FC2ブログ

No.382 本別町・パークゴルフ仙美里天の川コース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /03 2019

●星形の岩や天の川を模したバンカーが特徴

北海道十勝管内本別町。27H。
冒頭でも述べた通り、コース名にあるように星型の岩や、
それに付随するバンカーが、天の川らしさを醸し出している。
コースの入口には樹齢のあるハルニレがある。

senbiriamanogawa_PG(A) (1)

ちなみに十勝のコースによくある通り、ラフは無い。フェアウェイ全面刈りのコースだ。

2019.8.1収録 写真撮影のみ


senbiriamanogawa_PG(A) (2)
A-2 72m/par4
左ドッグレッグの長めのパー4ホール。左側はOBとなっている。


senbiriamanogawa_PG(A) (3)
A-5 52m/par3
下りになっている距離の長いパー3。


senbiriamanogawa_PG(A) (4)
A-8 63m/par4
天の川バンカーが右側にある、右ドッグレッグのホール。


senbiriamanogawa_PG(A) (5)
A-9 68m/par4
天の川バンカーが引き続きプレーヤーの行く手を阻む。
せり出すバンカーの影響によって、コースが蛇行しているのだ。


senbiriamanogawa_PG(B) (1)
B-2 36m/par3
きついダウンヒルのホール。


senbiriamanogawa_PG(B) (2)
B-6 70m/par4
神社を奥に見るホール。グリーン手前で右に曲がる。


senbiriamanogawa_PG(B) (3)
B-7 53m/par4
窪地に横たわるような感じのミドルホール。左に流されやすい。


senbiriamanogawa_PG(B) (4)
B-9 62m/par4
右側にバンカーがある、右ドッグレッグの打ち上げホール。


senbiriamanogawa_PG(C) (1)
C-2 43m/par4
ほぼ平坦なコース。グリーン奥にOBがある。


senbiriamanogawa_PG(C) (2)
C-6 42m/par5
左にOB、右に太い木、とは言えこの距離で何故かパー5である。
奪え、アルバトロス。


senbiriamanogawa_PG(C) (3)
C-7 47m/par4
グリーン側から撮影。
左ドッグレッグの登りのホールになっている。コース左右がOBになっている。
C-6番より距離があり且つ、ドッグレッグでありさらにOBもあるが、なぜかパー4だ。


【余談】
パークゴルフ上級者にとっては、「par」は名ばかり!?
確かに、上述したように距離が短いパー5もある。しかし…。

何故ならばパークゴルフのエリートたちは距離に拘わらず「各ホールを3打までで上がる」ことが常識となっているのだ。
同じ十勝の音更町には駒場北緑地パークゴルフ場があるが、ここには、67mのパー5もあれば、70mのパー3もある。後者は飛ばせないとまずバーディは困難なのだ。

スポンサーサイト



No.381 本別町・義経の里パークゴルフ場(本別公園)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /03 2019

●本別公園内の傾斜のあるコース

honbetu_yoshitune_PG (1)
北海道十勝管内本別町。18H。
本別公園の傾斜地帯に18ホールが展開されている。
「義経」「静」の2コースで構成される。
フェアウェイは全面刈り。

2019.9.1収録 写真撮影のみ


honbetu_yoshitune_PG (2)
義経-1 29m/par3
若干の打ち上げのパー3。


honbetu_yoshitune_PG (3)
義経-2 58m/par4
引き続き打ち上げのパー4。左側にタイヤの障害物があるが、大きく引っかけない限り問題ないだろう。


honbetu_yoshitune_PG (4)
義経-6 80m/par5
打ち上げのパー5。若干、右傾斜もある。


honbetu_yoshitune_PG (5)
義経-9 65m/par4
下りのホール。若干左傾斜もある。


honbetu_yoshitune_PG (6)
静-2 67m/par5
左ドッグレッグホール。左傾斜を上手く読んで寄せていこう。


honbetu_yoshitune_PG (7)
静-3 42m/par4
土手の上のグリーンを狙う打ち上げホール。


honbetu_yoshitune_PG (8)
静-6 45m/par4
下りのホール。グリーン前には木がある。
グリーンを少しでもオーバーするとOBになるので注意。


honbetu_yoshitune_PG (9)
静-7 23m/par3
グリーン側から撮影。土手から打ち下ろす下りのパー3。
飛び過ぎないように注意が必要だ。


honbetu_yoshitune_PG (10)
静-8 60m/par4
グリーン側から撮影。
グリーン手前で打ち上げになっている。ピンの近辺には木もあるので注意する。

No.380 本別町・パークゴルフ勇足(ゆうたり)銀河コース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /02 2019

●旧ふるさと銀河線 勇足駅隣のコース

honbetu_yuutariginga_PG (1)
北海道十勝管内本別町。18H。
今は廃止となったふるさと銀河線の勇足駅の隣にA・Bコースがある。
緩やかな傾斜があり、小山の上にグリーンがあるホールもある。

2019.9.1収録 写真撮影のみ


honbetu_yuutariginga_PG (2)
A-1 35m/par3
若干の打ち上げのスタートホール。


honbetu_yuutariginga_PG (3)
A-4 45m/par4
途中に大きな起伏を越えて攻めるパー4。


honbetu_yuutariginga_PG (4)
A-7 39m/par3
左傾斜のきつい土手が厄介な打ち上げのパー3。


honbetu_yuutariginga_PG (5)
A-9 50m/par4
右傾斜のあるパー4。


honbetu_yuutariginga_PG (6)
B-1 50m/par3
駅の裏手の距離のあるパー3。左傾斜となっている。


honbetu_yuutariginga_PG (7)
B-3 50m/par4
土手の影響で右に強く傾斜している。


honbetu_yuutariginga_PG (8)
B-4 34m/par4
高い砲台グリーンを狙うことになる、ある意味で名物ホール。


honbetu_yuutariginga_PG (9)
B-8 70m/par5
左傾斜があるパー5。


honbetu_yuutariginga_PG (10)
B-9 46m/par4
左傾斜のある土手と木が厄介。左に流されやすい。

No.379 (北海道十勝管内)池田町・北部地域パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /01 2019

●フェアウェイは全面刈り、それでも起伏のきつい難コース

ikeda_hokubutiiki_PG (1)
北海道十勝管内池田町。18H。
どのホールにも傾斜やうねりがありホールによってはバンカーもある。
フェアウェイは全面刈りなのでラフ無し。飛ばす爽快感を
味わえるホールもある。

2019.9.1収録
コース難易度:★★★★★★★☆☆☆
難易度はしゅんY12独自の見解です。赤い星が多いほど高難易度です。難易度の感じ方には個人差がありますので、何卒ご了承ください。


ikeda_hokubutiiki_PG (1_A-2)
A-2 100m/par5
ほぼ平坦だが、50m付近右側にバンカーが仕掛けられている。


ikeda_hokubutiiki_PG (2)
A-3 70m/par4
距離のあるパー4。大きな起伏により右に傾斜している。


ikeda_hokubutiiki_PG (3)
A-6 30m/par3
右傾斜と、バンカー絡みのショートホール。
同コースでは、数少ない30m台のホールでもある。


ikeda_hokubutiiki_PG (4)
A-7 50m/par3
長めのパー3。グリーン手前に4本の木が待ち受ける。
傾斜を使うか、直接間を抜くか判断を迫られる。


ikeda_hokubutiiki_PG (5)
A-9 50m/par4
左ドッグレッグのホール。
ここは左右両方がOBになっており、25m付近の木の右はバンカーがある(木の陰で見えにくいが)。


ikeda_hokubutiiki_PG (6)
B-3 70m/par4
打ち上げであり、距離もあり、グリーンが大きな丘に重なっている難しいホール。1打目をなるべく飛ばしておきたい。


ikeda_hokubutiiki_PG (7)
B-4 60m/par4
強い右傾斜のあと、グリーン手前のバンカーを超えて攻めていく。


ikeda_hokubutiiki_PG (8)
B-6 30m/par3
グリーン側から撮影。
マウンドを越えた先にピンがあるので、奥に下るグリーン(通称:逆受けグリーン)でありボールが止まりにくい。しかもティーからはピンが見えづらい。
短いけど2打では上がりづらいホールとなる。


ikeda_hokubutiiki_PG (9)
B-8 50m/par3
下りの距離のあるパー3。
グリーン前にはバンカー、グリーンをオーバーするとOB。


ikeda_hokubutiiki_PG (10)
B-9 60m/par4
右側にある山の影響で左傾斜・左ドッグレッグのホールとなっている。
途中にはバンカーもある。引っ張りすぎてでのOBにだけ気を付けよう。


No.378 釧路市阿寒町・阿寒運動公園パークゴルフコース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /27 2019

●18ホールだが、何故かCコースとDコースになっている

北海道釧路市阿寒町。18H。
18ホールのコースなのだが、CコースとDコースになっている。
AとBコースは何処へやら…?

基本的には平坦なホールが多いが、一部ホールは林間だったり、小高い丘を攻めるホールもある。念のため、どこも調べてみたが、AとBコースは存在しない。
当サイトでは、表記通りにCとDコースで紹介する。

akan_spt_park_PG (1)
↑ コース入り口

2019.8.25収録 撮影のみ



akan_spt_park_PG (2)
C-6 49m/par4
右傾斜しているホールであり、数本の木が行く手を阻む。


akan_spt_park_PG (3)
C-7
グリーン側から撮影。右に曲がるホールになっている。


akan_spt_park_PG (4)
C-8 46m/par3
コース左側とグリーン奥がOBとなっている。


akan_spt_parkPG (10)
D-2 50m/par4
コースがやや左に傾斜し、その左側にはOBがある。


akan_spt_parkPG (11)
D-6
グリーン側から撮影。
小高い丘を攻めるため、打ち上げで進むホールになる。


akan_spt_parkPG (12)
D-7 25m/par3
丘の傾斜により、ボールが右にこぼれやすい。


akan_spt_parkPG (13)
D-8 98m/par5
真っすぐに伸びるロングホールだが、コースは左に傾斜。
その左側には、OBが絶えずある。

No.377 釧路市阿寒町・高原パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /25 2019

●70m以上のホールが多数あるスタミナ勝負のコース

北海道釧路市阿寒町。36H。
草原ゾーン(A)・大平原ゾーン(B/C)・湿原ゾーン(D)からなる広大なパークゴルフ場。パーは9Hで36、ゴルフ規格と同じパー144となる。

コースの広さも他を圧倒するダイナミック。
傾斜はやや少なめだが、距離があるのでスタミナ切れには本当に注意が必要だ。


2019.8.25収録
コース難易度:★★★★★★★☆☆☆
難易度はしゅんY12独自の見解で10段階で付けております。赤い星の数が多いほど高難易度です。難易度の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。


akan_kougen_PG(A) (1)
A-1 76m/par4
右ドッグレッグのスタートホール。コーナー付近には、木や起伏がある。


akan_kougen_PG(A) (2)
A-2 77m/par4
若干打ち上げのパー4。左から林がせり出す。


akan_kougen_PG(A) (3)
A-6 58m/par3
パー3ながら58mもある。しかし平坦に近いので、強めのショットでバーディ狙い。


akan_kougen_PG(A) (4)
A-8 95m/par5
やや右に曲がるホール。右にはマウンドがありトレードマーク的存在。


akan_kougen_PG(B) (1)
B-1 71m/par5
あまり起伏は無い。ロングヒッターなら1オンでアルバトロスも狙える。


akan_kougen_PG(B) (2)
B-5 63m/par4
下りと右傾斜のパー4。左の藪に突っ込まないように。紛失球のおそれがある。


akan_kougen_PG(B) (3)
B-6 52m/par3
パー3だけど50mを越すロングショートホール。
若干の登りとなっており、強めのショットが必要。


akan_kougen_PG(C) (1)
C-3 57m/par4
下りと右傾斜のホール。とはいえコースは広いので、左にアドレスして傾斜に乗せよう。


akan_kougen_PG(C) (2)
C-6 46m/par3
上りのショートホール。グリーンの前にマウンドがある。


akan_kougen_PG(D) (1)
D-1 74m/par4
広めの長めのホール。収録日はマウンドの上にピンが立っていた。


akan_kougen_PG(D) (2)
D-3 78m/par4
グリーン側から撮影。マウンドを越えてグリーンに達するホールだ。


akan_kougen_PG(D) (3)
D-4 58m/par4
マウンド上にピンが立っている。グリーンをオーバーするとOB。


akan_kougen_PG(D) (4)
D-5 77m/par5
D-3番より短い為、パーの基準が分からないが、何故かパー5である。
こんもりとしたマウンドを越えて攻めていく。


akan_kougen_PG(D) (5)
D-8 63m/par3
グリーン側から撮影。
60mを越えるロングパー3。35m付近にマウンドがあるので右にアドレスして攻めよう。


akan_kougen_PG(D) (6)
D-9 75m/par5
ほぼ平坦で幅の広いパー5。
パー5とはいえど75mしかないので、飛ばし屋ならアルバトロスも十分に狙える。


【補足】
このコースは元々27ホールで営業していた。
さらに昔は130mのロングホールも存在していた。今は今日収録した通り、36Hとなっている。

No.376 釧路市阿寒町・鎮守の森パークゴルフ場(阿寒神社境内)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
08 /25 2019

●阿寒神社境内のパー72の傾斜のあるコース

北海道釧路市阿寒町。18H。
全長は1080mと長い、パーはゴルフ規格の72。
阿寒神社の境内にあり、入り口でお賽銭として300円を入れる。

akan_tinjyunomori_PG (1)
入り口付近。なお、ヒグマ出没の恐れがあり注意!



akan_tinjyunomori_PG (2)
A-1 57m/par4
若干の登りと左傾斜のスタートホール。


akan_tinjyunomori_PG (3)
A-9 122m/par5
グリーン側から撮影。打ち下ろしと左にやや曲がる超ロングとなっている。


akan_tinjyunomori_PG (4)
B-1 59m/par4
やや打ち上げのパー4。自然の中に溶け込んでいく感じ。


akan_tinjyunomori_PG (5)
B-2 93m/par5
90m以上あり、しかも登り。力強いショットで乗り切ろう。


akan_tinjyunomori_PG (6)
B-7 70m/par4
グリーン側から撮影。木が幾本も立っているので、コントロールの求められる打ち下ろしホールとなる。


akan_tinjyunomori_PG (7)
B-8 68m/par4
林を抱える左ドッグレッグの登りホール。木に当てないことが大前提、安定な攻めが重要。


akan_tinjyunomori_PG (8)
B-9 82m/par5
グリーン側から撮影。
切り株に注意。林と自然の中に溶け込んでいる緩やかな変化を持つラストホール。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。