上士幌町・航空公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
07 /18 2016
●終始起伏が待ち受け、ボールの転がり方を読む戦略も試される

上士幌航空公園PG
北海道十勝管内上士幌町。しらかばOUT/IN、すずらんOUT/INの計36ホール。
このコースは林間に作られ、林と林の間にコースがあったりもする。
起伏が強いホールが多く、どうボールを走らせるか悩む。
ただ、十勝のコースなだけに芝が全面刈りでラフがないのが救い。

難易度:>>>>>>>>>>



しらかば06 
しらかば6 45m/par4
右傾斜があり、小さな砲台グリーンを目指す。
右奥はOBなので十分に注意したい。オーバーは厳禁。

しらかば07-1
しらかば7 75m/par5
林の間を抜けて右に曲がっていく。右傾斜に注意。

しらかば07-2
グリーン側からの撮影。

しらかば9
しらかば9 ※グリーン側から撮影
このホールも林の間を抜けていく緑豊かなホール。

しらかば11
しらかば11 36m/par3
馬の背状のコース。狙った場所に打てるショットが必須になる。

しらかば13
しらかば13 65m/par4
右ドッグレッグのホール。
ここでは右に強く傾いた傾斜を狙って攻めていく。 

しらかば15
しらかば15 80m/par4
大きな起伏があるロングホール。
撮影日は霧雨であり、悪天候にやや弱い筆者は何とかボールを上げる技術でかいくぐった。

しらかば17
しらかば17 32m/par3
マウンドを越えた後、左側にバンカーがある。

しらかば18
しらかば18 73m/par5 
巨大砲台グリーンを狙っていく。強めのショットが必要。

すずらん01
すずらん1 65m/par4
大量のマウンドが待ち受ける。
なるべくなら真っ直ぐに打ちたい。

すずらん03
すずらん3 35m/par3
高台に向かって打つホール。雨の日は強く打つように。

すずらん04
すずらん4 51m/par4
窪地⇒大きなマウンド⇒窪地⇒グリーン と進んでいくホール。
ボールの走り方をうまく予想したい。

すずらん07
すずらん7 43m/par3
左に強い傾斜があるホール。右にこぼしても駄目。
的確なショットが必要。

すずらん09-1
すずらん9 81m/par5
右傾斜のさきにグリーンがある。

 すずらん09-2 
グリーン側から撮影。
近くにマウンドとバンカーもあることが分かる。

すずらん12 
すずらん12 38m/par3
左のくぼ地を確実にかわしたい。

すずらん13
すずらん13 ※グリーン側から撮影している 
グリーン近辺は起伏がきつい。またインを狙いすぎるとOB。

すずらん14 
すずらん14 42m/par3
マウンドからの打ち下ろしになるホール。グリーン奥への飛びすぎ注意。

すずらん18 
すずらん18 74m/par5
左傾斜に注意してショットを放ちたい。最終ホールで左のやぶには入れたくない。

最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事が良いね、等と思われましたらモチベーション向上のためにも拍手を一回押して頂けると嬉しいです。

スポンサーサイト

士幌町・しほろ温泉パークゴルフ場(下居辺運動公園パークゴルフ場)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
07 /18 2016
●十勝のコースらしいフェアウェイ全面刈りのコース

士幌町しほろ温泉PG (1) 
北海道十勝管内士幌町。36ホール。スコアカードはホテル内の受付で購入(30円)
道の駅しほろ温泉「しほろ温泉プラザ緑風」の奥にあるコース。
林間コースでA-8番は池を抱えているホールでもある。

難易度:>>>>>>>>>>



士幌町しほろ温泉PG (2) 
A-1 36m/par3
大きな打ち下ろしから始まるコース。

士幌町しほろ温泉PG (3)
A-2 30m/par3
砲台グリーンを狙う。とはいえ大きいのでしっかり狙ってバーディ奪取。

士幌町しほろ温泉PG (4)
A-8 40m/par4
このホールは池を抱えた右ドッグレッグのホール。
痛恨の池ポチャに注意。

士幌町しほろ温泉PG (5)
B-9 98m/par5
真っ直ぐに飛ばしたい。ラフもないので気持ちいいが、外れると木にぶつかる危険がある。

士幌町しほろ温泉PG (6)
C-1 50m/par4
やや右傾斜、左から食い出てるOBが狙い目を狭くする

士幌町しほろ温泉PG (7)
C-6 46m/par4
距離は短いが、中央の木およびグリーン右手前のバンカーに注意。

士幌町しほろ温泉PG (8)
D-1 37m/par3
グリーンが盛り上がり、奥にこぼすと厳しくなる。

士幌町しほろ温泉PG (9)
D-4 43m/par3
グリーン手前で打ち下ろしになっている。グリーンは横に長い。
撮影日は左側にピンが切ってあった。

士幌町しほろ温泉PG(D-9) 
D-9 62m/par5
マウンドを越えて、皿を伏せたような丸いグリーンを目指すホール。
この距離ならワンオンアルバも可能だが、ちょっとのコントロールミスで泣きを見るかもしれない。


厚岸町・宮園公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /29 2015
●数多のバンカーに対し、いかに立ち向かうか

特急スーパーおおぞら等を利用した道東遠征2015秋、収録1日目に訪れたコース。
かもめ/かき/あやめ/さくらの4コース36H。
どのコースもバンカーを多数用意し、正確なショットが出来ないと淵に舐められてボールをはじき出されやすい。

s-DSC06333_2 厚岸宮園公園PG クラブハウス
クラブハウス

厚岸-a-宮園公園パークゴルフ場 かもめ・かきコース_2
北側にかもめ・かきコースがある

厚岸-a-宮園公園パークゴルフ場 あやめ・さくらコース
南側にあやめ・さくらコース。

2015/9/26調査
難易度:>>>>>>>>>>



厚岸-b-宮園公園かもめ (1)
かもめコース入り口

厚岸-b-宮園公園かもめ (2)
かもめ-2 25m/par3
グリーン右手前に木。グリーン奥にOB。ピン位置が右だとやや難しい。

厚岸-b-宮園公園かもめ (3)
かもめ-3 80m/par4
途中に右傾斜があるのと、グリーン右手前がラフがせり出している。

厚岸-b-宮園公園かもめ (4)
かもめ-7 60m/par4
右にOBの植栽エリア。やや右に傾斜。左側に木。

厚岸-b-宮園公園かもめ (5)
かもめ-8 48m/par4
きつい右ドッグレッグ。コーナー内側に大きなバンカー。ロブorライナーで越すか、強く打って転がしてバンカーを越すか。

厚岸-c-宮園公園かき (1)
かき-4 95m/par4
真っすぐに広めのフェアウェイが伸びる。力むとコントロールが乱れてしまうが、3打で上がりたい。
(※筆者はロングヒッターではないです。75m飛ばすのもやっとなレベルです、正直)

厚岸-c-宮園公園かき (2)
かき-5 25m/par3
グリーン側からの撮影。途中の木をかわしてグリーンにオン。
しかし、グリーン奥にはOBエリアが待っている。

厚岸-c-宮園公園かき (3)
かき-6 55m/par4
やや右に曲がる。正直にコースどおり攻めると、コーナー奥のバンカーに吸われやすい。

厚岸-c-宮園公園かき (4)
かき-7 30m/par3
やや登りのホールだ。幅の広いグリーンはピンポジションで戦略が変化。
左にピンが振られていれば、やや深めのバンカーに注意。右ならば、植栽を避けるショットをしていこう。

厚岸-d-宮園公園あやめ (1)
あやめ-3 60m/par4
コーナー付近のショートカット防護柵と左奥バンカーに注意。それでもショートよりはオーバーの方がいい。

s-DSC06337 厚岸宮園PG あやめ-4
あやめ-4 80m/par4
右に曲がる。折れてからの距離が長く4個のバンカーが待っており、コース中央を通さないとバンカーの淵に回されがち。3で上がるのはとても難しい。

厚岸-d-宮園公園あやめ (2)
あやめ-6 30m/par4
かなり短いパー4。パー数がどうのこうのよりも2打で上がることを重視したい。
細いフェアウェイに深いバンカーがギリギリまで絡んでいる。

s-DSC06339 厚岸宮園PG さくら-入り口
さくらコース入り口

厚岸-e-宮園公園さくら (1)
さくら-3 50m/par4
グリーン右手前に木。バンカーも絡んでいる。それでも、可能ならば2打で上がれそうだ。

厚岸-e-宮園公園さくら (2)
さくら-4 95m/par4
3個のバンカーが待つホール。ここも4打を叩きやすいホール。ハードヒッター向けなのは間違いないだろう。

厚岸-e-宮園公園さくら (3)
さくら-5 45m/par4
鋭い右ドッグレッグのホール。柵がコースを護っているので、左奥につける感じで攻めたい。
左傾斜でラフに入りやすいが、ショートして2オンを阻まれるよりはマシだ。

厚岸-e-宮園公園さくら (4)
さくら-6 50m/par4
打ち上げのホール。見た目以上のパワーが必要。絶妙な距離感を求められる。

s-厚岸宮園PG さくら-7
さくら-7 45m/par3
景色のいいホール。下りで、途中に木がある。

厚岸-e-宮園公園さくら (5)
さくら-8 45m/par3
引き続きの下りホール。左傾斜とバンカーがあるので、これを見据えた立ち回りをしていきたい。

幕別町忠類・ナウマン公園パークゴルフ場 チャンピオンコース

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /23 2015
●究極の難関!パークゴルフの限界を乗り越えろ!

s-ナウマン公園PGチャンピオン (1)
忠類が幕別町に合併して10年弱・・・

国道236号線、道の駅忠類の奥手にあるパークゴルフ場。「ファミリーコース」も近くにある。
本記事ではチャンピオンコース18Hを考察。

s-s-ナウマン公園PGチャンピオン (1-1)
↑看板の老朽化が残念・・・

うねりこんだ起伏、アゴの高いバンカーはあの「しらぬかパークゴルフinチャロ」を連想させる。
さらに18Hでありながら距離は1100m。AもBも550mあり、国際公認範囲(※)を大きくオーバーしている。公認は度外視であり、難易度に追求さをかけたコースである。

さまざまな、100以上のパークゴルフコースを目の当たりにした私からみても、これは難易度10を認めることができるだろう。
後述する各ホールのレイアウトといい、設計者は良くこんなコースを考え付いたなという感じがひしひし伝わる。

※「9ホールは500m以内」と定められている

難易度:>>>>>>>>>>(最高クラスの難易度!)



s-ナウマン公園PGチャンピオン (2)
A-1 100m/par5
左に2回折れ曲がる。コーナーイン側にバンカーがあり、ショートカットルートは注意。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (3)
A-1グリーン。早速アゴの高いバンカーが3個

s-ナウマン公園PGチャンピオン (4)
A-2 33m/par3
うねった起伏が待ち受ける。真っすぐ中央を通していきたい。深いバンカーが何個も待っている。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (5)
A-3 75m/par4
左曲がりの馬の背フェアウェイ式のコース。下りになっている。コントロールが求められる。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (6)
A-5 66m/par4
右曲がりのパー4。途中にバンカーがあり、うねりが徐々に強くなり、グリーン近辺にもバンカーがある。
起伏が強いのでどう走らせるか、どこまで上げ球で攻めるかなどを考えなければならない。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (7)
A-6 57m/par3
グリーン側から撮影。距離の長いパー3。グリーンに大量のバンカーがあり、どれも深い。
グリーンの中央に居座るものまである。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (8)
A-8 43m/par3
これもグリーン側から撮影。うねったフェアウェイが続く中、4個のバンカーに囲まれた盛り上がったグリーンにアタックする。傾斜の読みがなにより大事だ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (9)
A-9 68m/par4
打ち上げ、右にやや曲がるパー4。コーナー内側のバンカーをうまくかわせるライナーボールで攻められれば、1オンも狙える。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (10)
B-1 100m/par5
A-1と似たような設計をしている。フェアウェイの幅の広さを生かして、3打か、悪くても4で上がっておきたいレベル。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (11)
B-2 30m/par3
打ち上げショートホール。バンカーの数は多くても、入れなきゃいいと割り切り、コースの中央からやや右を攻める。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (12)
B-4 38m/par3
グリーン側より撮影。ここは最大限のコントロールが求められるホールだ。
やや打ち上げ、左右にとんでもなく深いグラスバンカーが仕掛けられている。
周りのバンカーは深いので、中央を攻めて2か3であがりたい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (13)
B-5 80m/par4
グリーン側から撮影。大きく打ち下ろして左に曲がるパー4。
コースにいたるところに起伏があり、跳ねやすい。グリーン周りも徹底してバンカーが守っており、まるで要塞のようだ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (14)
B-6 71m/par4
右傾斜をしっかり乗り越えて、ここは強気に攻めていきたいホールだ。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (15)
B-8 32m/par3
グリーン側から撮影。細いフェアウェイの中、グリーン左手前の窪地をかわして上手くオンさせたい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (16)
B-9 79m/par4
うねる起伏を打ち下ろしていく最終ホール。バウンドも激しい。

s-ナウマン公園PGチャンピオン (17)
こちらはグリーン奥から撮ったものだ。グリーンは大きく盛り上がっており、最後まで隙を与えない設計。

更別村・どんぐり公園パークゴルフ場(プラムカントリー)

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
09 /23 2015
●広大なフェアウェイはプレイヤーの真の実力を試す

s-更別プラムカントリーPG (5)
北海道十勝管内更別村、国道236号線沿いのコース。西コース27H、東コース27H、計54Hで構成されている。
東コースは奥にあり、スタート地点までは結構長めの歩道を歩くことになる。また距離が長めに作られているので、スタミナが無いとやや苦戦するかもしれない。
なだらかなようで一部に急な傾斜のフェアウェイも見られるため、ハイスコア狙うのならば油断は出来ない。

s-更別プラムカントリーPG (3)

s-更別プラムカントリーPG (1)
東コース コース図

s-更別プラムカントリーPG (2)
西コース コース図

s-更別プラムカントリーPG (4)
2016年の北海道オープンはここで開催予定

難易度:>>>>>>>>>>



s-更別プラムカントリーPG (6)
東A-3 42m/par3
右側が盛り上がり、グリーン周囲は急な傾斜。フェアウェイは広くても的確な攻めを求められる

s-更別プラムカントリーPG (7)
東A-4 45m/par3
打ち下ろし、グリーン奥に広大なバンカーあり。距離の打ち分けをしっかりしていきたい

s-更別プラムカントリーPG (8)
東A-6 85m/par5
真っすぐ打っていくホール。序盤には右から左の傾斜もあるため、インパクトが早まってしまっても安心。

s-更別プラムカントリーPG (9)
東A-9 60m/par4
真っすぐなフェアウェイだが、グリーン周囲に3個の大きなバンカーを設置。奥のものはM字になっており、その近くにピンが切られると一打で寄せにくくなる。

s-更別プラムカントリーPG (10)
東B-3 86m/par5
丘を登って下るホール。途中には木が二本ある。ティーからは見えないが左手にM字型のバンカーがあり、面白い形状だ。

s-更別プラムカントリーPG (11)
東B-5 38m/par3
右の傾斜があるので、左にピンがあると的確な攻めを要求。

s-更別プラムカントリーPG (12)
東B-6 62m/par4
左ドッグレッグ。コーナー内側にOB。ピン位置が左だとここでもきわどいショットをする必要がある。

s-更別プラムカントリーPG (13)
東B-9 58m/par4
バンカーを越えて木を避けていく。ピン位置によって攻めかたを変更する。

s-更別プラムカントリーPG (14)
東C-2 37m/par3
打ち上げで、左側にバンカー、右側に植栽地帯。
ロブショットが出来るならバンカーを越してしまいたい。そうしてバンカーの抵抗をなくそう。

s-更別プラムカントリーPG (15)
東C-5 28m/par3
植栽が右からせり出し、ワンオンを困難にしているホール。

s-更別プラムカントリーPG (16)
東C-7 100m/par5
最大級のロング。力まずに、いつも通りの力でフルショットを決めたいところ。

s-更別プラムカントリーPG (17)
東C-9 70m/par4
グリーン側から撮影。コの字型のバンカーが双方から待ち受けて、アプローチの難易度を上昇させている。

s-更別プラムカントリーPG (18)
西A-3 59m/par4
右から左に傾斜している。途中、松のOBゾーンがあり、ピン位置によって左右の打ち分けが求められる。

s-更別プラムカントリーPG (19)
西A-6 45m/par3
下ったあと、その後マウンドによって作り出されている右傾斜をうまくあしらうことが大切だ。

s-更別プラムカントリーPG (20)
西A-9 52m/par4
グリーン右手前に池がある。それに吸い込む傾斜もある。安全第一に攻めていきたい。

s-更別プラムカントリーPG (21)
西B-1 54m/par4
左に曲がるホール。打ち上げとなっている。

s-更別プラムカントリーPG (22)
西C-9 71m/par4
グリーン側から撮影。高台からの打ち下ろしホールだ。



【ラウンド記録】
s-更別プラムカントリーPG (23)
※念のためモザイク処理がかかっていますw
東の27Hと、西のAをラウンドしての36HR。どれも470mを越えているコースを回ることになった。

このコースの芝に慣れなかったり、急な傾斜にピンが立てられたり、序盤は意外に苦戦した。
しかし後半になるにつれ、エンジンがかかってきて、ラスト9ホールは一度も4を叩かなかった!

s-更別プラムカントリーPG (24)
結果、上の写真のようになった。115打(-17)。
前半が稼げれば、あるいはアプローチ性能に慣れこんでいれば、110は切れていただろうか。
そんな感じのプレイ記録となった。

清水町・清水公園展望パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
07 /06 2015
北海道十勝管内清水町のパークゴルフ場考察記事である。
十勝清水ICから近い位置にある。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (1)

●Aコース以外は、急峻な傾斜が終始待ち受ける難コース

清水公園展望パークゴルフ場考察 (3)

清水公園展望パークゴルフ場考察 (2)
しかしパノラマC・Dコース1番からは清水の市街地を眺められるお薦めコースでもある。
カリヨンA・B、パノラマC・Dコースの36Hで構成される。
結構体力使うが、私が推せるコースとして間違いない。

難易度:>>>>>>>>>>



清水公園展望パークゴルフ場考察 (4)
A-2 35m/par3
ダウンヒルのホール。グリーン左奥OB。グリーン右手前に木。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (5)
A-5 67m/par4
道中に木が見られ、ショットコントロールを求められる。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (6)
A-7 75m/par4
下って登る広いフェアウェイのダイナミックなホール。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (7)
A-9 60m/par4
急な右傾斜。55m付近でそこから右に下り、グリーンがある。
収録日は夏で午前にプレーしたもの。そのため芝の転がりにくい状態なので、春先・秋口はグリーンをオーバーしやすい。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (8)
B-1 66m/par4
強烈な下り傾斜。
やや左に曲がっている。左側を狙うのが鉄則だ。グリーンは奥が低い二段式。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (9)
B-4 67m/par4
今度は強烈な打ち上げ、しかも右曲がり。アップダウンに負けないタフさが求められる。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (10)
B-7 43m/par3
グリーン右手前にバンカー。撮影日のようにグリーン右手前にピンがある場合は、左から回していきたい。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (11)
C-1 81m/par4
街を一望できるダイナミックなパノラマコースの初陣を飾るホール。
軽く打てば70mも普通に転がる。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (12)
C-2 par4
奥側が狭い林間になっており、グリーンが外に逃げる傾斜をしている。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (13)
C-7 par4
途中までが急な打ち上げ。そしてやや右に曲がりグリーンに達する。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (14)
C-9 23m/par3
右に強い傾斜が走っている。左を狙うのがセオリーではあるものの、そのまま右に転落する恐れも・・・

清水公園展望パークゴルフ場考察 (15)
D-1 66m/par4
再び現れた強い打ち下ろしのホール。軽く打って1オン1パットのイーグルを。

清水公園展望パークゴルフ場考察 (16)
D-3 75m/par4
下りつつも左に強く曲がり、コースの内側にOBゾーンの植栽が設けられているホール。
堅実なショットを二度にわたり求められる

清水公園展望パークゴルフ場考察 (17)
D-9 33m/par4
打ち上げと左傾斜が待つ最終ホール。

帯広市・札内川第2(せせらぎ)・第3(清流)パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道東)
10 /08 2013
札内川河川敷のコース、合計36Hある。
第二コース(せせらぎコース)は緩やかな起伏を設けている。第三コース(清流コース)は林間のコースで、いずれも距離は長めでほぼフラットである。

s-札内川第二第三PG (1)
↑コース近辺の大きな橋と札内川。クリックで大きくできます

難易度:>>>>>>>>>>

2013/10/6調査

●札内川第二PG場 せせらぎコース

s-札内川第二第三PG (5)
1H 48m/par3
グリーン手前にバンカー、グリーン右にOBが待ち受ける。


s-札内川第二第三PG (6)
7H 56m/par4
マウンドや2個のバンカーがある、橋を背後に眺めるホール。


s-札内川第二第三PG (7)
15H 100m/par5
規定範囲ギリギリのロング。フェアウェイは広い。


s-札内川第二第三PG (8)
18H 72m/par4
窪地を越えて、二個のバンカーの間を抜く最終ホール。



●札内川第三PG場 清流コース

s-札内川第二第三PG (2)
3H 40m/par3
窪地がグリーン手前に待っている。


s-札内川第二第三PG (3)
11H 55m/par4
コース左側とグリーン奥がOB、無言のプレッシャーをかける


s-札内川第二第三PG (4)
15H 35m/par3
グリーン手前に窪地があり、これに引き込まれてしまうとピンから遠ざけられがち。


しゅんY12

北海道空知管内の某所にて出身。
小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたような、
クラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。

私のブログではパークゴルフ場の紹介(北海道道央中心)を
することがメインとなっています^^

他、ゴルフゲーム/レースゲーム/クリエイト系ゲーム。
たまーに任天堂系。(マリオ、ポケモン、カービィ)
そして、「The Golf Club」や「エンジョイゴルフ」で自作のゴルフコースを創ることが趣味。