FC2ブログ

9/11(日)のパークゴルフ報告(旭川市・忠和公園PGC)

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
09 /14 2011

9月11日は父の車で道北の主要都市である旭川市まで足をのばしました。こないだの台風の影響か、石狩川の水量がやや多い。


まず昼は十勝という創作料理店で食べました、この手の料理は久しぶりで、ちょっといつもと違う感じがしました。ゆめラム丼(1000円)を食べました、お肉が軟らかかった。


そのすぐ近くにある「忠和公園」でプレーをしました。


18Hながら1118mもあり(日本パークゴルフ協会公認範囲の限界が1000mに対して、かなり長いことが分かる)、公園の広い敷地を生かしてコースを作成している。



起伏も結構あり、難しかったの一言に尽きる。何しろ距離がかなりあるのだから。おまけにフェアウェイが狭い。



まず4番(90m/par5)。右に折れたドッグレッグホールで、コーナーの内側に大バンカーがある。しかし2打目をうまく打ち、グリーン手前まで運ぶ。バーディを取る。


つづいて8番(85m/par4)。高台から打ちおろす左ドッグレッグのホール。思い切り打ったのだが左のラフに大きくズレる。

そこで2打目をフェアウェイに戻し、40mくらい残った3打目を、あまりバックスイングせず、インパクト重視で打った。

するとグリーンに見事乗り、パーをセーブ。


Aコース(アウト)は35(+2)で終了。


11番(35m/par3)は一番短いパー3。山からの打ちおろし。しかしバーディゲットならず。


12番(69m/par4)はこれまた意地悪なホールで、グリーン目前で左に曲がる。しかもその周辺に窪地になったラフがある。


そこに1打目を入れた僕。しかし2打目をチップインイーグルとする。


しかし直後の13番(41m/par3)はドッグレッグで、ネットもあり近道もできないパー3。

丘になったグリーンの高低差を読めず、ここでダブルボギーをたたき、さきのイーグルが帳消しに。



14番(81m/par4)も厄介なパー4。グリーン手前にOBがあり、その奥にグリーンが待っている。ここもボギー。


15番(55m/par3)は山からの打ちおろし。11番と違うところは、コースが若干馬の背状になっており、ラフにこぼれやすい。ここでダブルボギー。なんか一気に疲れが出てきた感じ。


そして現れた16番(99m/par5)は70m付近でフェアウェイが左に曲がる最長ホール。果敢にバーディを狙いたかった僕だが、無情にもボールは右のネット際へ。ギリギリOBではなかったものの、ネットに阻まれバックスイングができずボールはろくに飛ばない。結局6をたたきボギー。


17、18番はなんとかパー。結局72(パー66なので+6)。


初めてのコースなので仕方ないか、とも思った。しかし距離が長いので、苦戦して当たり前か、とも思った。


パークゴルフはもともと公園から生まれたスポーツ。この原点を継承しつつも、高い難易度を出せているコースは、まさにこのコースと言えよう。




にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキング、日本ブログ村に登録しています。

バナーをクリックお願いします!



スポンサーサイト

鷹栖町・鷹栖丸山ダムパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /05 2011

北海道上川管内鷹栖町(旭川のすぐ北)のパークゴルフ場である。


初期 しらかばコース(18ホール)があった。


そして、ななかまどコースが追加された。さらに あかまつコースも登場し、54ホールのパークゴルフ場へと成長した。



パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

↑コースからは調整池を望むことができる。



●しらかばコース


丘の傾斜を利用したテクニックあふれるコース。

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記


たかす丸山パークゴルフ場の初期からあるコースである。866mのパー66のコースである。


丘陵地に建設され、コース全体が傾斜している。



しらかば6H 80m/par5
しらかば6番 鷹栖丸山ダム
下りながら、たくさん並んだ木の間を抜けるスリリングなホール。
コントロールが求められるホールである。



しらかば9H 50m/par4
下りながら右に曲がる。右傾斜もかかっている。



しらかば16H 30m/par3
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

打ちおろしホール。グリーンの前に木がある。ピン位置で戦略性が変わる。木の奥にピンがあると途端に難しい。




しらかば18H 53m/par4

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

この写真はグリーン側から撮影。下りながら左に曲がる。コーナー内側にはOBもあり、1オン狙いのボールを食おうとしてくる。







●ななかまどコース


距離が長いホールが多め。ロングショットで対応していこう。


ななかまど1H 97m/par5

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

左に傾斜したロングホール。60m付近に木があり、その奥にバンカー。


ロングヒッターは、フルショットで矢印のように打ち、バンカーを超え、2打目以降を有利にしたい。




ななかまど12H 40m/par3
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

右に曲がったショートホール。右傾斜を利用して、OBエリアの左を通し、ワンオンしよう。


●あかまつコース


2010年に新登場した。緩やかな傾斜がありだだっ広いフェアウェイが待つ。


距離感をつかめれば、爆発的なスコアが期待できる(地元の方談)。



あかまつ1H 100m/par5
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

左にOBこそあるものの、フェアウェイが広くガンガン飛ばしていける。ダイナミックなショットで圧倒せよ。



あかまつ17H 70m/par4
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

あかまつコース終盤は、傾斜のついたやや長いホールが続く。
このホールは右に傾斜しているので、やや左目に打つ。





しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。