FC2ブログ

No.374 札幌市北区・篠路コミュニティセンター横パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
08 /14 2019

●50m程度のホールが多く、中距離ショットの練習にお薦め

shinoro_com-c_PG (1)
北海道札幌市北区。18H。
篠路のコミュニティセンター横の緑地のパークゴルフ場である。
コースはほぼ平坦に近いが、グリーンが盛り上がっていたり、
50m程度のホールが多いので、中距離ショットの練習にはもってこいだ。

コース難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆
難易度はしゅんY12独自の見解で10段階で付けております。赤い星の数が多いほど高難易度です。難易度の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。




shinoro_com-c_PG (2)
A-1 54m/par4
やや左ドッグレッグのホール。グリーンは盛り上がっており、奥はOB。



A-2~A-6
50m前後の真っ直ぐなホールが続く。いずれもグリーンは盛り上がっており、後方にOBが待っている。



shinoro_com-c_PG (3)
A-7 49m/par4
グリーン右手前に木。グリーンをオーバーするとOB。


shinoro_com-c_PG (4)
A-9 83m/par5
ほぼ平坦なロング。若干右に傾斜している箇所もある。


shinoro_com-c_PG (5)
B-2 54m/par4
右に曲がるパー4。グリーンは例によって盛り上がっている。


shinoro_com-c_PG (6)
B-4 56m/par4
35m付近で左に曲がる、同コースでは珍しい直角のドッグレッグのホール。
コーナー付近はバンクしている傾斜もある。


shinoro_com-c_PG (7)
B-6 41m/par3
このパー3はグリーン手前にマウンドとバンカーの名残のような窪地がある。
グリーンをオーバーするとOBなうえに、このホールのティーからは先述のマウンドによって窪地が視認できない。


shinoro_com-c_PG (8)
B-9 83m/par5
A-9と同じ83mのロング。
しかし難易度的にはこちらの方が上。右に傾斜しているセクションがあったり、左右がOBだったりするのだ。グリーン手前にもラフの窪地があるので、ここを通過するショットは勢いが殺がれる。

スポンサーサイト

No.351 当別町・当別川河川敷 フラワーパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
06 /23 2019

●当別川河川敷の、細長く変化のある18ホール

北海道石狩管内当別町。18H。
当別川河川敷にある18ホールであり、白コース(OUT)と
青コース(IN)がある。ホールごとに花の名前がついている。
全長749m、最長距離は81m。

2019.6.23調査
難易度:★★★★★☆☆☆☆☆
※難易度はしゅんY12独自の判断により10段階で査定しています。
赤い星の数が多いほど難しいことになります。



当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (1)
白-2 40m/par4
やや右ドッグレッグで、道中にはバンカーもある。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (2)
白-3 81m/par5
Z字状のロングホールとなる。道中に起伏や樹木があるため難易度は高い。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (3)
白-7 43m/par4
左ドッグレッグ。左側にはきわどい位置にバンカーが仕掛けられ、
右にはOBエリアが待ち受ける。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (4)
白-9 39m/par4
やや右に曲がるホール。とは言ってもほぼ真っ直ぐ。
その為、右の山はあまり気にならないだろう。グリーンオーバーの
OBに注意。そこだけに気を付けよう。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (5)
青-4 56m/par4
起伏やバンカーはあるが、ほぼ真っ直ぐ。落ち着いて攻略。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (6)
青-5 33m/par3
久々に現れた曲者ホール。
Par3にもかかわらず左ドッグレッグ、右に逃げる傾斜や中央のマウンドがバーディ狙いをこれでもかと阻む。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (7)
青-8 40m/par4
右にきつく曲がるホール。コーナー内側にはマウンドがある。
グリーン左にはOBもあるため、ワンオン狙いは引っ掛けにも注意。


当別町フラワーパークゴルフ場_PG場紹介 (8)
青-9 56m/par5
最後は緩い右ドッグレッグ。
15m付近にあるコース右のマウンドに注意しよう。これにぶつかるとどこに跳ねるかわからない。

No.349 札幌市厚別区・厚別山本公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
06 /08 2019

●ドッグレッグのコーナー内側に多いバンカーに注意

札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (1)
北海道札幌市厚別区。36H。
緩やかな傾斜中心。ドッグレッグのホールにはたいていバンカーが仕込まれてある。

札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (2)
距離は9Hでどれも400m前後なので短いが、油断すると危ういホールもある。

2018.6.2調査
難易度:★★★★★☆☆☆☆
※難易度はしゅんY12独自の判断により10段階で査定しています。
赤い星の数が多いほど難しいことになります。



札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (3)
A-2 39m/par3
左のOBに向かっている傾斜に注意。引っかけないように。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (4)
A-3 70m/par5
左ドッグレッグのパー5。
右に逃げる傾斜もある。コーナー内側のバンカーを上手く超していきたい。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (5)
A-4 39m/par3
やや上り、左傾斜のパー3


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (6)
A-8 45m/par4
やや下り、左ドッグレッグのパー4。
打ち下ろしでバンカーがあるからと言って、強く打ち過ぎてOBに入らないように。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (7)
B-1 70m/par5
左ドッグレッグのパー5、ショートカット禁止の杭がある。
1打目は飛び過ぎのOBに注意。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (8)
B-4 50m/par4
下りのホール。グリーンは若干の砲台型、左右のOBに注意。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (9)
B-5 55m/par4
A-3と似たように、左ドッグレッグでコーナー内側にバンカーがあるホール。
右に逃げてもOBがあるため、飛距離があるならばバンカーを積極的に攻めていきたい


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (10)
B-6 51m/par4
右ドッグレッグで、コーナー内側にバンカーがある。
これもバンカーを越すのは良いが、飛び過ぎでのOBに注意。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (11)
C-1 50m/par4
左ドッグレッグで左サイドにバンカーがある。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (12)
C-2 65m/par5
右ドッグレッグで短いパー5だが、コーナー内側にバンカーがあり、左に逃げても飛び過ぎるとOBエリアがある。ワンオン狙いをするプレーヤーには、ちょっとのブレが脅威になる。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (13)
C-9 58m/par4
やや下り、右ドッグレッグでコーナー内側にバンカーがある。
例によってグリーン奥はOB。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (14)
D-3 30m/par3
下りであり、やや砲台状になっているグリーンを攻める。
グリーンオーバーはOBにつながる。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (15)
D-5 29m/par3
グリーン側から撮影。
コース左側のマウンドで勢いが死にやすいので注意。グリーンもマウンド状。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (16)
D-8 50m/par4
これまでにも増してバンカーが邪魔をするホール。強く打ち過ぎてOBにならないように。


札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (17)
D-9 90m/par5
唯一の90m台のホール。上げ球禁止。
下り傾斜になっており、左右のマウンドのおかげで多少のブレならば、中央に戻りやすい。




【筆者のスコアです】

札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (18)
ABコースはA-8でOBに入れてしまう。しかもあまり2打で上がれていない。

札幌市厚別区_厚別山本公園パークゴルフ場 (19)
一方CDコースは冒頭以外は好調。
2打で連続で上がれたホールもあった。

D-9ではなんと、ワンオンに成功。
しかし緊張だったのか、残り2mのアルバトロストライが惜しくもショートした。

31-29-28-26 114打で回ることができた。

このコースによくある、コーナー内側のバンカーをいかに対処
するかによって、スコアの善し悪しにつながる。
またOBに怯えないようにして、なおかつ狙ったところにボールを
置かないと、厳しい場面もある。

No.336 札幌市北区・茨戸川緑地パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
05 /12 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ドッグレッグとロングホール。50m台のパー3も多く、ボギーを叩きやすい

PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (1) 
北海道札幌市北区。36H。
Aコースはドッグレッグが多く、B、C、Dコースは地面が固く走りやすいフェアウェイが特徴。距離は長めのセッティング。特にAコースはロブショットやライナー打ちなど、空中系のショットが出来ないと苦しい展開になりやすい。
幸い、一部のホールは平坦なので、そこで2打で上がるようにしたいところだ。

調査日:2019.5.12
難易度:★★★★★★★☆☆☆
(難易度はしゅんY12独自の裁定で10段階で決めています。
起伏や障害物、距離の長さなどを考慮したうえで決定しております)



PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (2) 
A-3 88m/par5
左ドッグレッグののロングホール。道中、少し盛り上がっている箇所がある。

PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (3)
A-4 25m/par3
下りのショートホール。グリーン奥にOBがあるが、後々待ち受ける難ホールに備え、バーディを奪おう。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (4)
A-5 62m/par5
短いパー5だが、右ドッグレッグのコーナーイン側に大バンカーがある。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (5)
A-7 47m/par3
右ドッグレッグの長めのパー3。
ここでバーディを奪うには、上げ打ちで右ラフを越すか、右コーナーのイン側スレスレを狙い傾斜に乗せてグリーンオンさせる。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (6)
B-1 91m/par5
グリーン側から撮影。ほぼ平坦。2オン1パットのイーグルを目標にしたい。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (7)
B-2 50m/par3
長いパー3。左傾斜とグリーン手前の登り傾斜に注意。
但し、BCDコースはフェアウェイが硬めになっており、ボールは転がりやすい。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (8)
B-5 35m/par3
短いが、グリーン奥は急峻な下りになっており、手前からのパットを外すと痛手を負う。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (9)
B-9 55m/par4
グリーン側から撮影。
若干右に傾斜しているホールとなる。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (10) 
C-1 38m/par3
左ドッグレッグのパー3。グリーン左手前に深めのバンカー有り。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (11)
C-4 89m/par5
左ドッグレッグの打ち上げのパー5。右にも傾斜しており、ラフに入りやすい。飛距離がないと苦戦を強いられる。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (12)
C-5 50m/par3
グリーン側から撮影。
またもや50m台のパー3。丘越えの右ドッグレッグとなっており、丘のせいでブラインドコースに成っている。
ここはコースを記憶して挑まないときつい。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (13)
D-3 80m/par5
やや右ドッグレッグ。右には深めのバンカーもあり、引き込まれないように打ちたい。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (14)
D-5 56m/par3
距離のあるショートホールだ。マウンド越えにもなっているが、フェアウェイは広く転がりやすい。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (15)
D-7 40m/par3
砲台グリーンにアタックするホール。フェアウェイは狭いが、コースの右側を狙うといいだろう。コントロールが問われる。


PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (16)
D-8 67m/par5
短いロングホールだが、右ドッグレッグホールであり、
OBゾーンが大量にある。1打目はフェアウェイ右側を狙う。

PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (17)
コーナー付近からその先にかけてもOBゾーンが多く、嫌らしいホールだ



PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (18)
筆者のスコア。まずはABコース。B-4の直線71mでアルバ!

PG場調査 No_336 茨戸川緑地PG場 (19)
CDコース。コントロールが極められないと難しいホールが多かったが、何とか各々29打で回れた。
トータルは32-29-29-29 119打だった。

No.331 恵庭市・漁川パークゴルフ場アイリスコース

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
04 /30 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●漁川の河川敷の18H、堤防を利用した上り下りホールも

eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (1) 
北海道石狩管内恵庭市。18H。
同市を流れる川、漁川河川敷のコースに成る。
住宅地に隣接している。

2019.4.30調査/コース撮影のみ



eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (2) 
A-1 36m/par4
やや左側、木の間を抜けて攻めていく。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (3)
A-3 25m/par3
堤防を活かした下りのホール。左のOBに吸い込まれないように。
(撮影日は整備日でした)


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (4)
A-6 59m/par4
フェアウェイの幅が広いので一気に攻めていこう。ただし随所にマウンドがある。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (5)
A-7 40m/par5
打ち上げだからなのか、はたまたコースが狭いからなのか、これでもパー5である。
ただし右に曲がっている。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (6)
B-1 42m/par4
右ドッグレッグのパー4。
青杭がコーナーの内側にあり、これを迂回するように攻めなければならない。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (7)
B-2 66m/par4
細いフェアウェイが特徴の距離のあるパー4。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (8)
B-6 26m/par3
堤防を下って右に曲がる、直角ドッグレッグのパー3。
コーナー内側に青杭があり、ショートカットを禁止している。


eniwa_PG_漁川パークゴルフ場アイリス (9)
B-7 46m/par4
馬の背フェアウェイのホール。右サイドの2つのグラスバンカーにも注意。コントロールが試される。

北広島市・山根園パークゴルフコース【冬季雪上コース 2019年版】

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
01 /05 2019
北海道石狩管内北広島市。
山根園パークゴルフコースの冬場の雪上コース紹介を行う。
(ちなみに夏場コースは36Hある)

コースは9ホールとなっているが、それなりの距離がある。

またこのコースはパー表記と距離表示板がなかったため、距離の表記はあくまでも目安である。

また、雪上コース特有の圧雪や足跡による凹凸には注意が必要。



難易度:★★★★★★☆☆☆☆
2019年1月5日調査


1番ホール 推定70m
真っ直ぐで標準的なホール。



3番ホール 推定30m
グリーン側から撮影。
なだらかな打ちおろしのホール。



4番ホール 推定45m
なだらかな打ち上げホールとなっている。
ピン手前は登り傾斜が強く、圧雪状況によっては手前に戻ってきてしまうことも。



6番ホール 推定25m
左傾斜の強めなホール。右を狙ってショットしよう



8番ホール 推定55m
なだらかな上りのホール。ある程度飛距離が出るならば、ピンを狙っていきたい。



9番ホール 推定55m
最終ホールは、クラブハウスに向かって下っていくホールだ。
圧雪状況と相談して、強く打ちすぎないように注意したい。



筆者の結果である。
27ホール、つまりコースを3周した。
どうも後半になってくると、集中力が切れて正確なショットができなくなることもある。
なかなか難しいものだ。

No.327 千歳市・つばさ公園パークゴルフコース

パークゴルフ場考察(北海道石狩管内)
10 /08 2018
●距離は短くてもなかなかトリッキーなコース

北海道石狩管内千歳市。36ホール。
街中からはずれた所にある、つばさ公園内のコースとなっている。
山からの打ち下ろしホールもあり、面白いコースだ。



2018/10/8調査
難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆


A-2 29m/par3
やや左に曲がるショートホール。コースの右側には元バンカーと思しき窪地のラフがある。



A-6 33m/par3
起伏に富み、フェアウェイをうまく走らせるのがなかなか難しい。



A-7 69m/par5
右も左もOBゾーン。左には傾斜があり、これが左のOBゾーンに吸い込む傾斜となっている。



B-3 50m/par4
左傾斜がきつい。2打目がラフからのショットになる可能性はかなり高いだろう。



B-7 19m/par3
名物・山からの打ち下ろし。
この写真からは確認できないが、グリーンの右側にはOBのネットがあるため、要注意だ。グリーン手前も右傾斜しており、右に引っ張るとバウンドでOBに入ってしまいやすい。



B-8 72m/par5
ほぼ平坦な直線ホール。しかし全く平たんというわけでは無く、所々に細かい起伏があるのだ。


※Cコースのみパー33ではなく、パー34です


C-2 30m/par3
やや打ち上げのショート。グリーンの傾斜がきついので、手前から攻める感じで行ければベストだ。



C-4 84m/par5
60m付近で右に曲がるロングホール。
コース右のラフに突っ込むと厄介。木や山が邪魔になってしまうためだ。



C-6 30m/par3
マウンドを越えて、砲台グリーンを目指すショート。
正確な寄せが求められる。



C-8 25m/par3
右奥に下るホール。ラフから攻める場合はどうラフをかわしていくかがカギだ。



C-9 97m/par5
コース内で唯一となる90m代のホールだ。
コース後半になればなるほど、左の傾斜が強くなっていく。グリーンも例外なく、左傾斜がきついので注意。



D-1 27m/par3
打ち上げのパー3。中央付近の大きなマウンドは、左から攻めよう。



D-3 44m/par4
右傾斜と起伏が厄介なホール。加えてグリーンをオーバーするとネットのOBが待ち構えている。



D-9 39m/par4
左ドッグレッグのホール。安全に攻めるならマウンドを左側から攻めて、傾斜を利用した立ち回りをしたいところ。
ただしその場合はティー直後のくぼみに注意が必要だ。




筆者の結果。ABコース。


ABコースではあまりよくないスコアだったが、Dコースでスコアが大爆発!
4を叩かず、2を獲れたホールが5か所も!

この奮闘でCDコースでは50打を切ることに成功。
トータルスコアは107打(29-30-26-22)でフィニッシュ。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。