パークゴルフってそもそも何?

パークゴルフ(2014年シーズン以前まで)
07 /08 2010

パークゴルフとは、1983年に北海道十勝管内幕別町で、
「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として考案された。

発祥の地は「パークゴルフつつじコース」であり、当初は7ホールのパークゴルフ場だったが、後にゴルフと同じ18ホールになった。Aコース(1~9番ホール)が387m、Bコース(10~18番ホール)が340m、全長727mのコースである。

ちなみに筆者は小学四年の時にこのコースに初めて挑戦し、Aコースの8番ホール(45m)でホールインワンした。奇しくも人生初のパークゴルフ・ホールインワンであった。

>>「つつじコース」の紹介記事はこちら


現在日本全国に、910個のコースがある(2004年3月現在、国際パークゴルフ協会算出)。
ルールは、ほぼゴルフと同じ。使われる道具は、専用のクラブ一本とボールとティー。
ボールはゴルフボールよりも大きく、ゴムやシリコン製のティーは地面には刺さずに
置いてセッティングできる形をしている。


コースは、ゴルフよりも短く、発祥の地である幕別の「つつじコース」に
則り、パー数は18ホール66打である。国際パークゴルフ協会の
範囲内では1ホールの距離は100mまで(9ホールで500m以内)と
しており、パー3~5に設定されている(ただし、せたな町北檜山区の
北檜山グリーンパークには、190mパー6のホールがあるなど
例外もある)。
ホール(カップ)の大きさは直径20cm~21.6cm。中央にピン(旗)が固定されている。

コース料金は全体的に500円程度がほとんど、高くても1500円くらい。
無料のコースもある(道東方面は比較的安い料金が多い)。そのため
ゴルフと比べ安いうえ、予約などもいらないため手軽に
プレイできるのが特徴である。

貸し用具は、有料でレンタルできるコースが多い。しかし、コースによっては貸し用具そのものがないこともあるので注意。

スポンサーサイト

しゅんY12

北海道空知管内の某所にて出身。
小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたような、
クラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。

私のブログではパークゴルフ場の紹介(北海道道央中心)を
することがメインとなっています^^

他、ゴルフゲーム/レースゲーム/クリエイト系ゲーム。
たまーに任天堂系。(マリオ、ポケモン、カービィ)
そして、「The Golf Club」や「エンジョイゴルフ」で自作のゴルフコースを創ることが趣味。