【しゅんYウィンターマスターズゴルフ2015】ラウンド1:みんゴルP1 南アルプスCC

ゴルフゲーム大会リレー(主にみんゴルシリーズ中心)
11 /30 2015
みんなのゴルフシリーズを中心に、様々なゴルフゲームの冬らしいコースを舞台に、
4チーム16キャラが激戦を繰り広げるこの大会。

s-ウィンターマスターズ15 (1)
その初陣の舞台は、みんなのゴルフポータブル1より、南アルプスCCで開催!

Aチーム:「ワールドエリート」
選手:アンジェラ/バーマン/片山晋呉プロ/丸山茂樹プロ従来

Bチーム:「プチ魔女と力強き男たち」
選手:ミュウ/フレディ/マックス/ディーノ従来

Cチーム:「ソードマスターズ」
選手:サギリ/シャロン/アイザック/クレイトス従来

Dチーム:「ロシアの二人の乙女と共に」
選手:ジャン/エリカ(エンジョイゴルフ)/グロリア(みんゴル6仕様)/ティアナ本格

アンジェラ、ミュウ、サギリ、ジャン。彼ら4人がスタートし、好スコアで次のパートナーにつなげることが出来るのか!



s-ウィンターマスターズ15 (2)
作品序盤のコースの割には、悪天候時に雪が降る。
(みんゴル2~4では任意で季節を選択できたりもしたが、1・ポータブル・5・6では季節は固定になっている)

s-ウィンターマスターズ15 (3)
トップバッターを切ったAチームのアンジェラ。
イーグルを狙える1番でイーグルを取れず・・・
上手くいきそうで取れないイーグル。かつては25アンダー以上を取った事もある筆者だったが・・・

s-ウィンターマスターズ15 (4)
そんななかでアンジェラ、15番ではドクロショットでのワンオンに成功!イーグルとする。

s-ウィンターマスターズ15 (5)
しかしパットは一部に侮れない箇所がある。油断は禁物なのだ。

s-ウィンターマスターズ15 (6)
アンジェラは21アンダー、ジャスト5000点でホールアウト!

s-ウィンターマスターズ15 (7)
続いてBチームのミュウ選手。
冒頭からいきなりイーグルを決め好発進。
飛距離が短かったり9番での2パットもあったが、終わって見れば・・・

s-ウィンターマスターズ15 (8)
ミュウは22アンダー、5150点。そして次のパートナーにバトンを渡す。

s-ウィンターマスターズ15 (9)
そしてCチーム、サギリ選手の番。
イーグル取れるパー4などで果敢にイーグルを狙う。中でも11番では10m以上のイーグルパットを沈めた。

s-ウィンターマスターズ15 (10)
15番では30mパットとなった。惜しくも横をかすめていった。

s-ウィンターマスターズ15 (11)
大きなミスもなく24アンダー、5485点を獲得。

s-ウィンターマスターズ15 (12)
Dチーム、ジャン選手。4番でチップインイーグル。ミスを取り返す。

s-ウィンターマスターズ15 (13)
15番ではワンオンでイーグルを奪取!

s-ウィンターマスターズ15 (14)
惜しいアプローチ、パットが結構見受けられた。
22アンダー、5123点。




●ラウンド1 結果発表

Aチーム:-21/5000点(暫定4位)
Bチーム:-22/5150点(暫定2位)
Cチーム:-24/5485点(暫定1位)
Dチーム:-22/5123点(暫定3位)


早くも打数に差がついた!



次の試合は「エンジョイゴルフ」のエデンズガーデンの
シチュエーションB(冬景色になります)で続きのラウンドを行います。
スポンサーサイト

架空ゴルフコース「ダークグリーンフォートレスGC」(使用ソフト:マインクラフトVita)

自作ゴルフコース
11 /28 2015
s-ダークグリーンフォートレスGC (1)
城砦や林間をテーマとした、Minecraft Vita版(一部写真はPS3版)で造った架空のゴルフ場。

s-ダークグリーンフォートレスGC (4)
通常通り造るか、スーパーフラットにするかで悩んだ。ちょっと考えて、スーパーフラットでコースを作ることにした。
起伏とかは生成されない代わりに、「長い芝がない」という利点であるために「見た目的に素敵だ」、と感じたからである。

オブジェクトの設置は、カシの木や、石レンガの壁で城壁を製作。
カシの木をふんだんに使用して林間コースを再現。これらは障害物となってゴルファーの前に立ちはだかる。

s-ダークグリーンフォートレスGC (3)
起伏もまったく無いわけではなく、フェアウェイに迫っている木や、さらに池などが絡み、要所でテクニックを求められるコースである。
またカシの木はまれに大きな木として生成されるため、一部のホールではそれが大いにショットコースを阻む。

s-ダークグリーンフォートレスGC (5)
↑受付。
私は建築技術ははっきり言って高くはないが、クラブハウスも頑張って『円形建築』でやってみた。

クラブハウスの左には通路でつながってホテルがある。各フロアごとに数部屋あり、ホテルの4階は展望階。そしてクラブハウスの右には、城壁で隔たれたところにPar3のホールが9個ある、いわゆる「ショートコース」。こちらも若干の高低差や、池などで変化に富んでいる。




s-ダークグリーンフォートレスGC (6)
↑OUTコース、INコースのスタート地点
今回は結構製作時間かかりました。
ただ、皆さんが作ってるものと比べれば、まだ私のはひょっこなところもあると思いますが、あったかく見届けてくれればうれしいですm(_ _)m



s-ダークグリーンフォートレスGC (7)
1H par4
ティーショット到達付近のフェアウェイのくびれとバンカーに注意。

s-ダークグリーンフォートレスGC (8)
2H par3
若干打ち下ろし。グリーン左手前の深いバンカーを確実に越そう

s-ダークグリーンフォートレスGC (9)
3H par5
ところどころのバンカーを避けるように攻めていくホール。
2オン狙いの場合、セカンドが打ち上げになり、フェアウェイの花道もないので注意。

s-ダークグリーンフォートレスGC (10)
4H par4
小さめの塔が印象的な、左ドッグレッグのホール。多数のバンカーを確実に回避することを最優先にしたい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (12-1)
5H par4
いびつな形をした池が難易度上昇に一役買っている。
前後の距離感を的確にできないと、池ポチャの憂き目にあう。

s-ダークグリーンフォートレスGC (12-2)
6H par5
右ドッグレッグのパー5。1打目の到達地点付近に2個のバンカーがある。水場や木もあるので、それらもしっかり避けていく。
グリーンは広い。

s-ダークグリーンフォートレスGC (13)
7H par3
打ち下ろしのパー3。奥行きがないグリーンの手前には川が…
ここも距離感の正確さが試される

s-ダークグリーンフォートレスGC (14)
8H par4
左から木がせり出し、セカンドショットで打ち上げになるホール。ショットの許容範囲が狭い。右側のバンカーを越えたい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (15)
9H par4
右ドッグレッグのホール。大きな樫の木がありショートカットは無謀すぎる。コーナー付近もラフが食い込み、アプローチでも池がグリーンについて回る。

s-ダークグリーンフォートレスGC (16)
10H par3
これも水場がグリーン近辺右側にあり、厄介なアプローチを強いられる。左の城壁も精神的トラップになりやすい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (17)
11H par5
城壁、大きな樫の木、水場と、トラップが多い。大木を回避するにはドローを打って回避したい。

s-ダークグリーンフォートレスGC (18)
12H par4
クリークが終始絡んでおり、グリーン奥も手前も水場。
アプローチは特に力加減に注意!

s-ダークグリーンフォートレスGC (19)
13H par4
蛇行したホール。中盤に4個、グリーン右手前に深いバンカーがある。正確なボールコントロールが大切。

s-ダークグリーンフォートレスGC (20)
14H par4
細いフェアウェイや圧迫感ある樹木群に注意。起伏やバンカーもあり難しいティーショットを求められる。

s-ダークグリーンフォートレスGC (21)
15H par3
左も右も水場。独特な形の池に惑わされずにいきたい。
横風が吹けば難易度が激増する。

s-ダークグリーンフォートレスGC (22)
16H par5
蛇行したフェアウェイで打ち上げのパー5。
グリーンは周囲より高く、オーバーしたりするとそこからの巻き返しが大変。

s-ダークグリーンフォートレスGC (23)
17H par4
面積の広い池が無言のプレッシャーをかけてくる。
フェアウェイにも深めの小さなバンカーがあり気が抜けない。
グリーンは十字型をしており、ガードバンカーがそれを囲む。

s-ダークグリーンフォートレスGC (24)
18H par4
中央の立木と右側の池とビーチバンカーが特徴的な最終ホール。
木を避ける位置につけ、角度に余裕をもって攻められればバーディーは取りやすい。



s-ダークグリーンフォートレスGC (25)
ホテル1階。受付と数部屋。

s-ダークグリーンフォートレスGC (26)
ホテル3階廊下からの夕日

s-ダークグリーンフォートレスGC (27)
部屋から月を見る

s-ダークグリーンフォートレスGC (28)
クラブハウスを照らす月も…

s-ダークグリーンフォートレスGC (29)
スティーブ、3階の黒曜石風呂で癒される。

s-ダークグリーンフォートレスGC (30)
こうして、おやすみなさい…

s-ダークグリーンフォートレスGC (2)
9ホールのショートコースを上空から俯瞰。
本コースとは違い、パー3ばかりなので早期決着ができる。

最後までご覧いただきありがとうございました!
この記事がいいねとかなるほどなどと思いましたら、下の清き拍手に一票入れてくれるとうれしいです。

架空ゴルフコース「セルリアンリンクス カントリークラブ」(使用ソフト:エンジョイゴルフ)

自作ゴルフコース(「エンジョイゴルフ(PS2ソフト)」で造ったもの)
11 /28 2015
架空ゴルフコース 索引に戻る

s-セルリアンリンクスCC (1)
私にとってはもうおなじみのゴルフコースエディットツール「エンジョイゴルフ(PS2)」にて製作したコース。

以前、同じ背景で作った「ホリゾンブルーベイ」に似たリゾートの雰囲気のコース。
難易度は、みんなのゴルフ5の2面に当たるコース「美ら海GR」と同程度。

続きを読む

【しゅんYウィンターマスターズゴルフ2015】 大会概要

ゴルフゲーム大会リレー(主にみんゴルシリーズ中心)
11 /25 2015
しゅんYウィンターマスターズゴルフ2015・・・

それはみんなのゴルフシリーズを中心に、様々なゴルフゲームの冬らしいコースを舞台に、
4チーム16キャラが激戦を繰り広げるというもの。
10月~11月上旬収録。公開は11月下旬~12月上旬予定。

Round1/みんゴルP1「南アルプスCC(RT)」

Round2/エンジョイゴルフ「エデンズガーデン(RT、タイプB)」

Round3/みんゴル6「レガシーオブGL(RT)」
※特殊ルール:悪天候(雪)大会

Final/みんゴル5「シルバーピークスGC(BT)」
※特殊ルール:バックスピン不可

一部のラウンドではショットポイントも計測される。



4人で1チーム。各ラウンドとも、それぞれのゲームを代表して出場。
そして合計スコアを競います。
どのチームが勝つのか予想してみてください!

s-しゅんYウィンターマスターズゴルフ 概要1

Aチーム:「ワールドエリート」
選手:アンジェラ/バーマン/片山晋呉プロ/丸山茂樹プロ従来

Bチーム:「プチ魔女と力強き男たち」
選手:ミュウ/フレディ/マックス/ディーノ従来

Cチーム:「ソードマスターズ」
選手:サギリ/シャロン/アイザック/クレイトス従来

Dチーム:「ロシアの二人の乙女と共に」
選手:ジャン/エリカ(エンジョイゴルフ)/グロリア(みんゴル6仕様)/ティアナ本格

【パークゴルフ】気温2度…凍てつくグリーンは敵でもあり味方でも…

パークゴルフ(2015-2016)
11 /22 2015
『みんパゴ』メンバーと十数名のプレー…
恵庭の島松のメイプルパークゴルフコースが舞台。
当初は雪の予報だった…
思えば10年前、11月下旬にメイプルをプレーしていた。あの日、激しい雪が舞っていたのがとても印象的であった。

s-2005年冬のメイプルパークゴルフコース
↑2005.11.27撮影

s-メイプルPG 201511 (1)
しかし、今日は鉛色の雲がありながらも普通にプレイできた。
と、半ば油断していると…

次第にその考え方が甘かったことを改めて思い知らされたのである。

気温は2度。そして凍てつくフェアウェイ、グリーンはとりわけ球足が速い。ラフで勢いを殺ごうとも、転がる転がる…

まず集まったみんパゴメンバーを数組に分ける。そして、
朝九時、Eコースでスタート。

E-2番。得意戦法のラフ転がしで行く、球速の勢いを殺いでいくかに見えた。
だが、相手は初冬の凍てついたグリーン。勢いは止まらず、奥の木の地帯(OBエリア)に入ってしまう。

Eコースは広く起伏の厄介なホールが多く、総合してピンがグリーンの端にポジショニングされていた。
この9HRで、34を叩く。アンダーパーにすらできなかった。

次はDコース。距離は規定範囲ぎりぎりの500mだ。
とはいえ直線ホールが多くアプローチがしやすい。筆者、いつもは27打前後でクリアすることが多い。
気持ちの切り替えが難しく、相変わらず寒く(ちゃんと用意周到な着替えはしたはず)、ボールを打ち上げようと練習。
クラブの振り方や足の開き方はしっかりできていたように見えるが、ちょっとクラブの角度とか、スタンスとかで、ミスしただけでボールをすごく引っかけてしまう。

これは身体の動きを修正すべき…この「壁」を越えられないと上がるボールは打てない…

Dコース、39打。よくわからないやっぱり。寒さだけで気持ちが後ろめくとこうなるのかな…

3コース目のAコースでも走る芝に苦戦し、A-6では凍てついた、傾いたグリーンに失敗。何打もパットを費やす。Aコースも39打。目指すゴールが遠い遠い。

寒空の無念…
これでは、あまりにも酷いので温かい飲み物を投入…メンバーたちに休むことを伝えて、スタートハウスで昼食もとった。これまたあったかい天ぷらそばを選択。これで体が暖かくなった。

…でもって、30分くらいの休憩。
相変わらずの不気味な雲と、季節感を創出する寒さ。

E、D、Aコース、ここまで回った27HR。普通なら9ホール30打を切ってもおかしくないが、この時点で大異変、と、そう感じていた。しかし、この後…逆転をすることになるとは…

s-メイプルPG 201511 (2)
メンバーをひとり選んで、次はCコースを選択。

s-メイプルPG 201511 (3)
Cコースも4を叩いてばかりだったが、6、7ホールで連続バーディー!

さらに8番。これは90m、しかもやや上り坂のホールだ。
私のショットはきっちりクラブの芯を捉え、一気にボールが駆け上がっていき、まさかのグリーンオン。3m程度のパットも沈め、私のパークゴルフキャリアの中では数少ない「90m台ホールの2打クリア」を果たした。

これで沈んでいた気持ちもようやく晴れてきた。Cコース、28打。
この調子で一気にBコース。多少苦戦はしたものの、31打。

まさに、初冬の凍てついたグリーンに泣き笑い。そんなラウンドだった。
これで2015年のパークゴルフは終わってしまうのか。しかし、私の夢は諦めていない。

架空ゴルフコース「パットゴルフビレッジ」(使用ソフト:エンジョイゴルフ) ※パター専用コース

自作ゴルフコース(「エンジョイゴルフ(PS2ソフト)」で造ったもの)
11 /19 2015
PS2ソフト「エンジョイゴルフ」で制作したパター用のコース。
全てPar3であり、10~45yくらいの距離設定。

s-架空パターコース パットビレッジ (1)
みんなのゴルフ1・4にあったパットゴルフモードを参考にして制作をした。

続きを読む

みんなのゴルフ5 マイキャラで気楽(?)な記録アップ部 Part2(美ら海編)

みんなのGOLFシリーズ(5・6)
11 /17 2015
みんごる5 美ら海RT ティアナ (1)
『こちらはセカンドステージ、美ら海ゴルフリゾート!
序盤のコースにしては強めの風が吹き、大きな打ち下ろしのショートホールもある、琉球の名門コースであります!
これを好スコアで上がれれば、初心者は卒業と言ったところでありましょう』


s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (9)
前回、見事にあやめヶ原を22アンダーでクリアを果たしたしゅんY。
今度は、美ら海ゴルフリゾートを20アンダー以内のスコアで終えることを目標としている。はたしてたどり着けるのか…

今さら本格ショットを極める気にもなれないので、従来ショットのティアナでどこまで行けるか、マイベストのアップを狙っている。

ちなみに1・3番ホールはレッドゾーンショットでのワンオンが可能なので、理想ではあるが23アンダー以内のスコアも狙える。

早速のプレー開始。
1番は距離の短いパー4。従来ティアナ(マグナムインフのギア構成だと287y)はフルパワーのレッドゾーンウサギショットで、たまにであるがグリーンに到達できる。

しかし…待っていたのは…

「ブブッ…ゴーーーン!(画面が暗くなる)」

みんごる5 美ら海RT ティアナ (2)
↑ドクロショット。おかしな色になってますが、こういう画面の演出です

そうなったらリタイヤコマンドで戻るしかない…

みんごる5 美ら海RT ティアナ (3)
改めてプレーしたら、それなりにインパクトもJIで決められていい線いってる。

7番でパーを叩くも、それ以外はしっかりアンダーで回れている。

みんごる5 美ら海RT ティアナ (4)
そして18番ホールでは短いチップインを決め、イーグル!

みんごる5 美ら海RT ティアナ (5)
21アンダーでホールアウト!
…あっさり条件クリア!

…じゃあ、22アンダーもいけんじゃね???

しかしここからがイバラの道だった…

みんごる5 美ら海RT ティアナ (8)
易しめのコースとは裏腹に強い海風が吹き、直線距離の長いパー5もある。
集中力には限度がある。

みんごる5 美ら海RT ティアナ (9)
インパクトをごくまれだが2マス以上ずれてしまうことも。
そしてアプローチに失敗したらことごとくパットも入らない…
1・3番でワンオンが狙えるが、なかなか手ごわい。

みんごる5 美ら海RT ティアナ (6)
どこかしらでのショットミスが出る。

みんごる5 美ら海RT ティアナ (7)
インフギアは悪天候の時にシビアなインパクトになる。

そんな中でも21アンダーが3回出た。
みんごる5 美ら海RT ティアナ (10)

みんごる5 美ら海RT ティアナ (11)
しかし、同じ21アンダーでも、ショットポイントだけは5000点に少しずつ近づいている。

終盤、集中力が切れてきたため、事実上のタイムアップ。
22アンダーには惜しくも到達できずだった。


主に失敗したホールは…
3番。レッドゾーン亀ショットに失敗して画面が暗くなるドクロになる
4番。グリーンに対してショートすると戻される
7番。アップダウンが大きい、2ndが登りのライにもなりやすい
8番。大きな打ち下ろしのHC1のホール
9番。直線距離で550くらいある。2打目が豆インパクトになりがち
14番。1打目をどこに打てばいいかわかりづらい
16番。距離のあるパー3、海風が吹けば凶悪な顔を見せつけられる
18番。9番とほぼ同じ理由。グリーンの形状も意外に手ごわい


『いきなり目標の20アンダーを越えたしゅんYティアナ。だがパー5オールイーグルペースの22アンダーは寸での差で逃した…!
しかし「あやめ」も「ちゅら」もあくまでも序の口!
みんごる5も、次からが事実上本番的なコース。次のサードステージ、ユーロクラシックGCに対してしゅんYはどのような手を展開していくのか!』

ゴルフパラダイスをプレー 第7回 - 自動生成コースよ。どっからでも来い!

ゴルフゲーム プレイ記
11 /17 2015
※以下に登場するコースは「ゴルフパラダイス」のストーリーモードには無く、「自動生成モード」で作成させたゴルフコースです

ゴルフパラダイス、今から15年前のソフト。
しかしながら当時世界初の「ゴルフコース生成機能」が設けられたこのゲーム…
みんごるにもマリオゴルフにも無い要素だ。

前回(第6回)記事でストーリークリアを果たした。
それ以上に楽しみなものもある。むしろそっちが本命、的な感じである。

それは…
『ランダムに生成されたゴルフコースとのタイマン勝負』!

まず、ゴルフパラダイスのタイトル画面で「コースをつくる」を選び、コース生成の画面を呼び出す。
(コース生成に関しては「ゴルパラ」プレイ日記の第1回でも述べています)

画面が出てきたら「全体設定」を選び、コースの雰囲気を決めた。
次に、難しさを決める。(今回は刺激を味わいたいので「難しい」にする)
選択した難易度に応じて起伏など、ゴルフコースに必要な要素が構成される。

ゴルパラ 第7回 生成コース (1)
ちなみに、全体設定のメニューが出ている段階で既に18ホールのコースが自動で生成されている。方向キーを下に押すと、コースセーブ、という項目があるのでここで保存すれば、即、完成なのだ。
この「コース生成モード」があり、更に「18ホール一気に自動生成」もできる。つまり短時間でコンピュータにゴルフコースを生み出せるし、ゴルフコースのバリエーションもほぼ無限。

さあ、どんなコースが出てきたか。
お手並み拝見!


今回は雰囲気を「林間」にして、難易度を「難しい」にした。
さぞかし手ごわい奴が来るな…そう思っていた。
どんなコースが来てもいいようにストーリーで育成したキャラ(1W飛距離が290y程度)を選択。
コース名は「ランダムハード1」と番号も振って命名。


ゴルパラ 第7回 生成コース (2)

…そして、しゅんY12は想像以上の難易度…いや、驚愕、の一言にふさわしいコース軍団を目の当たりにした…

ラウンド開始…

ゴルパラ 第7回 生成コース (3)
1H par3 240y
いきなり距離の長いパー3が出現。奥にこぼすと厄介な砲台グリーンが出現。
ウッドで上手くグリーン手前を捉えなければならない。

ゴルパラ 第7回 生成コース (4)
2H par4 362y
打ち上げのホール…あれ、ラフしかないよね!?

ゴルパラ 第7回 生成コース (5)
カメラを駆使し上りの先を見てみると、やたら狭くて傾いたフェアウェイが。
こりゃ、いっそのこと、ラフに入ってもいいや…

ゴルパラ 第7回 生成コース (6)
3H par5 542y
やたら深いバンカー、途切れたフェアウェイ。ここもキープ優先で攻めて行きたい。

ゴルパラ 第7回 生成コース (7)
グリーンが近づくと、深いバンカーやアゴのやたら高いグリーンが…右に外すととんでもなくやっかいだ。

ゴルパラ 第7回 生成コース (8)
4H par5 594y
連続してのパー5。起伏はあれど、広いフェアウェイを的確に捉えれば問題なし。
しかしアプローチミスでグリーンを外れ、その影響で顎を越えるショットを強いられボギー。

ゴルパラ 第7回 生成コース (9)
5H par4 445y
中央に、池と面積の広いラフがある。
手前に止める必要があるゆえ、残り距離が長くなりがちだ。

ゴルパラ 第7回 生成コース (10)
6H par3 232y
距離は230y以上。おまけに、一目見ただけでグリーンが鬼のような形状だ。
砲台式、しかもガードバンカー地獄。乗せることを優先に考えないときつい。

ゴルパラ 第7回 生成コース (11)
7H par4 455y
広いフェアウェイ、思い切り飛ばして残り距離を詰める。
砲台グリーンも問題なく攻略…と思いきや、残り100yを切るとアプローチショットの「ショット軌道が低めになる」飛び方になるこのゲーム独特の仕様の制約を理解しきれず、アプローチにまたしても失敗してしまう。

ゴルパラ 第7回 生成コース (12)
結果、アゴの深いバンカーに入り足踏みに…


ゴルパラ 第7回 生成コース (13)
8H par4 427y
傾いたフェアウェイ、小さいフェアウェイ…深いバンカーと池、どこにも逃げ場がない…
ラフで止めた方が良いかな…すると池までショットが飛んでしまい、1打追加の刑に…

ゴルパラ 第7回 生成コース (14)
まだ難所は続く。奥行きの細いグリーンも待っており、どう攻めればいいかわからない…


ゴルパラ 第7回 生成コース (15)
9H par4 459y
あれ…フェアウェイがない!?
コースを登っていくと深いバンカーが…その先にフェアウェイが。
しかし1打目を飛ばしすぎてまたしても池ポチャ。
この辺りで平常心がすでに乱れてしまっている。

ゴルパラ 第7回 生成コース (17)
10H par5 587y
広いフェアウェイ、2個の池を越えていく。
2打目でオーバーパワーショットでグリーンを狙う計画にしたが…

ゴルパラ 第7回 生成コース (18)
完全に裏目に出た。インパクトが遅くなったというミスを連続で犯し、OBに飛びこんでしまう。結果10を叩く…

ゴルパラ 第7回 生成コース (19)
11H par4 454y
まだまだ地獄のようなホールが続く。左ドッグレッグなのだが、やたら狭く傾いたフェアウェイ、アゴの高い地形、池がこれでもかと待っている。
さらにグリーンは山を越えた先。予想通りの大苦戦を強いられる。

ゴルパラ 第7回 生成コース (20)
12H par4 434y
ここは思い切り飛ばせそうだ。右のフェアウェイへショートカット!しかし乱れに乱れた平常心の前に敗れ去り、痛恨のボギー。

ゴルパラ 第7回 生成コース (21)
13H par4 423y
馬の背式コースながら、広いフェアウェイがある。
やっとバーディが来た…!

ゴルパラ 第7回 生成コース (22)
14H par3 229y
打ち上げのパー3。キャリーでオンさせないと…

ゴルパラ 第7回 生成コース (23)
またグリーンのふもとに落とされ、厳しいアプローチに…やっぱりボギーになる。

ゴルパラ 第7回 生成コース (24)
15H par4 440y
広い池があるホールだ。フォローウインドが吹いていたので、オーバーパワーショットで強引に越えることに成功!しかしパットミスでバーディ成らず。

ゴルパラ 第7回 生成コース (25)
16H par4 439y
あんまり厳しくないホール。思い切り飛ばして軽く寄せる、それだけ。

ゴルパラ 第7回 生成コース (26)
もう10オーバー以上のスコアになってしまっているが、バーディで少しでもこの蟻地獄から脱出していきたい。

ゴルパラ 第7回 生成コース (27)
17H par3 227y
打ち上げのホール。やっぱりグリーンをキャリーで捉えねばならない。クラブ番手を落として、オーバーパワーショット+バックスピンで高い弾道を保ったショットでグリーンオンしたい。

ゴルパラ 第7回 生成コース (28)
18H par5 566y
フェアウェイは広い。今まで苦しめられたコースだったが、ここは易しめなレベルだ。

ゴルパラ 第7回 生成コース (29)
とはいえグリーン近辺の危険度は高い。
残念ながら、バーディは取れなかった。


ゴルパラ 第7回 生成コース (30)
結果のスコアカード…
7~11番辺りがとりわけ狂ったような難しさで、ある意味…戦意喪失させそうなレイアウトだった…
トータルスコアは12オーバー。アウトもインも+6ずつ叩いていた。10番ホール、堅実に攻められたらパーだっただろうに…

それでも自動生成のコース相手なだけに、新鮮な気持ちで挑めたのも確かである。
ゴルフゲームファンである私には、良い脳の体操になった感じw
「どこから攻めるか」等を色々と考えさせてくれた。

また『コースを自動生成して、どんなコースが来るか楽しみ』といったプレイスタイルを確立できるのもこのゲームの魅力でもある。

【パークゴルフ】一種のメンタルトレーニング、見つけた…そして今後への弾み、メンタル面での強化

パークゴルフ(2015-2016)
11 /17 2015
このも深まっていきますね… 
外が冷たくなっていくから、これに呼応してなのか…周りの人の動きもやや凍え気味に見えますね… 
インフルエンザの予防接種もしてきました!
これでこの冬もしっかりと行けそうです^^




※この記事はやや長い前置きがありますので、話の内容が良く分からないようでしたら、下の方の「気持ちを拡散させるトレーニング」を見てくださるようお願いいたします。

気づけば11月中旬の後半… 
もうすぐで今年の屋外のパークシーズンは終わりを迎えそうだ。 

私の、生まれ付き持っている障害と上手く付き合いたいところ。(パーク関係者からは、私のメンタル面の弱さの指摘が出ている)

私は「冬から春にかけて」より「秋から冬にかけて」の方が弱い。 

中でも嫌なのがフラッシュバックだ。
それを仕事中や、パークのプレー中に思い出してしまう。 
 以下の2つは私が実際に経験したこと。 

あるときは、中学高校時代、10人くらいの集団が居て、私に執拗に陰口をひそひそ言う連中がいた… 
そいつらは身長が推定175cm以上もあるデ●な奴だがやっていることが陰湿。
それも周りの奴等はみな、私にからかいを仕掛ける。そして…
私の事を集団で煽り込んで精神的に破壊させていく…


また、上記の連中とは別の集団だが、某、一部の奴等のでっち上げにより、2013年の夏から秋にかけては、私の事を、証拠もないのに向こうが「悪質プレイヤーと同一人物」とデマを流したり、ニュースの感想を書いただけで「擁護」とか意味不明な事を言って、私に非を無理やり認めさせた(擦り付けた)。なんで認めたと勝手に決めつけて、私に罪を叩きつけるのか、意味不明だわマジで…
挙句、こいつらの一連の嫌がらせがフラッシュバックして2014年夏に、私を入院に追い込んだ。濡れ衣もいいとこ。

地元に帰るときに、私は「この集団とは一切かかわりたくない」と心底、確信。 
「またあのア●ペがごちゃごちゃ言ってるな」とか私の生まれつきの障害を差別する気持ち悪い奴らが絡んできたんですよもう。もちろん向こうは謝る気配すら来ないし、最悪のひとことに相応しい連中だった。

からかいだろうとも、理不尽な嫌がらせだろうとも、
数年にわたりこのことを思い出すのは、明らかに人生の無駄である。 

まだ20代の私でもこれは流石にわかっている。それが直せない。しかし、決して「甘え」でもない。

とはいえこれを言い訳にしていてはパーク界では勝てない。 

心に嫌気があれども、障碍が有ろうとも、難攻不落の小さき緑魔「パークゴルフ」は容赦しない。









(ここまで、私の苦しみ談で本当に失礼いたしました)


そこで、『気持ちを拡散させるトレーニング』をすることにした。 



院長や、上司や、かつて通所していた場所のスタッフから教えられたのだ。 
これは、目に映っている物や、その物の色を口に出していくのである。 

例)小さな部屋でスタッフや上司と面談しているとき、何気なく見える風景… 

「壁のベージュ色!ホワイトボードの白!
時計の額縁の茶色!」 
「木の葉っぱ!●●●さんのスマートフォンの色!
花瓶の青!」 
「緑のマジックペン!赤のマジックペン!」
  言えるものはガンガン言う。 
 たとえば、バスに乗っている時など、外を見る。

 「草木の緑色、面積約20%!道路の灰色、約40%!」 
「通過した対向車が●●色だった!」など。 
この様に、見えているものを次々と発言(もちろん、周りに迷惑かけないように聞こえないように小言でもOK)する事で、集中力を拡散する。 

院長(主治医)が私に推奨してくれた療法のひとつだ。




もう一つ、ここ数日に仲間から言われたこと… 
『嫌なことを思い出してしまい、尚且つそれを削除できないのは、あなたの「仕様」とも思った方がいいよ』。
 

『気持ちが悪くなったら、それを「削除」するのではなく、切り替えるスイッチや物が必要』とも言われた。

 例えば、プロのゴルファーだって、ラフに入ってしまっても落ち込まない。発生してしまったことはもう変えられない。

だからこそ、気持ちを切り替えて、次のショットに集中している。

当然であるが、『太陽が動いてたり雲が動いてたりする』のを見ているが、自分の力では気象条件なんて変えられない。 

雨が降ろうが、雪が降っても、こちらの力では全く敵わない。

雨の日のパークゴルフは、水を吸った芝によりボールが走りにくい。これも考慮に入れてプレー。
ドッグレッグでのラフ越えショートカットは無謀と考え、コース通り道なりに攻める戦略を展開。

晴れは晴れ、雨は雨のストラテジー(=戦略)
だ。天候を自分の力で変えようとはしない。




同じように、嫌なことをしてくる周りの輩は、例え説得しても『変えられない』。 
雨降ってるときにいきなり「晴れになれ」と空に叫んだって、天候がすぐに変わるはずはないのだから(笑)

つまり、自分から『変化』をするのである。正しく良き心を手にいれる。そんな努力を身に着け、奴らを見返す。 

私の場合は、「音楽を聴く・好きな話題を挙げて仲間と話す・ほんの少しだがお菓子を食べたりお茶を飲んだり」など、探せば結構出てくる。 

常に斬新なことを考え、いいひらめきを得ていく。そうしてアイデアをいっぱい出していく。
気持ちを切り替える『スイッチ』を、色んなときに起動できれば、今後、私が進歩できる大きなカギになるだろう。

みんなのゴルフ5 マイキャラで気楽(?)な記録アップ部 Part1(あやめヶ原編)

みんなのGOLFシリーズ(5・6)
11 /16 2015
今年夏、色々注文するなどして、過去8作すべての「みんなのゴルフ」を目の当たりにして、みんなのゴルフ皆勤賞となった私。
というか、今年はゴルフゲームに強烈に力を入れている…

みんごる5にも良いキャラがいる。
私にとっては、ティアナディーノがその最たる例であり、クレイトスやトロも好き。
特にティアナはゲット以降、優先的に愛着度をレベル13(MAX)にしたのである。

では本題を…
私は「ティアナ/従来ショット」で記録更新を目指してみる、という企画を考えた。その他の自分の好きなキャラでも同様。
(ここを見た方は、「サファイア・グロリア/本格ショットこそが最強だ!」と仰る方も大勢いらっしゃるでしょう。しかし私は今更になって本格ショットの感覚を覚える気には成れないです。ご了承ください)

「マグナム・インフィニティ」での従来ティアナは287y飛ばせるようになる。

※以下は自分に対してのメモなので、気にしない方は読み飛ばして結構です
まずは練習場ステージにてスーパーバックスピン(SBS)のかかり具合を調査。

【通常のSBS】
5W、3Iではいずれも、100%ショット(パワーモード含む)をしてもボールは戻らない。
4I(200y)では100%で打つと戻った。フルパワーより一目盛手前の98%ショットでは、戻らなかった。
4Iパワー(210y)は、100%で打つと戻り、98%の場合は戻らなかった。
5I(186y)では100%ではもちろん、90%のパワーでも戻った。さらに80%のパワーで打っても戻った。
5Iパワー(196y)でも、100~80%の力で打ってもボールが戻ることを確認。

【斜め下スーパースピン(左下・右下)】
7Iでは100%でも戻らなかった。
8I(147y)では、100%で戻った。98%では戻らない(パワーモードでも同様)
9I(129y)では、100%でも80%でも戻ったので、ほとんど斜めバックを使えるようになるのだ。
ということでバックスピンの検証は終了。



次に目標スコア(到達できなくてもいいが、あらかじめ定めておく)

●目標スコア(全てレギュラーティの場合)
あやめ・・・-22
ちゅら・・・-20
ユーロ・・・-18
サファリ・・-16
オセアニア・・-15
ピークス・・・-14(…終盤のコースは結構不安)
ジュラシック・・-13
クラウン・・・-12


取りあえずこれに到達できればまずはOKかな、頑張りすぎるのも精神衛生上ダメなので・・・

でもって、あやめ・ちゅら辺りから手を出して行こうと思っている。
(本当はピークスやクラウンの制覇を目指していたが、やっぱり簡単なステージからハードルを越していった方が現実的…と思ってあやめから難易度の低い順からプレー)

次にトレーニングであやめヶ原を選ぶ。
18アンダーなら問題ないが、22アンダーもやっぱり狙ってみたい。そうなると失敗しそうであろう9番とか18番とかをどこに打つか、コースマネージメントを念入りにチェックした。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (7)
↑18番の2ndは左奥にそれやすい

次に、6番などイーグルを取れるパー4などにも注目してみる。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (1)
↑徐々に肩慣らしをしていく



そうして挑んだ初陣、あやめヶ原CC。
でも結構インパクトミスは出る。よって、完璧、というレベルではない。(一応ゴルフゲーム歴は16年であるが…)

初プレイ時は18アンダー、
次が21アンダーと出た。あとわずか、もう少し。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (5)
↑パワー調節をミスすると、グリーンの奥行きのない13番では苦汁を舐める

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (4)
だが、結構ミスパットも多い。緩やかに見えて結構曲がったり、11、16、18番などは速いグリーンでもあるし・・・

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (11)
4番で160y強のロングチップイン!パー5や、6・14番以外でもイーグルが取れたのだ。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (6)
しかし後わずかのところで22アンダーを逃している。

主に苦杯を喫するのは9、13、14、16、18番など。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (3)
とりわけ13番は1stショットで木の間を抜いたり、大きな木をスライスでかわしたうえで、横長のグリーンをしっかり捉える必要があるのだ。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (2)
18番も厄介なホールである。
まず、木のある丘をかわすのが先。
今回のティアナのセッティングの場合、2ndでフェアウェイで3W以上を使うと、ピンクインパクトゾーンがJIだけになってしまう。4W+パワーモードを使い、左下スーパースピンで右のバンカーや、急な左奥への傾斜に対抗している。

21アンダーが多く出る中、3度目の正直で辿り着いた18番ホール。
このプレーが今回最後と決めていた中、2ndをジャストインパクトに成功。残りを3m弱につけ、下りパットを的確に読んでカップのど真ん中にイン。

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (8)

s-みんごる5 ティアナ従来 記録アップ部 (9)
ようやく22アンダー達成!
(ま…達成できなくてもいいけどね……)

しかし良いことには変わりない。次の「美ら海」編も、気楽にやってみよう。
s-みんごる5 おつかれさまでした (海中)

みんなのGOLF4をプレー 第16回 - ショートコース&パットゴルフ上級 初見での記録

みんなのGOLFシリーズ(3・4)
11 /14 2015
前回で裏Z撃破、キング試験&優勝を取れたので勝利の美酒(?)に酔いしれてしまったのか、
あるいは他のゴルフゲームを進めたかったのか、前回の連載からかなり経っていた。

まだ残っていたのがあった。松風ゴルフクラブというショートコース。
それに、パットゴルフ上級コース。

今回はもちろん例によってクーガー。私の中の最大のマイキャラ!
ギアで、コントロール強化。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (1)
もともと低弾道で美しい強力なショットを放つクーガーなので、今回はそれにさらに磨きをかけている。

…クーガーは日本海あたりをツーリングし、松風ゴルフクラブに到着したのだった…

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (2)
この松風ゴルフクラブ、とても純和風なコース。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (3)
右に崖があるホールはまるでみんごる6のレガシーリンクス13番ホールを連想させる。
9Iでボールの左下を叩いて攻めていったが、問題なく崖を超えられたのであった。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (4)
9番。しっかりキャリーでグリーンを捉えないときつい。
しかしここも的確に決め、結果的に1ミスしただけであり8アンダーで終わった。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (5)
つづいてパットゴルフ上級を初見プレイ。
このヘアピンコーナー、しっかり入れられれば気持ちいいな…

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (6)
4番。急傾斜の先に金具の地帯が待ち受け、ボールがどうバウンドするかわからない

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (7)
2打で入れられない、もしくはペナルティでの打数追加をした場合はギブアップ扱いに

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (8)
6番。奥にはポータブル1のゴールデンデザート的な世界観が・・・
実はグリーンは浮島になっており、軽く打ってしまうと・・・

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (9)
こんな所に溝があったとは…まんまと嵌ってしまうわけだ。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (10)
8番。これははっきり言って初見だとつらい。
どう侵入してカップインしていけばいいか、ここもわからない…
案の定手前の池まで転がってギブアップに…

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (11)
9番ホール。4つにわかれたルート…たしか公式ガイドブックでは右から二番目のやつが正解コースだったかな…
ここを走らせていく。

s-みんごる4 第15回 ショート パットコース (12)
見事ホールインワン!41点を手にした。
トータル128点。
もうちょっとルートの確立ができればと思ったのだった。

架空ゴルフコース「プチレイクショートコース」(使用ソフト:ゴルフパラダイス)

自作ゴルフコース
11 /14 2015
PS2「ゴルフパラダイス」も一応のクリアを果たしたので、このゲームにある「コースジェネレーション(詳細はこちら)」で架空コースを作ることにした。

ただしゴルパラの5年後に発売された「エンジョイゴルフ」とくらべると、ロード時間が長い、自由にフェアウェイなどを張り付けられない、などの欠点がある。

しかしベースとなる風景(背景)はストーリーを進めれば、ゴルフパラダイスの方が上だったりするのだ。

今回はレイク(湖畔)コースをベースに、18ホールのショートコースを製作した。

コース生成設定画面では、距離の長さを3段階から選べるが、「短い」だとおよそ150~180y、「ふつう」だと200y前後、「長い」だと225y前後になる。
プレイキャラはナツミの場合ドライバーで240yしか飛ばせないので、長く打ち上げのあるホールを作ってしまうと1打で届かないホールになってしまいやすいのである。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (1)
作ったコースはノーマルラウンドで使えるようになる。そして「コースをロード」を選択。
それでは本編スタート!


s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (2)
1H par3 150y
横幅の広いグリーン。ラフに囲まれている。ボールの下を叩き、バックスピンで一気に攻めたい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (3)
2H par3 178y
グリーン左と奥に湖。下りのホールなので、手前から転がす戦略も(ラフはボールが跳ねた勢いで交わせればベスト)。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (4)
3H par3 173y
盛り上がったフェアウェイを超えて、砲台気味のグリーンを目指す。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (5)
4H par3 172y
下りの狙いやすいホール、しかしオーバーランしてしまうと・・・

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (6)
顎の高いラフが。ボールの下をたたき強めに打ち上げる。この距離感覚がとても難しい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (7)
5H 181y par3
これも奥にこぼすと面倒なホール。縦長のグリーンをうまく利用してボールを運びたい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (8)
6H par3 161y
横長のグリーンを攻めていく。相変わらずグリーンはラフに囲まれ、どうやってグリーンをとらえるか考えておきたい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (9)
7H par3 156y
打ち上げのホールである。グリーン手前のフェアウェイに乗ってしまうと、手前に戻される。
キャリーでグリーンオンを目指そう。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (10)
8H par3 159y
ここもショートが命取り。ボールの下側を打ってキャリーで乗せておきたいホール。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (11)
9H par3 197y
距離の長めのホール。グリーンは奥から手前に傾く受けの形状、しかしオーバーは危険。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (12)
ピン横に止めた場合、急な傾斜のパットになる

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (13)
10H par3 218y
馬の背状のフェアウェイに、L字型のグリーンが待っている。どこにピンがあるかで攻め方も大きく変わる。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (14)
11H par3 184y
このホールもグリーンがやや盛り上がり、ラフがオンを阻んでくる

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (15)
12H par3 189y
コース全般に強い右傾斜がある。その途中に作られたきつい砲台グリーンをいかに攻略するか。しっかりグリーンをとらえることも重要。左から転がして寄せるのも手。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (16)
13H par3 160y
大量のガードバンカー。バックスピンを生かしたキャリーでしっかりグリーンをとらえるべし。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (17)
14H par3 153y
このホールもグリーンに難あり。若干砲台気味のグリーンに注意。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (18)
15H par3 180y
ここも奥にこぼすとやっかい。斜め向いたグリーンに対してはスタンスを変えてフェードで打つのも良い戦略。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (19)
16H par3 224y
かなり距離のある打ち下ろしのホール。ウッドで打つこともある。右傾斜があるので、左手前からしっかり転がしていきたい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (20)
そしてグリーンをオーバーするとアゴの高いバンカーが。こうなるとパーセーブも厳しい

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (21)
17H par3 199y
距離が長く、奥も左も右も死角。とにかく一発でグリーンを狙いたい。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (22)
18H par3 206y
縦長のグリーンとグリーン手前のバンカーが待っているホール。
スタンスを変え、ドローで攻めるのも安全策。

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (23)
試しに18HR全部回ってみた。結果、アンダーですら回れず…
テストもかねて入れた2PはCPUにやってもらった。しかし差をつけられての敗北…

s-ゴルフパラダイス コース生成 自作コース (24)
おまけ。
コース生成作業にて、テストプレイ中にホールインワン!196yのロングチップ。

架空ゴルフコース 索引に戻る

ゴルフパラダイス(PS2)をプレー 第6回 - ツアープロ編、そして帝王が待つ

ゴルフゲーム プレイ記
11 /12 2015
※この記事では15年前のPS2ゴルフゲーム「ゴルフパラダイス」のストーリーの結末が書いてありますので注意してください



前回、ツアープロ昇格試験で、優勝を果たし晴れてツアープロの認定を受けたしゅんY・・・

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (1)

ツアープロ時代では、年間に6度行われる「ワールドプロゴルフツアー」に出場し、優勝した場合10のツアーポイントが入る。年間獲得ポイントが30に達すると、『マスターエンペリウム』という大会に挑めるようになる。
(前項・さきの記事でも述べたように、時間の経過によるペナルティは無い)

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (2)
オーバーパワーショット(100%以上の力で打つことも可能。ただしパワーゲージの動きが早くなる)も駆使できるようになった。
タイミングも分ってきた。(今更ながら・・・)
L2/R2ボタンでスタンスを変えて、カーブするショットも上手く決める。
コース、グリーンの形状、風向きなどを考慮して打ち、各大会を制していく。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (3)
ここまで勝ち上がってしまえば、もう一気に最短コースで攻略したい。
・・・で、最初の1戦目は問題なく優勝。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (4)
それにより年間ツアーポイント10Pを獲得。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (5)
第2戦はリゾートコース。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (6)
そこで、待っていたのは「なつみ」であった。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (7)
ここでもしっかり優勝。あまり負けたくない(笑)ため、不安になったらセーブ。(セーブしたホールの1打目からコンティニューできる)

ショットが終わるごとに結構ロード時間がかかるため、最近の「みんゴル」などでスキップしまくってる感覚を知っているとこのロード時間が結構長く感じる><
(他のプレイヤーの打つ番に代わるときなど、1打打つごとに10秒前後かかる)

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (8)
ホールアウト後の「なつみ」。
こうして10Pを獲得したしゅんY、合計20Pを獲得した。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (9)
つづいて三回戦はレイクコース

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (10)
ここで待っていたのはオルデン。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (11)
オルデンのロード中画面

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (12)
このレイクコースでの「ワールドプロゴルフツアー」3戦目も優勝した。
これでトータル30Pとなり、「マスターエンペリウム」という最終の大会に挑めるようになった。
そして、帝王の名が出される。

最短距離でクリアしたかったので、今回はクリアを優先した。
そして帝王「スティーブン」との戦いが「マスターエンペリウム」で行われる・・・



ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (13)
マスターエンペリウムではスペシャルコース(林間・リゾート・砂漠・レイク・クラシック・海岸の6コースから3ホールずつ選ばれるミックスされたコース)で優勝を目指す。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (14)
プレーヤーの前に立ちはだかる壁、スティーブン

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (15)
なかなかカッコイイロード中画面・・・

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (16)
こちらのバーディについてくるスティーブン

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (17)
あまり経験していない砂漠コースでのラウンド。実質的に初見で挑んだホール。

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (18)
前半が終わった後のスティーブンとの会話

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (19)
スティーブンがミスをし、珍しく短いパットも外しボギーで足踏み・・・

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (20)
最終結果、しゅんYが13アンダー、スティーブンに4打差をつけ優勝!
(途中セーブはしたものの、露骨な「失敗後のコンティニュー」などはしていないです)



ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (21)ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (22)
ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (23)ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (24)
スティーブンに勝利後のセリフ・・・「新たな伝説を創るのはお前だ!」

ここで締め・・・エンディングへ・・・

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (25)ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (26)
ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (27)
ストーリーモード。一応のクリア!

ゴルフパラダイス 第6回 ツアープロ編 (28)
賞品は何故か「海の幸セット」・・・

次回予告(いつになるかは未定・・・)
『自動生成させたコースとのタイマン勝負』という企画をやってみようかな、と思っています。

ゴルフパラダイス(PS2)をプレー 第5回 - 海岸コースでの海風との攻防

ゴルフゲーム プレイ記
11 /08 2015
前回、リーリヤというライバルが登場した。
彼女を監視していたものの発言、「奴を倒せ!」という言葉・・・
(このときリーリヤは外の世界でゴルフがしたい、という気持ちを抱いていた)

そして5面に当たるクラシックコースで対戦。

うねるような起伏もあり、深いバンカーもあるコース。
ゴルパラ 第5回 (1)
まるでスコットランド風コース・・・
時には手前に刻むのも有効な戦略のひとつ・・・

ゴルパラ 第5回 (2)
14番ホール終了、5UPでリーリヤを撃破。

ゴルパラ 第5回 (3)
監視員:「残念だったなリーリヤ、この程度の相手に負けるとは・・・」

その後何かが監視員に伝えられ・・・
「こんなことをしている場合じゃない!」と言い去って行った。これでリーリヤは解放されたのだ。



ゴルパラ 第5回 (6)
小さいころからゴルフばかりやらされていたというリーリヤ。

ゴルパラ 第5回 (7)
そして新たに現れた、6面(最終面)の海岸コースで再会を果たした。

ゴルパラ 第5回 (8)
距離が長く、育成で飛距離を伸ばしていればショートカット、という荒業もできる。
またこのコース、風がかなり強い。ボールの下を叩くショットを打つ時は、かなり流される。

ゴルパラ 第5回 (9)
13番のパー5。
グリーンが島にある、というと、みんなのゴルフ6のレガシーリンクスの4番に似てる・・・

ゴルパラ 第5回 (10)
17番、ドッグレッグをショートカットし残り距離を詰めたい。

ゴルパラ 第5回 (11)
そんなわけで終了。
結構難しいコースなので、苦しくなったら途中セーブ。セーブしたホールのティーショットからやり直せる。

ゴルパラ 第5回 (12)
夕日がきれい・・・



ゴルパラ 第5回 (13)
ニアピン大会に参加。5回ボールを打って、最もカップに寄った記録を競う。
風向きが良かったので、ボールのやや下を叩いて2m以内くらいに寄せた。
対戦相手はまたも、リーリヤだった。彼女は私の記録を追い抜けなかったので、勝利を手にした。



こうして月を進める(※時間の経過によるペナルティはありません)と、ツアープロへの昇格試験が登場。

ゴルパラ 第5回 (14)
過去、しゅんY12をサドンデス大会で敗れさせたロマリオが登場。
この大会に優勝すれば、ツアープロへの道が拓ける・・・!

さすがにやや疲れ気味なので本編はここまで。



ゴルパラ 第5回 (15)
架空パー3コースプロジェクト、「コースジェネレーション」モードにて
ホール生成作業も進行中!



【追記・・・】
ロマリオとの海岸コースでのツアープロ昇格テストは、後半対戦相手がイーグルとか獲ってくるなか、しっかり合格し昇格完了。

s-ゴルパラ 第5回(21)
パッティングは高低差1m以内なら残り距離の小数点以下2桁を見て(ここでは33cm)、それを3分の1にした値を出し(ここでは11cmとなる)、その数字から小数点を左に1個ずらす。

よって、「パワーゲージでは1.1m強く打つ」ことで高低差が読めた。
これを知っていれば著しいパットミスは結構減った感じ。

s-ゴルパラ 第5回(22)
ロマリオが悔しがっている・・・

s-ゴルパラ 第5回(23)
そこに以前仲間にしたあの老人が出現・・・

s-ゴルパラ 第5回(24)
素直で、楽しくプレーすることがやはり上達への近道、と彼は語る。

s-ゴルパラ 第5回(25)
次回から・・・ツアープロ編が始まる。

自作ルール「ポイントターニー改」@みんなのゴルフ6、レガシー(テストプレー)

みんなのGOLFシリーズ(5・6)
11 /07 2015
最近は新しいゴルフゲームのルールを考えているのにもはまってます。
その中で思いついたのが「ポイントターニー改」。各ホールでのスコアはポイント(みんゴルのショットポイントとは違います)に換算される。



大きな特徴なのが、「パー、パー」で回るよりも「ボギー、バーディ」で回った方が高得点になるというもの。

そこで、以下のような配点形式をベースにした。
バーディ・・・7点
パー・・・・・4点
ボギー・・・・2点
ダブルボギー・1点
(トリプルボギー以上が確定した場合は、そのホールは点数なし)

さらに、バーディ以内は、難しいホール(筆者の経験や独自の判定にもなりますが…)ほど大きな得点を得ることが出来る。ロングチップインなどは大逆転が起きる可能性もあり、徹底して狙いたいところ。
同じバーディでも、やさしいホールとそうでないホールで取れたのは違う、という捉えとして、【バーディ以内の価値】を重点に置いたルールだ。

今回、そのルールを、みんなのゴルフ6を使用してテストプレーを敢行した。
ステージは同作の最難関コース、レガシーオブゴルフリンクス(RT、18HR)。
出場者は10人。(初級2人、中級ランク以降は4人ずつ)

配点表は以下の通り。
mngl6_point-tn_lg (1)
基本的に、上で述べたようにバーディが7点だが、バーディを取るのが難しいホールは配点が高くなっている。

やはりレガシーの8番は横幅のないグリーンなので、横風が吹くと凶悪な難しさになるので10点とした。


mngl6_point-tn_lg (2)
今回10人のキャラでやったが、平均的なスコアは12~13アンダーくらい。

mngl6_point-tn_lg (3)
しかしエリカは大苦戦をしていた模様…

mngl6_point-tn_lg (4)
グレース、クルクルチップでイーグル!一気に点数を稼ぐ

mngl6_point-tn_lg (5)
レガシーの18番は左側にピンが立つとたちまちイーグルがとりにくい。ショットがぶれたりしてこんな所に止まってしまうと、途中にラフを挟む悪夢のようなパットが…

mngl6_point-tn_lg (6)
孤島の島グリーンを目指す4番。ここではセカンドの際に邪魔な木をかわせるかがカギ。サイドスピンも重要。

mngl6_point-tn_lg (7)
クロ、難関9番をイーグルで制す!

mngl6_point-tn_lg (8)
8番。ハイレベルな寄せ合戦。

mngl6_point-tn_lg (10)
ユウナでのプレーではロングチップインホーミングが5番で出た。
ホーミング4回、やはりこれは気持ちいい!

mngl6_point-tn_lg (11)
筆者の得意戦法として、18番では2打目を一気に攻めるという手もある。しかしこれは失敗に終わりやすく、しかも窪地バンカーのせいでアンプレイアブルとなる危険もある。



10人中6人が、13アンダー以内のスコアを記録。

mngl6_point-tn_lg (12)
前半だけで10アンダー、チャン。

mngl6_point-tn_lg (13)
グレースはチップインイーグル付きの16アンダー。

mngl6_point-tn_lg (14)
中盤で苦戦するも、その他は安定のアイザック。

mngl6_point-tn_lg (15)
最後は雪に泣かされた片山晋呉プロ

mngl6_point-tn_lg (16)
出場者の中で唯一のオールバーディペース、18アンダーのシャオリン!

mngl6_point-tn_lg (17)
9番ホール以外はそれなりにまとまったキトゥン!

これにて、集計終了!


mngl6_point-tn_lg (18)
初級ランクの2人。ユウナは116点、チャンは126点。

mngl6_point-tn_lg (20)
中級ランク、エッジ110点、エリカ93点、グレース128点、クロ127点。

mngl6_point-tn_lg (19)
上級ランク、アイザック122点、片山プロ119点、シャオリン141点、キトゥン126点。

優勝は・・・141点(-18)を記録したシャオリン!!

準優勝、128点(-16)のグレース!
3位、127点(-12)のクロ!
4位、126点(-14)、キトゥン!
5位、126点(-13)、チャン!
6位、122点(-15)、アイザック!
7位、119点(-13)、片山晋呉プロ!
8位、116点(-12)、ユウナ!
9位、110点(-11)、エッジ!
10位、93点(-3)、エリカ!

まさかのシャオリン優勝!そして最下位がこれまたまさか、エリカに…
スコアは劣勢でも、ロングチップインや難ホールでのイーグルで上位に食い込んだキャラもいた。

…ということで、今回のテストプレイは終了。

みんなのGOLF1をプレー 第12回 - ひとひねり効いたベットモードで派手な試合を

みんなのGOLFシリーズ(初代1・2)
11 /05 2015
前回、第11回のときにベットモードを使って4人プレーをした。
(厳密には1人4キャラ操作だが・・・)

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (2)
今回はベットモードの中でも派手な「ラスベガス」「ヘビ」「ピンポンパン」を使用した。
(「ラスベガス」のベットモードは、説明書を見てもかなり独自な計算方式でベットポイントが動くので、どうなるか全然分からない・・・)

設定はラスベガスを5、ピンポンパンとヘビを3にして開始。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (1)
出場者、マリナ・ユキ・スタッド・アイスマン。誰が勝つのか!

コースはトリッキーな「ベガスデザートCC」
バンカーの多いコースである。「ヘビ」のベットポイントは、

・誰かが3パットする
・OB入り
・ハザード入りする

たびに、ポイントが積み上げられ、最後にこの3つの中からどれかを行ったプレーヤーが、積み上げられたポイントを他の相手に渡すというもの。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (3)
5番ホールまでの動き。ユキとアイスマンが先を走っている。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (4)
6番、439y パー5。
ここは距離が短めなのでイーグル狙い。しかしせり出すラフや盛り上がっている起伏(2ndショットがぶつかりやすい)、木には注意。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (5)
スタッドがイーグル!

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (6)
だが、スコアで差が付けられているマリナがラスベガスの項目で大量得点!
それにしてもこのラスベガスはかなり派手な計算方法だよね・・・(理解不能 ^^;)

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (7)
8番、アイスマンが飛ばす。ドロー+フックで邪魔な木もなんのそのの2オン。
残念ながらイーグルには及ばず。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (8)
9番では雨となる。全員ショートカットするも、パットに苦しむもの多数。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (9)
9番までのスコア途中経過

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (10)
10番も雨、しかも8mの横風。この狭いフェアウェイを綿密に読んで捉える

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (11)
グリーンの右側が強いドーム式になっている10番グリーン。
マリナがとりわけ苦戦し3パットのボギー。ここで「ヘビ」のベットポイントを背負う。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (12)
14番。谷越えの超ロング。追い風があったが、斜め下スピンを駆使しても2オンには至らず。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (13)
15番。200y台のパー4。アイスマンが一気に狙って行くも、残り17yのラフで止まる。
やはりフォローがないと厳しそうだ。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (14)
16番、やや手ごわいグリーンを相手にしつつ、ピン寄せ合戦!
スタッドが2打目にてバンカーに入れたため、「ヘビ」のベットポイントを背負うことに。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (15)
18番、ラフからスピンを使い上手くリカバリーしたアイスマンがイーグル!

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (16)
最終スコア、打数部門での優勝はアイスマン!
スコアはここまでの自己ベストである15アンダー。
JI率も結構高く、肝心な場面でアプローチを決めることができた。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (17)
つづいてベット部門での優勝はなんと、マリナ!!
しかも他の三人にこれでもかと差をつけてでのポイント獲得となっていた。
ヘビを背負ったのはスタッドだった。

みんゴル1 プレイ日記 第12回 (18)
アイスマンが2位に4打差!
そしてベガスで15アンダーも取れたので、少し満足できた。ここから如何にスコアを伸ばせるか・・・。
これにて今回のプレイレポートは終了。

架空みんなのゴルフ 第5回大会(2015晩秋)~これぞここまでのゴルフゲームの総まとめ!?

架空みんなのゴルフ(自主想像での作成企画)
11 /04 2015
※この「みんなのゴルフ」は架空のものです。
わたくし、しゅんY12がゴルフゲームファンなのでこういう記事を考えたのです。
そのため実際にはもちろんありません。ご了承下さい。


育成要素があるという、本家のみんゴル「Newみんなのゴルフ(2016年発売予定)」の発表に伴い、今回の「架空みんごる」はシステムの大リニューアルを敢行。

ただしベースとなるのは「みんゴル6」。そこにマイナーチェンジを加えた感じである。

続きを読む

【パークゴルフ】3年ぶりのルルマップ!芝の密度も良くなっている

パークゴルフ(2015-2016)
11 /03 2015
今日は、空知管内岩見沢のみんパゴメンバーさん(その人はJALカップ優勝・上位常連者である)との合同ラウンドで恵庭のるるまっぷパークゴルフコースを回った。夏・秋コースの36HR。

当日、体調は万全かやや心配だったが、無事に36まわることができた。
肌寒い一日でもあった。

以前、とある理由および提案により、るるまっぷパークゴルフコースの責任者との面談をすることができたのである。
その感謝もかねて・・・だったのであるが、その方はコースには姿を現さなかったようだ。

→るるまっぷパークゴルフコース紹介はこちら
(※上のリンクは3年前当時の状況なので、現在は植栽が増えているなどの改良が施されています)




s-DSC07144.jpg
本格的な紅葉・・・恵庭のはずれ。高速道路も奥に見えた。
3年前の当時の印象と同じく、ラフは浅めになっている。しかしヘビーラフがいくつかあり、ショットミスを誘っていた。

s-DSC07147.jpg
Eコース4番。
距離が短いが、植栽が追加されるというリニューアルがされた。またその植栽周辺のラフも、深めだ。
現在習得中のロブショットなどの空中系ショットでいこうとするも、なぜか飛距離が出ない。
中央のラフに勢いを殺がれてしまう。

s-るるまっぷ151103
最終スコアは28-32-29-31と、121打。

上のは「みんパゴ」のスコア入力画面。わかりやすくするように、4打だったところは緑に、2打でクリアできていたら赤くして編集してある。

花夢里やメイプル、恵庭中央などの難コースがひしめいている恵庭だが、るるまっぷは別。
るるまっぷは傾斜などの意味では比較的やさしめに感じる。
ただフェアウェイは走りやすく、また夏コースはロング中心。ラフは一部を除き深くなかった。

一緒に回ったメンバーから技術・コースなどについてスタートハウス内で語り合ったりもした。



実は同日に、るるまっぷPGの近くにあるメイプルパークゴルフコースで、12人くらいの「みんパゴメンバー」がいた。
メイプルでのラウンドだった。筆者一行が来た頃にはちょうど昼休み時間だった。

長沼や千歳、札幌などのメンバーとも話し合って、柿をもらったりもした。

本当はもう18HRくらいするかもしれなかったが、筆者が持っている「生まれつきの障害」を考慮し、途中で疲れたりしないよう、ここで切り上げにした。
メンバーたちとは楽しく話し合い、またの再会を楽しみにするのであった。

そして、
帰り2時・・・わずかながら陽も傾いてきた。思えばもう11月である。
冬至の時は3時のころからもう夕方だから・・・。


今年は結構やり切った気がする。
親のドライブがうまくいったり、日曜日によく晴れたりして、いろんなコースを調査することができたからである。
今年のパークの終わりも見えてきている。

【パークゴルフ】7ヶ月ぶりの、ローンスケープ輪厚との勝負

パークゴルフ(2015-2016)
11 /01 2015
秋口、今日から11月・・・
クローズしたパークゴルフコースも出てきた。
寒くなったので、行ける場所は限られてくるのである。

通称ロンスケ、国道36号沿いの「ローンスケープ輪厚」のコースをいかに寒空のなか攻められるのか・・・
今年は4月12日にも行っていた。しかし、冬から春になるのととは、秋から冬になるのでは、体感温度は違う気がする。

今日はやや気力が抜け気味だったので、意外に苦戦をさせられた。

→ローンスケープ コース考察記事(4年前のコース調査)
→7ヶ月前のプレイ記録はこちら

出だしのA-1番、いきなりのトリプルボギー・・・
このコースのグリーンはベント芝を使用。
パッティングのセンスが非常に問われる。だからこそ、「繊細なタッチ」を手に入れたい。
(こうすれば「恵庭花夢里パーク 里&恵庭岳コース」の超高速グリーンにも対応できるのでうれしい)

ロンスケ151101 (2)
打ち上げのA-7番、黄色、赤になっていく樹木群・・・

ロンスケ151101 (1)
歩いていると、「まるで絨毯のようだ」と感じるこのグリーン。

Aコースはイーブンパーの33で上がるのがやっとだった。
グリーンの芝生の種類、状態でも、転がるラインを知らないと、改めてここを攻略できないと思わされた。
ただ単に理論云々では攻めきれないパークの世界・・・

前半18Hでは2打で上がったホールがひとつもない。
秋口の少し易しくなったラフがあるが、これが結構厳しい。

ローンスケープ結果151101 (1)
18H終えて、また気分を変えていく。
風がやや寒かった。しかし日差しはあったかくて曖昧だった。

Cの5番でやっと2打であがれた。
皮肉にも疲れやすい筆者、後半は例によって体力を消耗・・・
しかし全ホールを終えたら「やりきった」感があるのもまた事実。

ローンスケープ結果151101 (2)
結果、3つのホールを2打で上がる事が出来た。
今回のラウンドは125打。前回のプレイと比べて+10打。
大抵のパットを1~2打でクリアしていれば更なるマイスコアが樹立されていたに違いない・・・

ちょっと今回は気力で悪かった分、10打プラスされた結果だった気がした。
今年、残り少ないラウンドを制していきたい。

しゅんY12

北海道空知管内の某所にて出身。
小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたような、
クラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。

私のブログではパークゴルフ場の紹介(北海道道央中心)を
することがメインとなっています^^

他、ゴルフゲーム/レースゲーム/クリエイト系ゲーム。
たまーに任天堂系。(マリオ、ポケモン、カービィ)
そして、「The Golf Club」や「エンジョイゴルフ」で自作のゴルフコースを創ることが趣味。