FC2ブログ

No.255 和寒町・三笠山自然公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /30 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●アップダウンや左右傾斜を活かしたコース

和寒 三笠山自然公園PG場 (1) 
北海道上川管内和寒町。18H。
山の傾斜を活かしたコースレイアウト。
A-1はいきなりの99mパー5であり、1打目が木が邪魔で難しい。

2017/9/24調査 写真撮影のみ
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

スポンサーサイト

No.254 剣淵町・剣淵町パークゴルフ場(通称 ふれあいコース)

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /29 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●緩やかな起伏には注意

剣淵町パークゴルフ場 (1) 
北海道上川管内剣淵町。18H。
剣淵の街中から少し離れたところにある。
細いフェアウェイとドッグレッグ、緩い傾斜でそれなりの難易度を叩きだしている。

2017/9/24調査 写真撮影のみ
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

No.253 剣淵町・桜岡湖畔パークゴルフ場(ホテル「レークサイド桜岡」近辺)

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /28 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●高台コースと比べると穏やかなコースだ

桜岡パークゴルフ場湖畔コース (1) 
北海道上川管内剣淵町。18H。
剣淵温泉「レークサイド桜岡」という一軒宿から近い位置にある。
その宿から少し離れた湖畔にある18ホールのコースとなる。
ドッグレッグが多く意外に手ごわい。

2017/9/24調査 写真撮影のみ
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

No.252 剣淵町・桜岡高台パークゴルフ場(ホテル「レークサイド桜岡」近辺)

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /24 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●これぞ究極のアップダウン!あなたは耐えきれるか?

桜岡高台パークゴルフ場 (1) 
北海道上川管内剣淵町。36H。
剣淵温泉「レークサイド桜岡」という一軒宿から高台方面に車を走らせるとある。
しらかば・どんぐり・やちだも・もみじコースで構成される。

桜岡高台パークゴルフ場 (2) 
特筆すべきはアップダウンの強烈さであり、
特にしらかば・どんぐりコースは地獄のようなきつさだ。
体力もないとこのコースは攻略できない。
しかしながら、眺望の良さはダイナミックの一言に尽きる。

2017/9/24調査 難易度9
みんごる 難易度アイコン (9) 
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

「The Golf Club 2」をプレー 第13回 - フレンドの方とストロークバトル

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
09 /23 2017
ザゴル2プレイ日記第13回。

前から言っていたフレンド、ぷにさんの提案、
一緒にストロークをしてみようということ。

ストロークプレーのやり方は、
まず自分でコースに出て、オプションボタンを押し、
メニュー ⇒ グループ ⇒ ALL FRIENDS  を選び、
フレンドリストが現れるので、「Send Notification」を
選択すると、招待することができる。
そして「Turn Order」にチェックを入れると
みんゴルのストロークのように、1打交代交代で
打つことが出来る。

結果はともあれ、かなり難しいコースでやった。
なんでも私は実家入りしていたため、Vitaのリモートプレイで
やっていたからだ。それだけに画面がカクカクし、
ミスパットが多発したりしたのである。



何はともあれ、今回の対決の舞台となったコースの
一部ホールを紹介。

「C3 Karrow Steppe」ぷにさん設計


7H パー3。
右にピンが立てられば池越えのパー3と化す。


11H パー5
なんかみんゴル3のウェスタンバレーみたいだ…


11番を上から見てみるとこんな感じ。距離も長く、ラフに入るとつらい。


12H パー3
大きな池に3本の滝がある、視覚的に壮大さを感じさせるホール。


18H パー4
直角に折れ曲がり、幅の狭いフェアウェイを制覇できるか。


結果スコア。
ぷにさんはパットも巧く、しゅんY12にしっかりと差をつけていく。
逆にしゅんYは画面のカクつきや難コースへの初見プレーで苦しめられ、
色んな意味でいい修行になった。

ただ16番ではチップインバーディが達成できた。

【PG名物ホール集】ひばりが丘緑地PG場 Dコース7番 49m【十勝管内音更町】

パークゴルフ自分的難関・名物ホール集
09 /21 2017
北海道十勝管内、音更町にあるひばりが丘緑地。
同コースは距離もあり起伏やバンカーの配置もトリッキーだ。
その中のD-7もこのようなホールと言えるだろう。

D-7 49m パー4


コース図では右ドッグレッグホールとなっているが、


コース自体は十勝のコースによくあるフェアウェイ全面刈りだ。
ショートカットは容易。しかし…

【1オンを狙うなら…】
すぐ上の写真に左側にバンカーがあるが、バンカーのすぐ右は
フェアウェイが盛り上がっている。
この盛り上がった部分を狙うこととなるので、
精密なコントロールを求められる。

またバンカーに引き込まれると、左に送られてしまうため、
周囲のOBに流されやすい。
同じように、バンカーの右に行き過ぎると、これまたOBの
植栽地帯が待っており、トラップの餌食にならないよう、
注意が必要だ。

【PG名物ホール集】鬼鹿パークゴルフ場 Aコース8番 93m【留萌管内小平町】

パークゴルフ自分的難関・名物ホール集
09 /18 2017
留萌地方の小平町の高台にあるコース、鬼鹿パークゴルフ場。

Aコース8番、93m


この93mのホールはティーからピンが見えない。
また丘になっており右側がOBというホールでもある。

コースが右に傾斜しているということもあり、
一打でいきなりロングショットでピンを狙うのは危険。


続いて、50m付近から撮影した写真。
相変わらず右に傾斜しており、ショットに集中できないとOBの餌食に
なりやすいのだ。下りでもあるため、春先・秋口の際は
弱めに打つことを推奨。

3打で上がれれば御の字なホール。

【PG名物ホール集】北海道コカ・コーラパークフィールド72 Cコース7番【空知管内滝川市】

パークゴルフ自分的難関・名物ホール集
09 /18 2017
久々に、パークゴルフ名物ホールの紹介。
北海道の空知地方の滝川に今年夏グランドオープンしたコース。
空知管内初の、72ホールを擁するコースである。

北海道コカ・コーラ パークフィールド72
Cコース7番(35m)


左ドッグレッグのホール。
逆「く」の字に折れ曲がっているのが特徴。
そしてコースとグリーンの間にはラフの深い窪地がある。
グリーンは、盛り上がっている。

ここのホールでは、低距離ロブショット
使いこなせないとバーディで上がるのは困難だ。



ロブショットに関しては、「みんパゴチャンネル」
検索いただければ、打ち方に関してはあるはずである。

私もこのホールに初見で挑戦した際、オープンスタンスに
構えて、クラブも斜めに寝かせる感じで打って、ロブショットを
出来たが、ボールは見事にグリーンをオーバーランしてしまった。

短い距離のロブショットが活きる者に、
バーディが許されるホールと言っても過言ではないのだ。

No.251 三笠市・幾春別川パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
09 /17 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●小ぢんまりとした中にも手ごわいホールがいくつかある

幾春別川PG (0-1) 
↑橋の上から撮った18番ホール

北海道空知管内三笠市。18H。
全長636mと距離は短いが、後半になるとやや距離が長くなる。

2017/9/17調査
以下、コース紹介へと入る。

続きを読む

No.250 滝川市・石狩川河川敷パークゴルフ場(北海道コカ・コーラ パークフィールド72) ※2018年5月13日、追記版

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
09 /17 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

まさか250コース調査目がこのコースになるとは…。

●北海道空知管内では史上初の72ホールコース

takikawa_HCPF72 (1) 
北海道空知管内滝川市。72H。
滝川市民ゴルフ場の一部を72ホールのパークゴルフ場へと改造。
スコアカードを見てみるとA~Hコースまで難易度が
5段階に分かれており、今回筆者は36Hプレーをした。

どのコースも500m程度あり、さらに起伏を絡めグリーンは砲台状のものが多い。従って、中~上級者向けコースとなる。

2018年にはコースを一部リニューアルし、Hコース等一部の難易度が上昇した。

2017/9/17調査
最終調査日:2018/5/13 難易度7
みんごる 難易度アイコン (7) 
難易度はしゅんY12独自の解釈です。ご注意ください。

また、本稿ではB,C,D,Fコースが2017年9月17日調査分
A,E,G,Hコースが2018年5月13日調査分の写真となる。

以下より、コース紹介をする

★A~Dコース

滝川72_A (2)
A3 60m/par4
グリーン側から撮影。
このホールは左側がずっとOB。グリーン前でやや右に曲がる。
特筆すべきはこの盛り上がったグリーン。パットが難しい。

滝川72_A (3)
A8 91m/par5
真っ直ぐに伸びるロングホール。切り株は気にせず中央を走らせる。

滝川72_A (4)
A9 54m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。傾斜や配置されている木の関係上、ティーショットはラフに入りやすい。セカンドショットは、ラフ出しの技術を求められる。 

takikawa_HCPF72 (2) 
B1 50m
やや上りのパー3。右傾斜にも注意。

takikawa_HCPF72 (4)
B5 53m
右ドッグレッグのホール。ロブショットでラフを越したいが、オーバーしてのOBに注意。

takikawa_HCPF72 (5)
B8 68m
右ドッグレッグのホール。
ショートカットしようとする者には白樺という名の壁が立ちはだかる。

takikawa_HCPF72 (6)
B9 50m
林の間を抜いて盛り上がったグリーンを攻めていく。

takikawa_HCPF72 (7)
C2 91m
左ドッグレッグのロングホール。
ショートカットコースは切り株が5個もある。

takikawa_HCPF72 (8)
グリーン側から撮影してみた。

takikawa_HCPF72 (9)
C4 65m
途中に窪地があるが、盛り上がったグリーンの方が問題だ。

takikawa_HCPF72 (10)
C7 35m
左ドッグレッグホール。
パー3なのでワンオンを狙いたいが、ラフのくぼ地が
待ち受ける。ロブショットで越したいが、ショート距離の
ロブショットを使いこなせないと、簡単にグリーンオーバー
してしまうだろう。

takikawa_HCPF72 (11)
C8 63m
やや右曲がり。グリーン右側は大きく下っており、かなり厄介だ。

takikawa_HCPF72 (13)
D3 40m
盛り上がったグリーンが正確なショットを求めてくるホール。

takikawa_HCPF72 (14)
D6 50m
グリーン側から撮影。
急激な左傾斜を擁するグリーンが待ち構える。

takikawa_HCPF72 (15)
D7 95m
マウンドが連続して待ち受けるロング。
グリーンも例外なく盛り上がっており、アプローチが
巧みな者だけがイーグルへの資格を許される。

takikawa_HCPF72 (16)
D8 68m
マウンドだらけのホール。細かい傾斜を読む技術が重要。

takikawa_HCPF72 (17)
D9 35m
グリーン側から撮影。右ドッグレッグのホール。
グリーンはきつい砲台状で、アプローチミスしたボールを
下に運んでしまう。



★E~Hコース
滝川72_E (1) 
E1 83m/par5
ネットが邪魔をする右ドッグレッグのロングホール。かといって、左に打ちすぎると距離が残る。

滝川72_E (2)
E4 71m/par4
途中のくぼ地をしっかり越して攻めたい。蛇行したフェアウェイだが、右側から攻めるのが一番安定コースか。

滝川72_E (3)
E7 48m/par3
グリーン側から撮影。
窪地、右傾斜、ラフ、三角型グリーンと、このコースの特徴を凝縮したかのようなショートホールだ。

takikawa_HCPF72 (18)
F1 55m
うねる起伏が待ち受ける。
グリーンはやはり盛り上がっており、パットテクニックが問われる。

takikawa_HCPF72 (19)
F3 35m
右に傾いだ砲台状グリーンが待っている。

takikawa_HCPF72 (20)
F6 40m
モトクロスのマウンドのように連続で起伏が待つ。

takikawa_HCPF72 (21)
F8 95m
真っ直ぐなホール。しかし傾斜のせいで左に送られやすい。

takikawa_HCPF72 (22)
このホールのグリーンはとりわけ盛り上がっており、
左右に外せば厳しいアプローチとなる。

takikawa_HCPF72 (23)
F9 28m
やや左曲がりのホール。
グリーンは左に傾斜しており、上からの下りパットだと
外した際にラフまで落ちてしまいやすい。
(筆者は実際にそれを犯してしまい、ボギーを叩いた)

滝川72_G (1) 
G3 100m/par5
唯一の100mのロング。左に曲がっている。最短コースを突き詰めすぎると引っ掛けてOBになりやすい。

滝川72_G (2)
G8 70m/par4
細く蛇行したフェアウェイ(左のネットすれすれを狙う)、右側のくぼ地の深いラフに要注意。苦戦を強いられやすいホールだ。

滝川72_H (1) 
H2 35m/par3
右ドッグレッグのパー3。ロブショットでラフをかわすテクニックが求められる。グリーンが砲台状なので厄介だ。

滝川72_H (2)
H3 35m/par3
ここも前ホール同様、右ドッグレッグのパー3。やはり上げ打ちができる者が有利。

滝川72_H (3)
H4 95m/par5
考え方はA-8と同じ。切り株には注意したいところだが、無視してしっかりコース中央を走らせられるかどうかにかかっている。

滝川72_H (4)
H7 69m/par4
このホールは右に曲がっている。ハードヒッターかつ、ライナー打ちを使える猛者ならば、ラフを乗り越えてワンオンできる。
しかし右にはやたら深いラフ、切り株もあり、そう簡単にはいかないだろう。



●マイスコア

takikawa_HCPF72 (24)
初見スコア。まあまあ上々ではあるが、
Fコース終盤で崩れたり、ところどころにミスパットがあったのは反省。

B29-C30-D28-F28 = 115打



2018年5月13日調査分では…
(天候:小雨)

滝川72結果_AEGHコース編 (1) 
A・Eコース。Aの26はほぼ言う事なしだ。
しかしEはトリッキーなコースに惑わされ、8番でグリーンオーバーランのOB。

滝川72結果_AEGHコース編 (2)
Gコースは8番でアンプレイアブル。トリプルボギーを叩く。
Hコースでは9番でホールインワン。見事なる最後っ屁である。

A26-E32-G33-H31=122打

当時コースは小雨によりラフがきつかったので、上げ打ちなどの練習も兼ねてこのスコアを残した。


この記事が面白かったり、参考になったと思ったら、下の拍手を
一回クリックしてくれると嬉しいです。

No.249 江別市・あけぼのパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
09 /16 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ドッグレッグが多い。A・Bコースはパー34だ

江別あけぼのPG (1) 
北海道石狩管内 江別市。27H。
総じてドッグレッグの多いコースで、細かいテクニックが問われる。

2017/9/16調査 難易度5
みんごる 難易度アイコン (5) 
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

「The Golf Club 2」をプレー 第12回 - 自作コース14、さらにコース15も完成

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
09 /14 2017
ザゴル2プレー日記第12回となります。
カフェで休憩しながらゴルフコースを考えたりとかしてました(笑)

このたび、自作のコース14と15が完成いたしました。
お時間ある方は、ぜひプレーしてみてください。

参考までにプレイ動画を載せておきます。



コース14:オールドタウンゴルフリンクス


簡単に言うと英国風リンクスコース。パー3が5個あるため、
トータルパーは71となっている。



コース15:ハートウォーミングガーデン


傾斜が緩やかで、距離も短い初級者向けのコース。
某カフェで考えて思いついたコース(笑)

スイスのロケーションで制作した。
1番ホールと10番ホールの間にはハート型の池があり、18番ホールのグリーンはハート形になっている。

No.248 千歳市・遺跡公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
09 /12 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●林間や起伏に富んだエリアもある

遺跡公園PG (10) 
北海道石狩管内 千歳市。18H。
Aコースは起伏に富み林間が多い。
Bコースは3番以降、開けた土地にコースがある。

2017/9/10調査 難易度5
みんごる 難易度アイコン (5) 
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

No.247 岩見沢市北村・森森ヘルシー公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
09 /10 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●易しいようで意外にテクニックを使うコース

iwamizawa kita_morimori-PG (1) 
北海道空知管内岩見沢市 北村。27H。
北村温泉ホテルから徒歩5分。
「もりもりヘルシー広場」の中にあるコースとなる。
またグリーンは総じて、盛り上がった形状になっている。

2017/9/10調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

No.246 苫前町・苫前パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /09 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●木や起伏に富むコース、北コースは上級者向け

苫前PGC (1) 
北海道留萌管内苫前町。36H。
はまなすコース東西・からまつコース南北がある。
からまつコースは木だらけの上級者向けコースだ。

2017/9/3調査
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

No.245 羽幌町・羽幌スポーツ公園パークゴルフ場(池コース&桜コース/望潮コース)

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /09 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●コースによって特色が違う。桜コースは激難!

羽幌スポーツ公園PGC (1) 
北海道留萌管内羽幌町。36H
池コースが9H、桜コースが9H、望潮コースABが各9Hずつある。

桜コースは狭くOBや木があるホールが多く難易度は非常に高い。
池コースはなだらかな傾斜がある。
望潮コースはアップダウンや広いフェアウェイが特徴的なコースだ。

2017/9/3調査 難易度8(正確にいうと桜コースは10その他が6
みんごる 難易度アイコン (8) 
以下、コース紹介へ入る。

続きを読む

「The Golf Club 2」をプレー 第11回 - 自作コース13が完成、コース14の予告(新規リンクスコース)

自作ゴルフコース「THE GOLF CLUB 2」 編
09 /08 2017
「ザ ゴルフクラブ2」もNewみんゴルと負けじと密かに進んでましたw

ザゴル2プレー日記第11回となります。
コース13が完成したので、お時間ある方は、ぜひプレーしてみてください。

#13:トロピカルバレーゴルフコース


滝や起伏に富んだコースが特徴だ。特に10番、18番ホールは
強く傾くグリーンに注意!



そしてコース14が現在制作中…
大まかな流れは完成。残りはブラッシュアップを
かけていく。


起伏に富み、深いバンカーがある。
オールドな、英国リンクスコースである。


おっと!こんな深いバンカーがあるとは!
これは脱出が厳しいぞ!?


一部ホールには観客席も設置


バックティーやチャンピオンティーはかなり距離が長くなる。


最終ホールは距離が340yと短いが、クリークと深いバンカーに充分注意したい。

Newみんゴルもあるので、自分のペースで作っていきます。

もうしばらくかかるかもしれません。
完成をお楽しみに!

No.244 沼田町・雨竜川総合運動公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
09 /07 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●精密なロブショットができないと攻略は困難

numata_uryuriverPG (1) 
北海道空知管内沼田町。36H。
コースそのものは平たんに近いが、ラフが深くロングコースも
多く、またPar3含めドッグレッグのホールを多数用意しており、
簡単に2打で上がらせてはもらえないコースだ。
だが、立派なクラブハウスや芝の密度は高く、コンディション良。

ほたるAコース、明日萌Bコース、
ようたかCコース、桜づつみDコースで構成される。

2017/9/3調査 難易度8
みんごる 難易度アイコン (8) 
以下、コース紹介へ入る。

続きを読む

No.243 小平町・鬼鹿パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /03 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●高台のリンクスコース。眺望・戦略共にクオリティ高し

北海道留萌管内小平町。18H。
国道232号から養護学校方面に車を走らせて、
さらに上まで登ると、このコースはある。
起伏に富み、距離もある。アップダウンのあるホールもあって
一筋縄ではいかない設計だ。

2017/9/3調査 難易度8
みんごる 難易度アイコン (8) 
以下、コース紹介へ入る。

続きを読む

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。