No.300 (北海道オホーツク管内)清里町・江南パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
07 /16 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●傾斜地を活かした勾配のあるコース。戦略的な54H

kiyosato kounan A (1) 
北海道オホーツク管内清里町。54H。
A~Fコースまであり、ABコースは短めだが、EFコースは500mと、距離のある上級者向けコースとなっている。
勾配のあるコースが多いので、テクニックも求められる。
ついに、通算300コース調査完了!

2018/7/15調査 写真撮影のみ(悪天候のため)

kiyosato kounan A (2) 
A-1 70m/par5
いきなりの難関ホール。打ち上げのロングホールから始まる。
左にやや曲がるが、ボールは右に転がりがちだ。しかも左のほうを狙うとすれば、OBがあるのだ。

kiyosato kounan A (3)
A-2 50m/par3
右ドッグレッグのロングなショートホール。
コースの傾斜を利用しよう。OBが多いが、出来るだけ気にしないようにしたい。

kiyosato kounan A (4)
A-9 30m/par3
打ち上げのショートホール。

kiyosato kounan B (1)
B-2 100m/par5
少し左ドッグレッグの打ち下ろしホール。左のOB注意。

kiyosato kounan B (2)
B-5 70m/par5
左とグリーン奥にOBがあるホール。下りなので、ある程度のパワーがあれば、ワンオンアルバトロスだって夢じゃない。

kiyosato kounan B (3)
B-9 60m/par4
左傾斜のきつい打ち上げのホール。左のOBには絶対に入れないように。

kiyosato kounan C (1)
C-1 40m/par3
右側とグリーン奥にOBがあるホール。

kiyosato kounan C (2)
C-5 55m/par4
グリーン側から撮影。
グリーンはやや盛り上がり、グリーン左手前にOBあり。

kiyosato kounan C (3)
C-6 80m/par5
やや左傾斜のロングホール。

kiyosato kounan D (1)
D-1 40m/par3
左傾斜のきついホール。OBも待ち受けており厄介だ。

kiyosato kounan D (2)
D-2 74m/par5
下りのホール。コース中央に窪地がある。

kiyosato kounan D (3)
D-5 45m/par3
グリーン側から撮影。
右傾斜に注意してショットしよう。

kiyosato kounan E (1)
E-4 30m/par3
右に傾斜している。右側に窪地、左側とグリーン奥にOBがあるホール。
攻める角度的にも難易度の高いホールとなるだろう。

kiyosato kounan E (2)
E-8 90m/par5
右ドッグレッグのロングホール。インを狙いすぎるとOBの餌食。

kiyosato kounan F (4)
F-4 85m/par5
左ドッグレッグの打ち上げホール。ここも、インを狙うとOBに捕まる。

kiyosato kounan F (6)
F-6 90m/par5
左ドッグレッグのロングホール。これもまた、イン側にOBが仕込まれている。

kiyosato kounan F (8)
F-8 60m/par3
ショートホールながら60mもある。おまけに左右に、グリーン奥にもOB。
パーセーブできれば御の字だ。

kiyosato kounan F (9)
F-9 60m/par4
グリーン側から撮影。
右に曲がるホール。コーナーイン側にはまたもOBがある。グリーン左手前には窪地。


この記事が面白いとか参考になったとか、いいねとか思われましたら、
ぜひ下の拍手ボタンを一回押してくださるとうれしいです。

スポンサーサイト

No.299 大空町東藻琴村・緑とチーズの里ふれあいパークPG場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
07 /16 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●起伏に富み、テクニックの問われるホールが多い

緑とチーズPG A (1) 
北海道オホーツク管内、大空町(旧東藻琴村)。36H。
A=しばざくらコースOUT
B=しばざくらコースIN
C=しらかばコースOUT
D=しらかばコースIN となる。
起伏に富み、パークゴルフの総合的なテクニックの問われるコースだ。

2018/7/15調査 写真撮影のみ(悪天候のため)

緑とチーズPG A (2) 
A-1 42m/par3
砲台グリーンへと打ち上げる、芝桜コースのオープニングホール。

緑とチーズPG A (3)
A-2 54m/par4
打ち上げの右ドッグレッグのミドルホール。ショートカットしようものなら、木が邪魔になる。

緑とチーズPG A (4)
A-8 31m/par3
左傾斜のある、砲台グリーンへと向かうホール。

緑とチーズPG A (5)
A-9 63m/par4
左傾斜のあるホール。やや左に曲がっている。

緑とチーズPG B (2)
B-3 47m/par4
右に曲がるホール。ショートカットはローカルルールにより禁じられている。
起伏が激しいが、1打目は確実にコーナーに打つこと。

緑とチーズPG B (1)
B-7 38m/par3
馬の背フェアウェイ。中央を正確に走らせよう。

緑とチーズPG B (3)
B-9 58m/par5
右ドッグレッグの、短めのロングホール。しかし緩やかに曲がっており、また障害物も多いため、イーグルはなかなか難しい。

緑とチーズPG C (1)
C-1 36m/par4
右の傾斜に吸い込まれないように正確に狙っていきたい。

緑とチーズPG C (2)
C-2 29m/par3
急な右傾斜のある登りホールとなる。

緑とチーズPG C (3)
C-4 26m/par3
あまりきつい傾斜はない。チャンスホールだ。

緑とチーズPG C (4)
C-6 69m/par5
きつい左傾斜のある真っ直ぐなホール。右側を狙って、少なくとも左の溝には入れたくないところだ。

緑とチーズPG D (2) 
D-5 43m/par3
上りのホール。ティー直後は右傾斜もある。

緑とチーズPG D (1)
D-7 70m/par5
急激な右傾斜のあるホール。1打目はラフに吸い込まれること必至なので、ラフショットの得意なプレイヤーが有利だ。

緑とチーズPG D (3)
D-8 33m/par3
グリーンに木があったり、コース右側を狙いすぎると傾斜で右に落ちてしまうホールだ。


この記事が面白いとか参考になったとか、いいねとか思われましたら、
ぜひ下の拍手ボタンを一回押してくださるとうれしいです。

No.298 小清水町・小清水町民パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
07 /15 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●広いフェアウェイに緩やかな起伏が絡んでいる

koshimizu PG (1) 
北海道オホーツク管内小清水町。36H。
通称ポテトコース。
平坦なコースにやや起伏を設けたような構造となっている。

2018/7/15調査 写真撮影のみ(悪天候のため)

koshimizu PG (2) 
A-1 100m/par5
60m付近とグリーン右手前にバンカーがある。グリーンは若干盛り上がっている。

koshimizu PG (3)
A-9 42m/par3
グリーン側から撮影。木を避けて砲台グリーンへ。グリーン奥にバンカー有り。

koshimizu PG (4)
B-1 45m/par3
グリーン手前にバンカーがあるホール。

koshimizu PG (5)
B-4 38m/par3
グリーン側から撮影。
このホールも、グリーン手前にバンカーがある。

koshimizu PG (6)
B-5 72m/par4
コース右側に盛り上がったエリアがある。

koshimizu PG (7)
B-9 45m/par4
グリーン側から撮影。
コースの中央はラフになっていて、それ故に、コースが二股になっている。

koshimizu PG (8)
C-1 100m/par5
左にOBこそあるものの、真っすぐにだだっ広いフェアウェイが待つロングホール。

koshimizu PG (9)
C-8 40m/par3
グリーン側から撮影。
コースが左に傾いでおり、ラフに落ちやすい。

koshimizu PG (10)
C-9 60m/par4
やや右に曲がるホール。グリーン左にバンカー。

koshimizu PG (11)
D-1 55m/par4
右にOBがあるけど、至ってシンプルなパー4。

koshimizu PG (12)
D-3 50m/par3
距離のあるショートホール。コースはほんの少し右に傾斜している。

koshimizu PG (13)
D-8 100m/par5
真っ直ぐに伸び、大きなグリーンを目指す、飛ばす快感を味わえるロングホール。

koshimizu PG (14)
D-9 50m/par4
コースが少し右に傾斜している最終ホール。

No.283 遠軽町・えんがるパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /06 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ロングコースと、幅の広い砲台グリーンをいかに攻められるか

遠軽パークゴルフ さくら (1) 
北海道オホーツク管内遠軽町。36H。
距離が非常に長く、フェアウェイの幅も広めにとっており、グリーンが大きなホールが多い。さくらコースABとひまわりコースABがある。

2018/6/3調査 写真撮影のみ

以下コース紹介。

遠軽パークゴルフ さくら (2) 
さくら1 39m/par3
盛り上がった起伏を攻略して砲台グリーンにたどり着くホール。

遠軽パークゴルフ さくら (3)
さくら2 63m/par4
グリーンが二手に分かれ、ピン位置によって違った戦略となる。

遠軽パークゴルフ さくら (4)
さくら7 43m/par3
盛り上がったグリーン。

遠軽パークゴルフ さくら (6)
さくら10 98m/par5
フェアウェイはほぼ平坦。ワイドな砲台グリーンをいかに攻略するか。

遠軽パークゴルフ さくら (5)
さくら11 36m/par3
グリーン側から撮影。相変わらずの広い砲台グリーン。

遠軽パークゴルフ さくら (7)
さくら15 74m/par4
右にバンカーがあるが、これはピン位置が右の時に脅威となる。

遠軽パークゴルフ ひまわり (1) 
ひまわり1 63m/par3
やたら距離のあるショートホール。グリーンは砲台型だがさくらコースのものと比べると小さい。

遠軽パークゴルフ ひまわり (2)
ひまわり2 42m/par3
盛り上がったグリーンは傾斜がきつく、またグリーン奥に植栽のOB。

遠軽パークゴルフ ひまわり (3)
ひまわり3 82m/par5
左のOBに注意。

遠軽パークゴルフ ひまわり (8)
ひまわり8 28m/par4
短いミドルホールだが、左と、グリーン奥にOB。油断しないように。
右に逃げる傾斜もあって意外に厄介だ。

遠軽パークゴルフ ひまわり (5)
ひまわり12 54m/par4
バンカー越えで臨むホール。

遠軽パークゴルフ ひまわり (4)
ひまわり13 96m/par5
コース幅こそ広いが、右のOB注意。

遠軽パークゴルフ ひまわり (6)
ひまわり17 31m/par3
奥行きのない砲台グリーンをいかに攻略するか。

遠軽パークゴルフ ひまわり (7)
ひまわり18 42m/par4
マウンドを越えて砲台グリーンにたどり着くホールとなる。

No.282 北見市・北見モイワスポーツワールドパークゴルフ場(シラカバ・ライラックコース)

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /05 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●傾斜地に展開する36ホール

北海道オホーツク管内北見市。36H。(※)
※それとは別に、離れた位置にイチイコースがある

シラカバコースABとライラックコースABがあり、
いずれも傾斜のあるコースと終始相手をしなければならない。
傾斜の読みが、スコア短縮のカギだ。また距離もある。
フェアウェイは広めなので、しっかりとショットしていきたい。

2018/6/3調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 
※難易度はしゅんY12独自の判断ですので、参考程度にお願いします。

以下、ホール紹介。
なお、本稿では、ホール番号を便宜上連番で紹介しています。
実際は両コースともA・Bコースに分かれています。



シラカバ1~3H
いずれも40m程度の打ち上げのパー3。ミドルショットと高低差の読みが問われる。

北見モイワスポーツW シラカバ (1) 
シラカバ4 80m/par5
右傾斜のあるやや上りのロングホール。

北見モイワスポーツW シラカバ (2)
シラカバ6 55m/par4
土手から打ち下ろすホール。左傾斜だが、狙いすぎて右の土手に当てないように。

北見モイワスポーツW シラカバ (3)
シラカバ8 85m/par5
打ち下ろし。引っ張って左のOBに行かないように。

北見モイワスポーツW シラカバ (4)
シラカバ12 82m/par5
打ち上げ左ドッグレッグのパー5。パワーが無いと苦戦しそうだ。

北見モイワスポーツW シラカバ (5)
シラカバ15 39m/par3
グリーン側から撮影。
斜めの傾斜と、盛り上がったグリーンの傾斜を読んで、バーディを取ろう。

北見モイワスポーツW シラカバ (6)
シラカバ18 89m/par5
下りの左ドッグレッグホール。加えて、右にも傾斜している。左のラフに突っ込むとセカンドショット以降が大変で、ラフから出にくくなる。慎重に立ち回りたい。

北見モイワスポーツW ライラック (1)
ライラック1 45m/par3
高台からの打ち下ろし。左に傾斜している。

北見モイワスポーツW ライラック (2)
ライラック2 61m/par4
左傾斜とOB、グリーン手前のバンカーに注意。

北見モイワスポーツW ライラック (3)
ライラック5 96m/par5
絶えず右傾斜が続くホール。

北見モイワスポーツW ライラック (4)
ライラック7 36m/par4
きつい左ドッグレッグ。右傾斜にも注意しよう。

北見モイワスポーツW ライラック (5)
ライラック9 69m/par4
右傾斜+打ち上げのコンボが厄介なミドルホール。

北見モイワスポーツW ライラック (6)
ライラック13 41m/par3
やや右ドッグレッグ。傾斜を読んでしっかりと寄せよう。

北見モイワスポーツW ライラック (7)
ライラック14 50m/par4
右傾斜が強く、左右にOBもあるため、1打目が難しい。


北見モイワスポーツW ライラック (8)
ライラック16 51m/par3
打ち上げの距離のあるショートホール。中央の窪地バンカーも曲者だ。

北見モイワスポーツW ライラック (9)
ライラック18 89m/par5
右ドッグレッグのパー5。傾斜に沿って強めに打って制していこう。

No.281 訓子府町・訓子府町パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
06 /03 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●平坦に見えるコースも、植栽等で変化を付している

kunneppu PGC (1) 
北海道オホーツク管内訓子府(くんねっぷ)町。

A~Fコースまである54Hのコースだ。
河川敷のこのコースは平坦だが、倒木や植栽、細かい盛土等が
主なトラップとなる。

ちなみにこのコースをプレイする際に注意したいのが、
コースの順路である。駐車場と受付の位置の関係上、
E・Fコース以外はD→A→B→Cコースと回ることが原則となっているのだ。

本稿でのコース解説も、E・F・D・A・B・Cコースの順で解説していく。

2018/6/3調査 写真撮影のみ
以下コース紹介。

kunneppu PGC (2) 
E-2 61m/par3
植栽が邪魔なため、左ドッグレッグの
かなり距離があるショートホール。パーならば御の字だ。

kunneppu PGC (3)
E-3 83m/par5
植栽と倒木が邪魔をしている。真っ直ぐに打てるかどうかが問われる。

kunneppu PGC (4)
E-4 57m/par4
右に曲がるパー4。オレンジ色のネットの左奥にバンカーがある。

kunneppu PGC (5)
F-4 55m/par4
グリーン側から撮影。
ティーとグリーンの間にマウンドがある。

kunneppu PGC (6)
F-5 40m/par3
コース中央に丸いラフがある。そのまま打つと勢いが殺されるので、
ロブショットが打てる者にとっては有利なホールとなる。

kunneppu PGC (7)
F-6 94m/par5
細かいマウンドやバンカーがあるホール。

kunneppu PGC (8)
D-2 40m/par4
倒木と低木が妨害するホール。しっかり避けていくこと。

kunneppu PGC (9)
D-3 42m/par4
グリーン側から撮影。ネットに囲われたグリーンが特徴。
赤い矢印のように攻めないと、ピンのもとへはたどり着けない。

kunneppu PGC (10)
D-6 35m/par4
バンカーに守られたグリーンが特徴。

kunneppu PGC (11)
B-3 70m/par5
橋をくぐるホール。右からせり出すOBのラフには注意が必要だ。

kunneppu PGC (12)
B-8 50m/par5
グリーン側から撮影。
距離の短い右ドッグレッグのパー5。
オレンジ色のネットに引っかからないように注意しよう。

kunneppu PGC (13)
A-2 38m/par3
木立を抜けた先にピンがある。

kunneppu PGC (14)
A-9 80m/par5
グリーン側から撮影。道中の木はしっかりかわすこと。

kunneppu PGC (15)
C-1 40m/par3
マウンド2つと、縦長バンカーが印象的。

kunneppu PGC (16)
C-4 70m/par5
オレンジ色のネットが攻略を妨げる、左ドッグレッグのホール。

kunneppu PGC (17)
C-6 40m/par4
マウンド2つを越えた先に、バンカーに囲まれた(写真ではわかりづらいが)盛り上がったグリーンを狙うホールだ。

北見市留辺蘂町(るべしべ)・八方台森林公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道オホーツク管内)
09 /25 2016

●アカシアDコースが最大の壁。傾斜のある戦略的コース

北見市留辺蘂町 八方台森林公園PG (2) 北見市留辺蘂町 八方台森林公園PG (1)
北海道オホーツク管内北見市留辺蘂町。36H
えぞまつ(A)/からまつ(B)
しらかば(C)/あかしあ(D)
の4コースで構成される。アカシアコースは498mととりわけ長く
猛烈な打ち上げのロングやドッグレッグもあるため
一筋縄ではいかない。

2016/9/25調査
難易度:>>>>>>>>>>
以下より、気になったホールを解説していく。

続きを読む

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲーム/クリエイト系ゲームなどのファンでもあります。特にコース造れるゴルフゲームが好きです。
画像は問題があったら消します。