FC2ブログ

架空ゴルフコース「ダークグリーンフォートレスGC」(使用ソフト:マインクラフトVita)

自作ゴルフコース(その他)
11 /28 2015
s-ダークグリーンフォートレスGC (1)
城砦や林間をテーマとした、Minecraft Vita版(一部写真はPS3版)で造った架空のゴルフ場。

s-ダークグリーンフォートレスGC (4)
通常通り造るか、スーパーフラットにするかで悩んだ。ちょっと考えて、スーパーフラットでコースを作ることにした。
起伏とかは生成されない代わりに、「長い芝がない」という利点であるために「見た目的に素敵だ」、と感じたからである。

オブジェクトの設置は、カシの木や、石レンガの壁で城壁を製作。
カシの木をふんだんに使用して林間コースを再現。これらは障害物となってゴルファーの前に立ちはだかる。

s-ダークグリーンフォートレスGC (3)
起伏もまったく無いわけではなく、フェアウェイに迫っている木や、さらに池などが絡み、要所でテクニックを求められるコースである。
またカシの木はまれに大きな木として生成されるため、一部のホールではそれが大いにショットコースを阻む。

s-ダークグリーンフォートレスGC (5)
↑受付。
私は建築技術ははっきり言って高くはないが、クラブハウスも頑張って『円形建築』でやってみた。

クラブハウスの左には通路でつながってホテルがある。各フロアごとに数部屋あり、ホテルの4階は展望階。そしてクラブハウスの右には、城壁で隔たれたところにPar3のホールが9個ある、いわゆる「ショートコース」。こちらも若干の高低差や、池などで変化に富んでいる。




s-ダークグリーンフォートレスGC (6)
↑OUTコース、INコースのスタート地点
今回は結構製作時間かかりました。
ただ、皆さんが作ってるものと比べれば、まだ私のはひょっこなところもあると思いますが、あったかく見届けてくれればうれしいですm(_ _)m



s-ダークグリーンフォートレスGC (7)
1H par4
ティーショット到達付近のフェアウェイのくびれとバンカーに注意。

s-ダークグリーンフォートレスGC (8)
2H par3
若干打ち下ろし。グリーン左手前の深いバンカーを確実に越そう

s-ダークグリーンフォートレスGC (9)
3H par5
ところどころのバンカーを避けるように攻めていくホール。
2オン狙いの場合、セカンドが打ち上げになり、フェアウェイの花道もないので注意。

s-ダークグリーンフォートレスGC (10)
4H par4
小さめの塔が印象的な、左ドッグレッグのホール。多数のバンカーを確実に回避することを最優先にしたい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (12-1)
5H par4
いびつな形をした池が難易度上昇に一役買っている。
前後の距離感を的確にできないと、池ポチャの憂き目にあう。

s-ダークグリーンフォートレスGC (12-2)
6H par5
右ドッグレッグのパー5。1打目の到達地点付近に2個のバンカーがある。水場や木もあるので、それらもしっかり避けていく。
グリーンは広い。

s-ダークグリーンフォートレスGC (13)
7H par3
打ち下ろしのパー3。奥行きがないグリーンの手前には川が…
ここも距離感の正確さが試される

s-ダークグリーンフォートレスGC (14)
8H par4
左から木がせり出し、セカンドショットで打ち上げになるホール。ショットの許容範囲が狭い。右側のバンカーを越えたい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (15)
9H par4
右ドッグレッグのホール。大きな樫の木がありショートカットは無謀すぎる。コーナー付近もラフが食い込み、アプローチでも池がグリーンについて回る。

s-ダークグリーンフォートレスGC (16)
10H par3
これも水場がグリーン近辺右側にあり、厄介なアプローチを強いられる。左の城壁も精神的トラップになりやすい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (17)
11H par5
城壁、大きな樫の木、水場と、トラップが多い。大木を回避するにはドローを打って回避したい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (18)
12H par4
クリークが終始絡んでおり、グリーン奥も手前も水場。
アプローチは特に力加減に注意!

s-ダークグリーンフォートレスGC (19)
13H par4
蛇行したホール。中盤に4個、グリーン右手前に深いバンカーがある。正確なボールコントロールが大切。

s-ダークグリーンフォートレスGC (20)
14H par4
細いフェアウェイや圧迫感ある樹木群に注意。起伏やバンカーもあり難しいティーショットを求められる。

s-ダークグリーンフォートレスGC (21)
15H par3
左も右も水場。独特な形の池に惑わされずにいきたい。
横風が吹けば難易度が激増する。

s-ダークグリーンフォートレスGC (22)
16H par5
蛇行したフェアウェイで打ち上げのパー5。
グリーンは周囲より高く、オーバーしたりするとそこからの巻き返しが大変。

s-ダークグリーンフォートレスGC (23)
17H par4
面積の広い池が無言のプレッシャーをかけてくる。
フェアウェイにも深めの小さなバンカーがあり気が抜けない。
グリーンは十字型をしており、ガードバンカーがそれを囲む。

s-ダークグリーンフォートレスGC (24)
18H par4
中央の立木と右側の池とビーチバンカーが特徴的な最終ホール。
木を避ける位置につけ、角度に余裕をもって攻められればバーディーは取りやすい。



s-ダークグリーンフォートレスGC (25)
ホテル1階。受付と数部屋。

s-ダークグリーンフォートレスGC (26)
ホテル3階廊下からの夕日

s-ダークグリーンフォートレスGC (27)
部屋から月を見る

s-ダークグリーンフォートレスGC (28)
クラブハウスを照らす月も…

s-ダークグリーンフォートレスGC (29)
スティーブ、3階の黒曜石風呂で癒される。

s-ダークグリーンフォートレスGC (30)
こうして、おやすみなさい…

s-ダークグリーンフォートレスGC (2)
9ホールのショートコースを上空から俯瞰。
本コースとは違い、パー3ばかりなので早期決着ができる。

最後までご覧いただきありがとうございました!
この記事がいいねとかなるほどなどと思いましたら、下の清き拍手に一票入れてくれるとうれしいです。
スポンサーサイト



架空ゴルフコース「セルリアンリンクス カントリークラブ」(使用ソフト:エンジョイゴルフ)

自作ゴルフコース(「エンジョイゴルフ(PS2ソフト)」で造ったもの)
11 /28 2015
架空ゴルフコース 索引に戻る

s-セルリアンリンクスCC (1)
私にとってはもうおなじみのゴルフコースエディットツール「エンジョイゴルフ(PS2)」にて製作したコース。

以前、同じ背景で作った「ホリゾンブルーベイ」に似たリゾートの雰囲気のコース。
難易度は、みんなのゴルフ5の2面に当たるコース「美ら海GR」と同程度。

続きを読む

【パークゴルフ】気温2度…凍てつくグリーンは敵でもあり味方でも…

パークゴルフ(2015-2016)
11 /22 2015
『みんパゴ』メンバーと十数名のプレー…
恵庭の島松のメイプルパークゴルフコースが舞台。
当初は雪の予報だった…
思えば10年前、11月下旬にメイプルをプレーしていた。あの日、激しい雪が舞っていたのがとても印象的であった。

s-2005年冬のメイプルパークゴルフコース
↑2005.11.27撮影

s-メイプルPG 201511 (1)
しかし、今日は鉛色の雲がありながらも普通にプレイできた。
と、半ば油断していると…

次第にその考え方が甘かったことを改めて思い知らされたのである。

気温は2度。そして凍てつくフェアウェイ、グリーンはとりわけ球足が速い。ラフで勢いを殺ごうとも、転がる転がる…

まず集まったみんパゴメンバーを数組に分ける。そして、
朝九時、Eコースでスタート。

E-2番。得意戦法のラフ転がしで行く、球速の勢いを殺いでいくかに見えた。
だが、相手は初冬の凍てついたグリーン。勢いは止まらず、奥の木の地帯(OBエリア)に入ってしまう。

Eコースは広く起伏の厄介なホールが多く、総合してピンがグリーンの端にポジショニングされていた。
この9HRで、34を叩く。アンダーパーにすらできなかった。

次はDコース。距離は規定範囲ぎりぎりの500mだ。
とはいえ直線ホールが多くアプローチがしやすい。筆者、いつもは27打前後でクリアすることが多い。
気持ちの切り替えが難しく、相変わらず寒く(ちゃんと用意周到な着替えはしたはず)、ボールを打ち上げようと練習。
クラブの振り方や足の開き方はしっかりできていたように見えるが、ちょっとクラブの角度とか、スタンスとかで、ミスしただけでボールをすごく引っかけてしまう。

これは身体の動きを修正すべき…この「壁」を越えられないと上がるボールは打てない…

Dコース、39打。よくわからないやっぱり。寒さだけで気持ちが後ろめくとこうなるのかな…

3コース目のAコースでも走る芝に苦戦し、A-6では凍てついた、傾いたグリーンに失敗。何打もパットを費やす。Aコースも39打。目指すゴールが遠い遠い。

寒空の無念…
これでは、あまりにも酷いので温かい飲み物を投入…メンバーたちに休むことを伝えて、スタートハウスで昼食もとった。これまたあったかい天ぷらそばを選択。これで体が暖かくなった。

…でもって、30分くらいの休憩。
相変わらずの不気味な雲と、季節感を創出する寒さ。

E、D、Aコース、ここまで回った27HR。普通なら9ホール30打を切ってもおかしくないが、この時点で大異変、と、そう感じていた。しかし、この後…逆転をすることになるとは…

s-メイプルPG 201511 (2)
メンバーをひとり選んで、次はCコースを選択。

s-メイプルPG 201511 (3)
Cコースも4を叩いてばかりだったが、6、7ホールで連続バーディー!

さらに8番。これは90m、しかもやや上り坂のホールだ。
私のショットはきっちりクラブの芯を捉え、一気にボールが駆け上がっていき、まさかのグリーンオン。3m程度のパットも沈め、私のパークゴルフキャリアの中では数少ない「90m台ホールの2打クリア」を果たした。

これで沈んでいた気持ちもようやく晴れてきた。Cコース、28打。
この調子で一気にBコース。多少苦戦はしたものの、31打。

まさに、初冬の凍てついたグリーンに泣き笑い。そんなラウンドだった。
これで2015年のパークゴルフは終わってしまうのか。しかし、私の夢は諦めていない。

架空ゴルフコース「パットゴルフビレッジ」(使用ソフト:エンジョイゴルフ) ※パター専用コース

自作ゴルフコース(「エンジョイゴルフ(PS2ソフト)」で造ったもの)
11 /19 2015
PS2ソフト「エンジョイゴルフ」で制作したパター用のコース。
全てPar3であり、10~45yくらいの距離設定。

s-架空パターコース パットビレッジ (1)
みんなのゴルフ1・4にあったパットゴルフモードを参考にして制作をした。

続きを読む

【パークゴルフ】一種のメンタルトレーニング、見つけた…そして今後への弾み、メンタル面での強化

パークゴルフ(2015-2016)
11 /17 2015
このも深まっていきますね… 
外が冷たくなっていくから、これに呼応してなのか…周りの人の動きもやや凍え気味に見えますね… 
インフルエンザの予防接種もしてきました!
これでこの冬もしっかりと行けそうです^^




※この記事はやや長い前置きがありますので、話の内容が良く分からないようでしたら、下の方の「気持ちを拡散させるトレーニング」を見てくださるようお願いいたします。

気づけば11月中旬の後半… 
もうすぐで今年の屋外のパークシーズンは終わりを迎えそうだ。 

私の、生まれ付き持っている障害と上手く付き合いたいところ。(パーク関係者からは、私のメンタル面の弱さの指摘が出ている)

私は「冬から春にかけて」より「秋から冬にかけて」の方が弱い。 

中でも嫌なのがフラッシュバックだ。
それを仕事中や、パークのプレー中に思い出してしまう。 
 以下の2つは私が実際に経験したこと。 

あるときは、中学高校時代、10人くらいの集団が居て、私に執拗に陰口をひそひそ言う連中がいた… 
そいつらは身長が推定175cm以上もあるデ●な奴だがやっていることが陰湿。
それも周りの奴等はみな、私にからかいを仕掛ける。そして…
私の事を集団で煽り込んで精神的に破壊させていく…


また、上記の連中とは別の集団だが、某、一部の奴等のでっち上げにより、2013年の夏から秋にかけては、私の事を、証拠もないのに向こうが「悪質プレイヤーと同一人物」とデマを流したり、ニュースの感想を書いただけで「擁護」とか意味不明な事を言って、私に非を無理やり認めさせた(擦り付けた)。なんで認めたと勝手に決めつけて、私に罪を叩きつけるのか、意味不明だわマジで…
挙句、こいつらの一連の嫌がらせがフラッシュバックして2014年夏に、私を入院に追い込んだ。濡れ衣もいいとこ。

地元に帰るときに、私は「この集団とは一切かかわりたくない」と心底、確信。 
「またあのア●ペがごちゃごちゃ言ってるな」とか私の生まれつきの障害を差別する気持ち悪い奴らが絡んできたんですよもう。もちろん向こうは謝る気配すら来ないし、最悪のひとことに相応しい連中だった。

からかいだろうとも、理不尽な嫌がらせだろうとも、
数年にわたりこのことを思い出すのは、明らかに人生の無駄である。 

まだ20代の私でもこれは流石にわかっている。それが直せない。しかし、決して「甘え」でもない。

とはいえこれを言い訳にしていてはパーク界では勝てない。 

心に嫌気があれども、障碍が有ろうとも、難攻不落の小さき緑魔「パークゴルフ」は容赦しない。









(ここまで、私の苦しみ談で本当に失礼いたしました)


そこで、『気持ちを拡散させるトレーニング』をすることにした。 



院長や、上司や、かつて通所していた場所のスタッフから教えられたのだ。 
これは、目に映っている物や、その物の色を口に出していくのである。 

例)小さな部屋でスタッフや上司と面談しているとき、何気なく見える風景… 

「壁のベージュ色!ホワイトボードの白!
時計の額縁の茶色!」 
「木の葉っぱ!●●●さんのスマートフォンの色!
花瓶の青!」 
「緑のマジックペン!赤のマジックペン!」
  言えるものはガンガン言う。 
 たとえば、バスに乗っている時など、外を見る。

 「草木の緑色、面積約20%!道路の灰色、約40%!」 
「通過した対向車が●●色だった!」など。 
この様に、見えているものを次々と発言(もちろん、周りに迷惑かけないように聞こえないように小言でもOK)する事で、集中力を拡散する。 

院長(主治医)が私に推奨してくれた療法のひとつだ。




もう一つ、ここ数日に仲間から言われたこと… 
『嫌なことを思い出してしまい、尚且つそれを削除できないのは、あなたの「仕様」とも思った方がいいよ』。
 

『気持ちが悪くなったら、それを「削除」するのではなく、切り替えるスイッチや物が必要』とも言われた。

 例えば、プロのゴルファーだって、ラフに入ってしまっても落ち込まない。発生してしまったことはもう変えられない。

だからこそ、気持ちを切り替えて、次のショットに集中している。

当然であるが、『太陽が動いてたり雲が動いてたりする』のを見ているが、自分の力では気象条件なんて変えられない。 

雨が降ろうが、雪が降っても、こちらの力では全く敵わない。

雨の日のパークゴルフは、水を吸った芝によりボールが走りにくい。これも考慮に入れてプレー。
ドッグレッグでのラフ越えショートカットは無謀と考え、コース通り道なりに攻める戦略を展開。

晴れは晴れ、雨は雨のストラテジー(=戦略)
だ。天候を自分の力で変えようとはしない。




同じように、嫌なことをしてくる周りの輩は、例え説得しても『変えられない』。 
雨降ってるときにいきなり「晴れになれ」と空に叫んだって、天候がすぐに変わるはずはないのだから(笑)

つまり、自分から『変化』をするのである。正しく良き心を手にいれる。そんな努力を身に着け、奴らを見返す。 

私の場合は、「音楽を聴く・好きな話題を挙げて仲間と話す・ほんの少しだがお菓子を食べたりお茶を飲んだり」など、探せば結構出てくる。 

常に斬新なことを考え、いいひらめきを得ていく。そうしてアイデアをいっぱい出していく。
気持ちを切り替える『スイッチ』を、色んなときに起動できれば、今後、私が進歩できる大きなカギになるだろう。

【パークゴルフ】3年ぶりのルルマップ!芝の密度も良くなっている

パークゴルフ(2015-2016)
11 /03 2015
今日は、空知管内岩見沢のみんパゴメンバーさん(その人はJALカップ優勝・上位常連者である)との合同ラウンドで恵庭のるるまっぷパークゴルフコースを回った。夏・秋コースの36HR。

当日、体調は万全かやや心配だったが、無事に36まわることができた。
肌寒い一日でもあった。

以前、とある理由および提案により、るるまっぷパークゴルフコースの責任者との面談をすることができたのである。
その感謝もかねて・・・だったのであるが、その方はコースには姿を現さなかったようだ。

→るるまっぷパークゴルフコース紹介はこちら
(※上のリンクは3年前当時の状況なので、現在は植栽が増えているなどの改良が施されています)




s-DSC07144.jpg
本格的な紅葉・・・恵庭のはずれ。高速道路も奥に見えた。
3年前の当時の印象と同じく、ラフは浅めになっている。しかしヘビーラフがいくつかあり、ショットミスを誘っていた。

s-DSC07147.jpg
Eコース4番。
距離が短いが、植栽が追加されるというリニューアルがされた。またその植栽周辺のラフも、深めだ。
現在習得中のロブショットなどの空中系ショットでいこうとするも、なぜか飛距離が出ない。
中央のラフに勢いを殺がれてしまう。

s-るるまっぷ151103
最終スコアは28-32-29-31と、121打。

上のは「みんパゴ」のスコア入力画面。わかりやすくするように、4打だったところは緑に、2打でクリアできていたら赤くして編集してある。

花夢里やメイプル、恵庭中央などの難コースがひしめいている恵庭だが、るるまっぷは別。
るるまっぷは傾斜などの意味では比較的やさしめに感じる。
ただフェアウェイは走りやすく、また夏コースはロング中心。ラフは一部を除き深くなかった。

一緒に回ったメンバーから技術・コースなどについてスタートハウス内で語り合ったりもした。



実は同日に、るるまっぷPGの近くにあるメイプルパークゴルフコースで、12人くらいの「みんパゴメンバー」がいた。
メイプルでのラウンドだった。筆者一行が来た頃にはちょうど昼休み時間だった。

長沼や千歳、札幌などのメンバーとも話し合って、柿をもらったりもした。

本当はもう18HRくらいするかもしれなかったが、筆者が持っている「生まれつきの障害」を考慮し、途中で疲れたりしないよう、ここで切り上げにした。
メンバーたちとは楽しく話し合い、またの再会を楽しみにするのであった。

そして、
帰り2時・・・わずかながら陽も傾いてきた。思えばもう11月である。
冬至の時は3時のころからもう夕方だから・・・。


今年は結構やり切った気がする。
親のドライブがうまくいったり、日曜日によく晴れたりして、いろんなコースを調査することができたからである。
今年のパークの終わりも見えてきている。

【パークゴルフ】7ヶ月ぶりの、ローンスケープ輪厚との勝負

パークゴルフ(2015-2016)
11 /01 2015
秋口、今日から11月・・・
クローズしたパークゴルフコースも出てきた。
寒くなったので、行ける場所は限られてくるのである。

通称ロンスケ、国道36号沿いの「ローンスケープ輪厚」のコースをいかに寒空のなか攻められるのか・・・
今年は4月12日にも行っていた。しかし、冬から春になるのととは、秋から冬になるのでは、体感温度は違う気がする。

今日はやや気力が抜け気味だったので、意外に苦戦をさせられた。

→ローンスケープ コース考察記事(4年前のコース調査)
→7ヶ月前のプレイ記録はこちら

出だしのA-1番、いきなりのトリプルボギー・・・
このコースのグリーンはベント芝を使用。
パッティングのセンスが非常に問われる。だからこそ、「繊細なタッチ」を手に入れたい。
(こうすれば「恵庭花夢里パーク 里&恵庭岳コース」の超高速グリーンにも対応できるのでうれしい)

ロンスケ151101 (2)
打ち上げのA-7番、黄色、赤になっていく樹木群・・・

ロンスケ151101 (1)
歩いていると、「まるで絨毯のようだ」と感じるこのグリーン。

Aコースはイーブンパーの33で上がるのがやっとだった。
グリーンの芝生の種類、状態でも、転がるラインを知らないと、改めてここを攻略できないと思わされた。
ただ単に理論云々では攻めきれないパークの世界・・・

前半18Hでは2打で上がったホールがひとつもない。
秋口の少し易しくなったラフがあるが、これが結構厳しい。

ローンスケープ結果151101 (1)
18H終えて、また気分を変えていく。
風がやや寒かった。しかし日差しはあったかくて曖昧だった。

Cの5番でやっと2打であがれた。
皮肉にも疲れやすい筆者、後半は例によって体力を消耗・・・
しかし全ホールを終えたら「やりきった」感があるのもまた事実。

ローンスケープ結果151101 (2)
結果、3つのホールを2打で上がる事が出来た。
今回のラウンドは125打。前回のプレイと比べて+10打。
大抵のパットを1~2打でクリアしていれば更なるマイスコアが樹立されていたに違いない・・・

ちょっと今回は気力で悪かった分、10打プラスされた結果だった気がした。
今年、残り少ないラウンドを制していきたい。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。