No.203 帯広市・帯広の森パークゴルフ場林間コース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /29 2017

●木が随所に待つ

北海道十勝管内帯広市。18H。
コース内に多数の木が待ち受ける。

2017/5/28調査 難易度4
みんごる 難易度アイコン (4) 
※難易度はしゅんY12が独自に評定したものですので、ご注意ください。

続きを読む

スポンサーサイト

No.202 帯広市・帯広の森パークゴルフ場ふるさとの森コース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /29 2017

●緩やかな傾斜中心

北海道十勝管内帯広市。18H。林の中にあるコース。

2017/5/28調査 難易度4
みんごる 難易度アイコン (4) 

※コースセッティングは調査日時点のものなので、ご注意ください。
また地元の方談、ティー位置は変えられるとのこと。

続きを読む

No.201 帯広市・緑ヶ丘公園木立の広場パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /28 2017

●コース設計は、フェアウェイ全面刈りの十勝式
典型的な「パーク」ゴルフ

帯広駅から南に2km付近のところにある。
総じて、フェアウェイは緩やかに波を打っている。

2017/5/27調査
(撮影のみ。当時雨が降っていた)
以下、コース撮影のレポート。合計7H。

続きを読む

上士幌町・航空公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
07 /18 2016
●終始起伏が待ち受け、ボールの転がり方を読む戦略も試される

上士幌航空公園PG
北海道十勝管内上士幌町。しらかばOUT/IN、すずらんOUT/INの計36ホール。
このコースは林間に作られ、林と林の間にコースがあったりもする。
起伏が強いホールが多く、どうボールを走らせるか悩む。
ただ、十勝のコースなだけに芝が全面刈りでラフがないのが救い。

難易度:>>>>>>>>>>



しらかば06 
しらかば6 45m/par4
右傾斜があり、小さな砲台グリーンを目指す。
右奥はOBなので十分に注意したい。オーバーは厳禁。

しらかば07-1
しらかば7 75m/par5
林の間を抜けて右に曲がっていく。右傾斜に注意。

しらかば07-2
グリーン側からの撮影。

しらかば9
しらかば9 ※グリーン側から撮影
このホールも林の間を抜けていく緑豊かなホール。

しらかば11
しらかば11 36m/par3
馬の背状のコース。狙った場所に打てるショットが必須になる。

しらかば13
しらかば13 65m/par4
右ドッグレッグのホール。
ここでは右に強く傾いた傾斜を狙って攻めていく。 

しらかば15
しらかば15 80m/par4
大きな起伏があるロングホール。
撮影日は霧雨であり、悪天候にやや弱い筆者は何とかボールを上げる技術でかいくぐった。

しらかば17
しらかば17 32m/par3
マウンドを越えた後、左側にバンカーがある。

しらかば18
しらかば18 73m/par5 
巨大砲台グリーンを狙っていく。強めのショットが必要。

すずらん01
すずらん1 65m/par4
大量のマウンドが待ち受ける。
なるべくなら真っ直ぐに打ちたい。

すずらん03
すずらん3 35m/par3
高台に向かって打つホール。雨の日は強く打つように。

すずらん04
すずらん4 51m/par4
窪地⇒大きなマウンド⇒窪地⇒グリーン と進んでいくホール。
ボールの走り方をうまく予想したい。

すずらん07
すずらん7 43m/par3
左に強い傾斜があるホール。右にこぼしても駄目。
的確なショットが必要。

すずらん09-1
すずらん9 81m/par5
右傾斜のさきにグリーンがある。

 すずらん09-2 
グリーン側から撮影。
近くにマウンドとバンカーもあることが分かる。

すずらん12 
すずらん12 38m/par3
左のくぼ地を確実にかわしたい。

すずらん13
すずらん13 ※グリーン側から撮影している 
グリーン近辺は起伏がきつい。またインを狙いすぎるとOB。

すずらん14 
すずらん14 42m/par3
マウンドからの打ち下ろしになるホール。グリーン奥への飛びすぎ注意。

すずらん18 
すずらん18 74m/par5
左傾斜に注意してショットを放ちたい。最終ホールで左のやぶには入れたくない。

最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事が良いね、等と思われましたらモチベーション向上のためにも拍手を一回押して頂けると嬉しいです。

士幌町・しほろ温泉パークゴルフ場(下居辺運動公園パークゴルフ場)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
07 /18 2016
●十勝のコースらしいフェアウェイ全面刈りのコース

士幌町しほろ温泉PG (1) 
北海道十勝管内士幌町。36ホール。スコアカードはホテル内の受付で購入(30円)
道の駅しほろ温泉「しほろ温泉プラザ緑風」の奥にあるコース。
林間コースでA-8番は池を抱えているホールでもある。

難易度:>>>>>>>>>>



士幌町しほろ温泉PG (2) 
A-1 36m/par3
大きな打ち下ろしから始まるコース。

士幌町しほろ温泉PG (3)
A-2 30m/par3
砲台グリーンを狙う。とはいえ大きいのでしっかり狙ってバーディ奪取。

士幌町しほろ温泉PG (4)
A-8 40m/par4
このホールは池を抱えた右ドッグレッグのホール。
痛恨の池ポチャに注意。

士幌町しほろ温泉PG (5)
B-9 98m/par5
真っ直ぐに飛ばしたい。ラフもないので気持ちいいが、外れると木にぶつかる危険がある。

士幌町しほろ温泉PG (6)
C-1 50m/par4
やや右傾斜、左から食い出てるOBが狙い目を狭くする

士幌町しほろ温泉PG (7)
C-6 46m/par4
距離は短いが、中央の木およびグリーン右手前のバンカーに注意。

士幌町しほろ温泉PG (8)
D-1 37m/par3
グリーンが盛り上がり、奥にこぼすと厳しくなる。

士幌町しほろ温泉PG (9)
D-4 43m/par3
グリーン手前で打ち下ろしになっている。グリーンは横に長い。
撮影日は左側にピンが切ってあった。

士幌町しほろ温泉PG(D-9) 
D-9 62m/par5
マウンドを越えて、皿を伏せたような丸いグリーンを目指すホール。
この距離ならワンオンアルバも可能だが、ちょっとのコントロールミスで泣きを見るかもしれない。


厚岸町・宮園公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /29 2015
●数多のバンカーに対し、いかに立ち向かうか

特急スーパーおおぞら等を利用した道東遠征2015秋、収録1日目に訪れたコース。
かもめ/かき/あやめ/さくらの4コース36H。
どのコースもバンカーを多数用意し、正確なショットが出来ないと淵に舐められてボールをはじき出されやすい。

s-DSC06333_2 厚岸宮園公園PG クラブハウス
クラブハウス

厚岸-a-宮園公園パークゴルフ場 かもめ・かきコース_2
北側にかもめ・かきコースがある

厚岸-a-宮園公園パークゴルフ場 あやめ・さくらコース
南側にあやめ・さくらコース。

2015/9/26調査
難易度:>>>>>>>>>>



厚岸-b-宮園公園かもめ (1)
かもめコース入り口

厚岸-b-宮園公園かもめ (2)
かもめ-2 25m/par3
グリーン右手前に木。グリーン奥にOB。ピン位置が右だとやや難しい。

厚岸-b-宮園公園かもめ (3)
かもめ-3 80m/par4
途中に右傾斜があるのと、グリーン右手前がラフがせり出している。

厚岸-b-宮園公園かもめ (4)
かもめ-7 60m/par4
右にOBの植栽エリア。やや右に傾斜。左側に木。

厚岸-b-宮園公園かもめ (5)
かもめ-8 48m/par4
きつい右ドッグレッグ。コーナー内側に大きなバンカー。ロブorライナーで越すか、強く打って転がしてバンカーを越すか。

厚岸-c-宮園公園かき (1)
かき-4 95m/par4
真っすぐに広めのフェアウェイが伸びる。力むとコントロールが乱れてしまうが、3打で上がりたい。
(※筆者はロングヒッターではないです。75m飛ばすのもやっとなレベルです、正直)

厚岸-c-宮園公園かき (2)
かき-5 25m/par3
グリーン側からの撮影。途中の木をかわしてグリーンにオン。
しかし、グリーン奥にはOBエリアが待っている。

厚岸-c-宮園公園かき (3)
かき-6 55m/par4
やや右に曲がる。正直にコースどおり攻めると、コーナー奥のバンカーに吸われやすい。

厚岸-c-宮園公園かき (4)
かき-7 30m/par3
やや登りのホールだ。幅の広いグリーンはピンポジションで戦略が変化。
左にピンが振られていれば、やや深めのバンカーに注意。右ならば、植栽を避けるショットをしていこう。

厚岸-d-宮園公園あやめ (1)
あやめ-3 60m/par4
コーナー付近のショートカット防護柵と左奥バンカーに注意。それでもショートよりはオーバーの方がいい。

s-DSC06337 厚岸宮園PG あやめ-4
あやめ-4 80m/par4
右に曲がる。折れてからの距離が長く4個のバンカーが待っており、コース中央を通さないとバンカーの淵に回されがち。3で上がるのはとても難しい。

厚岸-d-宮園公園あやめ (2)
あやめ-6 30m/par4
かなり短いパー4。パー数がどうのこうのよりも2打で上がることを重視したい。
細いフェアウェイに深いバンカーがギリギリまで絡んでいる。

s-DSC06339 厚岸宮園PG さくら-入り口
さくらコース入り口

厚岸-e-宮園公園さくら (1)
さくら-3 50m/par4
グリーン右手前に木。バンカーも絡んでいる。それでも、可能ならば2打で上がれそうだ。

厚岸-e-宮園公園さくら (2)
さくら-4 95m/par4
3個のバンカーが待つホール。ここも4打を叩きやすいホール。ハードヒッター向けなのは間違いないだろう。

厚岸-e-宮園公園さくら (3)
さくら-5 45m/par4
鋭い右ドッグレッグのホール。柵がコースを護っているので、左奥につける感じで攻めたい。
左傾斜でラフに入りやすいが、ショートして2オンを阻まれるよりはマシだ。

厚岸-e-宮園公園さくら (4)
さくら-6 50m/par4
打ち上げのホール。見た目以上のパワーが必要。絶妙な距離感を求められる。

s-厚岸宮園PG さくら-7
さくら-7 45m/par3
景色のいいホール。下りで、途中に木がある。

厚岸-e-宮園公園さくら (5)
さくら-8 45m/par3
引き続きの下りホール。左傾斜とバンカーがあるので、これを見据えた立ち回りをしていきたい。

幕別町忠類・ナウマン公園パークゴルフ場 チャンピオンコース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /23 2015
●究極の難関!パークゴルフの限界を乗り越えろ!

s-ナウマン公園PGチャンピオン (1)
忠類が幕別町に合併して10年弱・・・

国道236号線、道の駅忠類の奥手にあるパークゴルフ場。「ファミリーコース」も近くにある。
本記事ではチャンピオンコース18Hを考察。

s-s-ナウマン公園PGチャンピオン (1-1)
↑看板の老朽化が残念・・・

うねりこんだ起伏、アゴの高いバンカーはあの「しらぬかパークゴルフinチャロ」を連想させる。
さらに18Hでありながら距離は1100m。AもBも550mあり、国際公認範囲(※)を大きくオーバーしている。公認は度外視であり、難易度に追求さをかけたコースである。

さまざまな、100以上のパークゴルフコースを目の当たりにした私からみても、これは難易度10を認めることができるだろう。
後述する各ホールのレイアウトといい、設計者は良くこんなコースを考え付いたなという感じがひしひし伝わる。

※「9ホールは500m以内」と定められている

難易度:>>>>>>>>>>(最高クラスの難易度!)



s-ナウマン公園PGチャンピオン (2)
A-1 100m/par5
左に2回折れ曲がる。コーナーイン側にバンカーがあり、ショートカットルートは注意。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (3)
A-1グリーン。早速アゴの高いバンカーが3個

s-ナウマン公園PGチャンピオン (4)
A-2 33m/par3
うねった起伏が待ち受ける。真っすぐ中央を通していきたい。深いバンカーが何個も待っている。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (5)
A-3 75m/par4
左曲がりの馬の背フェアウェイ式のコース。下りになっている。コントロールが求められる。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (6)
A-5 66m/par4
右曲がりのパー4。途中にバンカーがあり、うねりが徐々に強くなり、グリーン近辺にもバンカーがある。
起伏が強いのでどう走らせるか、どこまで上げ球で攻めるかなどを考えなければならない。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (7)
A-6 57m/par3
グリーン側から撮影。距離の長いパー3。グリーンに大量のバンカーがあり、どれも深い。
グリーンの中央に居座るものまである。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (8)
A-8 43m/par3
これもグリーン側から撮影。うねったフェアウェイが続く中、4個のバンカーに囲まれた盛り上がったグリーンにアタックする。傾斜の読みがなにより大事だ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (9)
A-9 68m/par4
打ち上げ、右にやや曲がるパー4。コーナー内側のバンカーをうまくかわせるライナーボールで攻められれば、1オンも狙える。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (10)
B-1 100m/par5
A-1と似たような設計をしている。フェアウェイの幅の広さを生かして、3打か、悪くても4で上がっておきたいレベル。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (11)
B-2 30m/par3
打ち上げショートホール。バンカーの数は多くても、入れなきゃいいと割り切り、コースの中央からやや右を攻める。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (12)
B-4 38m/par3
グリーン側より撮影。ここは最大限のコントロールが求められるホールだ。
やや打ち上げ、左右にとんでもなく深いグラスバンカーが仕掛けられている。
周りのバンカーは深いので、中央を攻めて2か3であがりたい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (13)
B-5 80m/par4
グリーン側から撮影。大きく打ち下ろして左に曲がるパー4。
コースにいたるところに起伏があり、跳ねやすい。グリーン周りも徹底してバンカーが守っており、まるで要塞のようだ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (14)
B-6 71m/par4
右傾斜をしっかり乗り越えて、ここは強気に攻めていきたいホールだ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (15)
B-8 32m/par3
グリーン側から撮影。細いフェアウェイの中、グリーン左手前の窪地をかわして上手くオンさせたい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (16)
B-9 79m/par4
うねる起伏を打ち下ろしていく最終ホール。バウンドも激しい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (17)
こちらはグリーン奥から撮ったものだ。グリーンは大きく盛り上がっており、最後まで隙を与えない設計。

しゅんY12

北海道某所にて出身。
小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたような、
クラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
私のブログではパークゴルフ場の紹介(北海道道央中心)を
することがメインとなっています^^

他、ゴルフゲーム/レースゲーム/クリエイト系ゲーム。
特にコース造れるゴルフゲームが好きです。