キリギリス9番ホール 50 m パー4
スタート直後に右に曲がる右ドッグレッグのミドルホール。
グリーン手前に起伏がある。

yamaguchiryokuti nishi (12) 
バッタ1番ホール 57 m パー4
グリーン側から撮影。
起伏が激しくフェアウェイキープをしづらい。
それでもこの先難しいホールが続くため、バーディ以内で上がっておきたい。

yamaguchiryokuti nishi (13) 
バッタ3番ホール 70 m パー4
グリーン側から撮影。
距離のあるミドルホールとなる。左にもかすかにドッグレッグしている。

yamaguchiryokuti nishi (14) 
バッタ4番ホール 72 m パー4
折れてからの距離が長い右ドッグレッグの起伏に富んだホール。
セカンドショットの距離が長くなるため、ここをバーディで上がるのは難しい。

yamaguchiryokuti nishi (15) 
バッタ5番ホール 33 m パー3
ねじれた傾斜が非常に厄介なショートホール。
グリーンも強く傾斜しており、そう簡単にはバーディを取らせてくれない。

yamaguchiryokuti nishi (16) 
バッタ6番ホール 44 m パー4
強烈に右に湾曲したミドルホール。
ティーショットは、無理をせず丘の上を狙って行きたい。

yamaguchiryokuti nishi (17) 
バッタ9番ホール 94 m パー4
距離のあるホールでストレートだが、馬の背のフェアウェイや
きつい左傾斜があり、左に流されやすい。
パーセーブ出来れば御の字のホールだ。

パークゴルフ旅打ち・遠征 記事集

●パークゴルフ 旅打ち まとめ
06 /09 2018
ここではパークゴルフの遠征及び旅打ちについてのまとめ記事です。 


【2011-2015】

帯広・幕別パークゴルフ遠征2011夏 - 道東での本格的な遠征。幕別のつつじコースにも行った 

釧路パークゴルフ遠征2012夏 - 初の夜行バス遠征。別海や中標津のバスは少なくてやや苦労した 
函館パークゴルフ遠征2012秋 - スーパー北斗という高速列車での函館のパーク遠征

網走パークゴルフ遠征2013夏 - ドリーミントオホーツク号夜行バス、JR、バスなど、さまざまな交通機関を利用 
長万部・せたなパークゴルフ遠征2013秋 - 長万部駅から北桧山まではバスを利用 

関東北部パークゴルフ遠征2014春 - 自身初の道外遠征となった 

稚内パークゴルフ遠征2015春(前編) - 北海道14振興局制覇へ!
稚内パークゴルフ遠征2015春(後編) - しゅんYが北端の果てに見たもの・・・ 

釧路管内パークゴルフ遠征2015秋(前編) - 10年ぶりの厚岸・宮園公園PGでのプレー! 
釧路管内パークゴルフ遠征2015秋(後編) - 雨の中の白糠パークゴルフinチャロ&タコつぶステーキ丼 


【2016-】

旭川・東神楽 2015年度末パークゴルフ遠征 - 道北最大級の冬季室内PG場「ひがしかぐら森林公園 スリードームPG場」でのプレー。翌日は旭山動物園にも足を運んだ

北海道後志管内 積丹半島ぐるっと400kmドライブ - 日本海の荒々しい景色を味わい尽くし、パークゴルフは寿都で行った

道南PGドライブ 函館・木古内・江差 ぐるっと700km - 久々の早朝起きドライブは道南へ

燦々なる太陽、紋別パークゴルフ遠征2016 - 滝上ウッドPGと紋別まきばの広場PG場の二か所でのプレー。

函館 欲張り夕陽撮りパークゴルフ遠征(前編) - 森町でパークゴルフ、ホテルに着くまで
函館 欲張り夕陽撮りパークゴルフ遠征(後編) - 函館の海沿いで夕陽撮影、翌朝に函館駅の中のカフェ、七飯でパークゴルフ

●しゅんY12史上最大規模!2018年 根室・釧路パークゴルフ遠征 
JRや現地の方とのドライブが織りなす、3泊4日のパークゴルフ遠征。海産物も旨かった!以下の4パートに区分けています。


2018オホーツク紋別パークゴルフ遠征 - オホーツクの幸を満喫しつつ、4箇所でパークゴルフ場撮影

No.283 遠軽町・えんがるパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /06 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ロングコースと、幅の広い砲台グリーンをいかに攻められるか

遠軽パークゴルフ さくら (1) 
北海道オホーツク管内遠軽町。36H。
距離が非常に長く、フェアウェイの幅も広めにとっており、グリーンが大きなホールが多い。さくらコースABとひまわりコースABがある。

2018/6/3調査 写真撮影のみ

以下コース紹介。

遠軽パークゴルフ さくら (2) 
さくら1 39m/par3
盛り上がった起伏を攻略して砲台グリーンにたどり着くホール。

遠軽パークゴルフ さくら (3)
さくら2 63m/par4
グリーンが二手に分かれ、ピン位置によって違った戦略となる。

遠軽パークゴルフ さくら (4)
さくら7 43m/par3
盛り上がったグリーン。

遠軽パークゴルフ さくら (6)
さくら10 98m/par5
フェアウェイはほぼ平坦。ワイドな砲台グリーンをいかに攻略するか。

遠軽パークゴルフ さくら (5)
さくら11 36m/par3
グリーン側から撮影。相変わらずの広い砲台グリーン。

遠軽パークゴルフ さくら (7)
さくら15 74m/par4
右にバンカーがあるが、これはピン位置が右の時に脅威となる。

遠軽パークゴルフ ひまわり (1) 
ひまわり1 63m/par3
やたら距離のあるショートホール。グリーンは砲台型だがさくらコースのものと比べると小さい。

遠軽パークゴルフ ひまわり (2)
ひまわり2 42m/par3
盛り上がったグリーンは傾斜がきつく、またグリーン奥に植栽のOB。

遠軽パークゴルフ ひまわり (3)
ひまわり3 82m/par5
左のOBに注意。

遠軽パークゴルフ ひまわり (8)
ひまわり8 28m/par4
短いミドルホールだが、左と、グリーン奥にOB。油断しないように。
右に逃げる傾斜もあって意外に厄介だ。

遠軽パークゴルフ ひまわり (5)
ひまわり12 54m/par4
バンカー越えで臨むホール。

遠軽パークゴルフ ひまわり (4)
ひまわり13 96m/par5
コース幅こそ広いが、右のOB注意。

遠軽パークゴルフ ひまわり (6)
ひまわり17 31m/par3
奥行きのない砲台グリーンをいかに攻略するか。

遠軽パークゴルフ ひまわり (7)
ひまわり18 42m/par4
マウンドを越えて砲台グリーンにたどり着くホールとなる。

No.282 北見市・北見モイワスポーツワールドパークゴルフ場(シラカバ・ライラックコース)

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /05 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●傾斜地に展開する36ホール

北海道オホーツク管内北見市。36H。(※)
※それとは別に、離れた位置にイチイコースがある

シラカバコースABとライラックコースABがあり、
いずれも傾斜のあるコースと終始相手をしなければならない。
傾斜の読みが、スコア短縮のカギだ。また距離もある。
フェアウェイは広めなので、しっかりとショットしていきたい。

2018/6/3調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 
※難易度はしゅんY12独自の判断ですので、参考程度にお願いします。

以下、ホール紹介。
なお、本稿では、ホール番号を便宜上連番で紹介しています。
実際は両コースともA・Bコースに分かれています。



シラカバ1~3H
いずれも40m程度の打ち上げのパー3。ミドルショットと高低差の読みが問われる。

北見モイワスポーツW シラカバ (1) 
シラカバ4 80m/par5
右傾斜のあるやや上りのロングホール。

北見モイワスポーツW シラカバ (2)
シラカバ6 55m/par4
土手から打ち下ろすホール。左傾斜だが、狙いすぎて右の土手に当てないように。

北見モイワスポーツW シラカバ (3)
シラカバ8 85m/par5
打ち下ろし。引っ張って左のOBに行かないように。

北見モイワスポーツW シラカバ (4)
シラカバ12 82m/par5
打ち上げ左ドッグレッグのパー5。パワーが無いと苦戦しそうだ。

北見モイワスポーツW シラカバ (5)
シラカバ15 39m/par3
グリーン側から撮影。
斜めの傾斜と、盛り上がったグリーンの傾斜を読んで、バーディを取ろう。

北見モイワスポーツW シラカバ (6)
シラカバ18 89m/par5
下りの左ドッグレッグホール。加えて、右にも傾斜している。左のラフに突っ込むとセカンドショット以降が大変で、ラフから出にくくなる。慎重に立ち回りたい。

北見モイワスポーツW ライラック (1)
ライラック1 45m/par3
高台からの打ち下ろし。左に傾斜している。

北見モイワスポーツW ライラック (2)
ライラック2 61m/par4
左傾斜とOB、グリーン手前のバンカーに注意。

北見モイワスポーツW ライラック (3)
ライラック5 96m/par5
絶えず右傾斜が続くホール。

北見モイワスポーツW ライラック (4)
ライラック7 36m/par4
きつい左ドッグレッグ。右傾斜にも注意しよう。

北見モイワスポーツW ライラック (5)
ライラック9 69m/par4
右傾斜+打ち上げのコンボが厄介なミドルホール。

北見モイワスポーツW ライラック (6)
ライラック13 41m/par3
やや右ドッグレッグ。傾斜を読んでしっかりと寄せよう。

北見モイワスポーツW ライラック (7)
ライラック14 50m/par4
右傾斜が強く、左右にOBもあるため、1打目が難しい。


北見モイワスポーツW ライラック (8)
ライラック16 51m/par3
打ち上げの距離のあるショートホール。中央の窪地バンカーも曲者だ。

北見モイワスポーツW ライラック (9)
ライラック18 89m/par5
右ドッグレッグのパー5。傾斜に沿って強めに打って制していこう。

No.281 訓子府町・訓子府町パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /03 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●平坦に見えるコースも、植栽等で変化を付している

kunneppu PGC (1) 
北海道オホーツク管内訓子府(くんねっぷ)町。

A~Fコースまである54Hのコースだ。
河川敷のこのコースは平坦だが、倒木や植栽、細かい盛土等が
主なトラップとなる。

ちなみにこのコースをプレイする際に注意したいのが、
コースの順路である。駐車場と受付の位置の関係上、
E・Fコース以外はD→A→B→Cコースと回ることが原則となっているのだ。

本稿でのコース解説も、E・F・D・A・B・Cコースの順で解説していく。

2018/6/3調査 写真撮影のみ
以下コース紹介。

kunneppu PGC (2) 
E-2 61m/par3
植栽が邪魔なため、左ドッグレッグの
かなり距離があるショートホール。パーならば御の字だ。

kunneppu PGC (3)
E-3 83m/par5
植栽と倒木が邪魔をしている。真っ直ぐに打てるかどうかが問われる。

kunneppu PGC (4)
E-4 57m/par4
右に曲がるパー4。オレンジ色のネットの左奥にバンカーがある。

kunneppu PGC (5)
F-4 55m/par4
グリーン側から撮影。
ティーとグリーンの間にマウンドがある。

kunneppu PGC (6)
F-5 40m/par3
コース中央に丸いラフがある。そのまま打つと勢いが殺されるので、
ロブショットが打てる者にとっては有利なホールとなる。

kunneppu PGC (7)
F-6 94m/par5
細かいマウンドやバンカーがあるホール。

kunneppu PGC (8)
D-2 40m/par4
倒木と低木が妨害するホール。しっかり避けていくこと。

kunneppu PGC (9)
D-3 42m/par4
グリーン側から撮影。ネットに囲われたグリーンが特徴。
赤い矢印のように攻めないと、ピンのもとへはたどり着けない。

kunneppu PGC (10)
D-6 35m/par4
バンカーに守られたグリーンが特徴。

kunneppu PGC (11)
B-3 70m/par5
橋をくぐるホール。右からせり出すOBのラフには注意が必要だ。

kunneppu PGC (12)
B-8 50m/par5
グリーン側から撮影。
距離の短い右ドッグレッグのパー5。
オレンジ色のネットに引っかからないように注意しよう。

kunneppu PGC (13)
A-2 38m/par3
木立を抜けた先にピンがある。

kunneppu PGC (14)
A-9 80m/par5
グリーン側から撮影。道中の木はしっかりかわすこと。

kunneppu PGC (15)
C-1 40m/par3
マウンド2つと、縦長バンカーが印象的。

kunneppu PGC (16)
C-4 70m/par5
オレンジ色のネットが攻略を妨げる、左ドッグレッグのホール。

kunneppu PGC (17)
C-6 40m/par4
マウンド2つを越えた先に、バンカーに囲まれた(写真ではわかりづらいが)盛り上がったグリーンを狙うホールだ。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 - 釧路のPGドライブ後編 & トリを務めるはやはり勝手丼

パークゴルフ(2017-)
06 /01 2018
しゅんY12史上最大規模となる、3泊4日のパークゴルフ遠征。
今パートは、その3日目の後半から最終日までをお届け。



Part3から続き…

釧路の街中を巡りつつ、様々なコースと遭遇。

kushiro taiheiyotankoPG (2) 
緩やかな傾斜とフラットで距離のあるホールが特徴的な
「太平洋炭礦パークゴルフ場」

kushiro musaPG IN (2) 
一つのホールに二つのピンがある「武佐パークゴルフ場」

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (5)
新釧路川河川敷、ほぼフラットで初心者でもOKな「河畔パークゴルフ場」

これらのコースは写真撮影のみとした。
ドライブの同行をしたI氏はPG指導員の資格を持っており、
I氏があいさつをする度に、「この子(=しゅんY12)は
幌からパークゴルフ場の写真撮りに行ってるんだよ」と言い、
周囲から許可をもらった。

感謝、感謝である。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (10) 
新釧路川に架かる橋

写真撮影も無事に終え、14時頃…
I氏の仲間がやっている喫茶店でコーヒーをI氏といっしょに飲んだ。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (1) 

ちなみにコーヒーを飲んでいる間、釧路が突然土砂降りに見舞われていたりもした。



【最終日】

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (2) 
この旅もいよいよオーラスを迎える。
何故か朝4時20分に起きた。スーパーホテル釧路の部屋からの空だ。
今日の朝食はスープカレーもあった。スパイスのチカラで体力回復?

ホテルは8時前にチェックアウトした。

続いて向かったのは、釧路市黒金町の「和商市場」

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (9)
8時から開くこの市場。
好きなネタをご飯に乗せる、勝手丼を食した。
トキシラズのサーモンや、イワシなど、中ライス代金込みで1700円也!
 
美味しかった。心から。

その後は釧路駅前を歩いたり待合室でコーヒーを飲んだり。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (3)
釧路駅

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (4)
釧路駅前の空。

こうして11時24分のスーパーおおぞら特急で釧路を後にした。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (5)
やはり道東は手つかずの大自然が多いな。

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (6)
太平洋

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (7)
夕張付近

2018年 道東パークゴルフ遠征 Part4 (8)
夕方15時45分、札幌着。写真は豊平川。



いかがでしたでしょうか。
今回は本当に道東の皆様に感謝申し上げます。

とりわけ、一緒にドライブをして下さった、
根室編でのK氏、釧路編でのI氏には、
スペシャルサンクスとして全力で感謝します。
やはり道東は車の旅が便利だ、とつくづく感じたしゅんY12であった。

またよろしくお願いします!ありがとうございました。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。