【奇天烈設計なコースから学ぶ】ipodアプリ「レッツゴルフ3」久々に「銀河コース」で遊んでみた

ゴルフゲーム プレイ記
04 /29 2013
レッツゴルフ3の「銀河コース(ミルキーウェイ・ギャラクシーコースという名前がついている)」をプレイし、遊びながらコースの設計思想を固めることにしてみる。

この「銀河コース」は火星や月といった惑星や、宇宙ステーションを渡り歩く、まさに摩訶不思議かつ奇天烈なゴルフコースである。

レッツゴルフ3 銀河コース (12)
4番ホール。クレーターの中にグリーンやバンカーが仕込まれている


レッツゴルフ3 銀河コース (1)
5番ホール。明るい空間に来た。火星(?)の断崖を進んでいく、ワンオンもできるミドルホール


レッツゴルフ3 銀河コース (2)
宇宙ステーションを進む7番ホール。409yのパー5とあるがあてにならない。時々表記と違う距離になっていることがある。

レッツゴルフ3 銀河コース (5)
10番ホール。425yのパー5だが実際は距離が違った。左に曲がるコースで、コーナー内側に大きな岩山あり

レッツゴルフ3 銀河コース (6)
10番ホール。ホール後半のグリーン手前の左コーナーより撮影。


レッツゴルフ3 銀河コース (3)
距離の長いミドルホール、11番。隕石の上がコースになろうとは・・・

レッツゴルフ3 銀河コース (7)
11番ホール後半。


レッツゴルフ3 銀河コース (4)
12番ホール、フェアウェイが途切れつつも、ほぼ真っすぐにコースは延びている。


レッツゴルフ3 銀河コース (8)
13番ホール。月の穴が厄介なミドルホール。

レッツゴルフ3 銀河コース (9)
13番ホール・アプローチ。寄せも断崖沿いのグリーンを狙うことになる

レッツゴルフ3 銀河コース (10)
16番ホール。オーソドックスに左に曲がるミドルコース

レッツゴルフ3 銀河コース (11)
宇宙ステーションが舞台の18番ホール。
479yのパー4とあるが、実際は523yもあって残り距離がつじつまが合わなくなっていた。


こういうコースも見ながら、自分のゴルフ設計のインスピレーションを上げているのである。

スポンサーサイト

のしろや秀樹氏の「北海道パークゴルフ場ガイド '13~'14」を購入しました

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
04 /29 2013
昨日親から、「道新に「のしろや秀樹さんのパークゴルフ場ガイド」があるよ」と言われ、早速書店に駆け込むと、
ちゃんとあった。

のしろや秀樹パークゴルフ13-14
↑こういう表紙です

基本的には2011年版の奴と変わらない。新コースの掲載を設けた、という感じかな。

冒頭では色んなところにパークゴルフ行ってる方の手記が幾つかのってた。


パークゴルフへの旅は、車ががぜん便利だ。
街のはずれにコースがある例も少なくないのだ。

僕も車さえしっかり運転できれば・・・心の障害さえなければ・・・「心配性」さえなければ・・・(ry

年のせいなのか何なのか、父親も遠くへ行く確率が減ってきたし。

色々僕の悩みはある。しかし、集中力強化ipodアプリ「ブレイン・アップグレード」でそれなりに対策出来ることがこの間分かったので、もっといろんなところに行きたい。

その前に厳格な性格の父親からしっかり認めてもらわなければ・・・!

PSP版グランツーリスモに挑戦 第6回~ミッションN・Oブロック(ファイナルバトル)&全ミッション「シルバーランク」到達

レースゲーム
04 /27 2013
GTことグランツーリスモPSPプレイ日記第6回。
今回は「ファイナルバトル」と銘打たれた、ミッションモードNブロックOブロックを走った。

鈴鹿サーキットを使ったシケインを絡めた追い抜きミッションや、東京R246のヘアピンや高速ゾーンを使った2台追い抜きミッションがあった。



ミッション N-3はその東京R246の「2台の車を抜く」ミッションである。1台抜けば銀、2台抜けば金の評価をもらえる。

s-GTPSPをプレイ第6回 (5)

まずは最初のヘアピンで敵車を「レイト・ブレーキング」で右から抜く。この際敵の車に押し出されても「失格です」と言われ強制リタイアとなるので注意。

s-GTPSPをプレイ第6回 (2)
↑追い抜きに失敗した例。ちょっとなら大丈夫だが、ある程度の力で敵車にぶつかるとリタイヤなのは、あんまりだ


ブレーキングや巧みなアクセルワークで無事ヘアピンで敵車を抜くことに成功したら、次の左カーブでここでもレイトブレーキングで前の車との車間距離を縮める。

その後の緩いS字でも慎重にレイトブレーキング。ハンドルを切りながらブレーキすると車の制御がしにくくなり、スピン&クラッシュの原因に。

s-GTPSPをプレイ第6回 (4)
最終右コーナーは、コースの中央を走りながらある程度スピードを保ち、ここでもレイトブレーキングで、1位の敵車をやや先んじる感じに抜かす。


s-GTPSPをプレイ第6回 (3)
スピードが出過ぎるとコーナーを曲がりきれないし、慌てて右曲がりながらブレーキをかけると、スピンしたりする、意外と難しいセクションだ。


そのほかにもNブロックにはヘアピンやS字コーナーを使ったソウル市街地でのオーバーテイクや、つくばサーキットを丸々一周使った追い抜きミッションもあった。



さて、最難関との呼び声もあるミッション O-1です。一対一のバトルなので、1位で抜けないとリタイアなのが辛い。僕は40分くらいここで格闘して、何とかクリアできた。

s-GTPSPをプレイ第6回 (1)

自分は2つ目のコーナーでしっかり速度を保ちつつインからぶつかりつつ抜けました。スピードが速いとコーナーを曲がりきれない。少しでも遅れたりすると敵車に強くぶつかった、とみなされリタイヤとなる。非常にシビアだった。



その後のミッションも超難関揃い。スピードを出しすぎず、いかにブレーキも大切に扱うか。
それがポイントなミッションも多かったが、何とか「銀ランク」以上でクリアできました。

ミッション O-5では、サルトサーキット2005で350km/h以上のハイスピードレースを行うことに。途中のシケインがなかなか難しかった。筆者はここでは銀ランク止まりだった。

ミッション O-6では、ニュルブルクリンクを使ったラストに相応しいミッション。ヘアピンありアップダウンありの難コースプレイだった。


そして、まだ銅ランク止まりのミッションを何とか制して、全て銀以上にした。

s-GTPSPをプレイ第6回 (7)

s-GTPSPをプレイ第6回 (6)

普通に苦労させられた。「銅」でクリアするのならば、そんなに苦労しないのだが・・・

PSP版グランツーリスモに挑戦 第5回~難攻不落のレース場「ニュルブルクリンク」へ挑む

レースゲーム
04 /24 2013
PSP版グランツーリスモのミッションモード・レベルP、レベルQに挑んだ自分。

このレベルではいずれも、ニュルブルクリンク(北コース)というレーシングコースを走るミッションが収録されている。

全長は20.8kmと、非常に長いのが特徴。

ニュルブルクリンク北コースのミッション(GTPSPのゲーム内では合計12個のミッションがある)に挑み、走った感想をある程度書いてみる。



・速度の出せる場所は結構多い。しかし、その奥に急なコーナーやブラインドコーナーが隠れている

・このグランツーリスモPSPは「ドライビングライン」が青色の線(ブレーキは赤色の線)で敷かれているのでそれの通りに走ればそれなりの記録は出せるが、油断するとヘアピンなどでブレーキをかけ遅れてコースアウト、という例も多い

・連続したカーブではクリップを奥にとるように走るものもある、しっかりスピードの調節、アクセルワークが大切なんだな、と思わされた

・かといってスピードを出しすぎると、コーナーを曲がりきれずにコースアウトで失格。こういうのも普通にある

・路面にデコボコが多い。ハンドルを取られがちなセクションもあった

・カルッセルと呼ばれるバンクしたすり鉢状ヘアピンカーブ。これもなかなか走り甲斐がある。手前でブレーキして、70km/hぐらいまで速度落としたら、その速度を保ちつつコーナーを脱出していく。因みに速度を落としすぎるとスピンして極端に速度が落ちてしまう

・全体的に道が狭いので、道幅は限界まで有効活用する、という意義を教えられた

・終盤にロングなストレートがあるが、その直後にシケイン(連続急コーナー)があり、早めのブレーキングを求められる箇所があることを知った



こんな感じであろう。なんとか、12個あるニュルブルクリンク北コースのミッションで全て、ゴールドランクでクリアできた。普通に征服感が湧いてきて嬉しかった。

GTPSPに挑戦5 (4)
↑ミッション Pブロック オールゴールド

GTPSPに挑戦5 (3)
↑ミッション Qブロック オールゴールド

GTPSPに挑戦5 (5)
↑ニュルブルクリンクを、一通り学習した筆者であった。


GTPSPに挑戦5 (1)
↑好きな車で走ってみる(ここでは白色のムーヴカスタム)

GTPSPに挑戦5 (2)
↑プリウスも並んできました


たまには息抜きに、こうやって自分なりの設定でに楽しむのもオツなものである。

札幌市南区・エルクの森パークゴルフクラブ

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
04 /21 2013
札幌市南区藤野の1993年開業の名門老舗パークゴルフコース。
とても札幌市にあるとは思えない緑豊かな庭園風コースである。

バスでこのコースに行くなら、地下鉄南北線で真駒内駅まで行き、そこからじょうてつバスで「藤野4条2丁目」バス停で降り、ここから徒歩8分の位置にある。

エルクの森パークゴルフクラブ 公式ページ

クラブハウスの近辺のワールド&ガーデンコース18H、その奥の山岳地帯にあるとど松&白樺コース18H、合計36Hが用意されている。

かつてはとど松・しらかばコースは、コース全長がそれぞれ550m前後だったことがあり、かなり難易度が高かった。しかしパークゴルフの国際規格が「9ホールで500m以内」なので、近年距離の見直しを図り、とど松・しらかばコースはギリギリ500m以下に抑えられた。

グリーンは盛り上がった形式のものが多く、アプローチもパットも油断できない。

難易度:>>>>>>>>>>

調査日:2013/4/21
(そのためコースの端は雪が残っています)


-----------------------------------------------------

s-エルクの森 (1)
ワールド2H 41m/par3
途中にマウンドがあり、その先に縦長の砲台グリーンがあるホール。バーディを取るならボールの転がりはしっかり計算しなければならない。


s-エルクの森 (2)
ワールド4H 98m/par5
軽い左ドッグレッグホール。途中からコース右側にOBが出てくる。グリーンは小さく盛り上がっており、奥や右にこぼすとOB。

s-エルクの森 (3)
ワールド5H 30m/par3
ここは難関ホールだ。右にOBの谷があり、斜めの段差があるせいでパー3とは言えど、ワンオンをなかなか許さないホールである。

s-エルクの森 (4)
さらにグリーン奥にはアゴの高いバンカー。奥にこぼせば泣きを見そうだ。

s-エルクの森 (5)
ワールド9H 30m/par3
フェアウェイが周囲のラフより高い、「馬の背式」フェアウェイのホール。しっかり上を転がす、基礎的なコントロールが求められるホールだ。


s-エルクの森 (6)
ガーデン3H 24m/par3
狭く短いホール。グリーンも盛り上がったうえに小さい。緻密なショットを要する。
奥にこぼすとOBの憂き目に遭う。


s-エルクの森 (7)
ガーデン5H 70m/par4
ガーデンコース唯一の70m以上のホール。
左に曲がっており、的確なショットでバーディを狙おう。


s-エルクの森 (8)
ガーデン7H 27m/par4
短いが、狭く左に傾斜している。おまけに日本庭園風なOBに取り囲まれ、攻略に対しては脅威の的だ。


s-エルクの森 (9)
この階段で、とど松&白樺コースへ向かっていく。
まだ雪が残っている。


s-エルクの森 (10)
とど松1H 78m/par5
きつい打ち上げのホール。タフなショットで2オンワンパットのイーグルを目標にしたい。


s-エルクの森 (11)
とど松3H 48m/par3
これもきつい打ち上げのホール(グリーン側から撮影)。グリーンは手前が盛り上がり、奥に下っているのが特徴。


s-エルクの森 (12)
とど松5H 68m/par4
フェアウェイのこぶの並び方が美しく、個人的に好きなホール。
左に緩く曲がりつつ大きく下っていくホール。ワンオンも狙える。


s-エルクの森 (13)
とど松6H 58m/par5
今度は打ち上げ。アップダウンに負けずに一気に打ち上げていきたい。


s-エルクの森 (14)
とど松9H 58m/par3
打ち下ろしの長いパー3だ。調査日が春先だっただけにボールは良く転がる。
グリーンは周囲より高い大きな砲台グリーン。

s-エルクの森 (15)
↑砲台グリーンの周囲にはOBのネットがある。OBの後はこの見上げるようなリカバリーショットをしなければならないのだ


s-エルクの森 (16)
白樺2H 80m/par5
右に大きく曲がるホール。丘でピンが見えない。1打目をコーナーに付けたところでグリーンが見える。


s-エルクの森 (17)
白樺3H 60m/par4
左に崖の、右に池。つまりOBに囲まれたホール。非常にOBに落ちやすい。
コースもやや左傾斜が見られる。右側を狙って、精密なショットを打つ以外にここを無傷で切り抜ける方法はない。


s-エルクの森 (18)
白樺5H 45m/par3
蛇行したフェアウェイに途中のバンカー、起伏が印象的なホール。
グリーン手前は上り。強めのショットで切り抜けろ


s-エルクの森 (19)
白樺6H 48m/par4
ジャンプ台のようなマウンドの後に一気に下るホール。
高低差への対応力が問われる。


s-エルクの森 (20)
白樺8H 51m/par3
ここも急激な打ち下ろしホールだ。
右とグリーン奥にOBが仕掛けられ、気が抜けない。



【総評】
平坦なコース、山岳のコースと、様々に雰囲気が変化する。
グリーン周囲を中心にマウンドが多く、戦略性が高いのも特徴。

芝はしっかり整備されており、庭園風コースも美しい。とど松・しらかばコースではまた違った風景が映える。

ワールドの4、5、9番、とど松の5番、白樺の3、6番など名物ホールも沢山ある。是非、プレイしてみてはいかがだろうか。

ちなみに筆者のスコアは123打(9アンダー)。白樺コースではパットがよく決まり、26打と好スコアを出した。


PSP版グランツーリスモに挑戦 第4回~エンディング後の「裏ミッション」との激戦

レースゲーム
04 /20 2013
GTPSP、エンディング後のミッションを走りました。

Iブロックと、裏ミッションであるJ・K・L・Mブロックのレベルの感想です。

「マリオカート」「リッジレーサー」と言った定番レースゲームをやっているので基本には慣れているものの、実車のシュミレーターでもある「グランツーリスモ」は減速しないとちゃんと曲がれないコーナーがあったり、車によってはちょっとブレーキかけたりハンドルいじったりした時点で急にスピンしたりやけに滑ってしまったりと、「挙動の理解」がしっかりしていないと難しいですね。

オーバーテイクの場面では、カーブで辛抱強く詰めてから、シケインで相手よりもインを突いて抜く、ということをしたりもしました。

GTPSPをプレイ 第4回 (1)
↑抜く際に、相手の車に強く当たったりすると失敗扱いになってしまう。これがくせ者で、後のミッションでもこれに悩まされる羽目に

相変わらず、シルバー及びゴールドランクを獲得するのは厳しいです。

敵も速い(加速するところと減速するところメリハリがしっかりしている)ので、こちらが一寸でもブレーキのタイミングをずらすと、コースアウトや壁激突により失格になってしまう例も多いです。

Jブロックはダートや市街地と言った癖の強いコーナーを攻めました。

GTPSPをプレイ 第4回 (2)
↑ミッション J-4。ジャンピングゾーンからうまくコーナーを切り返して、加速もしっかり決め、頑張った末ゴールドランクゲット!

Kブロックではフェラーリやランボルギーニと言ったハイスペックなスーパーカーの運転を体験しました。オーバーステアが独特なかかり方をしたりして、少々手を焼きました。

Lブロックは雪道運転。冬のスノーコースの体験でした。6つ中5個のステージで金ランクを取れました。
ブレーキング、アクセルの踏み方がしっかりしていたのか、どうやら雪道はあまり敵ではなかったみたいです。

GTPSPをプレイ 第4回 (4)
↑雪道に強いのはなんか嬉しかった

Mブロックは、先の見えないブラインドコーナーを運転したり、市街地コースの目まぐるしい連続コーナーを走りました。

GTPSPをプレイ 第4回 (3)
↑ミッション M-6。フィアットを狭い市街地で乗りこなすミッション。道幅が非常に狭く、素早い操作を求められる場所である

裏ミッションは難しく、何度も失敗させられました。GTの世界は厳しいようです。


リトルビッグプラネット(Vita版)をプレイ07~自作SASUKE第2弾 完成!

その他のゲーム(ソニー系などのハード)
04 /17 2013
PSVita版リトルビッグプラネットでSASUKE風コースを作ってみようという企画。
これの、第2弾です。

おっと、その前に、第1弾(以下、第1回大会)のリンクを張っておきます。

第1回 1stステージ
第1回 2ndステージ
第1回 3rdステージ
第1回 Finalステージ

-------------------------------------------------

そして第2回大会(2013春)がついに私の手により、解禁されました!

ほとんどのエリアにリニューアルの手を加えました。前回からかなり一新されたと思います。

-------------------------------------------------


リトルビッグShun's SASUKE第2回大会(2013春)

【1st STAGE】制限時間85秒

リトルビッグSASUKE 第2回 (1)
第1エリア:山越え ●新エリア
本家SASUKE第12回大会のスタートエリアでもある。ジャンプのタイミングが重要だ。因みに下の床はエレクトリック床(触れるとミス)。


リトルビッグSASUKE 第2回 (2)
第2エリア:ローリング丸太 ●新エリア
SASUKEの序盤の名物エリア。番組では山本進悟や池谷直樹も過去に落下している。
だが、このリトルビッグSASUKEではRボタンを押しているだけでクリアできてしまう。あくまでもSASUKEらしさを保つためのエリア(笑)。


リトルビッグSASUKE 第2回 (3)
第3エリア:揺れる橋 ●新エリア
その名の通り、揺れる橋をスピーディーに渡っていく。テンポ良く越えられれば問題なし。


リトルビッグSASUKE 第2回 (4)
第4エリア:ジャンプハング
バウンスパッドから跳び、Rボタンで対岸の壁に掴まる。そして壁を伝って下りていく。


リトルビッグSASUKE 第2回 (5)
第5エリア:そり立つ壁 ●仕様変更エリア
第1回の時とは仕様が違う。今回は、湾曲した壁の内側にバウンスパッドを設置。ある程度登ったらここに飛びついてそのまま頂上にひとっ跳び。


リトルビッグSASUKE 第2回 (6)
第6エリア:ターザンジャンプ
つかまりフックで上に引っ掛けて、勢い良く対岸の崖に飛び移る。


リトルビッグSASUKE 第2回 (7)
第7エリア:崖登り
1st最終エリア。テンポよく、尖っているところをジャンプで駆け上がっていきたい。



【2nd STAGE】制限時間70秒

リトルビッグSASUKE 第2回 (8)
第8エリア:プラズマダクト ●仕様変更エリア
前回にも同名のエリアがあったが、今回はスタートエリアに設置。
上下にプラズマ床のある通路を、足場を乗り継ぎながら進んでいく。


リトルビッグSASUKE 第2回 (9)
第9エリア:ブリッククライム ●新エリア
本家SASUKEにもチェーンリアクションの次に配置されている(但し、エリア扱いされていない)。
足場を高く的確なジャンプでとらえて行けるかがカギ。


リトルビッグSASUKE 第2回 (10)
第10エリア:フライングバンジーボード ●新エリア
下り坂をダッシュし、勢いよくジャンプで跳び、Rボタンでゴムで吊るされた板に掴まる。


リトルビッグSASUKE 第2回 (11)
第11エリア:ダブルデルタブリッジ ●新エリア
屋根のようなオブジェクトに掴まって渡る。Rボタンの押し方次第では、一気に突破できる。


リトルビッグSASUKE 第2回 (12)
第12エリア:シャトルストリームver.2 ●仕様変更エリア
水中エリア。前回は通路が真っすぐで短かったが、今回は二段になっており、最後は上に上がる。バウンスパッドを使えば素早く攻略できる。


リトルビッグSASUKE 第2回 (13)
第13エリア:パッシングウォールver.2 ●仕様変更エリア
最後はおなじみ、三枚の壁。今回は1枚目がダンボール、2枚目が吊り下がり型、3枚目が鋼鉄の板と、バリエーションが違う三枚の壁を用意した。すぐ上の写真は2枚目の壁。ぶら下がってプラズマ地帯を突破。

リトルビッグSASUKE 第2回 (14)
最後の壁は、一度押して壁を揺さぶるようにして、いったん壁から離れる。
そして二度目に思い切り押す。すると突破できる。
この壁の奥にゴールがある。



【3rd STAGE】制限時間135秒

リトルビッグSASUKE 第2回 (15)
第14エリア:ポールブリッジ ●新エリア
本家SASUKEには第1・2回の3rdスタートエリアとして登場。第1回ではケイン・コスギが落下している。
固定されていないダンボールの柱を渡る。むやみに動くとよく揺れるので注意。


リトルビッグSASUKE 第2回 (16)
第15エリア:スイングローリングバー ●新エリア
揺れたり回転したりする棒を操って渡っていく。バーの数は3本。


リトルビッグSASUKE 第2回 (17)
第16エリア:バウンスホッケー ●仕様変更エリア
前回は3rd第5エリアに登場した。今回はエリアの難易度を少し下げている。
上下にバウンスパッドが敷き詰められた床を渡る。プラズマ床がむき出しになっている場所に注意。


リトルビッグSASUKE 第2回 (18)
第17エリア:クリフハンガー ●仕様変更エリア
バーにぶら下がって進む。途中空白がふたつある。2個目の空白は、上にバーがあるためしっかりリビッツを振って上に移らせてあげよう。


リトルビッグSASUKE 第2回 (19)
第18エリア:ジャンピングバー ●新エリア
本家SASUKEにも登場したエリア。第14回では長野誠が落ちている。
バーの数は3本。Rボタンでぶら下がり、体を思い切り振って次のバーに飛んでいく。


リトルビッグSASUKE 第2回 (20)
第19エリア:上りパイプスライダー
前回同様3rd最終エリアはコレ。リビッツを振りながら、パイプを前方に滑らせ、終点までたどり着かせたらパイプが後退しないよう体を振って、対岸の赤いゴールにジャンプする。
何故上り傾斜にした理由は、ミスをしてもパイプがスタート地点に戻ってくるようにしたためである。

リトルビッグSASUKE 第2回 (21)
ジャンプの距離は結構長く、シビア。この新しい3rdステージをクリアできるか。



【Final STAGE】制限時間30秒

今回のファイナルステージは2エリア構成。時間制限もシビア。

リトルビッグSASUKE 第2回 (22)
第20エリア:三角跳びクライム ●新エリア
オレンジ色の壁から突起を伝いながら上に上がっていく。上手くテンポよくジャンプして登っていけるかがカギ。

リトルビッグSASUKE 第2回 (23)
第21エリア:バレルクライム
空中に浮遊した丸い茶色の物体をつかまりフックで掴まりながら登っていく。制限時間30秒だと、これもテンポよく登って行かないと完全制覇は無理。

リトルビッグSASUKE 第2回 (24)
ゴール目前。上に上がったら、ゴールは右にある。



この新しくなった『Shun's SASUKE』をクリアできるか!!
リトルビッグプラネットPSVitaをお持ちの方、挑戦者求む!



●関連リンク
LBP.me Vita - Shun's SASUKE 第2回 1stステージ
LBP.me Vita - Shun's SASUKE 第2回 2ndステージ
LBP.me Vita - Shun's SASUKE 第2回 3rdステージ
LBP.me Vita - Shun's SASUKE 第2回 Finalステージ

安平町追分・ファミリーパークゴルフ追分

パークゴルフ場考察(北海道胆振・日高管内)
04 /14 2013
筆者の2013年の夏季のパークゴルフの初打ちは、この「ファミリーパーク追分」から始まった。

ファミリーパークゴルフ追分は開業当時から、72ホールのパークゴルフ場だった。

安平町追分(とはいっても由仁や栗山との町境に近い)にあり、近くに道東自動車道が走っている。

道路・クラブハウスを挟み、「つつじABCDコース」「亀AB・鶴CDコース」がある。

s-FP追分 (1)

2013年4月13日調査。
今年のシーズンオープン間もないころであり、まだ鶴亀コースはピンが立っていなかった(つまり「つつじコース」のみオープン)ので、そちらは簡単に説明しておく程度とする。


--------------------------------------------

s-FP追分 (2)

【つつじABコース】
ショートホールが多く、いかに多く2打で上がれるかをカギとする。18番ホールは、強烈な下り坂ホールだ。

【つつじCDコース】
ABより距離が長い。2打で上がるには少々難しいホールも。

【亀ABコース】
Aは長いが、Bは短め。的確なショットがここでも物をいう。

【鶴CDコース】
全体的に急傾斜が目立つ。上下、そして左右の傾斜にも負けずに打っていきたい。


--------------------------------------------



コース解説(つつじコース)

s-FP追分つつじA-1
A-1 46m par4
序盤に下りの段差、そのあとに左傾斜があるホール。ボールのバウンドや傾斜の読みに注意。


s-FP追分 (3)
A-3 28m par4
短いパー4。左傾斜が流れている。木が障害物である。


s-FP追分 (4)
A-5 43m par4
看板に向かって打ち上げていくホール。距離感、アップヒルの計算をしっかりと。


s-FP追分 (5)
B-1 49m par4
左奥に流れる傾斜があり、その傾斜に沿うように下っていくホール。


s-FP追分 (6)
B-4 44m par4
打ち上げ+左傾斜のホール。右に打って傾斜で左に戻す。強めに打つ。


s-FP追分 (7)
B-9 36m par3
名物下りホール。ただ下るだけでのホールではなく、下った後に右に曲がる。
1打目は軽く転がす程度に打つこと。飛ばしすぎるとクラブハウス周辺のOBの餌食になる。


s-FP追分 (8)
C-8 65m par5
やや左に曲がるホールだ。かつては87mのホールでスタート直後にバンカーがあったホール。
しかし今は難易度を下げる見直しがされて、大幅に距離を短縮した。スタート直後のバンカーも埋められた。


s-FP追分 (9)
C-9 68m par4
打ち上げのタフなホール。しっかりとしたショットが要求される。


s-FP追分 (10)
D-6 40m par3
きつい打ち上げのショートホール。距離感を見極めて強めに打つ。


s-FP追分 (11)
D-8 41m par3
マウンドが三個あり、グリーン目前で右に曲がるホール。


s-FP追分 (12)
D-9 71m par5
最終ホールだけに難しい設計。打ち上げコースで、グリーンが山型。

s-FP追分 (13)
D-9番・グリーン側視点。
ご覧のとおり砲台グリーンである。アプローチを慎重に打ちたい。


-----------------------------------------------


鶴亀コースは軽く紹介。

s-FP追分 (14)
亀コースは平坦。初心者向け。鶴コースは勾配がきつい

s-FP追分 (15)
鶴Cコース入口

s-FP追分 (16)
鶴Dコース入口。傾斜はさらにきつい。昔はもっと距離が長かった


【総評】
昔は距離の長いホールも多かったが、最近難易度を下げたリニューアルを加えている。
距離は短いので初心者でも楽しめるが、傾斜には十分注意してほしい。


本年度第1発目のコースレポートを終わります。

PSP版グランツーリスモに挑戦 第3回~高速走行&世界の名物コーナー&オーバーテイク

レースゲーム
04 /14 2013
PSP版グランツーリスモを進めています、今回はF~Hブロックです。

Fレベルでは、高速走行を主体としたミッションが中心です。
ただ速く走るのではなく、ブレーキングやアクセルの踏み具合に気を遣う場面が非常に多かったです。

Gレベルでは、世界の名物コーナーを疾走、というテーマです。
ニュルブルクリンクのバンクしたヘアピンコーナーや、鈴鹿サーキットの複合(スプーン)コーナー、

s-GTPSP Gレベル-4
ツインリンクもてぎの変則S字、ビクトリーコーナーではうまく立ち回れて金ランクを取れました。(金の合格ラインが18.3秒なのに対して、18.27秒でゴールできたので)

富士スピードウェイ終盤の複合連続コーナーも走りました。これは車が滑りやすかったので、銅ランクがやっとでした。

さらに300km/hの超高速走行からうまくブレーキを使わなければならないサルトサーキットのポルシェカーブ。ブレーキした際に闇雲にハンドルを切ると派手にスピンしたり、すぐコースアウトする恐ろしいミッションでした。
これも銅ランクが精一杯でした。

そしてHレベル。ここでは追い越しを行う、オーバーテイクに挑戦しました。

最初はスリップストリーム(前方の車の後方を走っているとスピードが上がる現象)を利用して追い越すミッションでした。

2番目はスリップストリームを使って勢いを伸ばして、相手の車よりもわずかに遅くブレーキングして、その先のコーナーを越す「レイトブレーキング」がテーマのミッションでした。これは結構苦労しました。ブレーキが遅れてコースアウトなんてしょっちゅう。

その後の4つのミッションはスポーツカーを運転しながら、コーナーも多いコースを使いながら追い越す、というのがテーマのミッションです。追い越すところは、慣れが必要です。

車に強くぶつかっても不合格判定なんで、敵車はなるべくしっかり避けていきました。

Hレベルをクリアしたところで、スタッフロールに入りました。

s-s-DSC04888.jpg
エンディングで、ナレーターのお姉さん声の正体も判明しました。「桑島法子」さんでした。

s-s-DSC04889.jpg
しかし、ここから裏のミッションともいえるクリア後の難関が出ました。

はたして難関を突破できるのだろうか!?

------------------------------------------------

おまけ
s-s-M4H04880(1).jpg
トヨタ・Vitz(シルバー)にて走行中(シングルレース)。
とある知人の方も乗ってますが、ヴィッツはシルバーを心なしかよく見かけます。

s-GTPSP シングルレース(vitzシルバー)
自分の好みでもある、コンパクトカーの代表格なんで好きな部類です。好きな車で走るってホント良いですよね、

札幌近郊パークゴルフ場、5月から小学生~大学生まで「無料で」開放

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
04 /12 2013
4月11日の北海道新聞朝刊より。

恵庭や江別など札幌近郊でパークゴルフ場を運営する5社が、若い世代や観光客誘致を目指し、競技の魅力を発信する「パークゴルフ・ツーリズム・ネットワーク」を設立した。
5月に小学生から大学生を対象に、各社のパークゴルフ場8ヶ所を無料開放するのを皮切りに、各種キャンペーンなどを計画している。

日本パークゴルフ協会(十勝・幕別町)によると、民間同士が協力した同様の組織は初めてという。

2013年はパークゴルフ30周年の節目でもあることから、るるまっぷパークゴルフコース(恵庭市西島松)を運営するメイプル企画のオーナー、大藤義賀(おおふじ・よしかず)氏(62)が呼びかけ、3月に発足した。

パークゴルフ場の無料開放は今季終了までの予定である。このほか、本州の観光客誘致に向けて、宿泊施設や旅行会社と連携したツアーも検討している。パークゴルフに、農業体験や飲食店巡りなどを組み合わせ、地元の観光資源に触れ、地域活性化にも役立ててもらう。

大藤さんは「若い世代の利用者が圧倒的に少なく、危機感を持っていた」と説明し、「パークゴルフが地域との縁結びにつながれば」と期待する。パークゴルフ考案者の前原懿(まえはら・あつし)会長(79)は「民間が独自に立ち上がってくれ、協会としても支援したい」と歓迎する。

問い合わせは、ルルマップパークゴルフコース(電話番号:0123-37-5333)まで。



-------------------------------------------------

【無料開放するコースは以下の8ヶ所】

・るるまっぷPG場(恵庭市) 難易度:初級

・メイプルパークゴルフコース(恵庭市) 難易度:中~上級

・恵庭花夢里パーク(恵庭市) 難易度:中~上級

・えべつ角山パークランド(江別市) 難易度:中級(バス停近くにあり、バスの利用が大変便利です!)

・三川PGクラブ(空知・由仁町) 難易度:中級

・安平山PGコース(胆振・安平町追分) 難易度:中級

・追分弥生PG場(胆振・安平町追分) 難易度:中級

・木のサイロPG場(胆振・安平町早来) 難易度:中級(千歳空港より10分。北海道外の方にもおすすめ)

※難易度は僕独自につけています


-------------------------------------------------

僕も20代前半なんで、この企画には大いに賛同します。

自分としても、パークゴルフを始めたのは9才の秋。
そのきっかけは、任天堂64ソフト「マリオゴルフ64」を購入したから。

しかし、若者へのパークゴルフの普及が残念ながらあまり及んではないようです。

でもこれを機に、パークへの若いファンが増えてくださるとうれしいです。

いま、このページを見てくださっている学生の方々。ぜひともパークゴルフを楽しんでみてください。

実は僕は、昨年6月に初めてルルマップPG場をプレーしたときに、オーナーと思しき方から話しかけられました。そのとき、「若者へのパークゴルフの普及」について色々と語り合いました。

僕も、当ブログを通じて、パークゴルフの普及を、総力を挙げて尽くしたいと思っています。

これからもどんどん、パークゴルフ場を紹介する記事を書いていこうと思います(ただ、パークゴルフは週末に行くか行かないかの頻度なので、パークゴルフレポートに関しては気長に待ってください。お願いします)。


【関連リンク】

「みんなのパークゴルフ」
パークゴルフのSNSサイト。某有名ゴルフゲームと名前が似てますねw

ルルマップパークゴルフ場 レポート記事(僕のブログの中)
起伏が緩やかなので、あまり難しくはありません。

安平山パークゴルフコース レポート記事(僕のブログの中)
こちらは山すそに展開された72ホールのパークゴルフ場です。起伏にも富んでいます。


この記事が「良い」「賛成できる」「素晴らしい」と思ったら
下の「拍手」ボタンを遠慮なく押してくださると、とても嬉しいです。


是非とも、私達、これからの世代でパークゴルフを「創造」していきましょう!


PSP版グランツーリスモに挑戦 第2回~鈴鹿のシケイン&車種による挙動の違いを知る

レースゲーム
04 /12 2013
おはようございます。
今回のGTPSPプレイ日記の報告は、ミッションモードのレベルD、Eあたりです。

高速コースのバンクの体験や、市街地コースのコの字型コーナーを走破したりしました。

また、異なる大きさの複合コーナーを走る回では、スピードを保ちながらも、ブレーキングをうまく使い、カーブのインをうまく突かなければならない。



Eブロックの「色々な車を体験しよう」のレベルでは、鈴鹿サーキットがミッション内に組み込まれてました。

GTPSPプレイ02 (3)
↑鈴鹿サーキットのシケイン(細かくきつい連続コーナーの事)。この直前では長いブレーキが必要だ


ミッションE-3のスラロームではある程度スピードを保ちつつ、パイロンを避けながら蛇行運転を行う。僕のレベルでは「シルバーランク」をギリギリ切れる程度の腕前なので、「ゴールド」を取れる人はどんな運転をしているのかが、気になる。

E-4,5,6ではFF車、4WD、FR車(マツダのスポーツカーを使っていた)でそれぞれつくばサーキットの最終コーナーを駆け抜けました。

FR車はスピードが出ているとすぐスピンしてしまうので、100km/hくらいに速度を落としてから曲がってなんとか「ゴールドランク」を獲得しました。


GTPSPプレイ02 (2)
↑青いスカイライン

GTPSPプレイ02 (1)
↑同じく日産。こちらは青いマーチです。やっぱコンパクトカーは可愛い


リッジレーサーだとコーナーに入る前にブレーキング→ステアリングを切るで簡単にドリフトできます(ドリフト中は車に補正がかかるため)。しかしGTではリアリティを重視したレースゲームなのでそう上手くはいかないようです。



「マリオゴルフGB」 感想・育成記録(レベル99達成)

ゴルフゲーム(マリオゴルフ系統)
04 /11 2013
以前の記事で、マリオゴルフGBのキャラで、
「能力的にですがみんゴル5のティアナを再現」しよう、という企画をしてました。

その続きです。


前回(→「マリオゴルフGB」 感想・育成記録(レベル1~65)の記事)では、レベル65まで育成いたしました。

コースのベストは、マリオンクラブが19アンダー。
あれから如何に成長したのか・・・・・・。

【ティアナ再現の為の育成方針】

・飛距離が250~262y
・弾道は中~高弾道
・球筋はストレート
・コントロール(ミートエリアと連動)を高い~最高



s-マリゴルGB レベル99 (1)
じゃじゃんw

なかなか能力的にはティアナっぽいです。弾道ストレートは当たり前、コントロールも最高ですし。飛距離が258yですが、なかなか優秀な出来になったと思います。


たいていは「仙人のショートコース」で経験値稼いでました。1ラウンドで330~400、ホールインワンが出た場合はもっとすごい経験値がもらえます。セミラフからなどのショートチップインでも大きな経験値が入ります。

【レベル99時点の成績】
ベストドライブ295y
フェアウェイ・キープ78%
平均パット0.8
パーセーブ97%
パーオン69%
サンドセーブ100%
バーディバッジの数90個
サンドセーブとはバンカーに入ってパー以内で上がった割合の事。
これがまさか100%だったとは。

おそらく、トーナメントの記録だけだと思う。

バーディバッジはパーフェクト!



【レベル99時点でのベストスコア】
マリオンクラブ-21
パームクラブ-20
デューンクラブ-19
リンクスクラブ-19
ピーチカントリー-20
仙人ショートコース-19

赤文字は自分が特に自信があるスコアです。

仙人ショートコースは、14番ホールでホールインワンし、あとすべてバーディ、ということで、最高19アンダーをたたき出しています。言うまでもないですが、ノーコンティニューです。


s-マリゴルGB Sコース 19アンダ- (2)
これが仙人ショートコースで19アンダー出した当時のスコアカード(アウト9H)

s-マリゴルGB Sコース 19アンダ- (1)
IN。14Hでホールインワンです。他はノーミスで、19アンダー達成です。



下は、リンクスクラブトーナメントでのベストスコア。

s-マリゴルGB リンクス 19アンダー (1)
19アンダー。

s-マリゴルGB リンクス 19アンダー (2)
スコア内訳・アウト

s-マリゴルGB リンクス 19アンダー (3)
スコア内訳・イン



大満足のマリゴルGB育成記でした。

時間があったら、各クラブチャンピオンその担当コースに挑んだ時(例:パッツならマリオンクラブ)のベストスコアも後で書いてみようかな、と思うけど、

今はそこまでは未定です。

PSP版グランツーリスモに挑戦 第1回~これがリアルドライビングシュミレーター

レースゲーム
04 /08 2013
久々にレース系ゲームの記事を書こうと思います。

マリオカートリッジレーサーと定番レース作品はやったことありますが、GTことグランツーリスモはまだ持ってなかったんです。

早速ダウンロード。すると車が次々とテンポの速い曲と共に走行していくオープニングが流れた。

そして、メイン(?)とも思えるモード、ミッションモードに挑戦。

合格ライン以内のタイムで終えられればクリアとなります。
壁に衝突あるいは、コースアウトをすると失格というルールです。

最初は「●●m先で停車させよ」というミッション。
車の基本である「走る」「止まる」をここで完成させなさい、ということですね。

オーバーランしてもコースアウトとみなされ失格になります。
上手いタイミングでブレーキを踏むことが大事です。

合格ラインは「銅・銀・金」の三種類で、「銅」はレースゲームある程度やってる自分ならまあまあクリアできますが、
「銀」以上は厳しいラインが敷かれており、車の挙動をしっかり熟知した状態で的確に運転しないとシルバー・ゴールドはゲットできません(>_<)

高いランクで終わらせられれば多くの「賞金」ももらえます。


s-s-DSC04806.jpg

僕は、何とか「金」取れた箇所もありますが、「銀」すらダメなミッションもあります。

ちなみにミッションモードには、「元気そうな女性の声」で音声解説してくれる項目もあります。

こうして最初のAブロックを何とか「銀」以上で終了させ、Bブロックも最後の「大きめのS字コーナーを走る」というのにやや苦戦しながらも「銀」をゲット。これでBブロックもオールシルバー以上です。

s-s-DSC04804.jpg

Cブロックはダートを走ったり、連続コーナーを駆け抜ける、ブレーキングが重要な項目も多いです。

僕は「教習所の延長」と思って慎重にプレイするも、なかなか銀が取れないです。

ブレーキングからドリフトに持ち込むものもあり、リアルドライビングシュミレーターと銘打たれているグランツーリスモのなかなかの難しさを思い知らされました。

ある程度賞金が貯まってきたところで、車を購入。

s-s-GTPSP 日産マーチ(オレンジ)で走行

日産マーチ(僕のとある友人や知人も乗っている)でサーキットを走ってみました。


流石コンパクトカー、スピードよりも小回り重視、と言ったところでしょうか。


しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。