千歳市・千歳リバーサイドパークゴルフ

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
11 /11 2012
千歳リバーサイドパークゴルフは北海道石狩支庁千歳市に2002年に開業した、ゴルフ練習場も兼ねたパークゴルフ場である。

公式ページ:http://www.river-pg.com/

当初はA・Bコースの18H(現在のウッドA-1,2番・B-3~9番とリバーのD)だった。

その後ウッドコースとリバーコースが18Hずつ、36Hになった。さらにその後、広い面積を生かしてウッドコースとリバーコースが36Hずつの72Hにスケールを拡大した。


s-waスタート千歳リバーサイド
これが2012年秋現在の看板。クリックで大きくできます

特徴としては平坦に見えるホールでも微妙な起伏があり、グリーンも走りやすい。

またフェアウェイもやや細く、長めのパー3を中心に距離のある構成となっている。リバーのCコースはとくにフェアウェイが狭く、やけに深いバンカーもあるので注意が必要だ。コントロールの良さに自信を持って挑みたい。

難易度:6/10
(6か7で悩みましたが6にしておきました)



●ウッドコースA~D


A-3 90m par5
s-wa3千歳リバーサイド (1)
左に曲がる。コーナー付近は右傾斜なので注意。またインを狙いすぎるとOBなので一応注意。


B-1 46m par4
s-wb1千歳リバーサイド (2)
池に囲まれたグリーンを、左に流れる傾斜を利用して狙う。もちろん池はOB。



B-5 86m par5
s-wb5千歳リバーサイド (3)
ティーの向きがOBの植栽に向いているので、ティーと平行に打つとOBの憂き目にあう恐れもある。
少し平行より左気味に打つ。



B-7 47m par4
s-wb7千歳リバーサイド (4)
池に阻まれる危険をはらんだホール。距離は短いので、正攻法で行っても3で上がれなくもない。



C-9 73m par4
s-wc9千歳リバーサイド (5)
長いうえに起伏もあり、左には池。コントロールが求められる



D-7 53m par4
s-wd7千歳リバーサイド (6)
左に曲がる。コーナー付近は右奥に傾いておりOBも近くにある厄介なホール。ちなみに画像の赤ルートのように、木の間を抜くショートカットも可能。ただしラフ越えになる上、グリーンは奥に傾いた「逆受け」式である。





●リバーコースA~D


A-4 94m par5
s-ra4千歳リバーサイド (9)
長いうえに厄介なパー5。左にやや曲がり、コーナー付近が外に逃げやすい右傾斜だ。
イン側を狙うと木もあり、1打目が難解である。



A-9 54m par4
s-ra9千歳リバーサイド (10)
左右にバンカーに守られたホール。グリーンも、左右をバンカーが守っている。



B-6 45m par3
s-rb6千歳リバーサイド (11)
スタート直後に、コース右側にマウンドがある。右側をうまく乗せていきたい。失敗すると左のラフに直行する。



C-5 60m par4
s-rc5千歳リバーサイド (7)
コースが狭い。そしてグリーン右には深いバンカーあり。



D-9 92m par5
s-rd9千歳リバーサイド (8)
60m付近で右に曲がる、池と並木沿いのパー5。コーナーまで1打で運べるかがカギ。失敗すると4打でクリアするのもなかなか難しい。






最後までご覧いただきありがとうございました。
下のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

「みんゴルポータブル1」南アルプス、怒涛のベストスコア更新劇

みんなのGOLFシリーズ(ポータブル1・2)
11 /06 2012
今日未明にみんゴルポータブルをやってた。
まだ、南アルプス更新できるかと。

パッティングミスや思わぬインパクトミスを乗り越え、
南アのレギュラーティーを27アンダー!ショットポイント6000点の大台に乗る。

南ア・怒涛のベストスコア更新劇 (3)
使用した内容はブリッツ・こん棒・ビッグエアー。そのためインパクトゾーンが極限まで狭い。

10Hの23mパットが決まったのはマジでうれしい。
3・6Hの2パットは、高弾道ドクロや岩の反射でオンさせたが、ピンが奥にあったため、ロングパットを入れ切れられなかった。

s-南ア・怒涛のベストスコア更新劇 (2)
ロングチップインとかすごいショットは無かった。


さらに今日帰ってきたらバックティーの更新も無性にやりたくなってきた。

s-南ア・怒涛のベストスコア更新劇 (1)
2Hでホールインワン。7Hでも14mのロングパット決める。15Hのパットが決まらなかったのがやや悔しいか。
それでも26アンダー。普通にうれしい。

今度こそ僕のみんゴルポータブルは終わりなのか!?

わからないね、気が向いたらまた楽しもうかな・・・。


最後までご覧いただきありがとうございました。
下のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

由仁町「ユニトピア川端パークゴルフコース」の思い出

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
11 /05 2012
北海道空知総合振興局の南部にある、由仁町のJR川端駅の裏にかつてあったパークゴルフ場が「ユニトピア川端」である。

覚えている方はいるだろうか。

今はJRから見る限りは芝がボーボーに伸びており、コースはやってないようだ。
しかしこのコースも色んな意味で異彩を放っていた。

(画像がなくてすみません。思い出補正でこの記事を書きます)

初めて訪れたのが1999年。筆者はパークゴルフを始めたばっかりの頃。
初めて100mのパー5ホールを見たのもこのコース。

当初は西・東・南コースに分かれており、距離もすべて500mを越えていたロング+起伏に富んだ難コースだった。

西東コースはマウンドが多く、先ほど述べた100mのホールは東コースの3番ホールなのだが、このホールはモトクロスのようにマウンドが連続している。

南コースはマウンドが少ないが、やはり距離が長め。

のちに南コースの一部が改装され、さらに西コースの奥側に北コースを新設(ホールの一部は南コースから流用している)。

北コースも起伏は少ないが、曲がったホールを設けていたりするためラフ越えのホールがあったりする。

このころから西・東コースの距離が500mにまで下げられるが、起伏の多さは健在。

とまあ、こんな感じ。

しかしインパクトのあるコース、であることは間違いない。



関連記事

由仁町・三川パークゴルフクラブ


栗山町・栗山ダムパークゴルフコース

長沼町・北長沼水郷公園パークゴルフ場

安平町追分・安平山パークゴルフコース




最後までご覧いただきありがとうございました。
下のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

「おきらくゴルフ3D」さらなる高みを目指す

ゴルフゲーム プレイ記
11 /03 2012
この記事(「「おきらくゴルフ3D」感想」)の続きです。

キャラはげんき、のぞみ、パパ、ママ、おばあちゃん、おじいちゃん、おにいさん、おねえさん、の8人。

パワーは飛距離。おにいさんやパパならパワーモードを使えば、短めのパー5なら2オンイーグルも狙える(もっと飛距離を稼ぐならボールの上の方を叩くと飛距離が伸びる)。コントロールは正確度テクニックはヒットパワー率の幅

ヒットパワー率については、テクニックの値が関係する。
最も高い「おねえさん」だとファアウェイ上からのショットで99~100%だが、逆にもっとも低い「パパ」だとフェアウェイ上でも80~100%と、最大20%もの差が出てしまう。ただしパワーモードを使えば、飛距離が1割伸びるうえにつねに100%の力が伝わるため、パワーが計算しやすい。
たとえラフ・バンカーからでも100%の力で打てる(下画像参照)。
おきらくゴルフのパワーモード


だからこそ、みんゴルやマリオゴルフ等ほかのゴルフゲーム以上に、パワーモードの使い方がカギとなる。


最後に登場するフルランダムコースはおきらくゴルフ3Dで登場するあらゆるホールがランダムに18ホール選ばれる。

グリーンの傾斜は大半が平坦あるいは緩やかだ。問題は盛り上がったグリーンがあるホール。きつい傾斜のパットは避けにくいので、経験でカバーしたい。上りなら強く打つべし。


パパでプレイした動画を載せておきます。
先ほどアップしてきました、この動画(「おきらくゴルフ3Dをプレー(http://www.youtube.com/watch?v=62hv38vL78s)」)を参照。
新しいウインドウで開きます。



最後までご覧いただきありがとうございました。
下のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

安平町追分・安平山パークゴルフコース

パークゴルフ場考察(北海道胆振・日高管内)
11 /02 2012
安平山パークゴルフコースは、北海道胆振管内安平町(旧追分町)にあるパークゴルフ場。山のふもとにあり、ダイナミックな傾斜と芝の良さがとりわけ特徴的なコースである。

公式ページ:株式会社ラルグ 安平山パークゴルフコーストップページ

s-安平山パークゴルフコース (1)
↑スタート付近からの風景。クリックすると大きくできます。

ファミリー・ミドル・ロング、そして近年誕生したライオンコースの4コース72ホールがある。

どのコースも山の傾斜を使ったダイナミックな設計。ファミリーコースとは言えど、やさしい難易度ではない。


難易度:6/10

撮影日:2012/10/27


ファミリー2H 39m par4
s-安平山パークゴルフコース (2)
右に傾斜しているが、芝の刈り方の関係上、ラフを狙わないとワンオンが厳しい。


ファミリー4H 54m par4
s-安平山パークゴルフコース (3)
下りのうえ、やたらとフェアウェイが狭い。慎重な攻めが物を言うのかもしれない。


ファミリー14H 58m par4
s-安平山パークゴルフコース (4)
右に曲がるホール。相変わらず、フェアウェイは狭い。ラフさえ越せれば・・・


ファミリー15H 70m par5
s-安平山パークゴルフコース (5)
左に曲がるホール。スタート直後、マウンドがあり、ボールを右へバウンドさせようとする。
難なく越していきたい。



ミドル1H 41m par4
s-安平山パークゴルフコース (6)
20m付近で左から、グリーン目前で右からラフがせり出す、芝の刈り方に特徴を持たせたホール。傾いたグリーンがスコアのロスを誘う。


ミドル4H 43m par4
s-安平山パークゴルフコース (7)
打ち下ろすホール。撮影日はピンが左側にあったため、ラフで勢いが殺がれることを計算して強めに打つのも良い。


ミドル8H 48m par3
s-安平山パークゴルフコース (8)
ティー直後にマウンド。距離感を狂わせる要因だ。


ミドル16H 90m par5
s-安平山パークゴルフコース (9)
とても厄介なホール。細く、左右に曲がるフェアウェイがプレーヤーを翻弄させる。

s-安平山パークゴルフコース (10)
図で示すとこんな感じになる。途中で登る。

s-安平山パークゴルフコース (11)
グリーンは、左奥に傾いており、止まりにくい。4打で上がるのもやっとか。



ロング9H 99m par5
s-安平山パークゴルフコース (12)
ここにきて打ち上げのパー5。最長距離であり、スタミナも要求される。



ロング12H 72m par4
s-安平山パークゴルフコース (13)
※グリーン側からの撮影。
下りで横の傾斜もある。あらかじめ計算してからうつのが大前提だ。


ロング13H 51m par4
s-安平山パークゴルフコース (14)
絶えず、右に流れる傾斜。ワンオンさせるなら絶妙なライン取りが必要に。


ロング15H 56m par4
s-安平山パークゴルフコース (15)
S字にコースを描く、打ち上げホール。



ライオン2H 97m par5
s-安平山パークゴルフコース (18)
縦長のひょうたん型グリーンが印象的。

s-安平山パークゴルフコース (19)
ギザギザのフェアウェイも特徴


ライオン3H 58m par4
s-安平山パークゴルフコース (20)
ギザギザのフェアウェイに、盛り上がった広大なグリーンが特徴。
ライオンコースのグリーンは盛り上がっている傾向がある。アプローチの精度が問われる設計だ。



ライオン4H 43m par3
s-安平山パークゴルフコース (21)
右から、やや深めのラフがせり出している。


ライオン6H 36m par3
s-安平山パークゴルフコース (22)
二個のマウンドを越えた先にグリーンがある。



ライオン8H 47m par4
s-安平山パークゴルフコース (23)
左ドッグレッグ。コーナーの内側に深いラフがあり、アッパーショットで超せる自信があるなら挑戦してみよう。


ライオン13H 25m par3
s-安平山パークゴルフコース (16)
バンカーを抱くような感じでのやや左曲がりコース。左傾斜もほのかにあるので、それも計算に入れる。


ライオン17H 64m par4
s-安平山パークゴルフコース (17)
左曲がりホール。やはり、コーナー内側に深いラフがありショートカットしようとするものに立ちはだかる。





最後までご覧いただきありがとうございました。
下のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。