No.280 釧路市・高山の森パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /30 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●全4コースとも500m。起伏も手ごわい

kushiro takayama-A (1) 
北海道道東、釧路。36ホール。
Aカラマツコース、Bシラカバコース、
Cミズナラコース、Dアオダモコースで構成される。

やっかいなのは全てが500mとロングホールであり、
起伏も厳しく、Aコース等、一部ホールには木もある。
見た目通りの難関ホールが続くだろう。

随所でロングショットの技術・センスが問われる。

2018/5/26調査 難易度8
みんごる 難易度アイコン (8) 
※難易度はしゅんY12独自の解釈ですので、目安としてご覧ください。

以下コース紹介。

kushiro takayama-A (2) 
A-1 72m/par4
左ドッグレッグの距離のあるミドル。
左コーナーでバンカーが待ち受ける。かといって飛ばし過ぎてもOBがあり、冒頭から厄介だ。

kushiro takayama-A (3)
A-3 28m/par3
打ち上げのショートホール。右傾斜もある。

kushiro takayama-A (4)
A-4 50m/par3
距離のあるショート。右傾斜もあり、その先にOBがあるため厄介だ。

kushiro takayamanomori A-6 
A-6 100m/par5
コース中央に3本の木が待つロングホール。
左も右も難解な傾斜が待っており、ここで3を取れれば非常においしい。

kushiro takayama-A (6)
A-7 70m/par4
左の木に当たらないように、左側を狙っていきたい。右傾斜もあるからだ。

kushiro takayama-B (1)
B-1 100m/par5
左ドッグレッグのパー5。しかしやっかいなのは左だけでない。
右にもOBがあるのだ。コースは蛇行しており、ただコース通りに飛ばそうとすれば、泣きを見てしまうだろう。

kushiro takayama-B (2)
B-4 95m/par5
下りのパー5。B-1と比べて難易度は低め。ぜひイーグルを狙っていこう。

kushiro takayama-B (3)
B-7 50m/par3
グリーン側から撮影。
この距離のあるショートホールは、写真右側のバンカー(ラフの茂みで見えない)をしっかりかわすことが重要だ。

kushiro takayama-B (4)
B-9 45m/par3
右に傾いでいるホール。左側を狙って打っていこう。

kushiro takayama-C (1)
C-3 60m/par4
コースの幅が狭く、左のOBに向かって傾斜している。自信がなければ手前に停めて、2オン1パットのバーディ確保といこう。

kushiro takayama-C (2)
C-5 66m/par4
左右にバンカーのある打ち上げホール。グリーンが少し盛り上がっている。

kushiro takayama-C (3)
C-8 69m/par4
打ち上げで飛距離が伸びず、右に逃げる傾斜があるホールとなる。
右に逸れ過ぎるとOB。かといって左にもバンカーがある。
1打目で55m付近の左コーナーに付けたいが、かなり難しい。

kushiro takayama-D (1)
D-1 65m/par4
左に傾斜したホール。コースも左に曲がっている。しっかりと打って、2を狙っていきたい。

kushiro takayama-D (2)
D-3 100m/par5
右がOBの打ち下ろしパー5。
OBこそあるが、イージーなパー5と言える。イーグルを狙おう。

kushiro takayama-D (3)
D-5 53m/par4
右に傾斜し、その後登りになるミドルホール。
1打目で少なくとも、右傾斜地帯を越えていきたいところ。

kushiro takayama-D (4)
D-7 53m/par3
右傾斜と奥傾斜が複合している、距離のあるショート。
左側を走らせないと、グリーンには乗らない。

kushiro takayama-D (5)
D-9 28m/par3
グリーン側から撮影。最終ホールは左傾斜に注意だ。



kushiro takayama-D (6)
初見でのスコア。

この難関コースに対し、しゅんY12も予想通りの苦戦を強いられたが、フェアウェイが整備されていてプレーしやすかったのが救いだろう。2で上がれたホールもいくつかあった。結果は119打。

スポンサーサイト

No.279 釧路市・新釧路川緑地河畔パークゴルフ場(タンチョウ・アオサギコース)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /30 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ほぼ平坦な初級者向けコース。ただしOB注意

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (1) 
北海道道東、釧路市。タンチョウAB、アオサギABの36H。
平坦なコースでOBがいくつかある程度で、初級者向けのコース。
しかしそれだけにミスは許されず、2打で上がれるホールを
多くとりたいところだ。
(本稿では、便宜上ホール番号を連番で書いています)

2018/5/26調査 写真撮影のみ

以下一部ホール紹介。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (2)
タンチョウ6 62m/par4
グリーン手前に起伏。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (3)
タンチョウ7 51m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (4)
タンチョウ8 100m/par5
真っ直ぐに思い切り飛ばせるパー5。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (5)
タンチョウ17 57m/par4
左に曲がるミドルホール。コーナー内側にOBあり。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (6)
アオサギ1 50m/par4
小さくこんもりとしたグリーンがかわいいが、パットミスに注意。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (7)
アオサギ3 50m/par4
グリーン左手前に窪地、グリーンオーバーでOB。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (8)
アオサギ5 47m/par4
ネットが邪魔をする左ドッグレッグの短いミドルホール。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (9)
アオサギ14 60m/par4
途中に盛土があるが、それ以外はほぼ平坦。

新釧路川河畔タンチョウ_アオサギ (10)
アオサギ16 70m/par4
左右に待つOBは、無いものと見たい。真っ直ぐに打って3打以内で上がろう。

No.278 釧路市・武佐パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /29 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●1つのティーに2つのピン。変則だが36Hも楽しめる

kushiro musaPG-OUT (1) 
北海道道東、釧路市。
18H(1つのティーに2つピンがあるので、36Hとも取れる)。
緩やかな傾斜に起伏を多少盛り込んだコースとなっている。

2018/5/26調査 写真撮影のみ

以下コース紹介。

kushiro musaPG-OUT (2) 
1H 70m/par4
桜の木が中央に待ち受ける、右ドッグレッグの長距離ミドルホール。

kushiro musaPG-OUT (3)
3H 45m/par4
20m付近にある、コース中央の段差に引っかかると、ボールがあらぬ方向に行ってしまいやすい。

kushiro musaPG-OUT (4)
8H 50m/par4
左がOBのやや上りのミドルホール。ピン位置が右の時はOBに特に注意が必要。

kushiro musaPG-OUT (5)
9H 90m
グリーン側から撮影。ピンとピンの間にバンカーがある、真っすぐなロング。

kushiro musaPG IN (1)
12H 50m/par3
距離のあるパー3。
グリーン近辺の木に注意。また、右を狙いすぎるとOBに行ってしまう。

kushiro musaPG IN (2)
13H 40m/par3
中央にこんもりと盛り上がったマウンドが二つ。それがトレードマークのショートホールだ。

kushiro musaPG IN (3)
17H 40m/par3
写真ではわかりづらいが、細々とした起伏があるので注意。

kushiro musaPG IN (4)
18H 50m/par4
狙うピン位置によって、2打目が狙う方向が正反対となる、珍しいホール。
それだけに、OBなどに嵌っている暇はない。

No.277 釧路市・太平洋炭礦パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /28 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●おおむね平坦な36H

北海道釧路市。36H。
雲雀丘パークゴルフ場とも呼ばれる。
これといった特徴はなく、強いて言えばアップダウンが一部にある程度。

2018/5/26調査 写真撮影のみ

北と南コースが18Hずつある。

kushiro taiheiyotankoPG (1) kushiro taiheiyotankoPG (2)
北-2 57m/par4
やや打ち上げのパー4。

kushiro taiheiyotankoPG (3) 
北-9 90m
グリーン側から撮影。グリーン手前で上り坂となる。

kushiro taiheiyotankoPG (4) kushiro taiheiyotankoPG (5)
北-10 90m/par5
打ち下ろし。とはいえ道中は平坦なコースとなっている。



※南コースは概観のみとさせていただきます

kushiro taiheiyotankoPG (7) 
南コース(OUT方面)

kushiro taiheiyotankoPG (6)
南コース(IN方面)
写真左手前の旗竿は18番ホールのピン。

No.276 根室市・根室市パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /27 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●アップダウンや激しい起伏が特徴の36H

nemuroPG (1) 
北海道(根室管内)根室市。36H。
A・Bコース(オホーツクOUT・IN)と、
C・Dコース(パシフィックOUT・IN)の合計36ホール。
緩やかな傾斜からきつい傾斜まで、丘陵地を活かしたコース設計となっている。

2018/5/25調査 難易度7
みんごる 難易度アイコン (7) 
※難易度はしゅんY12独自の解釈ですので、目安でお願いします。

以下、コース紹介。

nemuroPG (1A2) 
A-2 25m/par3
少し下っているホールで、グリーンは若干盛り上がっている

nemuroPG (2)
A-8 30m/par3 
やや左にドッグレッグするホール。ラフのマウンドで勢いが殺されないように注意

nemuroPG (3)
B-2 45m/par4
強い打ち上げに加えて、右に流れる傾斜もある。

nemuroPG (4)
B-3 35m/par3
下りのホールで、グリーンをオーバーするとあれよという間に奥へ転がってしまうのだ。

nemuroPG (5)
B-4 55m/par4
このミドルホールは、強い打ち上げと左傾斜によって構成される。右奥に強く打ち込めるかどうかにかかっている。

nemuroPG (6)
B-6 35m/par4
目測だけで見てみれば、50m~60mくらいあるホール。下り傾斜で、右にも流れている為、ワンオンが狙える。

nemuroPG (7)
B-9 50m/par3
距離のあるパー3。フェアウェイは中央がへこんだすり鉢状コースだ。

nemuroPG (8)
C-1 45m/par4
パシフィックコースのスタートホールは、波を打つような起伏が待ち受ける。

nemuroPG (9)
C-4 100m/par5
最長のコース。フェアウェイは広いが、起伏に富んでいるコース設計となる

nemuroPG (10)
C-8 40m/par3
やや左に曲がっている起伏に富んだホール。

nemuroPG (11)
C-9 55m/par5
パー5にしては距離は控えめ。但し右ドッグレッグとなっており、グリーンの前に堂々とOBエリアが陣取っている。
ちなみにOBのすぐ右を通す荒業もできるが、コントロールと高いショットの両方が求められる上級者コースとなる。

nemuroPG (12)
D-4 40m/par4
OBのネットに気を付けつつ、左傾斜を下りていこう。

nemuroPG (13)
D-5 60m/par4
このコースは左傾斜が非常に強烈。右側に強くショットして果敢に攻略。

nemuroPG (14)
D-9 80m/par5
打ち上げのロングホールとなる。グリーンは皿を伏せたような形状だ。



ちなみに私のスコアは
28-30-35。93打となった。
残念ながらDコースは想定外の悪天候で中止。撮影だけにとどまった。

今回の道東遠征では、根室編は3人のかたとラウンド出来た。
調査に協力して下さった方々に感謝申し上げます。

No.275 根室市・根室総合運動公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
05 /27 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●緩い傾斜地にあるコース

nemuro sougou undouPG (1) 
北海道(根室管内)根室市。18H。
緩やかな傾斜が中心だが、B-9番のように大きなマウンドが
盛り込まれているホールもある。

2018/5/24調査 難易度5
みんごる 難易度アイコン (5) 
※難易度はしゅんY12の独自の解釈なので、ご注意ください

以下コース紹介。

nemuro sougou undouPG (2) 
A-1 66m/par4
左にほぼ直角に曲がるホール。右から左に流れる傾斜もあるので、強めに打っておきたい。

nemuro sougou undouPG (3)
A-3 43m/par4
下りでイーグルも狙いやすいが、オーバーしてOBに突っ込まないように。

nemuro sougou undouPG (4)
A-5 79m/par4
距離のあるミドル。左傾斜が続いた後、強い下り傾斜がある。

nemuro sougou undouPG (6)
A-9 63m/par4
左に逃げる傾斜がある、ネットが邪魔な右ドッグレッグのホール。

nemuro sougou undouPG (11)
B-3 85m/par4
左ドッグレッグの緩い下りホール。左右にOBがある難所。

nemuro sougou undouPG (12)
B-5 44m/par3
グリーン側から撮影。やや上りのホール。グリーンは盛り上がっている。

nemuro sougou undouPG (13)
B-6 71m/par4
右傾斜が絶えずあるホール。ティーの向きも変えられているので、上手く方向調整しよう

nemuro sougou undouPG (14)
B-9 57m/par4
下った後に大きなマウンドを越えてグリーンを目指す最終ホール。

nemuro sougou undouPG (SC) 
筆者の記録(初見)。
31-29 60打。2を取れた箇所もあったが、イレギュラーな芝もあってイージーバーディを逃した点があった。

No.264 音更町・駒場北緑地パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
10 /15 2017
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●芝状態のよい、緩やかな起伏や植栽OBもあるコース

北海道十勝管内音更町。36H。
適度な起伏と距離のあるホールが特徴。各ホールは40~60m台のホールが多い。

ちなみに、何故だかA-9番は70mのパー3である。

2017/10/15調査 難易度5
みんごる 難易度アイコン (5) 
以下、コース紹介に入る。

続きを読む

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。
画像は問題があったら消します。