(北海道渡島管内)森町・緑の丘友愛パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
08 /31 2016
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●あらゆる難関を盛り込んだ、道南の指折りの難コース

緑の丘友愛PG 北海道渡島管内森町 (8) 
北海道渡島管内森町。
JR森駅からタクシーで1000円程度。町のはずれにこのコースはある。
ふれあい・ほのぼの・しあわせ という3つのコースの27ホール。
ドッグレッグが多い、盛り上がった速いグリーン、そして9Hで500m前後の
ロングコース…並大抵のプレーヤーは攻略するのも難しい。

前後左右のボールコントロール、アプローチ、パット、
そしてロングショットの総合能力が存分に試されるコースとなる。
コース内からは(北海道)駒ヶ岳が見える。

難易度:>>>>>>>>>
以下にて、当コースの解説を行っていく。

続きを読む

スポンサーサイト

七飯町・七飯町パークゴルフ場(七飯本町コース)

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
08 /30 2016

七飯PG 本町コース (1) 七飯PG 本町コース (2)
●高架の下にある、林間と起伏に富んだコース

七飯PG 本町コース (高架)
北海道渡島管内七飯町。
林間のコースであり、起伏に富んだ設計で絶妙な面白さがある。
JR七飯駅からタクシーで片道1000円程度。
余談だが昔はパー72だった。

難易度:>>>>>>>>>>

七飯PG 本町コース (3) 
A-3 33m/par3
少し打ち下ろし。グリーンは奥の高い二段式グリーンであり、
手前のくぼみに注意して攻めたい。

七飯PG 本町コース (4)
A-4 35m/par4
グリーン側から撮影。
グリーンは起伏が激しく、グリーンの中に木があるのも特徴だ。

七飯PG 本町コース (5)
A-8 44m/par4
高台からの打ち下ろしとなるホール。ラフは深く密度も濃いので、
しっかりコース中央を走らせたいところ。

七飯PG 本町コース (6)
A-9 76m/par4
左右からマウンドが造られ、谷のようになっているホール。
しっかりコース中央を走らせていけば、フェアウェイキープになり飛距離も出やすい。

七飯PG 本町コース (7)
B-2 62m/par4
グリーン手前でやや右に曲がる。そのため1オンは簡単そうで難しい。

七飯PG 本町コース (8)
B-4 35m/par3
右傾斜を越えて、マウンドの上のグリーンにたどり着く。

七飯PG 本町コース (9)
B-5 68m/par4
グリーン奥から撮影。
細かい傾斜でボールがラフに逸れやすく、グリーンそのものも盛り上がっており
ショット面でもパット面でも苦しめられやすい。

七飯PG 本町コース (10)
B-6 60m/par4
大きなマウンドが左右から迫る。中央を走らせれば問題なし。

七飯PG 本町コース (11)
B-9 67m/par5
大きなマウンドを連続して攻略していく。
ここでも真っすぐ、正確なショットを求められる。
 
七飯PG 本町コース (スコア) 
今回の私のスコア。
Bコーススタート。B終盤はスコアをまとめられた。
Aでは苦戦続き、2打で簡単に上がれない、4も結構多かった。トータル57打。

函館市・函館空港 志海苔ふれあいパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /24 2016

●短くても決してやさしくない。多数あるドッグレッグホールにいかに対応できるかがカギ

函館空港 志海苔ふれあいPG (1)  函館空港 志海苔ふれあいPG (2)
函館空港の隣の小さな緑地にあるコンパクトな18ホールのパークゴルフコース。
全長は800メートルを切るものの、ドックレックが多く、そう簡単にスコアは稼げない。

函館空港 志海苔ふれあいPG (3) 
難易度:>>>>>>>>>>



函館空港 志海苔ふれあいPG (4) 
A-1 40m/par3
やや右曲がりのホール。コース左側にはOBがあるので注意

函館空港 志海苔ふれあいPG (5) 
A-3 28m/par3
左に曲がったショートホール。グリーンの手前に深いラフがあるので注意。ここで勢いが死ぬ恐れも高い。

函館空港 志海苔ふれあいPG (6) 
A-4 44m/par4
左に曲がったミドルホール。この写真はコーナー後から撮影。
打ち上げにもなっているホール。2打目がラフ越えになりやすいので注意


函館空港 志海苔ふれあいPG (7) 
A-6 63m/par4
数少ないストレートホール。左にOBがある、やや打ち上げのホール

函館空港 志海苔ふれあいPG (8) 
B-3 43m/par4
右に曲がっているホールでコーナーを曲がると
細かい起伏が連続している。ワンオンを狙いたいがグリーン奥のOBに気をつけたい

函館空港 志海苔ふれあいPG (9) 
B-7 100m/par5
蛇行したフェアウェイが特徴的であり、右側にはよりたくない。しっかり真ん中を通してできれば3打で上がりたい

函館空港 志海苔ふれあいPG (10) 
B-8 54m/par4
右に曲がっているコース。コースの中心には小さい山が並んでいる。
フェアウェイから左に外れるのは避けたい。
左側にはOBがあるため注意したいところだ



総評:
狭い敷地をうまく利用した高難易度のコースになっている
ほとんどのホールにドックレッグがあり、2打で上がれるチャンスは少ない。
その少ないチャンスをしっかりモノにして高スコアを願いたいところ。


木古内町・木古内町パークゴルフ場(佐女川農村公園 フォレストパークりろない)

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /23 2016

●背の高い木々と砲台グリーンが多数ある芝の美しいコース

渡島管内木古内町にある難関コース。

北海道 渡島_木古内駅 北海道 渡島_木古内 道の駅
この春、北海道新幹線の停車駅のひとつになった木古内駅。
ちなみに駅近辺には道の駅もある。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (0) 案内板 
木古内駅から山方向に進んでいくと、背丈の大きな巨木のふもとに27Hのコースがある。
A=みそぎコース
B=やくしコース
C=たかとりコース

難易度:>>>>>>>>>>


木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (a1) 
A-1 80m/par5
マウンドを越えるパー5。ここでは中盤のマウンドよりも、皿を伏せたような盛り上がったグリーンに注意したい。
これらのトラップはこのコースで頻繁に見かけるのでアプローチテクニックとパットのテクニックが問われる。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (a8)
A-8 50m/par3
大きなラフ山がある難関ホール。
左側にピンがあるとタチが悪く、山の向こうにバンカーもあるのでさらに難化する

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (b1) 
B-1 75m/par4
45m付近のマウンドを越えると次に待っているのは左傾斜。浮かせた球で
傾斜部分を無視できればワンオンの可能性もあるが、ライナー打ちを習得したハードヒッターに限る。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (b4)
B-4 60m/par5
パー5だが実質的にはある程度の飛距離が出ればそんなに難しくはないホール。
最初の砲台マウンドの右コーナーのラフを、ライナー打ちでかわす。
グリーンに乗れば一応アルバのチャンスもある。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (b5)
B-5 50m/par3
やたら盛り上がっている砲台グリーン。
加えて打ち上げにもなっており、傾斜を読むパッティングテクは最大限に問われる。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (b8)
B-8 55m/par3
大きなマウンド越えをする、グリーンが見えないホール。
マウンドを越えると上の写真のようになる。やはり攻略の要は盛り上がったグリーン。ここでも精密なショットが依然として問われる。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (b9)
B-9 55m/par4
このホールも大きなマウンド越えだ。
しかし真ん中を飛ばせばいいというわけではなく、実は、マウンド後に左傾斜が待っているのだ。ワンオンをするには工夫が必要になる。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (c3)
C-3 70m/par5
道中にいくつかマウンドがある。Bコースが難関ぞろいだったが、Cコースは易しめのホールが多いので稼ぎどころだ。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (c4)
C-4 50m/par4
右にバンクした傾斜のあるホール。傾斜通りに打ってグリーンオンさせて、グリーンに乗ったら長めのパットが残ると思われるのでそれを制してイーグルにしたい。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (c5)
C-5 40m/par3
前ホール同様にバンクした傾斜を利用する。
しかしOBが多く、傾斜の力をもってしてもグリーンには届かない。2オンでパーを拾うのが常套手段になる。

木古内町パークゴルフ場(フォレストPりろない) (c7)
C-7 60m/par4
途中に右傾斜のある斜めになったマウンドがある。転がして攻める場合はどうボールが曲がるかきっちりと考えたい。


最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事が良いね、なるほど等と思ったら、私のモチベーション向上のためにも拍手を1回押していただくとうれしいです。

函館市・すずらんの丘公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
06 /19 2016

●砲台グリーンとロングコースラッシュに耐えられるか

北海道渡島管内函館市の滝沢町にあるコース。
全ホールがパー3であっても40m以上という、ショートコースがほとんどないことになる。

函館市 すずらんの丘PG (1)
臥牛山(がぎゅうざん:函館山の別称)A/Bコース
海峡C/Dコースの18H×2=36Hで構成される。
総合して芝の整備が良く、グリーンの広さもあるのでパット勝負になりやすい。

函館市 すずらんの丘PG (3) 函館市 すずらんの丘PG (2)
撮影した日は朝8時から月例会の大会がったため、残念ながらプレーは不可。
しかし、深夜起きのドライブではるばる函館にやってきたために、しっかりこのコースをブログに紹介したいということで、スタッフに交渉して許可が下りたのだった。

【コース撮影・紹介に同意ありがとうございます】
プレーしている方々は私を見ていたが、私は「スタッフの許可を得てコースを撮影・考察している者です」と一言いうと、皆さま納得してくれました。
ちなみにこのコースに来るのは2006年以来のこと…

難易度:>>>>>>>>>>


函館市 すずらんの丘PG (4) 
A-1 82m/par4
打ち上げロングであり、冒頭からいきなり攻めのプレーを展開しなければならない。

函館市 すずらんの丘PG (5)
A-9 72m/par4
グリーン側から撮影
下りながらグリーンに向かっていく。グリーンオーバーランは低い所に落ちてしまう。

函館市 すずらんの丘PG (6)
B-3 62m/par4
右ドッグレッグのホール。ラフを越すライナーショットがあればワンオンも可能

函館市 すずらんの丘PG (7)
B-4 57m/par4
前のホールと同様に、右に折れ曲がっている。
距離のあるホールはしっかりとした安定感がないと攻略できない。

函館市 すずらんの丘PG (10)
C-6 50m/par3
グリーン側から撮影
左右にラフのマウンドがあるやや打ち上げのホール。グリーンは広く、カップの切られ方次第で距離は大きく変わる。

函館市 すずらんの丘PG (11) 
C-8 47m/par3
傾斜を利用して攻める右ドッグレッグのホール。
しかし芝が重いとなかなか曲がらない可能性もあるので注意。

函館市 すずらんの丘PG (12)
D-1 56m/par4
打ち上げのホール。グリーンは右に傾斜している

函館市 すずらんの丘PG (9)
D-5 48m/par3
グリーン側から撮影
マウンドを一つ越えて、砲台グリーンにたどり着く。純粋な中距離ショットでのアプローチテクニックが問われる

函館市 すずらんの丘PG (8)
D-6 51m/par4
左右からラフマウンドがせり出している。

函館市 すずらんの丘PG (13) 
D-9 88m/par5
グリーン側から撮影
途中のマウンドを越えて砲台グリーンにたどり着くホール。
豪快なショットをここでも決め、有終の美を飾りたい。

今金町・今金町清流パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
09 /11 2013
北海道道南、檜山管内北部に位置する今金町の後志利別川河川敷のパークゴルフ場である。

全18ホールのコースで、距離が長いホールと短いホールがくっきり分かれており、また馬の背フェアウェイやドッグレッグもあるためスコアを稼ぎにくい。

s-今金清流PG (0 案内)
↑OUTがピーカコース。INはピーリコースの別名がついている

難易度:>>>>>>>>>>

2013/9/8調査


s-今金清流PG (1)
1H 73m/par4
真っすぐなホールだが馬の背の起伏に注意。ちょっとのインパクトミスが、ラフにこぼれる原因だ。

s-今金清流PG (2)
4H 53m/par4
直角に左に曲がるホール。コーナー内側に植栽があるため、ショートに注意。

s-今金清流PG (3)
6H 98m/par5
やや左に曲がっており、左からOBがせり出しているホール。
とはいえ、気にせず、最短距離を突き詰めていきたい。

s-今金清流PG (4)
9H 86m/par4
コーナーまで60mもある右ドッグレッグのホール。コーナー内側に植栽もあるため、ロングショットがしっかりできないとバーディは望めない。

s-今金清流PG (5)
11H 30m/par3
コース中盤に右傾斜があり、グリーン奥にOBがびっしりとあるので注意。

s-今金清流PG (6)
12H 100m/par5
随一のロング。6番同様、左に曲がっている。
ミスしてラフに捕まると大きなロスなので、1打目は正確に行こう。

s-今金清流PG (7)
16H 46m/par3
グリーン手前で右に曲がるパー3。
コース上の起伏も多く、グリーン前後にOB地帯。ここでのバーディ狙いは(ピン位置が右だととくに)難しい。

s-今金清流PG (8)
17H 74m/par4
鋭く右に曲がるホール。ティーショットでコーナーに刻み、起伏に富んだグリーンを狙う、基本に忠実なプレーが物を言う。


せたな町北檜山区・北檜山グリーンパーク

パークゴルフ場考察(北海道 道南)
09 /11 2013
北海道道南、檜山地方北部のせたな町北桧山区のパークゴルフ場である。
真駒内コースと狩場コースが18ホールずつ、36Hで構成される。

このコースははっきり言って
広さ・距離的な面で「モンスター級」のコースである。


まず、距離がとても長い。公認範囲では36ホールの場合パー132、2000mが限度となる。

しかしこの北檜山グリーンパークは、2482mもあり、パーは144なので公認コースではない。
そして100m以上のホールが3箇所もある。

極めつけは狩場コース6番ホール、190m PAR6 のホール


s-北檜山グリーンパーク (0 案内板)

さらにこのコースは、上の写真でも分かるように、「グランドチャンピオンコース」とまで自称している徹底ぶり。

ただ、公認コースではないので公式大会が出来ないのが難点。しかしながら個性が大きく出ているコースであるのは間違いない。


難易度:>>>>>>>>>

2013/9/7調査

------------------------------------------------------------

コースは真駒内コースと狩場コースが18Hずつ、各パー72。

s-北檜山グリーンパーク (1)
真駒内3H 109m/par5
左に右に曲がるS字ロングホール。
ラフに喰われると、大きく勢いを削がれるので、出来るならば上げるボールで攻めたい。


s-北檜山グリーンパーク (2)
真駒内5H 85m/par4
ダイナミックな打ち下ろしコース、爽快感ある一打を堪能できる。

s-北檜山グリーンパーク (3)
真駒内8H 36m/par3
下りのやや右に曲がるホール。右のラフにどれだけ勢いを削がれるか計算して打つこと。ロブショットならそれも無視できるが・・・

s-北檜山グリーンパーク (4)
9番ホールへは池沿いの橋を渡って先へ行く。

s-北檜山グリーンパーク (5)
真駒内9H 98m/par5
右曲がり、2打目が激しい打ち上げのコース。2打目は打ち上げなのでそれに相応し、強く打とう。

s-北檜山グリーンパーク (6)
真駒内11H 68m/par4
右に曲がるホール。右に流れる傾斜がきつい。また右側のラフは大きく下っており、入れると面倒だ。


s-北檜山グリーンパーク (7)
真駒内12H 90m/par5
左に2回折れ曲がるコース。ティー付近は打ち上げでコースの全体を把握しにくい、ブラインドホールともいえる。

s-北檜山グリーンパーク (8)
真駒内16H 30m/par3
グリーンの幅が狭く、グラスバンカーに挟まれている。コントロール重視のホールだ。

s-北檜山グリーンパーク (9)
真駒内18H 108m/par5
3Hと同様左に曲がって右に曲がるホール。地元の人にはライナーショットで最初のコーナーを無視してラフを越えてショートカットする人も居た。



s-北檜山グリーンパーク (10)
狩場1H 69m/par4
植えられたきれいな花達を内側に曲がる左ドッグレッグホール。


s-北檜山グリーンパーク (11)
狩場3H 110m/par5
これも100mを越してくるホール。
40m付近で右に曲がり、残り70mほど一気に進んでいく。2オンは飛距離がないと難しい。

s-北檜山グリーンパーク (12)
狩場4H 73m/par4
ひたすら下るホール。飛ばしてスコアを上げていきたい

s-北檜山グリーンパーク (13)
狩場6H 190m/par6
そしてやってきた最長のホール。

s-北檜山グリーンパーク (14)
おまけになだらかな打ち上げで飛距離が若干伸びにくい。

s-北檜山グリーンパーク (15)
このホールにはレディスティもあり、その場合は120mとなる。

s-北檜山グリーンパーク (16)
狩場7H 76m/par4
左に曲がる。コース中盤に木もある。

s-北檜山グリーンパーク (17)
狩場9H 65m/par4
左傾斜の絡んだ左ドッグレッグホール。傾斜を利用して先へと進んでいこう。

s-北檜山グリーンパーク (18)
狩場10H 66m/par4
ほぼまっすぐなホール、グリーンの傾斜がきつい点に注意。

s-北檜山グリーンパーク (19)
狩場14H 52m/par4
やや右曲がりホール。右からせり出すラフやグラスバンカーに注意。できればライナーorロブショットで越してしまいたい。

s-北檜山グリーンパーク (20)
狩場16H 79m/par5
北檜山グリーンパークのなかでは最も短いPAR5。
道中の木と、起伏に富んだ左ドッグレッグが特徴的。また飛ばしすぎるとラフがあり、さらにその先にOBがある。

s-北檜山グリーンパーク (21)
狩場18H 74m/par4
グリーン側から撮影。右に曲がる最終ホール。
数年前に距離を伸ばす改修がされ、グリーン左右手前に池が出来るようになった。距離も20mほど伸びている。またグリーン奥がOBとなっている。

しゅんY12

北海道空知管内の某所にて出身。
小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたような、
クラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。

私のブログではパークゴルフ場の紹介(北海道道央中心)を
することがメインとなっています^^

他、ゴルフゲーム/レースゲーム/クリエイト系ゲーム。
たまーに任天堂系。(マリオ、ポケモン、カービィ)
そして、「The Golf Club」や「エンジョイゴルフ」で自作のゴルフコースを創ることが趣味。