FC2ブログ

【パークゴルフ】札幌福移の杜、久々にすずらんコース回れて嬉しいよ、でもムズイ…

パークゴルフ(2017-2019)
11 /24 2019
題の通り、北区の「札幌パークゴルフ倶楽部 福移の杜コース」を回ってきました。

ご存知の通り、ここは72ホールを持つ札幌市内最大のパークゴルフ場。
パークゴルフの最メジャータイトル「JALカップ」を何度も
開催してきた名門コースです。

福移の杜すずらん_20191124

いやもう、久々にすずらんコースを回れました。
ライラックコースと共に36ホールずつ有って、ABCDコースに
それぞれ分かれております。

実はすずらんコースの方が難しく作られており、
起伏が激しい他にバンカー、OBエリアを
利用したドッグレッグもある

ため、ライラックコースの比ではない厳しさを誇ります。
最初はメンタル共に気持ちよくプレー出来ました。
しかしです。

A7番で砲台グリーンに負けて5を叩いたり、水たまりに
行く手を阻まれて6を叩いたりと、パークゴルフプレイヤーと
してはあまりいいスコアでは無かったです。
ただ、6年ぶりのプレーなのでそれでも嬉しいです。
いっつもここ最近ライラックコースばかりやってたので。

スコア内訳(32-33-31-30 =126)
一応、オーバーパー(33×4=132打)は免れました。
しかし本当に巧いパークゴルフプレイヤーならば、110、いや100を
切るか切らないか…JALカップ上位者目指すなら100は切りに
行きたいものですね。
しかも、大会参加者なら各ホールのスコアは「3打で上がる」
事を基準として考えている人が多いとおり、これだけでも
108(24アンダー)となります。

理論上は100切ることも可能でしょう。
しかし起伏に富んでいるこのコースはボールコントロールが
とりわけ難しい。バンカーも顎が深い。

そのためコントロールを極めるものならば、
とにかく頭の神経を研ぎ澄ましてこのパークゴルフ場に
挑まなければならない。なかなかに苦しいプレー展開でした。
でも、本当に楽しかった。

そして福移の杜は今シーズンの営業は
今日がオーラス。
この日にPGやれて本当に良かった。
北海道の長い冬の始まりです。



●関連記事
↑2013年頃の調査記事ですので、
見る際は懐かしんで(笑)見て下さると幸いです。


スポンサーサイト



【パークゴルフ/室蘭】花の丘PGクラブ、大会仕様ピン位置に挑戦

パークゴルフ(2017-2019)
11 /03 2019
先週のアルテンPGコース編で調査したコースが
無事、400コースに達しました。
今日は室蘭の花の丘パークゴルフクラブに出向きました。



今日はなんとピン位置が大会仕様であったために、
グリーンの端にピンが切られていたホールが多数だった。
少しみじめですが、結果は130打(-2)でした。
もー、120切りたかったなぁ。

備忘録として、題して「メンタルに勝つ・室蘭花の丘PGC」
と書いておく。
誰得…?俺得ですwww

Aコース
やや登りの1番から始まり、OBに沿っているアップダウンホールが多い。
激しい登りや下りのホールが多めなのが特徴。
6番は70m台のパー5である。最後の8、9番は下り・登りとなっている。

Bコース
距離の短いホールが多い。
然しながら、幅の狭いホールが多数を占め、6、7番は木が
あちこちに待っており、8、9番は50m台でコース幅も狭い。
ミスでメンタルを崩さないように立ち回りたい。

Cコース
2、3番は右ドッグレッグの超下り坂。飛ばし過ぎに注意すべし。
4、7番は強い打ち上げなのでグリーンに乗せることに集中。
5、6、9番は真っすぐだが、障害物があったり曲がったり
している70m台のホールとなっている。
今までのホールに比べて、パワーが求められる。

Dコース
1番は90m台の打ち下ろしのホールでスタート。
傾斜を使って鋭角に曲がる2番や、中央が木によって護られて
いる下りと右傾斜のロングの4番。7~9番はアップダウン
付きの連続ショートホールとなっている。

総括編
「室蘭花の丘PGクラブ」は、ほとんどのホールをアップダウンが
絡んでいる設計になっている。そのため、高低差に対する
適応力が求められる。
その中に、起伏や木の絡むホールもあるため、一筋縄では
行かないホールになっているのだ。今日は大会仕様のピン
位置だっただけに、尚更強いメンタルも求められると感じた。

関連記事

【パークゴルフ】400コース調査完了、北海道内各地、万遍なく巡った

パークゴルフ(2017-2019)
10 /27 2019
この度「しゅんY12の部屋」は400コースの
パークゴルフ場を紹介する記事を書けました!
その400コース目となったのは苫小牧のアルテンPGコースでした。

早速、Twitterで私の所にいいねをいっぱい付けて下さりまして、
誠に感謝いたします。本当に涙出そうです。
そして、父のドライブに本当に感謝しています。
私は生まれつきの障碍によりロングドライブを制限して
いるので、本当に父には頭が下がるとしか言いようがありません。
また、みんパゴのメンバーなど、インターネットで
知り合った各地のパークゴルフプレイヤー様とも
コース撮影に協力して下さったことにも、感謝いたします。



さて、どれくらい調査できたか…
(以下の値は推測値です。北海道新聞社刊の「パークゴルフ場ガイド」と比較して。また9ホールのコースは除外します)

【道央】
石狩管内:約90%
空知管内:約90%
後志管内:約95%

【道南】
胆振管内:約95%
日高管内:約95%
渡島管内:約95%
桧山管内:約95%

【道北】
上川管内:約90%
留萌管内:約70%
宗谷管内:約40%

【道東】
オホーツク管内:約40%(網走とか斜里とか遠すぎて行けてない…)
十勝管内:約85%
釧路管内:約65%
根室管内:約50%(標津とか、羅臼は遠すぎる…)

それでも、有名どころのパークゴルフ場は結構押さえたつもりです。



…おや、エンディング(?)が流れ始めたぞ…??


思えば、行ったコースにナンバリングを付けたのは184番目以降…

400コース調査記念_00
200コース目、富良野市、朝日ヶ丘総合公園パークゴルフ場


400コース調査記念_01
250コース目、滝川市、北海道コカ・コーラパークフィールド72


400コース調査記念_02
300コース目、清里町、江南パークゴルフ場


400コース調査記念_03
350コース目、共和町、西部森林公園パークゴルフ場


400コース調査記念_04
そして
400コース目、苫小牧市、アルテンパークゴルフコース。


400コース調査記念_05

そして私の旅を支えて下さった皆様…本当にありがとうございました!



ここまでの パークゴルフでの活躍を書き込んでいます…
(セーブ中…)

しゅんY12は レポートに しっかり 書き残した!





ついに、400コース踏破を果たしたしゅんY12…

し か し


まだ見ぬコースがある。
これからも、可能な限り、頑張っていきたい…!

パークゴルフ 数年振りの聖地巡礼(幕別つつじコース)

パークゴルフ(2017-2019)
10 /21 2019
先週、金曜夜〜土曜にかけて、北海道十勝管内に単身出かけた。

金曜の夜時点で帯広入りし、土曜の帯広の気温が10度であることを確認した。

土曜朝を迎え、同日パークゴルフで一緒にラウンドするI氏とホテル1Fで合流した。
そうして、車で隣町幕別町の「パークゴルフ つつじコース」へ。

この日、帯広は終日雨の予報。
それでも諦めることはしない。

パークゴルフ聖地巡礼2019 (1)
早速、クマゲラハウスでパークゴルフ用具を無料で借り、つつじコースに入った。

パークゴルフ聖地巡礼2019 (2)
パークゴルフ界のセントアンドリュース、それがつつじコース。

パークゴルフ聖地巡礼2019 (3)
日本パークゴルフ協会公認第1号、1983年、このつつじコースでパークゴルフの歴史が始まった。
この「聖域」でラウンドするのも久々である。
I氏とともにラウンドを開始した。

あぁ、懐かしい…
私がパークゴルフを生まれて初めてホールインワンをしたのも実はつつじコースだったりする。当時10歳の話。

Aの8番、45m。ここで木の根っこを転々としつつホールインワンしたのは今でも脳裏にある。

さて、ラウンドの結果は、A3番ホールで不覚にもOBしたが、それ以外は大抵2打で上がれたので、52で回ることができ、マイベストを更新した。


パークゴルフ聖地巡礼2019 (4)
↑打ち下ろしの名物ホール、B-5番

でも本当に巧い人だと、50を切るのは当たり前だ。
それにつつじコースは距離も短く、平らなホールも割と多い。2打で上がれるホールは確実に取らないと、確実にライバルに差をつけられてしまうのだ。

ラウンドを終えた辺りから、雨が割と降ってきたので隣のサーモンコースはプレーは諦めた。

その後、小雨の中、幕別町内の各コースを調査し、コースの写真を撮っていった。

さくらコース、こんぴら公園パークゴルフ場、俳句村コース、そして帯広に戻り、十勝川公園パークゴルフ場を次々と撮影。

そこにいた、パークゴルフの仲間2人のかたとパーク談義に夢中になれた。私とI氏、4人でパークゴルフの話をたくさんできた。

道央と道東のパークゴルフの見方とか、コースの難易度についてなど、とにかく語り合った。
十勝管内や道東のコースでも、ジオ(しかおいGEOPパークゴルフ場)は難しいよね」、とか、「チャロ(しらぬかパークゴルフinチャロ)はかなり手強いよね、」とか話し合えて嬉しかった。

思えばしらぬかパークinチャロの難易度は超弩級の難易度で有名。プロゴルファー丸山茂樹氏の父親が設計、ラフもバンカーも起伏もかなり手厳しく作られている。

昨年誕生した鹿追町の、しかおいGEOPパークゴルフ場も、JALカップ優勝者の萩氏が監修された起伏のきついコースだ。十勝のコースにしては珍しくフェアウェイ全面刈りでなく、ちゃんとラフもある。ドッグレッグも多く手強いコース。


パークゴルフ聖地巡礼2019 (5)
そうして時間はお昼に。
帯広市内で豚丼を食べた。特上ロース豚丼だ。味噌汁もついているので、寒い身体が暖まった。

その後、平原大橋のたもとにある、十勝川平原パークゴルフ場を調査した。
このコースは大昔にプレーしたことがある。起伏やバンカーの配置が絶妙であり、距離の長いホールも多いので、上級者でも楽しめるだろう。

そうして色々と時間を潰し、帯広駅でI氏と別れ、またラウンドしましょう!と誓ったのだった。

帯広駅でソフトクリームも食べた。
流石、言うまでもなく酪農王国十勝の味だ。

帰りのバスで札幌に戻ったが、道央もこの日は終日雨であった。

パークゴルフ聖地巡礼2019 (6)
ちなみに、この日の帯広は最高気温でも10度。スパッツとか着て正解だったようだ。夕方3時の時点で7度だった。



●編集後記
やはり、車を使ってでのパークゴルフ旅は楽しいし、バスやJRと違い小回りが効くからあちこち出向けました。
あいにくの雨でしたし寒かったですが、小雨だったことがせめてもの救いでしたね。


●今回行ったパークゴルフ場
幕別
パークゴルフつつじコース(ラウンドもした)
パークゴルフさくらコース
こんぴら公園パークゴルフ場
パークゴルフ俳句村コース(牧水の森コースも隣接)

帯広
十勝川公園パークゴルフ場
十勝川平原パークゴルフ場(画像を更新)


これで、通算398箇所のパークゴルフ場考察を私のHPに収録できた。
400コースの大台まで、あと2コースだ。果たして今年中に達成出来るのか?

第25回【パークゴルフJAL杯全日本選手権】感想

パークゴルフ(2017-2019)
10 /07 2019
今、昨日の朝にuhbで放送されていた、
録画したJALカップ全日本PG選手権を見終えた。

前回は北海道胆振地震により中止、24回大会は欠番となった。
そして今回の25回大会は無事に開催、一般男子・女子の部に加え、
今年からシニアの部も新設。

今回の舞台は札幌市北区の「福移の杜コース」
札幌市内で最大規模を誇るパークゴルフ場、
砲台グリーンが特徴の起伏の激しいコース。

らいらっく・すずらんコースが各36ホール、
72ホールズ ストロークプレー2日間に亘って争われた。
まず始めに見て驚いたのは、コースレイアウト変わってね??
と思った。

最近は行っていなかったため、「ライラックのB-1って
55mのパー3だっけ?ライラックのB-9は95mもあったけ?」
と感じたのだ。
私が見てない間にコース改造がされたのかな。

実は私、新コース開拓は好きではあるが、
大会には全くと言っていいほど出場していないため、
大会の独特の張り詰めた雰囲気が分からない…。

しかしこれだけは私でもわかる、ゴルフは本当に「心」が難しいのである。

そしてパークゴルフの世界では、9ホールのパーは33なのだが、
例え90mや100mあろうが極端なドッグレッグでない限り、
3打以内で上がることが重要になるのだ。
つまり大会関係者の間では「9ホールを27打で上がる」のが常識となっている。

女子の部は1日目は大混戦であり、3打差以内に何人も居た。

一方、男子はこの大会で何度も優勝経験がある
吉田さん(上士幌のアロハシャツの方)がスタートダッシュに
成功し、91打(これはほとんどのホールを2打で
制覇している)で終えており、2位に6打差を付けた。



女子の部2日目、最終95mのホールで地元札幌の田中さんが
ラフからのアルバトロスを達成!ピンにぶつかる音も
凄まじかった。
そのまま202打でフィニッシュし、後続メンバーが
202打を下回るプレーヤーがいなかったため、優勝となった。

男子は、吉田さんが独走態勢に入り、2日目も97打、
188打でフィニッシュし4度目の優勝を達成した。
(その後同じ十勝の萩さん達からペットボトルの
水攻めに遭い、改めて優勝を祝福された。なお、
萩さんは196打の5位でフィニッシュしている)

シニアの部の優勝スコアは197打であった。



男子の結果を見てみると、10位には東北の青森県から
来道した参加者が入賞していた。
さらに他の入賞者も見ると、PGの聖地である帯広や、
そして札幌・函館・旭川・釧路といった道内の主要都市
から数人がトップ10入りを果たしている。



自分もいつか、練習できる環境が整えばの話であるが、
JALカップのトップ10を目指したい。しかしなかなかねぇ…。

そして来年26回大会へ、
「新たな闘い」はすでに始まっている…!

しかしながら「楽しんでプレーする」のが一番だ、と、
とある有力選手は語っている。私もそれに倣いたい。

2019年秋 オホーツクパークゴルフの旅 1泊2日【後編】

パークゴルフ(2017-2019)
09 /17 2019
※この記事はオホーツクパークゴルフの旅2019年秋の前編の続きです。

pg2019_kitami_day-2 (1)
2日目、9月15日日曜日。
午前中は雨の予報であり、どんよりとしている。

この遠征の裏では「パークゴルフJALカップ 第25回全日本選手権」が札幌で行われている。
誰が1位になり、Top10の顔ぶれは誰なのか…?
と思いながらこの日も進めていくことになった。

pg2019_kitami_day-2 (2)
ルートインでの朝食。
右上の飲み物はカツゲンだ。(北海道の乳酸菌飲料)


pg2019_kitami_day-2 (3)
北見駅前


pg2019_kitami_day-2 (4)
北見駅に隣接するバスターミナル


9時20分のバスで津別へ行くことにした。

pg2019_kitami_day-2 (5)
分かりにくいが、津別行き、と書いてある。


pg2019_kitami_day-2 (6)
車窓から…

バスに揺られ1時間ちょっと。
津別のバス停車場の最終バス停まで1340円。


pg2019_kitami_day-2 (7)
ここからスマホのグーグルマップを見ながら、東へ歩いて行くこと18分。

「津別ふれあい公園パークゴルフ場」が見えてきた。
さくら・いちい・えぞ松コースから成る54Hのパークゴルフ場だ。


pg2019_kitami_day-2 (8)
看板

いちいとえぞ松コースの36Hをラウンドした。


pg2019_kitami_day-2 (9)
いちいOUT-3番。
平坦に見えてもバンカーや起伏、木の配置で難易度を高めている。


pg2019_kitami_day-2 (10)
つかの間の休息。
ココア飲むか~?、トゲデマル~~~
(※トゲデマルはポケモンの一種。上写真のハリネズミみたいなやつ。
第7世代のポケモンでは断トツで好き)


因みにスコアは119だった。深いラフに苦戦したりもした。


ラウンド後、タクシーで津別バスターミナルへ。
800円ほどだった。


pg2019_kitami_day-2 (11)
近くの小さなスーパーで小腹満たし。


pg2019_kitami_day-2 (12)
13時53分。
バスがやってきた。美幌駅へ行く。


pg2019_kitami_day-2 (13)
美幌駅着。
近くのセイコーマートで昼食。バスの中で食べる夕食も買っておく。


pg2019_kitami_day-2 (14)
駅の近くに飾られている車輪


pg2019_kitami_day-2 (15)
札幌行きのバスまでまだ時間がある。駅近くをうろうろしたり、
駅構内で休んだりもした。特急大雪が駆け抜ける。


pg2019_kitami_day-2 (16)
そして、ドリーミントオホーツク号で札幌へ…
北見から乗車率が一気に上昇した。


石北峠を通り、辺りはすっかり闇…
20時15分ごろ、旭川の北大雪パーキングエリアでトイレ休憩。

その後、22時ごろ、札幌の街中のライトが見えてきた。


pg2019_kitami_day-2 (17)
22時20分ごろ、札幌駅に無事着いた。

これにて今回のオホーツクの旅は終わりを迎えた。



翌日…
そしてパークゴルフJALカップ第25回は、
男子の優勝が吉田哲二さんだったことを知った。
萩史之さんも5位に入っていた。

2019年秋 オホーツクパークゴルフの旅 1泊2日【前編】

パークゴルフ(2017-2019)
09 /16 2019
前から北見方面に行きたかった。

10日間天気予報で現地の天気とにらめっこしつつ、
行くことを決意したのだった。



目指したいものがある。
行きたいパークゴルフ場がある。

移ろいの日々を感じつつ、まだ見ぬコースに
身を乗り出して、さぁ、突き進む…!

(なんか風雨来記(3)みたいな始まり方だな…)



9月14日 朝6時。札幌駅に到着。
FMノースウェーブが「♪ノースウェ~フウ~~ウ~(6時の時報)」というジングルを流す頃だ。

しゅんY12は、朝に似合う音楽をかけつつ、駅構内に立っていた。

pg_kitami2019 (1)

pg_kitami2019 (2)
そして6時50分ごろ、特急オホーツクはやってきた。
「網走行き」だ。

その前に下のキヨスクでノースマンと麦茶を購入。
車内販売は無い。



列車が動き始めた。
因みにこの日、札幌では「JALカップ パークゴルフ 第25回全日本選手権」がやっている。その裏でこの遠征をしたことになる。


pg_kitami2019 (5)
旭川までは快調。

何だかんだで石北本線はあまり乗ったことがない。
石北本線を東に進んでいく。

pg_kitami2019 (6)
石狩川

pg_kitami2019 (7)
中愛別駅

pg_kitami2019 (8)
愛別のパークゴルフ場が見えた。

pg_kitami2019 (9)
お、上のやつは、高速道路でしょうか

pg_kitami2019 (10)
白滝駅

pg_kitami2019 (11)
丸瀬布駅

pg_kitami2019 (12)
そして、遠軽まで進んで、
乗り鉄人生初となるスイッチバック!

スイッチバックのやり方

1.遠軽駅まで到着する(3分の時間がある)

2.到着後、前後の人に確認を取りつつ、椅子横のペダルを踏む

3.ペダルを踏んだまま椅子を回す

初めてなのでややお恥ずかしながらやってみた。


pg_kitami2019 (13)
遠軽から南下し、再び東へと進んでいく

pg_kitami2019 (14)
いよいよ北見市内に入った。とはいっても旧留辺蘂町だが。



pg_kitami2019 (15)
そうなんです、
北見は東西に非常に長い町、合併によって広い市となったのだ。


pg_kitami2019 (16)
札幌を発って4時間半ぐらいして、ようやく北見に着いた。


pg_kitami2019 (17)
駅の外には、こんな壁も…


pg_kitami2019 (18)
約6年ぶりに食べた「オホーツク北見塩焼きそば」
同市のご当地グルメだ。


pg_kitami2019 (20)
林間の軽い傾斜のある、フェアウェイは全面刈りのコースだ。

その後タクシーで北見駅に戻る。

続いてJRで女満別駅へ…

pg_kitami2019 (21)
車窓からオホーツクの景色。
高校生らしき人たちも乗っていた。


pg_kitami2019 (22)
川を渡って東へ。

pg_kitami2019 (24)
緋牛内(ひうしない)駅


pg_kitami2019 (23)
JR緋牛内駅に隣接するPG場「緋牛内メモリアルコース」「ヘルシーコース」
18Hあるけど、調査したいけど時間がないのだ…。

pg_kitami2019 (25)
細長いコースのように見える。


pg_kitami2019 (26)
西女満別駅。小ぢんまりとしていた。


pg_kitami2019 (27)
女満別駅


pg_kitami2019 (28)
ここで下車。


pg_kitami2019 (29)
女満別駅前。

さてこの女満別、どうしてもやりたいパークゴルフ場があるのだ。
タクシーで片道1500円程度となった。

oozora_asahigaokapg-d_e (7)
朝日ヶ丘公園パークゴルフ場は、大きな丘を利用したダイナミックな
コースだ。A~Eコースまでの45ホールであり、距離は50m前後が
中心だが、99mのホールが2つあったりもするのだ。

今回は貸し用具でプレーしているので、クラブのじゃじゃ馬っぷりに苦戦したが、124でラウンド(B~Eコース周り)できた。

まだまだJALカップの有力選手たちには遠く及ばないスコアのしゅんY12だった…。


pg_kitami2019 (31)
なんとか高速でラウンド(笑)して、女満別駅に戻った。


pg_kitami2019 (32)
女満別駅は網走湖にも面しており、旅館がある。


pg_kitami2019 (33)
陽が傾いてきた。
段々と暗くなってくる中、網走方面から帰りの列車が来た。
乗車した。


pg_kitami2019 (34)
美幌付近


pg_kitami2019 (35)
端野駅。
北見の街中はもうすぐだ。


帰りの列車を出るとき、どこで運賃を支払えばいいかわからなかったが、駅構内に着いてから駅員さんに運賃を渡せば問題なかった。よかった~


pg_kitami2019 (36)
今晩泊まったビジホ、「ルートイングランド北見駅前」。


pg_kitami2019 (37)
客室からの景色。
18時でこの暗さなので、陽が短くなったなぁと実感だ。


その後、ルートイン北見駅前の1Fのレストランで夕食。
生ラム鉄板焼き、行者にんにく餃子、ご飯のセットを追加。
1700円ほどだった。
生ラム鉄板焼きは普通に美味しかったのだ。

北見は焼肉の街だ。このルートインのレストランに
ホルモン定食があったのをすっかり見損なってた…とほほ)

その後、2Fの温泉(天井が緑色に光っていた)に浸かったしゅんY12だった…



以上で、前編を終わります。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。