みんなのGOLF2、裏シルビアと裏チャールズに勝利

みんなのGOLFシリーズ(初代1・2)
09 /30 2011
ゆっくりと続きを進めてます「みんごる2」。

VSモードも裏に突入し、中盤戦のシルビアに挑む。

ステージはスコーピオンバレイ。シルビアはバンカーが苦手なキャラだ。

1番でバーディをとる。シルビアはパターミスしたためいきなり勝利。

2H(485y/par5)はイーグル。その後もこちらペースで進み、邪魔な林がある9番パー5もイーグル。

12Hパー4ではシルビアにチップインイーグルをされるも、次のホールで取り返して勝った。

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記-20110929210026.jpg
↑余裕勝ち(6アップ)


次は裏チャールズ。彼は堅実なプレーであまりミスをしない。

なのでこちらも自分のゴルフができるステージでプレー。

「おおわし岳カントリークラブ」で挑んだ。

こちらも終始自分のペースでプレーが進み、15Hで勝利(5UP)。

余談だが、みんごる1のVSのラスボス、アイスマンはほかの方も言ってるとおりかなり強いらしい。
何回も負けた、という記述もあります。

裏ベイダー(みんなのGOLF2ラスボス)に勝てるんやら果たして。不屈の精神力が必要なのかな。
スポンサーサイト

9/11(日)のパークゴルフ報告(旭川市・忠和公園PGC)

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
09 /14 2011

9月11日は父の車で道北の主要都市である旭川市まで足をのばしました。こないだの台風の影響か、石狩川の水量がやや多い。


まず昼は十勝という創作料理店で食べました、この手の料理は久しぶりで、ちょっといつもと違う感じがしました。ゆめラム丼(1000円)を食べました、お肉が軟らかかった。


そのすぐ近くにある「忠和公園」でプレーをしました。


18Hながら1118mもあり(日本パークゴルフ協会公認範囲の限界が1000mに対して、かなり長いことが分かる)、公園の広い敷地を生かしてコースを作成している。



起伏も結構あり、難しかったの一言に尽きる。何しろ距離がかなりあるのだから。おまけにフェアウェイが狭い。



まず4番(90m/par5)。右に折れたドッグレッグホールで、コーナーの内側に大バンカーがある。しかし2打目をうまく打ち、グリーン手前まで運ぶ。バーディを取る。


つづいて8番(85m/par4)。高台から打ちおろす左ドッグレッグのホール。思い切り打ったのだが左のラフに大きくズレる。

そこで2打目をフェアウェイに戻し、40mくらい残った3打目を、あまりバックスイングせず、インパクト重視で打った。

するとグリーンに見事乗り、パーをセーブ。


Aコース(アウト)は35(+2)で終了。


11番(35m/par3)は一番短いパー3。山からの打ちおろし。しかしバーディゲットならず。


12番(69m/par4)はこれまた意地悪なホールで、グリーン目前で左に曲がる。しかもその周辺に窪地になったラフがある。


そこに1打目を入れた僕。しかし2打目をチップインイーグルとする。


しかし直後の13番(41m/par3)はドッグレッグで、ネットもあり近道もできないパー3。

丘になったグリーンの高低差を読めず、ここでダブルボギーをたたき、さきのイーグルが帳消しに。



14番(81m/par4)も厄介なパー4。グリーン手前にOBがあり、その奥にグリーンが待っている。ここもボギー。


15番(55m/par3)は山からの打ちおろし。11番と違うところは、コースが若干馬の背状になっており、ラフにこぼれやすい。ここでダブルボギー。なんか一気に疲れが出てきた感じ。


そして現れた16番(99m/par5)は70m付近でフェアウェイが左に曲がる最長ホール。果敢にバーディを狙いたかった僕だが、無情にもボールは右のネット際へ。ギリギリOBではなかったものの、ネットに阻まれバックスイングができずボールはろくに飛ばない。結局6をたたきボギー。


17、18番はなんとかパー。結局72(パー66なので+6)。


初めてのコースなので仕方ないか、とも思った。しかし距離が長いので、苦戦して当たり前か、とも思った。


パークゴルフはもともと公園から生まれたスポーツ。この原点を継承しつつも、高い難易度を出せているコースは、まさにこのコースと言えよう。




にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキング、日本ブログ村に登録しています。

バナーをクリックお願いします!



みんなのGOLF2の感想(クリアした時点)

みんなのGOLFシリーズ(初代1・2)
09 /05 2011

僕は9月4日に、みんごる2をPSPにダウンロード(PSNにて600円で配信)してみた。PSNの個人情報が流れたとかの問題が4月にあったけど、もうある程度おさまっていると思った。


みんなのゴルフ2は、ソニーのプレイステーション(PS)用のソフトで、PSネットワークでも配信されているので、PSPでもプレーできるようになった。


ツアーモードでは、合計20の大会に挑む。




アマチュア~トッププロまで、5つのランクに分かれていて、それぞれ春・夏・秋・冬ある大会に挑み、上位に入ってたくさんのポイントを稼ぐのが主になっている。


春~冬を1年とし、そのなかで稼いだポイント数が合格点に達していれば、新しいステージを手に入れられる。





全7面ある。最初からプレーできるコースは


1:しおさいカントリークラブ
2:大鷲岳カントリークラブ


以下は、ランクアップでコースを手に入れられる。


3:しらかば高原カントリークラブ(セミプロ昇進)
4:エメラルドリゾート(プロ昇進)
5:スコーピオンバレー(ツアープロ昇進)
6:ザ・ナショナル(トッププロ昇進)


トッププロランクで年間1億ポイントを達成するとスタッフロールが流れ、隠しステージが出現。


7:キングスガーデン(トッププロランクで年間1億ポイント達成)




パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記-みんなのGOLF2 キングスガーデン現る
↑いよいよ姿を現したキングスガーデン。まだ筆者は挑戦していないが、みんゴル2の攻略本を見てみれば、12番ホール以外は池があることがわかる。池が多くペナルティーを食らいそうなステージである




-------------------------------------


VSモードでは、CPUのキャラとタイマンでゴルフを行い、勝てばそのキャラクタを手に入れられる、というものである。


現在、「レオン」まで勝利している筆者。
残る相手は4人。ホーク、レイラ、クーガー、そしてラスボスのベイダーが残っている。ベイダーに勝つと、裏キャラクターというのも出ると攻略本に書いてあった。


-------------------------------------


【ここまでプレーしてみて感想】


さすがみんなのゴルフシリーズだけあって、コースは単純そうに見えても奥が深いと思う。攻略本(「みんなのGOLF2公式ラウンドガイド」101ページの作者たちにインタビューより)では、村守さんが「バーディを狙うには先を読む戦略性が必要です。ティーショットをここに打っておけば、角度的に次でグリーンが狙いやすい。そういう事実に近づけて作ってある」と述べているのがわかると思う。


ゲーム終盤のザ・ナショナルなんかは、狭めのコースに木が的確に配置されており、結構スリリングで面白かった。最後のキングスガーデンは先述通りまだプレーしていない(昨日の夜時点で)が、ワクワクする。


-------------------------------------


●村守さんの記録に並びました!


「みんなのGOLF2公式ラウンドガイド」100ページには製作者の村守将志さんがザ・ナショナルで-12を記録していることがわかる。


パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記-ザ・ナショナル 村守さんに並んだ みんなのGOLF2

9月7日の夜、僕もその記録に並びました。すぐ上の画像をご覧ください。


プレーヤーはレオン。ちょっとコントロールに気がかりだったので、クラブ・ボールともピンホールにした。するとインパクトゾーンが「Eランク(最低クラスという意味)」に。


そうなると、ティーグラウンドで1Wを持った時にインパクトゾーンのピンク色の部分(比較的安全に飛ぶ部分)が中心の1マスだけ、という事態に。しかし僕はみんごるPSP2で鍛えられた実績(?)があるので、「まぁ、いいや!」という感じで前向きにプレー開始。


10番ホール。ラフに入れてしまう。レオンはバックスピンが強いが、ラフが苦手。結局ボギー(上記のスコアカードでは数字が緑色になっている)


15番ホール。ここで僕はナイスパットを決めることとなる。1打目を左のラフへ。グリーン手前に池があるこのホールは、池に入れるのが嫌なので、刻むことにした。2打目もラフに行ってしまう。3打目、アプローチを何とかグリーンに乗せるが、9.95mも残った。


大きく左に切れるフックラインをなんと読み切って、入れてしまった。


パーなのに、なぜか僕はうれしかった。ロングパットを入れる、って、気分がいいわ。


もう一つボギーを取ったホールがある。16番である。ティーからグリーンまでフェアウェイがなく、ずっとラフというホールであり、1打目をショートしラフへ。2打目もアプローチに失敗。結局ボギーであった。


まぁ4番でイーグルもあったりで、いい経験をした、というラウンドだったかな。


アウト28イン32で、60打、12アンダーということになった。まだまだスコアアップの可能性はある。新しいキャラを手に入れ、さらなる進化を求める僕であった。(ださいとか嫌味なコメントはやめてください。削除の対象になります)



-------------------------------------



9/8追記

そして今朝、バス時間を利用(※朝にゲームすると仕事がつらくなりがちだが)して、トレーニングモードでキングスガーデンの下見をした。


やっぱり池に圧倒される。2番と17番(ともに200yほどあるパー3)はグリーンが砲台式で、少しでも飛距離が足りないと手前にずるずる戻される。


4番は569yと最長のパー5。フェアウェイが池を挟んで左右に2本並んでいる、ハイスケールなホールである。


6番(441y/par4)は、1打目を思いっきり飛ばして2打目で木が邪魔にならないようにしないと厳しいか。


他にも戦略派コースが集結しており、すべてのテクニックで挑まないといけないと思う。このゲームの隅っこに、「最難関といわれるキングスガーデンの秋には-14という記録が残っている。ちなみに彼はその記録を出した次の日に高熱で会社を休んだ」という記述もある。


鷹栖町・鷹栖丸山ダムパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道北)
09 /05 2011

北海道上川管内鷹栖町(旭川のすぐ北)のパークゴルフ場である。


初期 しらかばコース(18ホール)があった。


そして、ななかまどコースが追加された。さらに あかまつコースも登場し、54ホールのパークゴルフ場へと成長した。



パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

↑コースからは調整池を望むことができる。



●しらかばコース


丘の傾斜を利用したテクニックあふれるコース。

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記


たかす丸山パークゴルフ場の初期からあるコースである。866mのパー66のコースである。


丘陵地に建設され、コース全体が傾斜している。



しらかば6H 80m/par5
しらかば6番 鷹栖丸山ダム
下りながら、たくさん並んだ木の間を抜けるスリリングなホール。
コントロールが求められるホールである。



しらかば9H 50m/par4
下りながら右に曲がる。右傾斜もかかっている。



しらかば16H 30m/par3
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

打ちおろしホール。グリーンの前に木がある。ピン位置で戦略性が変わる。木の奥にピンがあると途端に難しい。




しらかば18H 53m/par4

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

この写真はグリーン側から撮影。下りながら左に曲がる。コーナー内側にはOBもあり、1オン狙いのボールを食おうとしてくる。







●ななかまどコース


距離が長いホールが多め。ロングショットで対応していこう。


ななかまど1H 97m/par5

パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

左に傾斜したロングホール。60m付近に木があり、その奥にバンカー。


ロングヒッターは、フルショットで矢印のように打ち、バンカーを超え、2打目以降を有利にしたい。




ななかまど12H 40m/par3
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

右に曲がったショートホール。右傾斜を利用して、OBエリアの左を通し、ワンオンしよう。


●あかまつコース


2010年に新登場した。緩やかな傾斜がありだだっ広いフェアウェイが待つ。


距離感をつかめれば、爆発的なスコアが期待できる(地元の方談)。



あかまつ1H 100m/par5
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

左にOBこそあるものの、フェアウェイが広くガンガン飛ばしていける。ダイナミックなショットで圧倒せよ。



あかまつ17H 70m/par4
パークゴルフ研究・調査を中心とした雑記

あかまつコース終盤は、傾斜のついたやや長いホールが続く。
このホールは右に傾斜しているので、やや左目に打つ。





しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。