FC2ブログ

No.369 遠軽町(丸瀬布)・丸瀬布総合スポーツ公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
08 /05 2019

●上級者向けのつつじ・しらかばコースと、易しめなファミリーコースがある

maruseppu_sougou_PG (1)
北海道オホーツク管内遠軽町(旧 丸瀬布)。36H。
起伏に富んだロングコースのつつじ・しらかばコースと、概ね平坦なファミリーコースがある。

2019.8.4調査
コース難易度:★★★★★★★☆☆☆
※難易度はしゅんY12独自の見解で10段階で付けております。難易度の感じ方は個人差がありますので、何卒ご了承ください。

maruseppu_sougou_PG (2)
つつじ-2 40m/par3
グリーンが右に傾斜している。


maruseppu_sougou_PG (3)
つつじ-3 99m/par5
やや左に曲がるロングホール。


maruseppu_sougou_PG (4)
つつじ-5 47m/par3
コース中央にラフがあり、グリーン右は大バンカー。曲者なホールだ。


maruseppu_sougou_PG (5)
つつじ-8 53m/par3
打ち上げの長いパー3。ティー直後の右の木に要注意。コース左に弾かれるとOBの藪に入ってしまう。


maruseppu_sougou_PG (6)
しらかば-1 63m/par4
右に曲がっているパー4。OBが多く、木やバンカーもあるため難しい


maruseppu_sougou_PG (7)
しらかば-2 38m/par3
木とバンカーに要注意。右のOBもあったり、トラップ満載だ。


maruseppu_sougou_PG (8)
しらかば-3 54m/par4
バンカーやラフが障害物となる。グリーンへは打ち上げだ。


maruseppu_sougou_PG (9)
しらかば-4 70m/par4
左ドッグレッグの長いパー4。左の藪地帯はOB。引っ掛けないように。


maruseppu_sougou_PG (10)
しらかば-5 98m/par5
フェアウェイが二手に分かれているロング。右ルートが最短。


maruseppu_sougou_PG (11)
しらかば-6 27m/par3
グリーン手前に二つのバンカー。グリーンは奥に下っており、オーバーするとOBに吸い込まれる。


maruseppu_sougou_PG_f (4)
ファミリーA-1 85m/par5
40m付近にバンカーがある。左はずっとOB。グリーン近辺もバンカーがある。


maruseppu_sougou_PG_f (6)
ファミリーA-4 31m/par3
グリーン側から撮影。
マウンドを越えて、白樺を避けてグリーンに達する。グリーン後方はバンカーだ。


maruseppu_sougou_PG_f (5)
ファミリーA-9 27m/par3
バンカー越えで盛り上がったグリーンを狙う。


maruseppu_sougou_PG_f (1)
ファミリーB-2 35m/par3
狭いグリーンの周囲にバンカーが二つもある。


maruseppu_sougou_PG_f (2)
ファミリーB-8 20m/par3
高台から打ち下ろすホール。後ろにはバンカーもあるため、強く打ちすぎないように充分に注意しよう。


maruseppu_sougou_PG_f (3)
ファミリーB-9 44m/par4
グリーン手前に木・バンカー。後方にOBがある。

スポンサーサイト

No.368 遠軽町(白滝)・白滝ゲートボール公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
08 /04 2019

●林間とアップダウンが連続する難関コース

北海道オホーツク管内遠軽町(旧 白滝村)。36H。
白滝ゲートボール公園の中にある林間コース。
距離は短めなものが多いが、90m台のホールも2つある。
つつじABコースとあじさいABコースがある。

※なお、本コースの紹介・解説は、コース攻略の順番の関係上、「つつじA」→「あじさいA・B」→「つつじBコース」とします。(理由はあじさいコースが途中にあるため)

2019.8.4調査
コース難易度:★★★★★★★★☆☆
難易度はしゅんY12独自で10段階に判定したものです。難しさの感じ方は人によって違いがありますのでご了承ください。


【つつじAコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (1)
スタート地点


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (2)
つつじ-1 91m/par5
グリーン側から撮影。
打ち下ろしのホール。このホールはコース右側に池があり、OBとなっている。見た目も美しいホールだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (3)
つつじ-5 41m/par5
何故かこの距離でパー5である。
しかし易々とアルバトロスは取らせてもらえない。右にそびえる4本の木と、グリーン左手前のOBエリアがいい仕事をしているのだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (4)
つつじ-7 33m/par4
下りの短いパー4。しかしグリーン奥にはOBがあるのだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つA (5)
つつじ-9 41m/par3
段を降りていくパー3。ここも、グリーン奥にはOBがある。


【あじさいAコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (1)
あじさい-1 55m/par5
左側にOBと木がある狭いホール。
あじさいコースは全ホールが60mに満たない設計だ。しかし、木と傾斜の多さで難易度が高い。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (2)
あじさい-2 44m/par4
左ドッグレッグのきつい打ち上げホール。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (3)
あじさい-3 32m/par3
パー3なのに急な傾斜のドッグレッグ。
さらに、セカンドショットが打ち上げ。パー確保でお見事といったレベル。
ちなみに、1打目が飛びすぎるとOBに入ってしまう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あA (4)
あじさい-8 35m/par3
下りの左ドッグレッグのパー3。木に臆せず攻めていくべし。





【あじさいBコース】
遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (1)

遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (2)
あじさい-10 44m/par4
打ち上げのホール。グリーン手前が急な上り。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (3)
あじさい-12 48m/par4
道中に急な盛り上がりがあり、これの影響を計算に入れてショットしよう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (4)
あじさい-14 57m/par5
うねる傾斜だが、フェアウェイは広い。奥にOBがあるものの、傾斜を読んでアルバトロスを決めたいところだ。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_あB (5)
あじさい-17 45m/par4
細いフェアウェイ、打ち下ろし、左右がOBと、コントロールが良くないと苦汁を舐めつくすホールだ。


【つつじBコース】

遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (1)
つつじ-10 47m/par4
下って上るミドルホール。コース内には大量のしらかばが待っている。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (2)
つつじ-15 35m/par3
木や切り株があるが、ここまでの難ホールに比べればまだかわいい方だ。バーディでつなげよう。


遠軽白滝ゲートボール公園PG_つB (3)
つつじ-18 92m/par5
最終ホールは左ドッグレッグのホール。
林を抜けつつ、左に曲がっていくテクニカルなコースレイアウトとなっている。

No.366 滝上町・渓谷公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
07 /29 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富み、機転を利かさないとクリアは難しい

滝上渓谷公園PG_A (1)
北海道オホーツク管内滝上町。36H。
起伏がきつめなコースレイアウトであり、決して距離は
長くないのだが、OBやバンカーの配置もトリッキーなのだ。

2019.7.28調査
コース難易度:★★★★★★★☆☆☆
※難易度はしゅんY12独自の見解により10段階で付けております。難易度の感じ方によっては人それぞれですので、何卒ご了承ください。

滝上渓谷公園PG_A (2)
A-1 58m/par4
蛇行したフェアウェイが特徴。グリーンを左奥にオーバーするとOB。
ワンオン狙いは出鼻をくじかれないように。


滝上渓谷公園PG_A (3)
A-5 45m/par4
打ち上げのパー4。コース途中のバンカーとグリーン手前の上り坂がアクセント。


滝上渓谷公園PG_A (4)
A-7 35m/par3
グリーン側より撮影。
グリーンに大きな盛り上がりがあり、パットで難儀しやすいホールだ。


滝上渓谷公園PG_A (5)
A-9 65m/par4
やや左ドッグレッグ。左を狙いすぎると林に嵌ってしまいやすい。


滝上渓谷公園PG_B (1)
B-5 50m/par4
コースの起伏が激しく、イレギュラーなバウンドには要注意。


滝上渓谷公園PG_B (2)
B-7 43m/par4
左のOBに吸い込む傾斜が絶えず続いており、ワンオン狙いはこれに吸い込まれやすく要注意。


滝上渓谷公園PG_B (3)
B-9 77m/par5
マウンドをいくつも超えていくホール。
45~50m付近のマウンドはコースの右を走らせて超そう。コントロールが何よりも試されるホールだ。


滝上渓谷公園PG_C-D (1)
C-2 43m/par3
起伏の激しいパー3。グリーン手前にはバンカーもあり、難易度に拍車をかける。


滝上渓谷公園PG_C-D (2)
C-3 36m/par3
やや右に曲がるバンカーの多いパー3。木もあるため狙いが難しい。


滝上渓谷公園PG_C-D (3)
C-5 55m/par4
この写真では見づらいが、コース中央にバンカーがある。
さらにあちこちにOBがあるため、コントロール重視のコースとなっている。


滝上渓谷公園PG_C-D (4)
C-7 40m/par4
マウンド越えでグリーンを狙う。ティーからはグリーンが見えない。


滝上渓谷公園PG_C-D (5)
C-8 75m/par4
やや右ドッグレッグ。左のOBに吸い込む傾斜も多く、左に引っかけるのは致命的だ。


滝上渓谷公園PG_C-D (6)
C-9 90m/par5
同コース唯一の90m台。
C-8番同様にOBが多く、無理な攻めはOBにつながりやすい。
安全に行くならば、途中で刻んで攻めるのがおすすめだ。


滝上渓谷公園PG_C-D (7)
D-3 34m/par3
ほぼ平坦。しかしグリーンはお盆状だ。


滝上渓谷公園PG_C-D (8)
D-5 40m/par4
打ち上げでグリーンを狙う。OBも多いので、慎重に。


滝上渓谷公園PG_C-D (9)
D-7 34m/par4
蛇行したフェアウェイにOBがいくつもあるホール。ペナルティーを受けないようにしたい。正確なボールコントロールが出来ないとOBに入りやすい。


滝上渓谷公園PG_C-D (10)
D-9 33m/par3
蛇行したフェアウェイ。コース右側やグリーン奥にこぼれるとOBになりやすい。

No.365 西興部村・いこいの森公園パークゴルフコース

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
07 /28 2019


●コース幅の広いロングコース中心の18H

北海道オホーツク管内西興部村。18H。
かつての駅を利用した鉄道史料館の隣にあるコース。
道の駅「にしおこっぺ花夢」からも近い位置にある。

西興部村いこいの森PG (1)

2019.7.28調査 写真での収録のみ。



西興部村いこいの森PG (2)
A-2 50m/par4
左にきつく曲がるホール。コーナーの内側は全てOBとなり、ショートカット禁止。


西興部村いこいの森PG (3)
A-4 30m/par3
やや右ドッグレッグ。若干盛り上がっているグリーンを狙う。


西興部村いこいの森PG (4)
A-8 95m/par5
左側が全てOBの、だだっ広いフェアウェイを攻めることになるロング。


西興部村いこいの森PG (11)
B-2 75m/par4
なだらかな傾斜の、だだっ広いフェアウェイのパー4。


西興部村いこいの森PG (12)
B-3 70m/par4
再び70m台のパー4。コース後半に盛り上がりがある。


西興部村いこいの森PG (13)
B-5 56m/par3
50m台のロングなパー3。ただしフェアウェイの幅は広いのが救いか。


西興部村いこいの森PG (14)
B-7 77m/par5
左に曲がるパー5。左の藪地帯は全部OBなので引っ掛けには要注意。


西興部村いこいの森PG (15)
B-9 77m/par4
距離の長いパー4。とはいえフェアウェイ幅は広いのでのびのびと行ける。

No.326 湧別町・五鹿山公園パークゴルフ場(ホール紹介は白樺コースのみ)

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
09 /25 2018
●スキー場の麓にあるコース、傾斜が強敵となる

北海道オホーツク管内湧別町。54H。
白樺コース・桜コースが36Hずつあったが、昨年に桜C/Dコースを廃止。
戦略性こそあったがお年寄りにはきつい、とのことらしい。

※お断り:本記事では時間と収録当日の天気の関係上、白樺コースのみの紹介となります。ご了承下さい。
桜コースもスキー場の麓の斜面を利用したコースが18H展開されています。


↑案内板。桜C・Dコースは今はない。


【五鹿山パークゴルフ場 白樺A~Dコース】


A-2 40m/par3
グリーン側から撮影。傾斜の上の左側を狙いすぎるとOBという、上を攻めたいのにOBのため攻められないというジレンマとの闘いとなる。



A-3 50m/par4
砲台グリーンのパー4。右傾斜に注意



A-4 45m/par3
下っており、途中の木と、道中にある左と奥のOBゾーンに注意しなければならない。



B-2 55m/par4
強烈な右傾斜。大げさなくらい左にアドレスしてショットしたい。
なお、フェアウェイは全面刈りとなっている。



B-4 50m/par4
強い打ち上げのホール。右にも多少の傾斜がある。



B-9 55m/par4
グリーン側から撮影。
途中にバンカーがある下りのホールだ。しかし飛び過ぎてOBにもなりやすい。



C-2 30m/par3
左傾斜が強烈だ。グリーン奥はOB。



C-3 99m/par5
唯一の90m台。とは言え、フェアウェイは広いので一気に攻めてしまいたい。



C-6 43m/par3
左はOB、グリーンはお盆状。やや右を狙ってショットしていこう。



C-7 58m/par4
グリーン側から撮影。やや打ち上げのホールになる。グリーン左にバンカーもある。



D-1 64m/par4
グリーン左にOB、手前にはバンカーもある。OBにボールが引き込まれないようにしたい。ロングヒッター泣かせのホールだ。



D-5 43m/par3
左傾斜とお盆状グリーンが特徴のホール。
フェアウェイは全面刈りのため、グリーンからこぼれるとあっという間に下に行ってしまう。



D-7 65m/par4
グリーンの前後にバンカーがある。



D-8 40m/par3
きつい右傾斜が特徴的なホール。途中には木と窪地地帯もある。
収録当日のピン位置は右傾斜の途中という、かなり難しい位置に切られていた。



D-9 61m/par4
グリーン側から撮影。
マウンドを二つ超えてグリーンを目指すホールだ。グリーン奥にはOBもあるので、マウンドの傾斜に流されてしまうとペナルティーの憂き目にあう。

No.325 湧別町・芭露(ばろ)パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
09 /25 2018
●起伏に富んだ穴場風コース



北海道オホーツク管内湧別町。18H。
起伏に富んだ穴場的コースである。アウトもインも距離は451m。

2018/9/22調査(写真のみ)



A-2 38m/par3
起伏に富んでおり、グリーン左手前にガードバンカーあり。



A-3 46m/par4
ここも起伏に富み、グリーン前には木もある。



A-4 51m/par4
グリーン手前には木、右奥にはOBがある。
左側には広いバンカーがある。



B-2 39m/par3
グリーン側から撮影。木をかわして、砲台グリーンを目指すホールだ。



B-3 51m/par4
グリーン側から撮影。途中に大きなマウンドを越え、バンカーに囲まれた砲台グリーンを目指す。



B-4 54m/par4
右の巨大マウンドが特徴のホール。攻略にも大きな障害物となる。



B-8 95m/par5
だだっ広いコースのロング。右側のバンカーもなるべく気にせず打ちたい。



B-9 40m/par3
グリーン右手前にガードバンカー、グリーンオーバーするとOB。

No.324 紋別市・渚滑ふれあいパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
09 /24 2018
●アップダウンのある面白いホールもある

北海道オホーツク管内紋別市。36H。
距離のあるABコースと、アップダウンのあるホールがあるCDコースに分かれている。

コースとコースの間にはSLの汽車がある。

2018/9/23調査(写真のみ)


A-4 74m/par4
やや右に曲がる打ち上げの長いミドル。



A-7 35m/par3
右奥に下るホール。丁度いい位置に木が待ち受ける。



B-2 58m/par4
きつい打ち上げのパー4。



B-3 69m/par4
グリーン側から撮影した。左に直角に曲がる下りのホール。



B-6 96m/par5
グリーン側から撮影。右ドッグレッグのホールとなる。OBが多いので注意。



B-8 34m/par3
下りのホール。細かいマウンドがあちこちに点在する。



Cコースの近くにはSLが…



C-4 50m/par4
やや打ち上げの右傾斜のミドル。左はOBなので、これにこぼさないようにしたい。



C-8 50m/par4
やや左に曲がる下りホール。ワンオン狙いだと左の急傾斜を狙うことになる。



C-9 95m/par5
緩やかな起伏があり、ほぼ平坦のロング。



D-3 45m/par4
グリーン手前に盛り上がりがある。



D-4 45m/par4
きつい打ち上げのホール。



D-7 40m/par4
左に曲がる短いミドル。狙いすぎるとOBが待っている。



D-8 90m/par5
右に直角に曲がるホールだ。1打目のショットパワーは短くても長くてもダメ。


グリーン側から撮影したD-8番

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。