FC2ブログ

山形県酒田市・酒田八森パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道外)
05 /30 2015
※この記事は東北の『みんパゴ』メンバーさんから画像提供およびコースに対するコメントなどをいただき、完成させた記事です。
私が山形県に出向いたわけではありません。画像を提供してくださった方、誠にありがとうございます。




s-酒田八森パークゴルフ場 (1)
A-1 95m/par5

s-酒田八森パークゴルフ場 (2)
A-2 50m/par4
左OBゾーン、右傾斜OBあり

s-酒田八森パークゴルフ場 (3)
A-5 27m/par3
山越えのホール

s-酒田八森パークゴルフ場 (4)
A-8 55m/par4
打ち下ろしでなおかつ、フェアウェイが山なりになっている

s-酒田八森パークゴルフ場 (5)
A-9 35m/par3
バックには鳥海山も見える。

s-酒田八森パークゴルフ場 (7)
B-2 42m/par3
打ち下ろしであり、グリーンは奥の木陰。奥はOB

s-酒田八森パークゴルフ場 (8)
B-3 26m/par3
急激な二段打ち下ろし。左右はOBだ

s-酒田八森パークゴルフ場 (9)
B-4 51m/par4
右ドッグレッグ。カップは建物の影。真正面はOBライン。

s-酒田八森パークゴルフ場 (10)
B-7 67m/par5
左ドッグレッグ。フェアウェイは狭い上に右OB。左側に固定障害物

s-酒田八森パークゴルフ場 (11)
B-8 24m/par3
大きな打ち上げ。ピンに寄せようと弱く打つと下まで落ちてくる

s-酒田八森パークゴルフ場 (12)
B-9 63m/par4
フェアウェイが右に傾斜。ネット際に吸い込まれOBになりやすい

スポンサーサイト



栗山町・栗山ダムパークゴルフコース

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /29 2015
北海道空知支庁の南部にある栗山町は栗山ダムのふもとにあるパークゴルフ場。
最初は18ホールだったが、2002年に27ホールになり、2013年にはDコースが追加され36ホールになっていった。

s-栗山ダム2015春 (1)

s-栗山ダム2015春 (2)
↑コースレイアウト


●コース紹介(2012年8月&2015年5月撮影)

s-DSC02511.jpg
A-3 68m par4
ダムのふもとに向かって打ち下ろす、右曲がりのホール。OBのネットやバンカーに注意。



s-DSC02513.jpg
A-5 55m/par4
やや右に曲がる、バンカーがコーナー内側にある。


s-DSC02514.jpg
A-6 45m/par3
見えづらいが、実際はグリーンが盛り上がっている。アプローチ・パットの両面で難しい。


s-DSC02515.jpg
A-8 67m par4
打ち上げのきついホール。雨の日などでは苦労しそうだ。


栗山ダムパークゴルフコース 栗山町 空知 北海道
B-2 50m par3
グリーン手前でやや右に曲がる打ち下ろしホール。コースはやや左傾斜がかかっており、グリーン左のバンカーにまっしぐら、というケースが多い。


s-DSC02518.jpg
B-3 70m par4
左傾斜が走っている、難易度の高いミドルホール。



s-DSC02519.jpg
B-4 30m par3
打ち上げのパー3。グリーン奥はU字型のバンカーが取り囲む。



s-DSC02521.jpg
B-8 60m par4
栗山町の蝶、オオムラサキをかたどったバンカーが右手にある。



s-DSC02524.jpg
C-3 75m par4
長いパー4、左にはOB。コースも狭めで木やバンカーもある難ホール。



s-DSC02525.jpg
C-7 55m par4
右ドッグレッグのミドルホール。コーナー内側にバンカーがあり、コーナー付近は外に逃げる傾斜。刻むにしてもフェアウェイキープの難しいホールだ。ワンオンを狙う際も、傾斜に注意を。


s-DSC02526.jpg
C-8 50m par4
コースが比較的狭く木もある。コントロールが問われる。


s-栗山ダム2015春 (4)
D-2 81m/par4
ダム方面に向かって打って行くロングパー4。


s-栗山ダム2015春 (5)
D-4 100m/par5
100mのホールだ。山なりになったフェアウェイを一気に超えていき、グリーンへ。


s-栗山ダム2015春 (6)
D-9 45m/par4
最終ホールは、左に曲がって攻めるホール。
ショートカットする際はラフ越えになり、なおかつ、左にOBがあるため
OBに飲み込まれやすくなるというリスクが出てくる。

どうなる!?みんなのGOLF 次作大予想!(2015年5月時点。予想は大外れですね…w)

架空みんなのゴルフ(自主想像での作成企画)
05 /28 2015
(最終修正・訂正日 2015/5/28)

みんGOL.netにも書かれてますが、昨年秋、みんごる最新作のPVが出てきました。
そこには「オープンワールドエンターテイメント」みたいなことが有りました。
みんなのゴルフ場を除けば、次で記念すべきシリーズ第10作目になる。

ゴルフゲーム歴14年の名に懸けて、がっちり予想してみます。
※この記事はあくまでも、私自身の予想(空想)であります。
当然ですが悪質コメントは禁止します。真に受けないでくださいね。
また2015年5月当時の予想であります。


次作(みんごる7?)の予想をしていきましょう。

まず、総合難易度を下げる。6で多発した難コースを減らす。
ハーベスト15番、プロヴァンス14番、レガシー9番のような理不尽なグリーンを無くす。障害物も減らす。
コースの起伏等を減らす代わりに、真のエンディング後、フルバックティー(トーナメントティー)を出現させる。
(つまりシナリオクリアまでは誰でも到達できるようにする)

では早速、キャラとモードを紹介していきましょう。

キャラの能力について
ここでは1W飛距離(スタンダード)をヤード、その他能力を1~150で現します。
E:1~29(スピン能力がEのときは低弾道)
D:30~54
C:55~79
B:80~104
A:105~129(スピン能力はA以上だと高弾道)
S:130~150

【選手紹介】合計18人+エンディング後に6人が登場

初級ランク:6人
No.1 シホリ(女性主人公、最初から使える)
関東地方に住むゴルフ部の高校生。17歳。インパクトゾーンの広さはトップクラス。アプローチが得意。
1W飛距離:232y
イ ン パ ク ト:125
コントロール:77
ス  ピ  ン:53
サイドスピン:95
弾道:ストレート
得意:アプローチ/苦手:なし/パワー回数:7

No.2 ノブヒト(男性主人公、最初から使える)
四国地方出身の大学生。19歳。ラフとアプローチが得意。
1W飛距離:235y
イ ン パ ク ト:115
コントロール:72
ス  ピ  ン:50
サイドスピン:78
弾道:ストレート
得意:ラフ・アプローチ/苦手:なし/パワー回数:8

No.3 セレーア(条件:チャレンジモード1-3クリア)
南フランス出身のおしとやかで清楚な女の子。16歳。コントロールタイプ。
1W飛距離:231y
イ ン パ ク ト:115
コントロール:112
ス  ピ  ン:50
サイドスピン:68
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:なし/パワー回数:6

No.4 トロ(条件:チャレンジモード1-6クリア) SCE名物キャラ
井上寿司出身のネコ。いっしょシリーズに登場。スピンが得意。
1W飛距離:229y
イ ン パ ク ト:115
コントロール:69
ス  ピ  ン:106
サイドスピン:70
弾道:ストレート
得意:アプローチ・ラフ/苦手:なし/パワー回数:7

No.5 スズキ(条件:チャレンジモード2-3クリア) シリーズ常連キャラ
みんゴル協会会長。スピンとバンカーが得意。
1W飛距離:238y
イ ン パ ク ト:110
コントロール:50
ス  ピ  ン:110
サイドスピン:55
弾道:フェード
得意:バンカー/苦手:なし/パワー回数:7

No.6 ユキ(条件:チャレンジモード2-6クリア) 1からの続投
1ではとてもバランスが高いキャラだった。今回も、安定感の高さを見せる。
1W飛距離:236y
イ ン パ ク ト:105
コントロール:80
ス  ピ  ン:82
サイドスピン:48
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:なし/パワー回数:7


中級ランク:6人
No.7 ショウキ(条件:チャレンジモード3-3クリア)
北海道(道東某所)の酪農業一家の息子である。22歳。その傍らゴルフにも挑んでいる。
1W飛距離:246y
イ ン パ ク ト:85
コントロール:80
ス  ピ  ン:75
サイドスピン:65
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:なし/パワー回数:7

No.8 アーサー(条件:チャレンジモード3-6クリア) 3からの続投
2に登場したチャールズの孫。ラフが得意。
1W飛距離:246y
イ ン パ ク ト:85
コントロール:97
ス  ピ  ン:55
サイドスピン:63
弾道:ドロー
得意:ラフ/苦手:なし/パワー回数:7

No.9 イクミ(条件:チャレンジモード4-3クリア)
九州南部に住む25歳。女漁師。パワーがある。ただしラフが苦手。
1W飛距離:254y
イ ン パ ク ト:80
コントロール:64
ス  ピ  ン:64
サイドスピン:62
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:ラフ/パワー回数:8

No.10 キャサリン(条件:チャレンジモード4-6クリア)ポータブル1からの続投
舞台女優。オールラウンドタイプだが、雨が苦手。
1W飛距離:249y
イ ン パ ク ト:80
コントロール:70
ス  ピ  ン:70
サイドスピン:70
弾道:ストレート
得意:アプローチ/苦手:悪天候/パワー回数:7

No.11 アマンダ(条件:チャレンジモード5-3クリア)
成長途中の若手株。27歳。アメリカ出身。曲げが得意。
1W飛距離:250y
イ ン パ ク ト:75
コントロール:65
ス  ピ  ン:62
サイドスピン:108
弾道:ドロー
得意:アプローチ/苦手:なし/パワー回数:7

No.12 ヤマト(条件:チャレンジモード5-6クリア)6からの続投
猛練習の末、進化を遂げることが出来た前作の初期キャラ。中級ランクのトリを務める。
1W飛距離:252y
イ ン パ ク ト:75
コントロール:63
ス  ピ  ン:88
サイドスピン:49
弾道:フェード
得意:アプローチ/苦手:なし/パワー回数:8

上級ランク:6人
No.13 クリモト(条件:チャレンジモード6-3クリア)
かつて警察官だった、52歳。体格がよく涙もろい。とても真っ直ぐな性格でサイドスピンが苦手だがスピンとバンカーは得意。
1W飛距離:260y
イ ン パ ク ト:58
コントロール:52
ス  ピ  ン:100
サイドスピン:20
弾道:ストレート
得意:バンカー/苦手:なし/パワー回数:8

No.14 グレース (条件:チャレンジモード6-6クリア)6からの続投
前作の中級ランクからの成り上がり。オーストラリア出身。コントロールはやや悪いが、ラフに強い。
1W飛距離:260y
イ ン パ ク ト:55
コントロール:50
ス  ピ  ン:75
サイドスピン:70
弾道:フェード
得意:ラフ/苦手:なし/パワー回数:8

No.15 ロイバルト (条件:チャレンジモード7-3クリア)
ヨーロッパの賞金稼ぎ。34歳。ダンディな性格。
1W飛距離:262y
イ ン パ ク ト:52
コントロール:88
ス  ピ  ン:62
サイドスピン:87
弾道:ドロー
得意:アプローチ/苦手:なし/パワー回数:7

No.16 ティアナ (条件:チャレンジモード7-6クリア)5からの続投
ミステリアスなお姉さん。屈指のコントロールを誇り、弱点であるラフもあまり気にしない。
1W飛距離:259y
イ ン パ ク ト:52
コントロール:133
ス  ピ  ン:51
サイドスピン:83
弾道:ストレート
得意:アプローチ/苦手:ラフ/パワー回数:6

No.17 グランディア(条件:チャレンジモード8-3クリア)
上級ランクきっての飛ばし屋。39歳。コントロールはかなり悪い。おおらかな性格で好評を博している。パワーショット回数も多い。
1W飛距離:269y
イ ン パ ク ト:50
コントロール:22
ス  ピ  ン:88
サイドスピン:60
弾道:ドロー
得意:ラフ/苦手:なし/パワー回数:9

No.18 ルーシー(条件:チャレンジモード8-6クリア)
ハワイの英雄、アスリートウーマン。28歳。陸上を中心とした屈指の身体能力。ゴルフでも、その腕前をいかんなく見せ付ける。
1W飛距離:264y
イ ン パ ク ト:47
コントロール:83
ス  ピ  ン:80
サイドスピン:80
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:なし/パワー回数:8

ルーシーに勝つと1回目のエンディング

スペシャルランク:6人
チャレンジモードで初回エンディングを見たプレイヤー・・・






しかし
新たなライバルの登場・・・

以下の5人は過去のみんゴルを彩った『ビッグ・ファイブ(ポケモンでたとえるなら四天王)』と言われる。

No.19 ニーナ(条件:チャレンジモード9-1クリア) 4からの続投
4のVSモード終盤に登場。トップクラスのコントロールの持ち主。IQ180の知性を誇る教師風の女性。
1W飛距離:262y
イ ン パ ク ト:44
コントロール:145
ス  ピ  ン:98
サイドスピン:78
弾道:フェード
得意:アプローチ/苦手:ラフ/パワー回数:6

No.20 クーガー(条件:チャレンジモード9-2クリア) 2からの続投
2・4のVS終盤を飾る金髪のナイスガイ。悪天候に弱いことで有名だが、低弾道の正確で力強いドローボールが持ち味。
1W飛距離:271y
イ ン パ ク ト:40
コントロール:121
ス  ピ  ン:27
サイドスピン:102
弾道:ドロー
得意:なし/苦手:悪天候/パワー回数:9

No.21 ローズ(条件:チャレンジモード9-3クリア) 3からの続投
3のラスボス。フランスが誇るゴルフクイーン。総合能力が高いが、インパクトの狭さとサイドスピンが苦手。また、ラフ・バンカーも苦手。
1W飛距離:268y
イ ン パ ク ト:38
コントロール:101
ス  ピ  ン:101
サイドスピン:30
弾道:ストレート
得意:なし/苦手:ラフ・バンカー/パワー回数:6

No.22 アイスマン(条件:チャレンジモード9-4クリア) 1からの続投
1のラスボス。飛距離とスピンの高さが特徴。
1W飛距離:271y
イ ン パ ク ト:36
コントロール:45
ス  ピ  ン:109
サイドスピン:80
弾道:ドロー
得意:なし/苦手:なし/パワー回数:8

No.23 ブライアン(条件:チャレンジモード9-5クリア) ポータブル2からの続投
ポータブル2のラスボス。スピンが得意なフェードヒッター。ラフが苦手でバンカーが得意。
1W飛距離:268y
イ ン パ ク ト:34
コントロール:95
ス  ピ  ン:99
サイドスピン:91
弾道:フェード
得意:バンカー/苦手:ラフ/パワー回数:8

そして上の5人に勝利すると、チャンピオンが出現!

No.24 グロリア(条件:チャレンジモード9-6クリア) シリーズ常連キャラ
初登場から14年。ついにチャンピオンの座に就いた。指折りのコントロールが最大の特徴。バンカーは苦手だが、屈指のポテンシャルを誇るのは間違いない。
1W飛距離:267y
イ ン パ ク ト:34
コントロール:128
ス  ピ  ン:80
サイドスピン:63
弾道:ストレート
得意:アプローチ/苦手:バンカー/パワー回数:7

グロリアに勝つと2回目(真の)エンディング。1回目EDより登場する画像が違っている。

(※キャディは割愛します)

【コース紹介】
通常コース9面。ショートコース2面(各9ホール)。パットゴルフコース2面(各9ホール)。

1.フラワーランドゴルフガーデン 全長6300y(レギュラーティーの場合。パーはすべて72)
広いフェアウェイ、風車(※動きません)、花畑などが特徴的なコース。

2.グリーンカントリークラブ 全長6500y 1からの続投
1に登場した最初のコース。緑に囲まれたフェアウェイのコース。フェアウェイがフラワーランドと比べ狭くなっている。

3.シティパークカントリークラブ 全長6700y
ポータブル2のセントラルゴルフスクエアのような市街地系コース。トリッキーなレイアウトが増えている。

4.コバルトアイランドゴルフリゾート 全長6900y
リゾートコース。一部に海越えのホールもある。

5.ゴールデンデザートゴルフコース 全長7050y ポータブル1からの続投
とある資産家によって私財を投じて砂漠の地に作り上げられた難コース。

6.パープルアルペンゴルフマウンテン 全長7100y
5のシルバーピークスのような雪山コース。アップダウンが厳しい。

7.キャッスルクラシックゴルフリンクス 全長7100y
英国の名門リンクスコース。バンカーは蛸壺のごとく深く、ラフも厳しくなっている。

8.パレスフォレストゴルフコース 全長7150y
宮殿の庭の由緒正しき林間コース。要するにオーガスタナショナル風。

9.ワンダーランドカントリークラブ 全長7450y 4からの続投
真のエンディングを見ると登場。4の同名コースのマイナーチェンジ版。遊園地に隣接した最強の難コース。

ショートコースは各9ホールのコースがふたつ。パットゴルフは初級と上級の2コース。

【段位詳細】
初期状態では10級からスタート。その後1級を卒業したら初段となる。九段まで上がれば、後は最高ランクの名人だけとなる。

下が段位認定スコアである(コース1の場合)。
10級:+10
9級:+8
8級:+6
7級:+4
6級:+2
5級:±0
4級:-1
3級:-3
2級:-4
1級:-6
初段:-7
二段:-9
三段:-10
四段:-12
五段:-13
六段:-15
七段:-16
八段:-18
九段:-19
名人:-21

【モード紹介】
・1人用
チャレンジモード
大会に出場し、ライバルとの対戦を繰り広げながらチャンピオンを目指すシナリオモード。各レベルは6ステージで構成されている。ステージ3・6はマッチプレイでライバルと対戦。
チャレンジモードの難易度はノーマル・イージー・ウルトライージー(イージーで3連敗すると登場)の3種類から選べる。ウルトライージーならダブルボギー、トリプルボギーでも楽に勝てる。
またプレイに疲れた・面倒という方のために、「代打モード(Bスペック)」も可能である。

【チャレンジモード詳細】
みんゴル次作予想チャレンジモード (1)
レベル1 ビギナーランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (2)
レベル2 アマチュアランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (3)
レベル3 セミプロランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (4)
レベル4 プロランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (5)
レベル5 トッププロランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (6)
レベル6 ブロンズランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (7)
レベル7 シルバーランク

みんゴル次作予想チャレンジモード (8)
レベル8 ゴールドランク(この面をクリアすればエンディング)

みんゴル次作予想チャレンジモード (9)
レベル9 プラチナランク(全員を倒すと真のエンディング)


ストローク
自由にコースをラウンド。マイベストの更新が目標でもある。
・いつものストローク
・激ムズピンストローク
・クラブ制限ストローク
・嵐大会ストローク
・弱風デカ×2カップストローク
以上の、5カテゴリーから選択できる。
記録はレギュラーティ・バックティ・フルバックティー/カテゴリー別に分けられて出る。

タイムアタック
何打で上がったかではなく、何秒で上がったかが勝負の分かれ目。要するにマリオゴルフ系列のスピードゴルフである。

トレーニング
練習用モード。天候、風力の変化も自由自在。

コースクリエイト
Minecraftやリトルビッグプラネットから参考にした。コースを自由に作れる。起伏を盛り上げたり、バンカーや池の配置も自由自在。また、コースの自動生成が出来る。グリーンの起伏もおまかせ生成できる。作ったコースは全員に公開/フレンドのみに公開/自分だけに公開の三種類から選択できる。

ゴルファーマスターへの道(隠しモード)
カービィの「格闘王への道」を参考にした。チャレンジモード完全制覇(グロリア撃破)で登場するモード。3ホールのマッチプレイで連続でライバルと対戦。ルールは後述。

ライバルたちの逆襲(隠しモード)
チャレンジモード完全制覇で登場するモード。2、3、4、6にも登場したいわゆる裏VSモード。6ホールのマッチプレイで対戦する。相手は裏キャラとなっており、コスプレ服を着ておりかなり手ごわい。
難易度はノーマル・イージー・ウルトライージー(チャレンジモード含み、イージーで3連敗すると登場)の3種類から選べる。

真・ゴルファーマスターへの道(隠しモード)
カービィの「真・格闘王への道」を参考にした。「ゴルファーマスターへの道」で全勝し、「ライバルたちの逆襲」を完全制覇すると登場するモード。3ホールのマッチプレイで連続でコスプレ版ライバルと対戦。ルールは後述。

・2~4人用
ストローク、マッチプレイ(二人限定)、スキンズマッチ、2ボールフォアサム(四人用、ストロークorマッチプレイ)など。
オンライン関係は割愛します。

【ゴルファーマスターへの道 ルール紹介】
3ホールのマッチプレイでライバルたちと連続対戦するモードである。
使うティーはレギュラーティー。なお対戦するコースは完全ランダムだ。

1~3回戦:初級6人の中からランダム3人(同じ相手は選ばれない)
4~6回戦:中級6人の中からランダム3人(同上)
7~9回戦:上級6人の中からランダム3人(同上)
10~15回戦:スペシャルランク、ニーナから順番に対戦。

15人中何人に勝てたかを競う。途中で負けてもプレイ終了にはならない。
「真・ゴルファーマスターへの道」では、対戦相手が裏キャラになっておりかなり手ごわい。
さらにバックティーを使う。

最後までご覧いただきありがとうございました。
いいね、なるほどなどと思ってくださいましたら、下の拍手を押してくださるとうれしいです。

【パークゴルフ】メイプルPGコースでラウンド。上げ球にも挑戦

パークゴルフ(2015-2016)
05 /24 2015
『みんパゴ』メンバーの数人と、
恵庭の、メイプルパークゴルフ場でラウンドした。

稚内のときと比べ、格段に芝がよくなっておりプレイする喜びも大いにある。
(稚内は稚内なりにとてもよかったが・・・)


メイプルPGC 2015春 (3)
メイプルパークゴルフコース。
それはパークゴルフコースの女王様、なのかもしれない。
咲き誇る花や整備された芝、広くて速いグリーンを早期段階で導入した。
まるでゴルフの名門、オーガスタナショナルGCにも通じるものがある。



メイプルPGC 2015春 (2)
ツツジ咲くC-3番ホール

メイプルPGC 2015春 (5)
右がOBで打ち下ろして登るD-4番。99m

メイプルPGC 2015春 (7)
B-9番グリーン

前半は思ったより芝が転がりにくかった。
これを読みきれずAコースは意外と叩く。Bでは26で、なんとか18HR60を切れた。

メイプルPGC 2015春 (4)
Eコースのグリーンは起伏がきつく広い。
このような「スネークライン」になることもある

Cコース以降、すなわちサクラコースは、ロングショットの精度勝負となる
ホールが多い。ただカエデコースABより稼ぎやすく気持ちいいホールが多い。
D-9で痛恨のOB。

Eコースは距離の有るドッグレッグや起伏のきついグリーンに苦しめられ、
総合して苦戦。32打となった。

メイプルPGC 2015春 (6)
ショットのさい、指に爪がまれに引っかかることもあって
すりむけてしまう。それの、対策としてグローブを購入した。男性用、Lサイズ。

メイプルPGC 2015春 (1)
最終結果。
Aから順に33,26,28,29,32。
トータル148打(Par165)となったのであった。

実はこのラウンド(45H)の後に、ライナー打ちやロブショットの練習のため
Bコースをもう一度回った。それで終了した。
やはり、空中系ショットを使えると半端ないくらい快感です。

【パークゴルフ稚内遠征'15 後編】宗谷の荒天を見届け、雨風の中ラストラウンド!

パークゴルフ(2015-2016)
05 /23 2015
●パークゴルフ 稚内遠征2015関連
→ 稚内遠征前編(1日目)
→ ノシャップ岬公園パークゴルフ場紹介



ぐっすり眠り込み、その後、翌朝6時前起床。

そして始まった2日目。
(モーニングコールは6時過ぎにセットしていたため早く起きた)
最北の地へ・・・いざ、出陣!

朝6時の稚内は8℃。かなり寒い。

s-稚内遠征2015後編 (2)
廊下を行ってレストランへ・・・

s-稚内遠征2015後編 (3)
海の幸系バイキング。すごく幸せな気分♪
イクラ、マグロ、鮭わかめご飯、甘エビ。塩辛・・・

s-稚内遠征2015後編 (4)
そしてホテルを後にして、宗谷岬行きのバスに乗る。旭川まで250km・・・

s-稚内遠征2015後編 (5)
荒涼とした海岸・・・

s-稚内遠征2015後編 (6)
笹が多い・・・

s-稚内遠征2015後編 (7)
雲行きが怪しい

s-稚内遠征2015後編 (8)
なんか全英オープンゴルフみたいなリンクスかな・・・

s-稚内遠征2015後編 (9)
ついに、たどり着いた日本最北端。6℃しかないようだ・・・

s-稚内遠征2015後編 (10)
宗谷岬周辺


s-稚内遠征2015後編 (11)
間宮林蔵

s-稚内遠征2015後編 (12)
これが・・・北の果て!
雨風も強くなってきた。これが最果ての風・・・

s-稚内遠征2015後編 (13)
休めるところで休んでいく

s-稚内遠征2015後編 (14)
仲間へのお土産に、バターサブレを購入した

s-稚内遠征2015後編 (15)
帰りのバス。「声問郵便局」のバス停で降りて、道立宗谷ふれあい公園を目指す。

道立宗谷ふれあい公園PG (1)
悪天候が苦手な私だが、パークゴルフ場撮影のためにもある意味一気に攻めていった。
アルメリア・サハリンの2コースをラウンドした。

道立宗谷ふれあい公園PG (3)
攻めすぎたらOBだ

道立宗谷ふれあい公園PG (9)
グリーン手前で右に曲がる

→道立宗谷ふれあい公園パークゴルフ場詳細

s-稚内遠征2015後編 (33)
最終スコア。ここでも貸しクラブでのラウンドであった。ギリギリアンダーパー。

s-稚内遠征2015後編 (16)
声問川の橋を渡って、駅前ターミナルにバスを向かう

s-稚内遠征2015後編 (17)
スープカレーとまろやかなチーズケーキ(いずれも道の駅わっかない内)を食べ、
帰りの特急サロベツを待つ。

s-稚内遠征2015後編 (18)
遂に来た特急サロベツ。
札幌への・・・帰りの疾走の・・・始まりだ!

s-稚内遠征2015後編 (19)
笹の山地帯を進んでいく

s-稚内遠征2015後編 (20)
道北の牧場地帯

s-稚内遠征2015後編 (21)
天塩中川駅

s-稚内遠征2015後編 (25)
サムライ士別駅

s-稚内遠征2015後編 (27)
旭川へ・・・。
この時点で夕方17時半。これで道北ともお別れ・・・

s-稚内遠征2015後編 (28)
やがて列車は空知の田園地帯を駆ける・・・

s-稚内遠征2015後編 (29)
まるで、天使が羽ばたいてる雲みたいなのを発見。
私の旅のエンディングを飾ってくれるようだ・・・。

s-稚内遠征2015後編 (31)
18時半過ぎ。岩見沢で華麗に沈んでいく夕日

s-稚内遠征2015後編 (30)
そして札幌の夕闇で・・・ファイナルは飾られた!

s-稚内遠征2015後編 (32)
この日歩いた歩数、15000歩以上!
(ポケモンのゲームについてた歩数計です。傷がついてます・・・それでも使い込んでる証拠)

s-稚内遠征2015後編 (34)
これにて幕を閉じた稚内遠征2015春。列車の帰りも、いろいろな風景に巡り合えた。

パークゴルフ・・・
それは緑の小さなコースとの闘い・・・
ゴルフゲームを通じてはまるきっかけとなり、
それに魅せられた者、それがしゅんY。

そんなしゅんYも、遂にこの遠征を以て、『北海道14振興局制覇』という
称号を手にしたのだ。これまでに行ったコースは100を越えた。
13年以上のキャリアを持ってついに達成した大仕事が・・・終わった。


s-稚内遠征2015後編 (35)

  T H E  E N D



(しゅんY12の部屋はこれからも続きます。今後ともよろしくお願いします)

稚内市・道立宗谷ふれあい公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
05 /22 2015
稚内パークゴルフ遠征2015/2日目にて訪れたコース。

北海道稚内市声問5丁目40番1号にあるパークゴルフコース、宗谷ふれあい公園の一施設である。
アルメリア・リンドウ・ふれあい・サハリンの4コース。

総合して山型グリーンが多い。傾斜は緩やか。
リンドウコースは距離が長い。
収録日は宗谷岬に行った帰りだった。雨風も強かった。稚内特有の荒天が牙を剥いてきた。

時間の関係上、アルメリアとサハリンコースのみプレイ。その他2コースは撮影にとどまった

難易度:>>>>>>>>>>



道立宗谷ふれあい公園PG (1)
スタート看板

道立宗谷ふれあい公園PG (2)
アルメリア2H 70m/par5
やや打ち上げになるロングホール。

道立宗谷ふれあい公園PG (3)
アルメリア5H 25m/par3
このホールのグリーンの奥にはOBが・・・

道立宗谷ふれあい公園PG (4)
アルメリア8H 70m/par4
後半で右にやや曲がり、打ち上げとなるパー4。コーナー内側に
岩と防球ネットを設置してある。

道立宗谷ふれあい公園PG (5)
リンドウ4H 40m/par3
やや左に曲がるホール。

道立宗谷ふれあい公園PG (6)
リンドウ7H 95m/par5
最大の見せ場となるであろうホール。右に逃げる傾斜をしており、
なおかつフェアウェイはやや左に曲がっている

道立宗谷ふれあい公園PG (8)
ふれあい1H 50m/par4
左右はOBの中、山なりになったグリーンを攻めていく。

道立宗谷ふれあい公園PG (7)
ふれあい7H 32m/par3
右がOBの細いホール。

道立宗谷ふれあい公園PG (9)
サハリン2H 80m/par5
ここでは一気にグリーン手前のコーナーまで走らせないと、
ネットにより2オンは難しい。

道立宗谷ふれあい公園PG (10)
サハリン4H 40m/par3
やや右に傾斜し、グリーン左奥にOB。

道立宗谷ふれあい公園PG (11)
サハリン5H 30m/par3
グリーン手前での打ち上げ。奥行きのない細いグリーンに加え、
OBエリアがグリーンのすぐ奥に待ち構える

道立宗谷ふれあい公園PG (12)
サハリン7H 45m/par4
左に直角に曲がる。
筆者は1打目をオーバーしてしまい、ラフへ。2打目も覚え立てのライナー打ちを
用いてラフ出しをしようとするも、撮影日の当日に降った雨を吸った芝に勢いを殺される。
写真は2打目終了地点時。

道立宗谷ふれあい公園PG (13)
サハリン8H 60m/par4
やや左に曲がる。コーナー付近に岩付きの防球ネットあり。

稚内市・ノシャップ岬公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
05 /19 2015
長らく続けてきたパークゴルフの旅。稚内遠征1日目に訪れたコース。
北海道14管内で最後に残ったのは北端の地、宗谷管内だ。

稚内遠征2015 (58)
ノシャップ岬

稚内駅からバスで10分程度のところにある、ノシャップ岬公園のパークゴルフコース。
18H、946m、パー66。

稚内遠征2015 (61)
道路を一本挟めば海だ。
海の近いところにあり風も強めなので、全英オープン風なリンクスの雰囲気を感じられるコースでもある。

難易度:>>>>>>>>>>




稚内遠征2015 (76)
概観

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (16)
A-1 59m/par5
短いパー5。このホールは2つのマウンドを越えた後、左右にフェアウェイが分かれる。
撮影日は右グリーンにピンがあった。
ライナーボールでラフを越えて直接グリーンを捉える人が多かった。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (3)
A-3 55m/par3
長いパー3。左側にOBが多数ある。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (4)
A-5 47m/par3
左に曲がり、防球ネットが2枚用意されている。
このため、バーディは困難。パーでよしとしよう。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (5)
A-6 37m/par3
右に曲がるマウンド越えのショートホール。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (6)
A-7 40m/par4
なぜかパー4なホール。おいしくイーグルを奪いたい。
3つの小さな波のような起伏も気にしない。

稚内遠征2015 (66)
B-1 53m/par4
IN(おおしけコース)最初のホールは、やや弓なりになった傾斜のホール。
コース右側がほんのりと右傾斜している。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (8)
B-3 45m/par3
右曲がりパー3。右を狙いすぎると・・・OBへ。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (10)
B-4 66m/par4
後半で右に曲がるホール。今後のためにも、1打目をしっかり飛ばしておきたい。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (11)
B-5 50m/par4
やや下りになった後、登りになって高台のグリーンを目指す右ドッグのホール。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (13)
B-6 100m/par5
100mの直線ロング。フェアウェイも広い。爽快なショットを味わおう。
ロングヒッターなら3がデフォルトとなるだろう。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (14)
B-7 43m/par3
海に向かって打つホール。フェアウェイの小さな波に乗せてバーディを。

稚内PG遠征2015 ノシャップ岬PG (15)
B-8 55m/par4
左に曲がるホール。下って登る窪地のようなアンジュレーション。
左過ぎると、OBに入る恐れがある。


これで、北海道全振興局のパークゴルフ場の紹介をした。

【パークゴルフ稚内遠征'15 前編】夢は叶えるためにある。北端の地へ、いざ・・・

パークゴルフ(2015-2016)
05 /18 2015
2014年、二度、その夢を絶たれたしゅんY・・・
だが、体調を崩しても悪天候になろうとも、諦める事はしなかったのだ。
むしろそれに向け、次第に本気になっていった。


DSC04045(0).jpg
ついに敢行!
稚内パークゴルフ旅行。2015春の陣!

撮影日は、曇りや強風、雨、宗谷の肌寒さとの戦い!
最北の町のパークを攻め切れるのか?!


スーパー宗谷特急列車は8時前に発車。

稚内遠征2015 (1)
そして道北の主要都市、旭川に停車。まだ午前9時過ぎだ。

稚内遠征2015 (3)
難所、塩狩峠を駆け抜ける

稚内遠征2015 (5)
和寒駅

稚内遠征2015 (13)
名寄を越え、川沿いを走る

稚内遠征2015 (18)
音威子府駅の直後。雲行きが怪しい

稚内遠征2015 (19)
天塩川沿い

稚内遠征2015 (21)
川を挟んで、対岸のトンネルを見る

そして森林地帯を進み・・・


稚内遠征2015 (25)
やがて開けた牧場地帯へきた。

稚内遠征2015 (31)
牛、牛、牛・・・

稚内遠征2015 (37)
そしてクライマックスは海へと・・・

稚内遠征2015 (41)
稚内駅着。約5時間をかけて走破したスーパー宗谷。

稚内遠征2015 (44)
日本最北端の線路

稚内遠征2015 (46)
雲に消える塔・・・

稚内遠征2015 (49)
北防波堤ドーム。駅から徒歩3分ほど。

稚内遠征2015 (56)
バスでノシャップ岬へ。
(当初、一部の方に「1日目に宗谷岬へいく」と言いましたが、作戦変更でノシャップから先に行きました)
そしてたどり着くと、利尻富士が雲から顔を出していた。

稚内遠征2015 (58)
やや肌寒く、曇りのノシャップ岬

稚内遠征2015 (59)
時折白波が立っていた

そして、その近くの、ノシャップ岬公園パークゴルフ場でのプレー。
海から道路を一本挟んでいるだけなので、海風の強いリンクスコースとなる。
貸しクラブでのラウンドとなった


稚内遠征2015 (61)
18ホール全長946m。Bコースは500mだ

稚内遠征2015 (66)
コースからは宗谷の海が見える

稚内遠征2015 (76)
波のように起伏のあるホールもある。

稚内遠征2015 (79)
18HR。貸しクラブでのプレイなので総合して苦戦。4が多かった。
しかし、A-8ではクラブの芯を食ったフルショットでグリーン手前につけ、7mのパットを入れたのだ。
奇しくも唯一の2打は70m台のホールであった。パー5なので、事実上のアルバともなった。

→ ノシャップ岬パークゴルフ場 詳細記事

稚内遠征2015 (78)
そして予約していたホテルでじっくりとくつろいだのだった・・・

s-DSC04132(2).jpg
22時ごろ就寝。おやすみなさい。


>>稚内遠征2015 2日目 後編へ・・・

【パークゴルフ】この春、岩見沢ローズパークでライナー打ちの指導を受けた

パークゴルフ(2015-2016)
05 /12 2015
以前この春、岩見沢ローズパークにて、すごい人とラウンドした。
パークゴルフ大会最高峰といわれるJALカップで、過去五度にわたり、男子総合10位以内に入った有力者とラウンドしたのである。
なおこの方は、先生、などとも呼ばれている。

またこの方以外にも別の仲間が来たため、3人でのプレーとなった。

プレーはCコースから回っていった。
自分も出せる限りの力を出して回った。

s-ローズパーク2015春 (1)
C-8。下りになっており、右ドッグレッグ。
ワンオンを狙いたくなる構造。しかし、オーバーするとOBネットにはまる

途中から、こんな指摘が来た・・・
「ラフはかぶせて打ってるね、これだと(夏場などの)深いラフでは距離が出ない」

18ホール終えたあと、スタートのハウスで打ち方について色々と教わった。
そう、ライナー打ちだ。

ライナー打ち
これはショットの際、クラブのフェース部分が上向きになるように当てて打つ、というもの。
これについてはまた後で指導された。

後半戦。
ライナー打ちの練習も兼ねてでのプレー。

ドッグレッグのホールでラフ越えに成功し、初めて空中系ショットが出来たときは
『おお!すげぇ!』と感動ものだった。

s-ローズパーク2015春 (2)
A-8番グリーン側より。洋風な建物が美しい。
感動しながらプレーを終えていったのだった。

スコアは誰かが4打や5打を叩いても気にしない。自分のゴルフが出来ればいいのだから、とも指導された。



昼の後、コースに戻った。
Fコースを利用してのライナーショットを中心とした指導が行われた。

ボールが上がる、ライナーショットの打ち方を伝授された。

(右利きの場合)
1.ティーでは、左足から見てさらに少し左の部分にボールを置く

2.右足に60%の体重配分を行う(つまり左足配分は40%)

3.ボールのすぐ右にクラブを設置。クラブをフェース部分が斜め上に向くように構える

4.つぎに、上半身を右斜めに傾ける

5.そのままクラブを後ろに、肩を回した勢いで振る(その際、ボールの右側面を見つめる感じ。手打ちはNG)。テークバックはなるべく少なく。距離にもよるが

6.ダフリを恐れず、地を這うようにクラブを前(左)に移動させ、振りぬいていく。その際、フォロースルー(クラブを振りぬくこと)は最大限まで振りぬく

※1 なお、左足の位置を後ろに下げてオープンなスタンスにすると、ボールの浮き上がり角度が高くなる
※2 この打ち方は深いラフに入った際、ボールが芝に浮いている状態で使うのも可である
※3 この解説は僕がその方から教わった打法です。
つまり上げ球に関してはまだ初心者なので、前述の打ち方解説はあまり役に立たないかもしれません・・・



なお、ライナー打ちに関しては、「北海道フレンドリー」さんのHPにも書かれている。
こちらの方が詳しいです。

ダフリを恐れるな。これは練習あるのみだ!
家に網を張って練習装置組もうかな・・・でも庭があまり広くないなぁ。

ただしライナー打ちやロブショットが必ずしも良いわけではない。
直線のホールなどでは、普通に転がしでの打ったほうが良い場合もある。
つまり、コース形状によって臨機応変に対応しなさいよ、ということである。

ちなみにパーク発祥の地十勝のコース(帯広、幕別など)はフェアウェイ全面刈りのコースが多いが、
芝の背丈そのものがラフと同等か、道央圏のフェアウェイとラフの間の高さ、という場合もある。
この場合では転がしのショットでは勢いが飲まれ、、フルで打っても50m程度しか飛ばず、
90mクラスのホールでは苦戦を強いられる。

えべつ角山パークランド、恵庭花夢里パークなどは夏場は特にラフが厳しく、ドッグレッグも多い。
(中にはドッグレッグしたパー3もあり、ラフがティーとグリーンの間に堂々と阻んでくる)
これにより、空中系ショットを使えない人は苦汁をなめやすい。

今日一緒にプレーした方とはJALカップの有力選手等について色々話したが、
十勝の選手はさすがに有力者が多い。ただ十勝のプレーヤーは道央の起伏に富んだ
コースが苦手、という意見もあった。しかし某Hさん(有力選手のエース格の方です)の
ような、道央にも遠征をしている方もいる。

また上述の花夢里パークやローンスケープ輪厚は、ベント芝を利用した高速グリーンのコースセッティングになっている。
そのため強く打ったパットをはずすと、あれよと言う間にボールがグリーンの外に出てしまいやすい。

冬場は、スポーツのジムとか行こうかな・・・迷ってる。
一応、スポーツ得意な人は好きなタイプでありますし。

昨年夏の退院後は、18Hすら回るのに疲れた時期も有ったりした。
健康管理のためにも、ある程度の強化は必要である。

京極町・京極パークゴルフコース(スリーユーパーク)

パークゴルフ場考察(北海道後志管内)
05 /11 2015
北海道後志管内。
道の駅京極から程近く、京極温泉近辺のパークゴルフ場。
コースからはダイナミックに羊蹄山が映えるのである。

受付に隣接する起伏のきつくドッグレッグの多い、ふきだし・羊蹄コース。
尻別川の河川敷の長距離コース、そよかぜ・せせらぎコース。
このコースは、二つの面を持っているのだ。

s-京極PG (6)
撮影日の天気はやや悪かった・・・

s-京極PG (7)
尻別川と橋。橋の奥にもコースがある

春に行ったが、芝がやや重く、球足が遅かった。
難易度:>>>>>>>>>>




s-京極PG (1)
ふきだし1H 51m/par4
下って登るミドルホール。右側のOBは気にしない。

s-京極PG (2)
ふきだし3H 52m/par4
羊蹄山に向かって打った後、ほぼ90度に右に曲がるドッグレッグホール。

s-京極PG (4)
ふきだし5H 28m/par3
グリーンの横幅がかなり広い。撮影日のように左淵にピンが立っていると
バンカー越えとなる。

s-京極PG (3)
ふきだし7H 30m/par3
※グリーン側から撮影
丘を越えて奥に下るグリーンを攻める。縦のパワー調節が重要である

s-京極PG (8)
ようてい5H 46m/par4
左ドッグレッグ。防球ネットが妨害。コースのイン側にバンカー。

s-京極PG (9)
ようてい7H 60m/par4
グリーン近辺で下る右ドッグレッグ。バンカーと岩を越えられれば・・・
グリーン奥はOBなので注意。特にワンオン狙いは。

s-京極PG (10)
ようてい9H 45m/par3
左に曲がって下るホールである。
コース内側にはバンカー、木を設置。

s-京極PG (11)
そよかぜ9H 75m/par4
※グリーン側より撮影
細かい起伏がある、右ドッグレッグの距離のあるホール。

s-京極PG (12)
せせらぎ1H 52m/par4
河川敷とは言っても、細やかな起伏には注意である。

後志地方、羊蹄山へのドライブ。しかし羊蹄山には雲が・・・

未分類・日常など
05 /11 2015
この前、倶知安に行きたい、と父に頼んだ。OKが出た。
札幌→小樽→赤井川→倶知安→
京極→喜茂別→札幌、というルート
となった。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (1)
小樽の峠を駆け上がり、小樽の街中を見下ろした。
素敵な小樽ブルーである。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (3)
国道393号線。道の駅「あかいがわ」があった。
このあたりから小雨が降ってきてやや肌寒くなってきた。

倶知安への道のりは山道。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (13)
途中に約2kmのトンネルをくぐっていく。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (15)
倶知安のカントリーサインだ。
トンネルを抜けたら下り坂。

やがて、後志管内のシンボル、羊蹄山が目前に登場。
しかし山頂付近は雲がかかっている。

倶知安でパークゴルフをする予定であった。
36Hになってから初めてのラウンドだ。しかし・・・

入口の看板『5月20日にオープンします』

ピンも立っていなかった。なんで・・・?
場所を変えて、京極でプレーすることにした。

倶知安での某所での昼食。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (5)
尻別川を渡り、交差点を左へ。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (6)
函館までまだまだ遠い・・・

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (7)
ここで羊蹄山が目の前に


京極ではまず道の駅へ。
川の渓流がきれいであった。この近くの大きな橋はつり橋である。

京極のパークゴルフ場でプレーした、時間の関係上18Hのみ。

→コース調査記録:京極パークゴルフコース(スリーユーパーク)

帰りは中山峠側から帰ってくることにした。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (9)
喜茂別付近からの羊蹄山・・・この日の後志地方は
曇ったり時折雨が見られたりと、やや寒い日であった

中山峠の道の駅を見てきた。
この時期は道路がアスファルトが出ていても、
外にはまだ雪が残っている。

きれいな風景である。

羊蹄山の近くをめぐるドライブ (11)
大きく右にカーブする橋だ。
そうして札幌方面にもどっていったのであった。

白老町・湯元ほくようパークゴルフ倶楽部

パークゴルフ場考察(北海道胆振・日高管内)
05 /05 2015
北海道胆振管内白老町、虎杖浜のエリアにあるコース。
全36ホール。
OBの多さや、盛り上がった複雑な傾斜のグリーン、
距離の長さ、馬の背フェアウェイが絡んでおりトップクラスの
難易度となっている。

難易度:>>>>>>>>>



湯元ほくようPG (1)
A-4 30m/par3
左に曲がり、左傾斜の打ち下ろし。

湯元ほくようPG (3)
A-6 70m/par5
打ち上げの左に曲がるパー5。しかし、左傾斜を気にしすぎて右に
飛ばしすぎるとOBである。

湯元ほくようPG (5)
A-9 55m/par4
アゴの高いバンカーが二つも待ち受ける。

湯元ほくようPG (7)
B-1 65m/par4
これはグリーン前。グリーンの傾斜は複雑で、
左と右手前にマウンドがある。そして奥に下っている。
オーバーするとOBとなる。

湯元ほくようPG (8)
B-2 60m/par4
打ち上げのホール。しっかり高低差に対応したい

湯元ほくようPG (12)
B-8 40m/par3
馬の背フェアウェイで、しかも左右にOB。
中央を打てる実力がコンスタントに問われる

湯元ほくようPG (14)
B-9 93m/par5
途中に斜めに配置された小山を越え、バンカーや大木の
近辺のピンを狙うホールだ。
バンカー前にピンがあれば実質75mくらいになるが、
グリーンは盛り上がっており、相変わらずパットに注意が必要。

湯元ほくようPG (15)
C-2 40m/par3
下りのホール。グリーンも下っており、その先に池が・・・

湯元ほくようPG (17)
C-3 100m/par5
直線ロング。後半は木やバンカーも点在している。

湯元ほくようPG (18)
C-4 70m/par4
池に突き出たグリーンが大きな特徴となっている。
道中、コースは左傾斜をしている。グリーン手前で登りになる。

湯元ほくようPG (16)
↑これはC-2側から撮った池に突き出たグリーンだ

湯元ほくようPG (19)
↑C-4番グリーンを右から撮影。ピン位置は手前だが、その付近に急な
傾斜があるのだ

湯元ほくようPG (20)
C-7 30m/par3
何の変哲も無い二つのマウンドを越えるホール・・・
しかし、グリーン中央に大きなバンカーがあるのだ。
ピン位置もきわどい。

湯元ほくようPG (21)
C-8 30m/par3
前ホールと距離は同じ。だが、丘を越えて下りのグリーンに
ピンが有る、絶妙な強さのショットを求められるのだ。
グリーン奥にはバンカーもあるが、下からピンを攻めるショットの
方が攻めやすく、4を叩く恐れも少なくなる。

湯元ほくようPG (22)
D-1 40m/par3
強烈な右傾斜が待っているホール。木の左を狙っていく。
グリーンも傾きがすごいので、ここで2を取るのは難しい。

湯元ほくようPG (23)
D-2 85m/par5
真っ直ぐに伸びるホール。馬の背フェアウェイである。
写真は右にこぼれて落ちた場合。大きな打ち上げとなるが、
コース左に有るOBに入るよりはマシである。

湯元ほくようPG (24)
D-7 100m/par5
最後のロング。左右には相変わらずOBが待っている。
コントロール重視で打った方が安全だ。
50m付近にマウンドが、80m付近、グリーン左手前に窪地あり。
ただし後者はティーからは見えないブラインドトラップである。

おまけ・・・

湯元ほくようPG (列車3)
コース脇には線路も走っている。列車が通過!

東京都足立区・扇河川健康公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道外)
05 /04 2015
※この記事は関東にお住まいの「みんパゴ」メンバーからの画像提供により成り立った記事です。
画像を提供してくださった方、誠にありがとうございます。
私が東京都内に行ったわけではありません。

1983年、北海道十勝から始まったパークゴルフ。
関東にも次第に千葉県を中心にコースは増えていった。しかし東京都内は長らくゼロであった。
だが2014年10月に、足立区の荒川河川敷に18ホールのコースが誕生したのである。

扇河川健康公園PG (1)
コースからはスカイツリーが見える。
サクラコースとチューリップコースの計18ホールがある。



扇河川健康公園PG (2)
サクラ1H 48m/par4
グリーンを越すとOBエリアの植栽に飲み込まれる。

扇河川健康公園PG (3)
サクラ2H 65m/par5
フェアウェイをはずさないように打つ。真っ直ぐ、的確に攻めてイーグルを。
65mなのでロングヒッターはワンオンアルバのチャンスも有る。

扇河川健康公園PG (5)
サクラ3H 43m/par3
狙いは左側である。写真の左フェアウェイとラフの境目あたりから右に傾斜している

扇河川健康公園PG (6)
サクラ4H 28m/par3
木と支柱の間が狙い目だ。なおグリーンは大きく盛り上がっており
カップ周りのコントロールが求められる

扇河川健康公園PG (7)
サクラ5H 40m/par4
左ドッグレッグ。上げ球が打てればなおいい。
ラフがきついなら、右サイドからの攻めが賢明だ。

扇河川健康公園PG (8)
サクラ6H 30m/par4
右ドッグレッグ。いい位置に樹木が立っている。
ラフが伸びている時期は、ピン狙いのショットはギャンブルショットとなる

扇河川健康公園PG (9)
サクラ7H 48m/par4
左右がOBのプレッシャーをかけてくるホール。右前方のOB杭の
手前に止めるのがベストポジション。

扇河川健康公園PG (10)
サクラ8H 29m/par3
左に流れていく傾斜のため、右OB杭の左狙い。

扇河川健康公園PG (11)
サクラ9H 39m/par3
グリーン手前に距離合わせをして、方向性がよいとカップインも。
グリーン奥は下っている。

扇河川健康公園PG (12)
チューリップ1H 58m/par4
30mくらいにマウンドあり。ティーショットが弱いと右のOBに吸い込まれる。
グリーン奥もOBが用意されている。

扇河川健康公園PG (13)
チューリップ2H 28m/par3
2を狙うにはグリーン前にあるOBエリアの右横に止める。
ティショットが強いと、グリーンの右奥にボールがこぼれて2で上がるのが難しい。

扇河川健康公園PG (14)
チューリップ3H 27m/par3
2を狙うなら手前から攻める。オーバーはグリーン奥の
広大なバンカーの餌食だ。

扇河川健康公園PG (15)
チューリップ4H 38m/par3
このホールもグリーン奥にOBエリアが待ち構えている。
40m前後の距離合わせが出来ないと結構難しい。

扇河川健康公園PG (16)
チューリップ5H 60m/par5
右ドッグレッグのホール。グリーン手前に止めて確実に3を狙う。

扇河川健康公園PG (17)
チューリップ6H 47m/par4
左に曲がっているホール。グリーンは右向きの傾斜がきつく、
グリーン右サイドに乗ると右にあるOBゾーンに入ってしまう。

扇河川健康公園PG (18)
チューリップ7H 46m/par4
ワンオンは構造上無理。飛びすぎはラフかOB。木の先にポジショニングを
して、2オン1パットであがりたい。

扇河川健康公園PG (19)
チューリップ8H 58m/par4
ティーショットは確実に50m飛ばしたい。弱くて左に行くと、
左にあるOBに行ってしまうのだ。

扇河川健康公園PG (20)
チューリップ9H 38m/par3
繊細な距離感を求められるホールである。
強く打ってバンカー越えもできるが、右手前からのアプローチがベストで、
ここからでも2を狙える。

以上で、道外4度目のコース紹介を終了する。

上砂川町・奥沢パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /04 2015
北海道空知管内中部に位置する上砂川町の、はずれにある山間部のコース。
全18ホール。863m。
近くには「パンケの湯」という施設がある。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (1)
総合して丘が多く、ブラインドホールになっていることが多い。
またラフもでこぼこで、イレギュラーなボールの動きになることが多い。

難易度:>>>>>>>>>>



s-上砂川 奥沢PG紹介 (2)
A-1 55m/par4
下りのホール。途中に小さな窪地エリアがある。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (3)
A-3 50m/par4
やや左に曲がるホール。マウンドがいくつも設置されている。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (4)
A-7 40m/par3
後半で登りになり、グリーン右手前にアゴの高いバンカーを設置した。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (5)
A-9 58m/par4
スタート直後に強烈な登りエリアが控えてある。
これにより、グリーンが見えない。しかもグリーンの奥はOBだ。
ワンオンイーグル狙いは、度胸とショットの前後の正確度がなにより重要。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (6)
B-1 50m/par4
崖沿いのホール。防護柵によりショートカットできない。
確実にコーナーにつける技術が求められる。なお1打目を飛ばしすぎるとバンカー入りとなる。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (7)
渓流のせせらぎが聞こえやすいホールでもある

s-上砂川 奥沢PG紹介 (8)
B-5 65m/par4
極端なブラインドホール。大きな丘がコースに堂々と待っている。
その先は無論下りとなっており、グリーン奥にOB。ロングヒッターは要注意だ。
ピンの先には「山火事注意」の高い旗がある。これを目印にティーショットを打つ。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (9)
B-6 40m/par4
打ち上げのホール。ネットと木の有る高台にはさまれたフェアウェイが印象的。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (10)
B-8 43m/par3
左ドッグレッグパー3。コーナー内側にバンカーがある。
これを越してグリーンを狙う。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (11)
B-9 60m/par4
うねる起伏のフェアウェイや、コース右側のあごの深いバンカーが特徴的なラストホール。



【ラウンド記録】
18ホールプレイ。実に約8年ぶり4,5度目のプレーとなった。
この距離ならあまり苦戦はしないはずである・・・・・・

しかし結果は惨敗。

s-上砂川 奥沢PG紹介 (12)
スコアには4の数字が多い。唯一2で上がれたのはB-8。
ラフからの10m程度のチップインだった。

イレギュラーなラフに、大いに苦杯を喫したコースだった。
芝の状態はややいまいちか?

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。