FC2ブログ

No.335 深川市・深川リバーサイドパークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /06 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●石狩川河川敷の細かい起伏の多い45H

深川リバーサイドPG_ABC (1) 
北海道空知管内深川市。45H。
A~Eコースまであり、100mや90mのホールはあるが
他はいずれも距離は短め。30~50m台のホールが多い。
細かい起伏や窪地によって、戦略的に楽しめるホールもある。
パワーよりもテクニックが問われる。
(ご注意:収録日はBコースが芝生養生中のため撮影できませんでした。ご了承ください。)

調査日:2019.5.5
難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆
(難易度はしゅんY12独自の裁定で10段階で決めています。
起伏や障害物、距離の長さなどを考慮したうえで決定しております)



深川リバーサイドPG_ABC (2) 
A-1 50m/par4
真っ直ぐのホール。右の窪地に気を付けてショットする。


深川リバーサイドPG_ABC (3)
A-2 100m/par5
同コース最長のホール。途中から下り坂になっている。


深川リバーサイドPG_ABC (4)
A-3 35m/par3
マウンドを越えてグリーンに到達するホール。途中、左側にはバンカー有り。


深川リバーサイドPG_ABC (5)
A-7 50m/par4
マウンドを越えて、木をよけつつ上りのグリーンにアタックする。


深川リバーサイドPG_ABC (6)
Bコースは芝生養生中でした。ピンも建っておらず、撮影不能でした。ご了承ください。


深川リバーサイドPG_ABC (7)
C-2 35m/par3
狭いグリーンは、左手前と奥にバンカーがある。


深川リバーサイドPG_ABC (8)
C-3 90m/par5
少し馬の背フェアウェイになっている。右側はOB。


深川リバーサイドPG_ABC (9)
C-6 30m/par3
下りのホール。グリーン奥にバンカーがある。


深川リバーサイドPG_D (1) 
D-2 80m/par5
左がOBである、若干右に曲がるロングホール。


深川リバーサイドPG_D (2)
D-6 50m/par4
台座からの打ち下ろしホール。コースには4個の小さなマウンドがあり、これにはじかれないようにしたい。


深川リバーサイドPG_D (3)
D-8 50m/par4
左右から窪地がせり出している。グリーン奥にはOBも。


深川リバーサイドPG_D (4)
D-9 35m/par3
魚の形をしたバンカーを越えるショートホール。


深川リバーサイドPG_E (1)
E-1 40m/par4
グリーン手前左右にバンカーがある。


深川リバーサイドPG_E (2)
E-4 55m/par5
短いパー5だが、大木が2本もある。さらにコース右側にはOBがある。
コントロールが試される。


深川リバーサイドPG_E (3)
E-7 40m/par4
下りのホールで、グリーン左手前に深めのバンカーがある。





深川リバーサイドPG_スコア (1) 

深川リバーサイドPG_スコア (3)

深川リバーサイドPG_スコア (2)
スコアです。結果は36Hで112でした。短いパットで手が震えて、ちょっと厳しい場面もありました。

スポンサーサイト

No.334 赤平市・赤平パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /05 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●所々に台地状の起伏があるコース。Cコースは離れている

北海道空知管内赤平市。27H。
平坦に見えても少し起伏があるコースであり、99mのロングホールもある。
パー5は各コースに2ホールずつある。

赤平パークゴルフ場 (1) 
ABコース案内板

赤平パークゴルフ場Cコース (1) 
Cコース案内板(ABコースより離れている、徒歩5分くらい

調査日:2019.5.5 
コース写真のみ



赤平パークゴルフ場 (2) 
A-1 90m/par5
左ドッグレッグの山越えロングホール。


赤平パークゴルフ場 (3) 
A-2 31m/par3
軽く打ち上げるパー3。


赤平パークゴルフ場 (4)
A-6 24m/par3
これも軽く打ち上げなパー3。


赤平パークゴルフ場 (5)
A-8 87m/par5
 右ドッグレッグのパー5。
ちょうど写真左の3人の後ろ姿が映っている辺りがドッグレッグのコーナーである。
ナイター設備の電柱に当たらないようにショットしたい。


赤平パークゴルフ場 (6)
B-1 99m/par5
最長のホール。右に曲がっている。グリーン手前で大木をかわさなくてはならない。 


赤平パークゴルフ場 (7)
B-3 50m/par4
途中で台座の上を通らなければならないホールだ。
左にこぼすと厄介。 


赤平パークゴルフ場 (8)
B-5 35m/par3
グリーン側から撮影。
上りのホールになっており、かといって飛びすぎると窪地に嵌る。


赤平パークゴルフ場 (9) 
B-6 81m/par5
左にドッグレッグする、台座から打ち下ろすパー5。


赤平パークゴルフ場 (10)
B-7 56m/par4
マウンドを越えてグリーンに到達。

ABコースのスタート地点から5分ほど歩いて…Cコース。



赤平パークゴルフ場Cコース (2) 
C-1 44m/par4
左にドッグレッグ。上がるボールが打てるなら、ラフを越えて果敢に攻めたい。


赤平パークゴルフ場Cコース (3) 
C-4 70m/par5
C-1をそのまま長くした感じの、左ドッグレッグのホールとなっている。道なりに攻める場合は、勢い余って道路のOBに入らないようにしたい。


赤平パークゴルフ場Cコース (4)
C-8 63m/par5
右に、左に曲がる短めのパー5。上げ打ち出来るならばグリーン手前に持っていけるが、結構危険。


赤平パークゴルフ場Cコース (5)
C-9 40m/par3
マウンドを越えつつ、やや右に曲がる最終ホール。

No.333 芦別市・上芦別パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /05 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●トリッキー、の一言に尽きる穴場的コース

北海道空知管内芦別市。18H。
小さな住宅街の中にあるコースで、フェアウェイは全面刈り。
ただ、ドッグレッグやロングコース、マウンドが多数あり、
簡単にはスコアメークはできないだろう。
またグリーンはお盆状のものが多い。

上芦別パークゴルフ場 (1) 
↑コース簡易図(注:自分で手書きしたものです)

調査日:2019.5.5
難易度:★★★★★★★★☆☆
(難易度はしゅんY12独自の裁定で10段階で決めています。
起伏や障害物、距離の長さなどを考慮したうえで決定しております)



上芦別パークゴルフ場 (2)
A-2 36m/par3
木を避けて砲台グリーンに攻めるなかなかの難ホール。


上芦別パークゴルフ場 (3)
A-3 50m/par4
桜の木を避けて左に曲がった後、打ち上げになる。


上芦別パークゴルフ場 (4)
A-4 72m/par4
右に曲がった後の距離が長いホールで、3打で上がるのは難しい。
しかもマウンドが至る所にある。


上芦別パークゴルフ場 (5)
A-6 97m/par5
右に曲がって打ち上げるロングホール。ロングヒッターなら、1打目のポジション次第では2オンも可能。


上芦別パークゴルフ場 (6)
A-9 52m/par3
長いパー3、しかも斜めった山越え。結構難しいホールだ。


上芦別パークゴルフ場 (7)
B-2 94m/par5
真っ直ぐに打っていけるかがポイントとなるホール。OBに注意。


上芦別パークゴルフ場 (8)
B-3 74m/par4
真っ直ぐグリーンを狙えるが、右側に逸れると他所のホールに行ってしまいOBとなる。
特に右のマウンドを超えてしまわないように。


上芦別パークゴルフ場 (9)
B-4 56m/par3
これも長いパー3だ。コース右側にマウンドがある。またグリーン奥はOB。


上芦別パークゴルフ場 (10)
B-6 50m/par4
グリーン側から撮影。
左に曲がるホール。1打目をうまく打てれば、2打目は短い。


上芦別パークゴルフ場 (11)
B-7 71m/par4
打ち上げで攻める長いパー4。左はOBだが、構っている暇は当然ない。真っ直ぐに攻めていこう。


上芦別パークゴルフ場 (12)
B-9 42m/par3
台座からの打ち下ろしになるパー3。グリーンは相変わらずの砲台式。

No.332 南幌町・南幌リバーサイド公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /03 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●ほぼ平坦なコースで70m以上が9本ある

北海道空知管内南幌町。36H。
夕張川河川敷のコースで、手前側にABコース、奥側にCDコースがある。
グリーンは小さめで寄せづらいホールもある。

南幌リバーサイド公園PG 

調査日:2019.5.3
難易度:★★★★★☆☆☆☆☆
(難易度はしゅんY12独自の裁定で10段階で決めています。
起伏や障害物、距離の長さなどを考慮したうえで決定しております)



南幌リバーサイド公園PG_A5 
A-5 70m/par4
グリーン手前に窪地がある。


南幌リバーサイド公園PG_A6
A-6 35m/par3
グリーン側から撮影。グリーン手前に二つのグラスバンカーがある。吸い込まれやすい。


南幌リバーサイド公園PG_A8
A-8 72m/par4
真っ直ぐ平坦なホール。グリーン右手前に大きな木があり妨害する。


南幌リバーサイド公園PG_B2
B-2 45m/par4
グリーン手前、フェアウェイ中央に木。


南幌リバーサイド公園PG_B6
B-6 20m/par3
もっとも短いホール。平坦でもあり、狙えホールインワン。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (1) 
C-2 50m/par4
数少ないドッグレッグホール。右に曲がっており、コースのイン側にはOBがある。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (2)
C-4 90m/par4
やや下りのロングパー4。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (3)
C-6 80m/par4
やや打ち上げのパー4。飛距離不足に注意。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (D-3) 
D-3 90m/par4
やや下りの長距離ホール。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (5)
D-5 55m/par4
グリーン手前に細かい起伏がある。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (6)
D-7 30m/par3
左傾斜に注意。右ギリギリを狙うテクニックが求められる。


南幌リバーサイド公園PG_C以降 (7)
D-9 60m/par4
グリーン側から撮影。グリーンは左奥に傾斜している。

No.329 芦別市・芦別温泉パークゴルフ場 ツツジ&ラベンダーコース

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
04 /28 2019
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●18Hで1080m。
飛ばす快感を味わえるロングコースが多数

ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (1) 
北海道空知管内芦別市。
芦別温泉スターライトホテル近辺にあるパークゴルフ場。
緩やかな傾斜と雄大なロングホールが特徴である。
18Hで1000mを越えているため、距離が長すぎて
日本パークゴルフ協会の公認コースではない。

調査日:2019.4.28
難易度:★★★★★★★☆☆☆
(難易度はしゅんY12独自の裁定で10段階で決めています。
起伏や障害物、距離の長さなどを考慮したうえで決定しております)



ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (2) 
ツツジ-1 81m/par4
ロングの直線から始まる。フェアウェイは広いので、ガンガン飛ばしていこう。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (3)
ツツジ-3 54m/par3
距離のあるパー3。若干右傾斜。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (4)
ツツジ-4 99m/par4
下りロング。コース右側の木に注意。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (5)
ツツジ-5 98m/par4
連続で90m台のホールが登場。
上りの、やや左に曲がったロング。グリーンは丘状であり、
そう簡単に3打では上がれないだろう。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (6)
ツツジ-6 70m/par4
下って、グリーンが砲台状のホールとなる。
グリーンオーバーは下ってラフに嵌ってしまう。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (7)
ツツジ-8 53m/par4
途中で緩やかなマウンドを越える。飛びすぎによるOBに注意。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (8)
ラベンダー-2 62m/par4
下りのホール。左右にマウンドがあるので、コースの中央を走らせやすい。しっかりと3打で上がりたい。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (9)
ラベンダー-4 76m/par4
左ドッグレッグのPar4。
一打目はある程度飛ばそう、左の松が邪魔にならないように飛ばせばよいだろう。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (10)
ラベンダー-5 41m/par3
右ドッグレッグのパー3。
右のラフを越えて攻めるのが定石だが、右を狙いすぎるとOBエリアに入ってしまう。


ashibetsu_PG_ツツジラベンダー (11)
ラベンダー-8 87m/par5
距離が長い上にフェアウェイも細長い。
右には木が3本、しかもフェアウェイが馬の背、挙句の果てOBエリアまであり、とにかくショットコントロールが試される。

なんとかフェアウェイを転がして、飛距離を稼ぐしか攻略手段がない。ここを4打以内で上がれれば、御の字だ。
同コースの最難関ホールと言っても過言ではないだろう。

No.273 南幌町・稲穂公園パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /12 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ


●起伏やドッグレッグが多く遊び心がある中級向けコース

nanporo inaho PG (1) 
北海道空知管内南幌町。36H。
町内西部にある「稲穂公園」に作られたパークゴルフ場。

起伏やドッグレッグなど変化に富み、設計者の遊び心が垣間見える。
但し(調査日時点では)芝が剥げているのが惜しい。

2018年5月12日調査 難易度6
みんごる 難易度アイコン (6) 
※難易度はしゅんY12独自の解釈ですので、ご注意ください

以下、コース紹介

nanporo inaho PG (2) 
A3 54m/par4
右に曲がるホール。途中に木が2本。

nanporo inaho PG (3)
A5 60m/par4
途中からフェアウェイが分岐する。木やラフの位置に注意しよう。

nanporo inaho PG (4)
A7 64m/par5
左ドッグレッグのロングホール。とはいっても60m台だ。
左のバンクした傾斜を転がし、2打目で白樺並木を抜けていこう。

nanporo inaho PG (5)
A9 43m/par3
グリーン側より撮影。左ドッグレッグのショートホール。
ラフやバンカーが多く、2打で上がるのは難しい。

nanporo inaho PG (6)
B5 57m/par5
左ドッグレッグの短めのロングホール。
ロブショットができるならば、ラフを一気に飛び越してアルバトロス、悪くてもイーグルを狙ってみよう。

nanporo inaho PG (7)
B9 52m/par4
右ドッグレッグのミドルホール。
木やバンカーに注意して、1打目をどこに置くかの立ち回りが求められる。

nanporo inaho PG (8)
C1 46m/par4
やや右にドッグレッグするミドルホール。
コーナー付近に傾斜もあるが、あまりあてにならない。グリーンは少し盛り上がる。

nanporo inaho PG (9)
C5 75m/par4
距離のあるミドルホール。
左右がOB、さらに木が待ち受ける。直線的に打てるか打てないかが明暗を分ける。

nanporo inaho PG (10)
C8 90m/par5
直角に曲がる、最長のロングホール。
45m付近で右に曲がる。右コーナーはオーバーしてもショートしても駄目。

nanporo inaho PG (11)
グリーン側から撮影。コーナー後の様子。

nanporo inaho PG (12)
Ⅾ1 45m/par3
やや右曲がりのショートホールだ。狙ったところにしっかり打てるかが重要。

nanporo inaho PG (13)
D6 62m/par4
30m付近に待ち受けるゲートを確実に、間をかわしていこう。

nanporo inaho PG (14)
D7 85m/par5
ジャンプ台のようなフェアウェイがあるホール。
その後はやや左に曲がる。木も待っている。最短ルートだとこの木が厄介だ。

nanporo inaho PG (15)
D9 57m/par4
最後は真っすぐなホール。グリーン奥は上り傾斜になっており、多少のオーバーは問題ないのだ。

nanporo inaho PG (16)
↑スコアカードです

nanporo inaho PG (17)
29-32-33-28=122。
イレギュラーな芝で予想以上の苦戦を強いられた。
しかしプレーしているとなんだか楽しいコースでもあった。

No.272 秩父別町・ちっぷべつ町パークゴルフ場

パークゴルフ場考察(北海道空知管内)
05 /06 2018
⇒パークゴルフ場 考察記事 トップページへ

●距離のあるホールにマウンドやバンカーを絡めた、実力派なコース

ちっぷべつPGC (1) 
北海道空知管内秩父別町。27ホール。
おおとりAコース、ゆうゆBコース、ふれんどCコースで構成される。

芝は良好、距離のあるホールが中心。フェアウェイにマウンドやバンカーのくぼ地を設けており、なかなか手ごわい設計になっているのだ。

起伏に対してどのように立ち回るかが、このコースを制覇するカギになる。
特にCコースは500mなので、ロングヒッターでないと苦戦しやすい。

2018年5月6日調査 難易度7
みんごる 難易度アイコン (7) 
※難易度はしゅんY12独自の解釈ですので、ご注意ください

以下、コース紹介

ちっぷべつPGC (2) 
A-1 90m/par4
距離のあるストレートなホールからスタート。グリーン奥にOB。

ちっぷべつPGC (3)
A-3 45m/par3
盛り上がったフェアウェイや左右のくぼ地、奥のOBに注意。
馬の背フェアウェイなだけに、狙った場所にボールを走らせる技術が求められる。

ちっぷべつPGC (4)
A-5 75m/par5
左ドッグレッグ。コース通りに攻めると多数のマウンドがありラフに入りやすい。
ロングヒッターはライナーショットで邪魔なラフを回避したいものだが、引っ張りすぎて木に当てないように。

ちっぷべつPGC (5)
A-8 50m/par4
右側にバンカー、グリーン右奥にOB。グリーンは盛り上がっており、正確なパットを求められる。

ちっぷべつPGC (6)
B-1 93m/par5
70m付近が盛り上がっている。

ちっぷべつPGC (11)
B-3 70m/par4
右ドッグレッグホール。フェアウェイ通りに攻めるとマウンドが絡んでくるため、ここも的確なショットが出来ないとつらいだろう。

ちっぷべつPGC (12)
B-5 30m/par3
左も右も窪地、グリーンは盛り上がったドーム状。
パットテクニックもアプローチテクニックも問われる。

ちっぷべつPGC (13)
B-6 55m/par4
まるでレース場のクランクの如く蛇行したホール。
直線的に打って、窪地のラフは越してしまいたい。

ちっぷべつPGC (7)
C-2 97m/par5
直線ホール。グリーンに近づくにつれ、バンカーが待っている。

ちっぷべつPGC (8)
C-2 グリーン近辺。


ちっぷべつPGC (9) 
C-6 32m/par3
右ドッグレッグのパー3。コースが馬の背状になっており、コーナーのインを狙いすぎると窪地のラフに落下する。

ちっぷべつPGC (10) 
C-9 87m/par4
グリーン側より撮影。左傾斜のせいでラフに流れやすい。
90m近くあるため、ここもロングショットを強いられるコースとなる。

ちっぷべつPGC (21)
 ↑ スコアです
今回は後半が好調だった。長くて起伏に富んだコースであったが、2打で上がれたホールも多かった。

ちっぷべつPGC (22)
31-25-27 83打でホールアウト。
初見でこの難易度のコースなら、まあまあ良く出来た感じか。嬉しい。

しゅんY12

小学3年からパークゴルフ(ゴルフを小さくしたようなクラブ一本で楽しむスポーツ)をしています。
ゴルフゲームやゴルフコースを作れるゲームも好きだったりします。